デニム難民こそ頼るべし。リーバイス501の二大モデル

デニム選びに悩み中。そんなあなたには、やはり『リーバイス』がおすすめです。なかでも定番の501(R)と501の2モデルがベター。その特徴や着こなしをご紹介します。

ブランド:
キーワード:

デニム難民こそ頼るべし。リーバイス501の二大モデル

改めて再確認。『リーバイス』の501とは

リーバイス501とは、リーバイス社が1890年に当時ゴールドラッシュで一攫千金を求めた男たちのための作業着として販売したデニムです。その後100年以上の歳月をかけ、作業着だった初代モデルから徐々に時代の変化に合うスタイルに昇華されていきました。100年以上前に作業着だったものも、現代のおしゃれアイテムとして楽しまれているものも501なのです。

デニム選びに迷ったらなぜリーバイス501なのか

初代モデル発売から100年も続くモデルであり、初代版を基に100年以上も続くシリーズという時点ですでに完璧な完成度を誇っています。また、時代を超えて世代を問わず多くの人に愛されてきたことから、デニム選びにおいて失敗のないモデルといえます。

写真のアイテム詳細を見る

現在『リーバイス』が展開する501はこの2タイプ

多くの人々に時代を超えて愛され続けている501。現在流通しているタイプは501(R)と501CTの2タイプです。約120年もの歴史とともに歩んできた501。それぞれ、どのようなタイプなのでしょうか。じっくり見ていきましょう!

501(R) / ストレート

全体的に余裕のあるサイズ感が特徴の501(R)。ゆったりした休日やアクティブなシーンでも活躍が期待できる、カジュアルな装いにもっともフィットするタイプといえます。動きやすさを重視する人や、はじめて501を履く人にとっての入門モデルとしてもおすすめのアイテムです。

501CT / カスタムテーパード

こちらの501CTは501(R)を現代的にアレンジしたタイプです。ウエストが従来よりも1サイズ大きく、膝から足首にかけてのラインがより引き締まった、テーパードシルエットが強調されたデザインが特徴です。こちらは501(R)よりも都会的で引き締まったファッションに向いています。

リーバイス501を取り入れたコーデスナップ

ここでは、もはや伝説とでも表現できそうな501のコーデをご紹介します。時代や性別、年代、用途を問わない普遍のデザインと信頼のクオリティで名声を勝ち得てきた501を簡単に着こなしてみましょう!

▼501(R)を取り入れたメンズコーデ集

ラフで動きやすいところが魅力かつ特徴な501(R)。職場での現場作業や友人たちとのアウトドアアクティビティや、休日ののんびりした雰囲気にもマッチしそう。普段のコーデに、より幅を持たせることができそうです。

ダブルのレザーライダースと履き込まれたジーンズとの相性は抜群。ハードなイメージに転びがちな着こなしですが、パーカーや帽子、ボア付きのスリッポンなどでマイルドなていすともプラス。足元をあえてソフトに仕上げることで、武骨になりすぎないおしゃれなスタイリングに。

『ナンガ』の人気ダウンであるオーロラと、『リーバイス』の501という二大定番を組み合わせたコーディネート。ストリート感のある着こなしですが、インナーや足元にホワイトを取り入れて軽やかな印象も加えているのが◎。

雰囲気たっぷりのデニム・オン・デニムが新鮮。『レッドウィング』のロガーブーツを合わせ、よりハードなスタイリングへと格上げさせています。タックインやロールアップなど、自身の体型とウェアをきれいに見せるテクニックもお見事です。

オーバーサイズのトップスに、501のダメージデニムを合わせた旬なコーディネート。トップスとボトムスで遊びを取り入れつつも、足元は革靴でしっかりと引きしめるテクニックはぜひ参考に。

ミリタリーアウターを主役に、501のダメージデニムでアクセントを。カットオフのすそや、トーンオントーンのレイヤードテクニックなど、旬のディテールを盛り込むことで、ベーシックなスタイルをアップデートさせています。

▼501CTを取り入れたメンズコーデ集

洗練されたシルエットが特徴の501CT。パートナーとのアウトドアデートや、ちょっとした商談時にジャケットやシャツと合わせてかっちり見せすぎないコーデもいいですね。少しスリムな作りで、タイトすぎないところがすてきなデニムですよね。

春のデートや、子どもの授業参観などのシーンでもバッチリ使えそうなコーデ。ジャケットを使用しているため少々フォーマル感がありますが、デニムをロールアップし、スニーカーと合わせるとカジュアルなきれいめスタイルが完成します。

のんびりした休日や、お出かけスタイルにぴったりなコーデ。インナーシャツのチラ見せなどでシンプルな着こなしの中にもテクが光ります。カスタムテーパードを使うことで、引き締まったスマートな印象を与えることができます。

チェックシャツとジーンズという定番コーデも、上下のシルエットでセンスアップしたいところ。レッグラインをきれいに見せてくれる501CTならば、そんなニーズにも応えてくれるんです。丈を短めに設定したスタイリングも今らしくておしゃれ!

ベーシックかつミニマルな着こなしこそ、シルエットで今らしさを取り入れたいところ。そんな方程式を501CTで攻略した好例がこちらです。ジャストサイズで着こなすことで、きれいにテーパードされたレッグラインが際立ちます。

シンプルな無地のシャツに501CTを組み合わせたモノトーンコーデ。すそをロールアップし、足元から足首をのぞかせるだけでもっとあか抜けた印象に。スリッポンだけでなく、レザーのデッキシューズを合わせてもいいですね!

ページトップへ戻る