日本生まれ、日本育ち。フルカウントのデニムをはこう

日本が誇る職人系ジーンズブランド『フルカウント』。屈強でヘビーなイメージをもつデニムを覆すファッション性をもちながら、ジーンズの歴史を重んじた作りに注目したい。

日本生まれ、日本育ち。フルカウントのデニムをはこう

“ジーンズ=デイリーウェア”を実感させる抜群の履き心地

ジーンズは元々炭鉱夫などが身に着けるヘビーワーカーのためのウェア。当然そこには安価で丈夫なもの、といった概念が多勢を占めるだろう。ただ、『フルカウント』の目線は違う。そのコレクションからは、改めてジーンズがファッションの一部でありデイリーウェアであることを気付かせてくれる。

価格.comで探す

『フルカウント』とは

さまざまなジーンズブランドにて研鑚を積んだ辻田氏が1992年に創設。“家に帰っても寝るまで脱ぎたくないジーンズ”をコンセプトに、素材には上質綿として知られるジンバブエコットンを採用。素材を生かすアプローチ、1940〜1950年代の古き佳き米国デニムへの傾倒により“普段着”としてのジーンズの方向性を明確に示した。

価格.comで探す

誰もがフルカウントのジーンズを履きたくなるワケ

誰もがフルカウントのジーンズに心地よさを感じる。それは、屈強で重厚というジーンズへの一般的なイメージとは一線を画すものだが、実はそこに同ブランドの魅力が隠されている。そのワケは、素材と縫製、そして考え抜かれたシルエットにある。フルカウントのジーンズを知れば知るほど、また履きたいと強く思うに違いない。

価格.comで探す

綿花の中でもトップの質を誇るジンバブエコットンで生地を製作

魅力1

綿花の中でもトップの質を誇るジンバブエコットンで生地を製作

ジンバブエコットンは、主にアフリカ南東部で栽培される、世界でも有数のオーガニックコットン。繊維を傷つけないよう人の手で収穫される綿花は細く均一で、一本の繊維長が長いことから超長綿と呼ばれる。だからこそ継ぎ目のない甘撚りの丈夫なムラ糸を作ることが可能。それが抜群の軽さ、柔らかさ、伸縮性を生むのである。

生地だけでなくこだわりは縫製で使用する糸にまで及ぶ

魅力2

生地だけでなくこだわりは縫製で使用する糸にまで及ぶ

通常、ジーンズを縫製する糸はポリエステル糸が定石だが、色落ちしにくいためフルカウントでは生地と同様に色落ちさせるべくエジプシャンコットンを利用している。さらに、耐久性も考慮し、負担のかかる部位にはオリジナルの太糸で。結果、異なる12種類の糸を使いながらジーンズを製作しているのだ。※画像はイメージです。

魅力3

自分の脚へとなじみながら徐々に唯一無二の形へ

履くほどに脚の形を変え徐々になじんでいく。ゆえに革靴は長く愛着をもって履くことが多い。フルカウントのジーンズも同様の感覚を味わうだろう。綿本来の弾力性を生かすべく、全アイテムに収縮加工を加えず、その後に生じる“ねじれ”を“アジ”ととらえるのは、それが自身の脚の形にちょうどよくフィットする形だからだ。

価格.comで探す

ブランドの顔であり定番のモデル、1108

1108 ストレートレッグス

数あるコレクションの中でも長きにわたり多くの人々に愛され続けるブランドの“顔”。シルエットはやや細身のストレートレングスで、野暮ったさを感じさせずどのアイテムにもフィット。13.7オンスの厚みは履きごたえと履きやすさを実感するはずだ。ジンバブエコットンの魅力を存分に感じさせる編みのテンションも魅力的。

価格.comで探す

Detail1

細部にまでいたる作り込みの妙に“情熱”が伝わる

ブランド名が象られたトップボタンは味わい深いマッドなシルバー消しタイプ。ウォッチポケットは打ち抜きリベットで補強され、そこからはみ出た縫い代からは赤耳がうっすらと見て取れる。その細部にわたる作り込みからは、同ブランドが志向する1940〜1950年代に見られた古き佳きアメリカンデニムの面影が感じられるだろう。

Detail2

“丈夫なものこそ正義”とされた古き米国デニムを彷彿させる作り

色落ちやダメージを負う縫製糸もまたアジ、という同ブランドのスタンスは変わらないが、だからといって脆弱というワケではない。耐久性を強めるため、負荷のかかる部分を特注の糸、ミシン、ハリで縫い上げる。それらは、熟練職人たちの手によって仕上げられ、ゆえに均一な縫い目ではなく独特なステッチラインを描いている。

スタンダードモデル以外のモデルも見逃せない

1108XX スリムストレートジーンズ

おなじみのジンバブエコットン、着心地を追求するため使用している旧式の織機、1108特有の細身のストレートシルエットなどはそのままに、15.5オンスの生地で仕上げたモデルがこの1108XX。特濃インディゴで染め上げた生地は凛々しさにあふれ、それによりジーンズの醍醐味でもあるメリハリのある色落ちを存分に堪能できる。

価格.comで探す

0105 1953モデル

1950年代の米国ヴィンテージをデザインソースに製作された、フルカウントの原点であり創業当時から作り続けられる名品番。コレクションの中でもゆとりのあるシルエットで知られ、裾へ向かってややテーパードがかけられている。吸水性にも優れ汗や油分をしっかり吸収。一度洗いにかければ、再度ハリのある表情がよみがえる。

価格.comで探す

1110Z テーパードミドルストレートジッパー

ヴィンテージアイテム502xxモデルを参考となった1110zモデル。定番モデル1108よりスリムなシルエットだが、ウエストはややゆったりとしたストレスフリーなはき心地。裾に向かってテーパードがかかっているため、ジャケパンなどのきれいめスタイルにもしっかりはまる。ヒップとヨーク部分には2カラー用いることによって、デザイン性も◎。

価格.comで探す

1101 ミドルストレート

上記で紹介した1108と0105の中間の太さで、程よいルーズさをもったモデル。ポリエステル糸を糸芯にし、その周りを綿糸で巻き付けるように紡績することでより強度と伸縮性をもったコア・ヤーン糸をバックヨークに使用。『フルカウント』なじみのレザーパッチも魅力のバックシルエットに定評ある一本となっている。

価格.comで探す

1109 ナローストレート

細身なシルエットの1109。ももからひざにかけてテーパードがかかり、ひざから下はストレートとなったラインが特徴的。そんなタイトフィットの仕上がりは、はき込む過程で脚の付け根周辺にできるヒゲを存分に楽しめる。素材・製法は他モデルと変わりなく高品質。暖かくなればロールアップも似合いそうだ。

価格.comで探す

1952 ストレッチスキニーセルビッチ

こちらもシルエットの細いスキニージーンズ。ストレッチを入れることで、はきやすくなっている。ボディー同様、レザーパッチもブラックとなっており高級感を演出。さまざまなコーディネートに重宝するブラックのスキニーは、1本持っておいてまちがいなし。長く使いたいものだからこそ『フルカウント』の1本に頼りたい。

価格.comで探す

1246 ブッシュパンツ

定番中の定番1108ストレートレッグスのサイジングをベースとし、特徴的なポケットを装飾したブッシュパンツ。ブッシュとは「灌木、やぶ、茂み」の意味をもち、そのような過酷な環境で適応する機能性を連想させる一本。すでにいくつかジーンズをもっている方におすすめしたいアクセントがきいたジーンズだ。

価格.comで探す

1937 ダブルニーペインターパンツ

10.5オンスと通常のものに比べ、軽めなジンバブエコットンデニムを使用。くたっとした表情が休日のコーデにぴったり。ライトオンスだが、膝の部分まで生地を二重にしたダブルニー仕様により耐久性に心配なし。インディゴブルーのボディーにホワイトのステッチが映え、さわやかな仕上がりとなっている。

価格.comで探す

1120 ブーツカット

ブーツカットと聞くとフレアーな裾をイメージするが、『フルカウント』のそれは極端な裾の広がりがないナチュラルなつくり。程よいひざの絞りや緩やかな裾の広がりなどディテールにこだわっている。そんな計算がなされたジーンズは、スタイル良く、きれいにブーツが履けるのが魅力。ぜひ一度試していただきたい。

価格.comで探す

『フルカウント』ジーンズを使ったスタイリング10選

日本人のためのジーンズ。そう言っても過言ではない『フルカウント』を、大人達はどのように着こなしているか。おしゃれなコーデサンプルを紹介する。

ミリタリーアイテムと相性抜群なジーンズ。太すぎず細すぎずなサイジングや、濃いめの色みによってやぼったさを払拭。足元にはローファーをあわせ、大人のきれいめミリタリースタイルに仕上げた。

ネイビーをメインとした落ち着いたコーディネート。はき込んだ『フルカウント』のパンツにはしっかりとひげが入り模様のよう。そんな味の出たデニムには『ダナー』のワークブーツを合わせ、ヴィンテージ感を醸している。

『フルカウント』でもっとも定番人気の1108モデルを着用。ストレートなシルエットなのでさまざまなスタイルに適応可。すこし太めにロールアップすればスポーティーなイメージに着こなせる。

コーチジャケットやキャップのスポーティーアイテムと、セーターとドレスシューズのエレガントのアイテムのつなぎ役としてひと役かってくれるのがジーンズ。カラーは、ブラックではなくインディゴをチョイスして武骨さを醸出した。

これからの暖かくなる季節にスタイリングしたい、ベージュのステンカラーコートとデニムの組み合わせ。ロールアップした裾からみえる赤ミミのセルビッチがシンプルなコーデのワンポイントに。

オン・オフどちらにおいても男性に欠かせないジャケパンスタイル。『フルカウント』のパンツは高品質のジンバブエコットンを使用しているため、上品なイメージのジャケットやネクタイとも難なく合わせることが可能だ。

『フルカウント』が監修を行った『アメリカンラグ シー』の一本。スポーティーなコーチジャケットには、古着ライクな淡いインディゴブルーを合わせて大人っぽい渋めなスポーティーコーデに昇華した。

パーカーやニットなどのリラックス感あふれるアイテムには程よいゆるさの1110モデルを合わせて。ややゆったりとしたウエストだが、見た目はすっきりとしたシルエットをつくってくれる。

こちらも1110テーパードミドルストレート。ジャストサイズで着用することで、ももからひざまで味のよいひげがでている。『バンズ』のスニーカーと白ソックスを合わせて今っぽい着こなしに。お手本にしたいスタイリングだ。

『フルカウント』はデニムジャケットもラインアップしているため、上下を揃えてデニム・オン・デニムで着こなしても良し。メガネやシューズなどの小物は、ブラックで統一すればエレガントにまとまる。

ページトップへ戻る