大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

サイドゴアブーツが人気を見せている今シーズン。雨靴としても優秀でサイドゴアブーツの元祖ともいえる『ブランドストーン』をご存じだろうか。同ブランドの魅力をご紹介。

ブランド:
  • ブランドストーン(Blundstone)
キーワード:

大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

サイドゴアブーツの祖。『ブランドストーン』をご存じ?

『ブランドストーン』は1870年にオーストラリアのタスマニア島で生まれたブランド。特筆すべきは、“サイドゴアブーツ”というタイプのシューズを古くから扱い、同タイプのブーツの祖として知られていることにある。そんな出自はもちろん、耐久性や機能性を追求し続ける『ブランドストーン』は世界中で多くの人々に愛されているが、ここ数年では日本でもメジャーな存在に。その理由ともいえる魅力について紹介しよう。

日本でも大ヒット。『ブランドストーン』のブーツの魅力とは?

なぜ『ブランドストーン』のブーツが人気なのか。その理由をご紹介。見た目やディテールについて触れていくが、価格も比較的押さえられているので手が出しやすいことも押さえておこう。

魅力1

雨天対応の素材とディテールが秀逸

『ブランドストーン』の魅力として真っ先に紹介したいのが、採用されている素材。オイルをたっぷりとしみこませながらも雨天にも対応するレザーは、「いつでも履ける」という安心感をもたらしてくれる。

また、アッパーとソールのつなぎとなる境目にも注目してほしい。ほかの多くのブランドは“縫う”という行為によってアッパーとソールをつなぐため、どうしても水分の侵入を許してしまう。しかし、『ブランドストーン』は一体となっているため、境目から水が入ることが限りなくゼロに近い。

魅力2

サイドゴアならではの容易な着脱がGOOD

プレーンなデザインをベースにしながらも、やはりサイドゴアという仕様は脱ぎ履きしやすいことが利点。『ブランドストーン』は、サイドゴア部分にボディと別の色みを施すなど、さりげない遊び心あるデザインを採用するモデルもあるのがうれしいところ。周りと差をつけたいという人はぜひチェックしてほしい。

魅力3

スマートにも武骨にも偏らないため、汎用性が高い

カジュアルな着こなしも、きれいめのファッションにも合わせられるデザイン性もまた、『ブランドストーン』の強み。ぽってりとしたトゥの形状ながらも、ワイズは程良くシャープ。そんなフォルムだからこそ、合わせるボトムスを選ばない。写真のようにチノパンを合わせるのはもちろん、スキニーパンツやスラックスでさえも難なくなじんでくれる心強さも魅力。

『ブランドストーン』のブーツで押さえるべきモデルとは?

『ブランドストーン』のブーツは、ブランドを代表する“500”をはじめとするモデルが豊富にリリースされている。なかでも大人におすすめのアイテムを厳選し、紹介しよう。

BS500

『ブランドストーン』定番のクラシックモデルのThe Original。甲部分はたっぷりとオイルを染み込ませた、オイルタンドレザーを使用しており、非常に柔軟で足なじみが良く、吸水性・耐水性に強い。もっともポピュラーかつ愛用者が多いモデル。

アイテム詳細を見る

BS508

サイドゴアの赤が印象的なBS508。アッパーにはスムースレザーを使用している。独特の光沢感があり経年変化も楽しめる。もちろん、機能性にも優れた秀逸な仕上がりで幅広いスタイルに取り入れることが可能。

アイテム詳細を見る

BS519

こちらはサイドゴア部分にダークグリーンをあしらった一足。濃いめのブラウンのアッパーからあざやかなやグリーンがアクセントとして主張する。アウトドアからタウンまでシチュエーションを気にせず愛用できる。

アイテム詳細を見る

BS577

ワークブーツならではのタフさと軽量さ、緩やかな丸みをもったフォルムが特徴。インジェクション製法によりソールは耐久性、耐水性に優れ、インソールにはSPSを搭載しているので歩行時の襲撃を吸収してくれる。

アイテム詳細を見る

BS515

最後に紹介するのは爽やかなブルーが見た目にも心地よいBS515。スムースレザーの高級感のあるアッパーに対してカジュアルな雰囲気を醸すブルーのサイドゴアが絶妙にマッチしたデザイン。着こなしのアクセントとしても重宝するはず。

アイテム詳細を見る

見た目も機能も頼れる『ブランドストーン』。おしゃれな大人のスタイリングをチェック

確かな防水性だけにとどまらず、デイリー使いできるスタイリッシュさも備えた『ブランドストーン』のブーツをどのように履きこなしているのかを探っていく。着こなし方の参考にして、おしゃれな足元を演出して。

コートにインナーダウンを合わせたきれいめコーディネート。ブラックを基調としたした着こなしなのでシャツの白が差し色として効果的にはたらいている。細身のパンツとブーツサイドゴアブーツを合わせることで、スッキリとした足元を形成した。

こちらは『ブランドストーン』のブーツにデニムとニット、『バブアー』のジャケットを用いた王道のカジュアルコーデ。全体の色バランスも良く、爽やかな雰囲気に仕上がっている。存在感のあるネックレスでシンプルになりすぎないようにスパイスをプラス。

ブラウンのブルゾンに赤×オレンジのチェックシャツ、デニムでアメカジコーデを表現。ロールアップした裾からのぞかせるグリーンカラーのサイドゴアがさりげないアクセントとして主張する。色のメリハリも効いていて心地よいスタイリングに仕上がった。

白のカットソーにダウンジャケットを羽織ったラフな着こなし。ロング丈でカットオフ調のカットソーや表情のある色目が印象的なスウェットパンツがリラックス感のある雰囲気を醸している。履き込んで味のあるブーツにも注目したい。

ブリティッシュを意識したカジュアルな着こなし。上半身をきれいめに仕上げ、パンツは薄色のデニムパンツで適度な抜け感をプラス。パンツの色が薄い分、ブーツのブラウンの存在感が強調されている。

デニムランチジャケットにスウェットパンツのラフなカジュアルコーデも明るめのブーツを合わせれば清潔さのあるスタイルに変身。白とブルー系のコントラストが爽やかな雰囲気にまとめ、より清涼感のあるコーディネートへと昇華させている。

ダッフルコートにボーダーのカットソーを合わせたマリンテイストな着こなし。ベージュのチノパンでシンプルにまとめ、『ブランドストーン』のサイドゴアブーツでスタイリッシュな雰囲気を加えている。シックな印象を与えるネイビーのベレー帽も良い。

ライダースを用いたハードな着こなしはカーディガンをインナーに取り入れつつ、ストールと合わせて上品なスタイルへと昇華させた。ミリタリーテイストのパンツで武骨さを与え、全体のバランスを整えた。足元はスエード素材のブーツで落ち着いた印象に。

ダウンジャケットをメインにした着こなし。裾からチェックシャツをちらつかせ着こなしに動きを出した。上半身にボリュームがあるので、パンツは細身をチョイスしてバランスを調整。ブーツはボトムスと色を合わせてまとまりのあるスタイルに。

存在感のあるカモ柄のジャケットは土くさくなりすぎないようハットと白パンでマイルドに。インナーにはスウェットを合わせることでカジュアルさを出している。足元はブラックを選んでメリハリのある足元を演出。

経年変化も楽しめる。この一年は『ブランドストーン』のブーツさえあればいい

ワークな着こなしからきれいめスタイルまで幅広いスタイルに相性の良い『ブランドストーン』のブーツ。おしゃれとしてはもちろんレインブーツとしても重宝するのでこれ一足あればシーンを気にせずに愛用できる。さらにブーツならではの経年変化にも期待できるので、まずは一足手に入れてみてはいかがだろう。

ページトップへ戻る