A.P.C.のデニム|サイズ選びから色落ちまで徹底解説

圧倒的な支持を誇る『A.P.C.(アーペーセー)』のジーンズ。プチスタンダードをはじめとする、『A.P.C.』デニムの定番人気モデルをサイズ選びから洗い方までお届けします。

A.P.C.のデニム|サイズ選びから色落ちまで徹底解説

『A.P.C.』というブランド名に込められた想い

前回の『A.P.C.』の記事 でも説明のように、フランスを代表する人気ブランド。『ケンゾー』、『アニエスベー』、『イリエ』で経験を積んだデザイナーのジャン・トゥイトゥ氏が1987年に立ち上げました。ブランド名は“生産と創造の工房 (Atelier de Production et de Creation)”の略。「デザイナー名を服のデザインに結びつけたくない」という意図で名づけられました。

はく人の個性を引き立てる脱個性的なジーンズが人気!

ネーミングどおり、デザインは脱個性的。フレンチベーシックにストリート感や機能性を融合し、どこか反骨精神も感じさせますが、いたってミニマルに仕上げています。ジーンズも然り。美しいシルエットが際立ち、着る人のセンスを強調してくれるので、ファッショニスタに人気なのです。

人気の定番は、ニュースタンダード、プチスタンダード、プチニュースタンダード

『A.P.C.』のデニムは時代によってラインアップは多少異なるものの、今人気の高いモデルはニュースタンダード、プチスタンダード、プチニュースタンダードの3モデル。一見するとどれも同じに見えるかもしれませんが、それぞれシルエットやサイズ感が異なるので、モデルカットを踏まえてその違いをご紹介します。

モデル1:ニュースタンダードモデル

ブランドを代表するクラシックデニムがこちらのモデル。裾に向かって軽いテーパードを効かせたクセのない1本は、『A.P.C.』デニム初心者から上級者までおすすめのデニムです。

アイテム1

王道のストレートシルエットなら、ニュースタンダード

やや厚手の14.8オンス生地を使用。裾に軽くテーパードを入れることで、見た目の印象がストレートになるように工夫されています。モチーフは今世紀初頭のアメリカ開拓者に愛用されたジーンズで、“赤耳を付けることによりねじれにくくなり、縫い目の強度が増す”という特徴を再現。1989年に誕生して以来、人気の定番です。

アイテム詳細を見る

168cmのモデルが30インチを着用すると、写真のようにやや太めながら大人っぽさのある、きれいなシルエットを生かしたスタイリングにまとまります。ノンウォッシュデニムなので水洗いするとしばらくは縮みが生じるため、ジャストサイズにはくなら普段のサイズよりインチアップして選ぶのもありです。

アイテム2

この夏は、軽快な印象の加工入りニュースタンダードがイチ押し!

リジッド系ジーンズを育てていくという楽しみ方もありますが、この夏は色落ちした加工ジーンズが人気。ということで、ニュースタンダードの中でも、ウォッシュがかかったタイプが狙いどころです。実はストレッチデニムなので、タイトにはいても快適。大きめのサイズをバギーパンツ風にはきこなすのもオススメです。

アイテム詳細を見る

上と同じモデルがサイズも同じ30インチを着用すると、裾に若干もたつきがあるものの先ほどよりすっきりとした印象。これはウォッシュド加工によって、ウエストやもも周りが細身になっているから。同じデニムでもリジッドかウォッシュドかによってサイズ感が異なるため、後者のウォッシュドタイプなら縮みを考慮せず選んで問題ありません。

モデル2:プチスタンダード

ニュースタンダードをベースに、股上を浅く、ヒップやレッグラインをよりスリムに仕上げたのがプチスタンダードモデル。日本人の体型にマッチする細身シルエットということもあって、人気の高いモデルとなっています。

アイテム3

脱ロックなタイトジーンズと言えば、プチスタンダード

基本的には細身のストレートジーンズ。定番として人気を集めるニュースタンダードをベースにしつつ、股上を浅めに、ヒップやレッグはよりスリムにアレンジしています。原宿やNYもローワーイーストサイドにいるようなロックスタイル好きがはくジーンズではなく、独自のタイトジーンズという提案で新定番となりました。

アイテム詳細を見る

172pの細身モデルが27インチを着用。プチスタンダードならではのスリムシルエットがきれいに出ています。細身ながらロックなイメージでなく、あくまでファッショナブルなイメージ仕上がっているのは『A.P.C.』のプチスタンダードモデルならでは。

アイテム4

旬な黒のプチスタンダードで、タイトなフィットを強調!

タイトなシルエットを生かすなら、今夏のトレンドカラーでもあるブラックのプチスタンダードを選ぶのも得策。ジャストサイズを選びつつ、白いトップスでスマートにコーディネートするのがオススメです。適度にストレッチ性のあるデニム地を起用しているため、細身のフォルムでも動きやすさは損なわれません。

アイテム詳細を見る

上と同じモデルが同サイズの27インチを着用すると、インディゴカラーの上モデルよりもシュッとしたイメージに。実はこのブラックデニムはインディゴデニムと異なってストレッチが入っているため、全体的に若干細めに作られています。また、収縮色であるブラックは視覚的にも引き締まって見えるため、シャープに仕上がります。

モデル3:プチニュースタンダード

プチスタンダードとニュースタンダードのよいところをかけ合わせたニューモデル。他モデルと比べて股上を深く取り、ウエストやももまわりもゆったりめのサイズ感ながら、膝から裾に向けてきゅっと細身に仕上げられているのが特徴です。

アイテム5

プチニュースタンダードは、定番2モデルの良いとこ取り!

股上は深めでニュースタンダードに近く、ヒザから裾にかけてのテーパードはプチスタンダードより強めで脚にフィットするシルエットを実現。つまり両者の長所を組み合わせてバランスを整えたのがプチニュースタンダードです。『リーバイス』を生産していたのと同種の力織機によるコットン100%のデニム地は風合いも抜群!

アイテム詳細を見る

プチスタンダードモデルを着用した、172センチの細身モデルが27インチを着用。プチスタンダードよりも細身すぎず、大人っぽい雰囲気に仕上がるのが特徴です。足元はスニーカーはもちろん、ロールアップして革靴を合わせるアダルトな着こなしも問題なくハマります。

アイテム6

トレンド感を強調するなら、色落ちしたプチニュースタンダード!

腰周りはゆったりめでレッグはスリムというバランスは、ここ数年の主流。ということで、色落ち具合も今シーズンの主流である明るめをセレクトするのが正解です。Tシャツなどでラフな着こなしでもルーズに見えないのが魅力。こなれた大人のスマートな装いが築けます。こちらの素材はストレッチデニムで、はき心地も極上。

アイテム詳細を見る

ニュースタンダードモデルを着用した、168cmのモデルが29インチを着用。ニュースタンダードモデルと比べて膝から裾がシュッと細身のため、色落ちしたモデルでもラフになり過ぎません。

全てが1点モノ。『A.P.C.』のButler(バトラー)プログラムって知ってる?

上記で紹介した『A.P.C.』の定番モデルなどをはき続け、美しい色落ちやダメージが生まれたジーンズは店頭で引き取ってもらうことが可能。また、引き取りの対象と判断されれば、新しいジーンズと半額で交換してもらえます。このプログラムをバトラープログラムといいます。

ここで改修されたデニムは元の所有者のイニシャルが記され、適切なリペアや洗濯が行われて店頭に並びます。購入する側も加工にはないリアルな色落ちデニムが手に入るバトラープログラムは、『リーバイス』や『リー』と並び、ユーズドデニムとしても価値のある1本だからこそ成り立つ仕組みです。

バトラーデニムのような味わい深い1本を作るための、デニムの取り扱い方

『A.P.C.』は美しい色落ちデニムを育てる場合は基本的には洗わず、できるかぎりはき続けて初回洗いはドライクリーニング、2回目以降は濃色製品用洗剤を少量混ぜた水にデニムを1時間ほど浸けてすすぎ、バスタオルで包んで干すことを推奨しています。とはいえあまりに洗わないと生地が劣化してしまうので、注意してください。

ちなみに、ファーストウォッシュ時は水洗いの条件によって縮率は変動します。15分程度の短時間であれば3%程度、時間をかけてしっかり洗うと5%程度の縮率となります。

ページトップへ戻る