メンズに欠かせないシャツ! 正しい選び方と測り方

ビジネス時も休日も着用する機会の多いシャツは、男の着こなしに欠かせないアイテム。そこで、本記事ではシャツ選びでもっとも大切なサイズ感についてご紹介します。

キーワード:

メンズに欠かせないシャツ! 正しい選び方と測り方

シャツの正しいフィット感を知りましょう

チェックポイント1:肩のラインが合っているかどうか

シャツを着る上で重要なのが、肩のラインが合っているかどうか。時代によってタイトやルーズなどシルエットは異なりますが、基本は肩が合っているかが非常に重要なポイントとなります。ネットショッピングはもちろんですが、自分のサイズを知っておけば実店舗での買い物時でも役立つのでぜひ測っておきましょう。

肩幅の正しい測り方

肩幅の正しい測り方

肩と腕のつけ根にあるくぼみ部分から首裏にある突起した骨(頸椎点)を通り、反対側の肩のつけ根までの長さが自分の肩幅のサイズです。肩から肩の長さではないのでご注意を! ジャストなら±0p、タイトに着たいなら実寸から−1〜2p、ゆったり着たいなら+0.5p〜1p程度、実寸から足し引きしてください。

肩のラインが合えばジャストサイズ

肩のラインが合えばジャストサイズ

ジャストサイズ時の肩のラインが↑。肩と腕のつけ根部分に、シャツの袖と見ごろの縫い目が重なればジャストサイズです。

チェックポイント2:首周りは指2本分程度の余裕があるかどうか

カジュアルなシャツはここのサイズを省いていることが多い(前を開けて着る人が多いため)ですが、オン・オフ問わず着られるボタンダウンシャツやワイシャツを選ぶ際に絶対確認したいのが、首周りのサイズ。ネクタイを巻くシーンでジャストサイズか否かが大きく出てきます。

首周りの正しい測り方

首周りの正しい測り方

のどぼとけの少し下をメジャーでぐるっと1周させた長さが、自分の首周りのサイズです。シャツの1番上のボタンを閉じたときに、指2本分程度の余裕が適切なので、ジャストなら+2p、タイトに着たいなら実寸から+1p、ゆったり着たいなら+3p程度、実寸に足してください。

指2本分程度の余裕があればジャストサイズ

指2本分程度の余裕があればジャストサイズ

ジャストサイズ時の首周りが↑。苦しい場合や余裕があり過ぎる場合はサイズミスが考えられるので、ご注意ください。

チェックポイント3:身幅は適切な余裕があるかどうか

肩幅や首周りのサイズが適切であればあまり考えなくても良い部分ですが、タイトなサイズやゆったり目にきたい場合は、身幅のサイズもチェックしておきましょう。身体のラインをどう見せたいかがここのサイズ感で決まります。

身幅の正しい測り方

身幅の正しい測り方

両脇のスグ下の位置で、胸の周りを1周させた長さを半分にした値が自分の身幅のサイズです。ジャストなら+2p、タイトに着たいなら実寸から+1p、ゆったり着たいなら+3p程度、実寸に足してください。

両手をあげてもストレスなくあがればジャストサイズ

両手をあげてもストレスなくあがればジャストサイズ

ジャストサイズ時の身幅サイズが↑。ピタッとし過ぎていると腕の動きが制限されてしまい、大き過ぎるとだらしなく映るので注意。肩がジャストサイズなら基本は問題ないハズ。

チェックポイント4:裄丈・袖丈は適切な長さかどうか

チェックポイント1から3までを押さえてサイズを選べば、たいてい袖の長さもジャストサイズになるよう調整されていますが、お好みのサイズ感がある人はチェックしておきましょう。また、かっちり目のシャツを選ぶ人は、肩幅以上に裄丈が大切なポイントとなるのでご覧ください!

裄丈の正しい測り方

裄丈の正しい測り方

肩幅の正しい測り方で紹介した首裏にある突起した骨(頸椎点)から肩のつけ根、そしてそのまま手首のつけ根にある骨までの長さを測りましょう。(つまり肩幅の半分+袖丈の長さです)コットンシャツだと縮みが出ることが多いので、実寸に1〜2p程度プラスした長さを選ぶとよいでしょう。

袖丈の正しい測り方

袖丈の正しい測り方

肩と腕のつけ根から手首のつけ根にある骨までの長さを測りましょう。裄丈と同じく、コットンシャツだと縮みが出る場合もあるので、実寸に1〜2p程度プラスした長さを選ぶとよいでしょう。

自分のサイズを知ることで、適切なサイズの1枚を見つけましょう。

ページトップへ戻る