何が違う?100周年記念のオールスターを徹底リサーチ

ちまたで話題をさらっている、オールスター100周年記念モデル。一見すると我々が長年慣れ親しんできたモデルと変わりませんが、実は各所にこだわりが隠されているんです。

何が違う?100周年記念のオールスターを徹底リサーチ

誰もが一度は履いた……。『コンバース』のオールスターが100周年!

オールスターといえば、世界中で愛されるスニーカー界のマスターピース。1917年に産声をあげ、今年でなんと生誕100年を迎えました。そんな記念すべき節目に登場したのが、今回紹介する100周年アニバーサリーモデル。スニーカー好きにとって見逃せないアイテムです。

あまり変わらないように見える100周年オールスター。でも……

パッと見ただけだと、従来のオールスターとの違いがわからないかもしれません。が、実は各所に進化したディテールが散りばめられているんです。どのあたりが通常版からアップデートされたのかを詳しく見ていきましょう。

ポイント1

高機能なカップインソールを採用

中敷きには『コンバース』オリジナルの高機能なカップインソール、リアクトを採用。軽量性・クッション性・フィット性・通気性に秀でているので、通常のオールスターと比べて段違いにコンフォータブルな履き心地です。

ポイント2

アウトソールは耐滑性に富むトラクションソール

ブランド独自のトラクションソールをアウトソールにピックアップ。このソールは非常に耐滑性に優れているので、雨の日でも滑りにくいんです。ソールの中央部分には鮮やかなブルーのロゴマークが鎮座します。

ポイント3

メタリックブルーのアンクルパッチ

オールスターの象徴であるアンクルパッチにもアレンジが加えられています。通常モデルとは異なり、スター部分が鮮やかなメタリックブルーカラーで彩られているんです。足元からさりげなく主張する1足に!

ポイント4

ヒールラベルはニューデザイン!

新たなデザインへとブラッシュアップされたヒールラベルにも注目。どことなくクラシカルなテイストが魅力的です。なお、ヒールラベル表面にはコーティングが施されており、プリントはがれが発生しにくくなっています。

ポイント5

消臭抗菌加工のメッシュライニング

シューズ内部のメッシュライニングは消臭抗菌加工でフィニッシュされており、常に清潔な状態をキープできます。さらに、フォームを内蔵することで美しいシルエットと優れたフィット性を両立しました。

ポイント6

撥水加工のシューレース&コーティングアイレット

シューレースは撥水加工されており、軽度の雨なら問題なくシャットアウトします。ヒモを通すアイレットもコーティング加工済み。つまり、ヘビーローテーションで着用しても汚れがつきにくいんです。

ポイント7

シュータンにメモリーフォームを内蔵

タンにはメモリーフォームと呼ばれる、クッション性に優れた素材が内蔵されています。これにより、履き心地が飛躍的に向上! 加えて、着用時にありがちな“タンのヨレ”も起こりづらくなっています。

改めて比較。いつものオールスターと、100周年記念のオールスター

最後に、“定番”として愛されているオールスターと100周年記念のオールスターの見た目についてチェック。ちょっとしたディテールの違いですが、何が異なるのかを見ていきましょう。

普段バージョン

まずは、多くの男性が普段着用しているハイカットのオールスター。前述したように100周年記念モデルと違うポイントは多々ありますが、とくにアウトソールやヒールラベルはまったく異なるデザインとなっているのがわかるかと思います。

アイテム詳細を見る

100周年バージョン

続いては今回紹介した100周年モデル。ソールやヒールラベルを筆頭に細かなディテールが変化したことに加え、機能面も大きく向上しています。また、通常とは違う織りのキャンバス生地を使用しているのもポイント!

アイテム詳細を見る

ページトップへ戻る