[編集部の注目]全力で推薦。オーシバルのステンカラー

『オーシバル』のステンカラーコートを購入した筆者が、その魅力をたっぷりとご紹介。外見やディテール、そしてコーディネートまで超私的なアツい愛情を語り尽くします。

ブランド:
キーワード:

[編集部の注目]全力で推薦。オーシバルのステンカラー

もうすぐ春ですね。ちょっと買い物してみませんか?

もうすぐ春ですね。ちょっと買い物してみませんか?

溶けるほどの雪もなく、もちろん川にもならない。そんな暖かな場所で来たる春を待っています(いろんな意味で)。どうも、編集フカザワです。

すみませんね、のっけからテンション高めで。なぜかって非常に素敵なアイテムを買ったのですよ。ふふっ。ぶぷぷふふっ。「ネタバレもたいがいにしろ」というタイトルと写真ですが、『オーシバル』のステンカラーコートを購入しましてね。これがまた良いんですよ。

読者の皆さまは何か買いましたか? もし「何も買ってない」という方には、ぜひおすすめしたいですね。もちろん、散財した方にも実物を見ていただきたい。そんなシロモノでございます。

まあ、実はすでに紹介はしてるんですけどね……。


参考記事:今の季節にぴったり。オーシバルのステンカラーコート

魅力チェックの前に。購入の際に検討したこと3点

魅力を紹介する前に、まずは「なぜ『オーシバル』のステンカラーコートに行き着いたのか」、その基準をご紹介。春の先物買いを検討している方は、ぜひ少〜しだけご参考に。

基準1

三十路突破して早数年。大人らしく見せるならコートでしょ。コート

背伸びしがちな中高生やファッションに迷走中の大学時代。そんな“あるある”を経て今にいたる私ですが、春物アウターはなぜかショート丈ばかり。好みだったのでしょうか。もちろん今でもショート丈のアウターは活用していますが、そろそろ大人らしい春モノが欲しいなと。アイテム単体で“THE大人”といえば、私のなかではステンカラーコートだったわけです。

写真のアイテム詳細を見る

基準2

旬はベージュ……、でもネイビー。シックな男に、おれはなる!

+CLAP Menでも紹介しているとおりですが、ステンカラーコートといえばベージュが王道。インナーでも遊びやすいですし、何より編集部のイトウとコヤマ がベージュを着ているのを見て「ベージュが似合う男はかっこいい」と憧れていたわけです。それでも天の邪鬼な性格が耳元でささやきます。

「お前じゃベージュは無理だよ。むしろここでネイビーを選んだ方が個性出るんじゃね? けけけっ」

と。あとは自分のなかで“ネイビー=落ち着いた印象”ということもあり、本来の幼稚かつ騒ぎたがりのキャラクターを包み隠してくれるのかなと。で、“ステンカラーコート+ネイビー”という枠のなかでさらにしぼっていきました。

写真のアイテム詳細を見る

基準3

見た目は普通。でも、ちょっと変わりモノが好き

アイテムの大枠と色みまでは決定したものの、それでも数は膨大……。気になる値段もピンキリでどうしようかと迷っていました。そこで、これまで自分が好んで愛用しているアイテムを思い返したところ、決め手はディテールだったんですよね。たとえば2016年に出会って以来愛用中の、こちらの『ヘビーウェイトコレクション』のカットソーは、「ここまでするか」というほどの頑丈なリブが私好み。ちょっとしたところですが、「おおっ」とグッとくるディテールに弱いのです。

写真のアイテム詳細を見る

たどりついた理想の1着。それが『オーシバル』でした

3つの基準を軽々と突破したのが『オーシバル』。ほかのブランドとは何が違うのか、そして何が心に刺さったのかをご紹介。ちなみに、購入したのは『ビショップ』というセレクトショップ。担当いただいた方がとてもていねいな接客をしてくださったんです。しかも「素敵ですね〜」、「お似合いですよ〜」とのほめ言葉。さらに、見た目がかわいらしく、とてもイイ人でした◎(←超重要)。

参考記事:シンプル服が豊富。Bshop(ビショップ)の魅力を分析

好きです。ラグランスリーブの“もったり感”

個人的に刺さった度数★★★☆☆

好きです。ラグランスリーブの“もったり感”

セットインスリーブのステンカラーコートは、スマートに見えるのがウリ。でも、私的な好みはラグランスリーブです。ちょっと野暮ったいというか、懐古的なディテールが気分です。また、ここ数シーズンのスポーティーな気分にマッチしていますよね。肩も動かしやすく、機能性も十分。

ネイビーはネイビーでも、ちょっと色気があるんです

個人的に刺さった度数★★★★☆

ネイビーはネイビーでも、ちょっと色気があるんです

ネイビーといっても千差万別。深い色みのネイビーもあれば、ライトなトーンのものだってあるでしょう。でも『オーシバル』のいいところは、程よく光沢のある素材感。春の陽気の下で着用すれば、上質な生地感が品となって着用者を包んでくれるのです。これぞ大人ならではの色気! 「早く大人らしくなりたい」という私の願望を、より的確に叶えてくれるのです。

個人的に刺さった度数★★★★★★★★★★

この着丈の長さと身幅……。超タイプ

はい、私です。胴長短足、そして少〜し中年太りではございますが、それをカバーする身幅と着丈! そう、『オーシバル』のステンカラーコートは身幅が広く、着丈が長めに設定されているのです。ここ最近のステンカラーコートは、多くが細身だったり、着丈が太ももあたりの長さであったりとコンパクトなんですよね。ただ、ゆったりめのサイズ感を好む私にとってはこちらの1着がハマったわけです。

見て良し、着て良し。『オーシバル』のステンカラーコート

アイテム単体で見ても魅力満載なステンカラーコートですが、ほかのアイテムとのなじみやすさもハンパじゃありません。とくに定番のアイテムを合わせたスタイリングでは、スタンダードながらも今らしいムードを支えてくれるのです。その一例を紹介します。

ボーダーカットソーと色落ちしたジーンズに『オーシバル』のステンカラーコートが好相性。足元にホワイトのスニーカーを差すことで、春らしいスタイリングに昇華させています。

こちらもボーダーカットソーとの組み合わせですが、タック入りのパンツと『ナイキ』のスニーカーを加えてストリートテイストもプラス。カットソーをタックインすることで、パンツのデザインが強調されています。それでも大人らしさを損なわないのは、ステンカラーコートの効果かも。

パンツとスニーカーはホワイト、トップスや小物はブルー系という配色で、爽やかなスタイリングに。ハットやスニーカーでステンカラーコートのきれいめ感をあえて着崩したテクも参考になりますね。

「欲しい」と思った方、ちょっと待って。購入する際は“サイズ”に注意

「なんかスゴいぞ『オーシバル』」。そんな声が聞こえてきそうですが、購入前に必ずサイズを確認しましょう。私は前述した『ヘビーウェイトコレクション』のSサイズでゆったりとした着用感なので、これに近いサイズで狙いを定めました。

お店で着用して購入したところ、やはり作りは少々大きめ。身幅が広く、着丈が長いのでパッツパツになる心配はなさそう。自分が愛用しているもののサイズはあらかじめ把握しておくとベターです。

サイズの詳細を見る

この春は『オーシバル』でキマり……かもしれない

この春は『オーシバル』でキマり……かもしれない

『オーシバル』のステンカラーコートは、本当におすすめできる1枚です。

5,000円以上の買い物に心臓をバクバクさせるというか、服をめったに購入しない私がいうのだから間違いはありません。なんてったって、1か月くらいアレやコレを調べて買ったのです。その時間も含めて価値ある1枚、そう断言しちゃいます。

「何を買おうかな」という方には、ぜひ候補に! いやむしろ指名買いしましょう!

ステンカラーコート以外にも『オーシバル』にはおしゃれなアウターが数多くあります。そのラインアップもぜひチェックしてください。

『オーシバル』のアウター一覧を見る

ページトップへ戻る