装いが軽やかに。明るい色の春ニットを着よう

ニットというと秋冬を想像しがちですが、まだ肌寒さが感じられる春もニットが活躍するシーズンです。春に楽しみたい、おすすめ「春ニット」や着こなしをご紹介します♪

装いが軽やかに。明るい色の春ニットを着よう

ニット=冬だけじゃない。素材違いで春仕様に

ニットというと、秋冬にぬくぬく楽しむもの……とイメージしがちですよね。でも、素材によっては春も楽しめるニットがたくさんあるんですよ。秋冬はカシミヤやウールなどの素材で厚い素材が主流ですが、春夏は風通しの良い麻やコットン(綿)ニットを選べば、冬っぽさも感じられず、さらっとした着用感が楽しめます。季節に合った素材さえ把握しておけば、年中ニットのもつやわらかさをコーデに生かすことができますね。

写真のアイテム詳細を見る

せっかくの春。明るい色に挑戦してみよう!

先程春シーズン向きのニット素材をご紹介しましたが、春にニットを楽しむのなら、「カラー」も重視しましょう。素材はもちろんですが、春らしさを感じられるカラーリングのものを取り入れるとより季節感のあるコーデが楽しめるようになりますよ。冬を感じさせるネイビーやブラックなどは春には重たくなりがちなので、春はペールピンクやブルーなどのペールカラー、ベージュなどのトーンが薄いものを取り入れるのがおすすめです! 

マイルドな雰囲気に仕上げてくれるベージュ

春らしいカラーの代表の1つ・ベージュはどのカラーとも相性が良い万能選手。ですので、「明るい色はあまり身につけたことがない……」という方にも合わせやすくおすすめです。暗い色のコーデに使うときには全体をマイルドにしてくれるほか、明るい色を使うときには全体を大人っぽく見せてくれる役割も果たしてくれますよ。

大人コーデにぴったりな上品カラー・ライトグレー

ライトグレーもベージュと並び、春カラーコーデ初心者にも取り入れやすいカラー。クールで上品な印象を与えるカラーともいわれており、上品さを重視したいプライベートのコーデはもちろん、オフィスでのコーデにもおすすめです。コーデにグレーが多すぎると感じる場合は、差し色でほかのペールカラーをオンするとより春らしくなりますよ。

爽やかさとシャープさをプラスしてくれるペールブルー

まるで春の青空のようなペールブルーは、コーデの差し色としてだけでなく、着こなしの主役カラーとして使いたいカラー。ニットのふんわり感を残しつつ、ブルーのもつ「引き締め」効果で着やせ効果も狙えます。ブルーには集中力を強める心理的な役割もあるため、春のオフィスカジュアルコーデに利用しても良いでしょう。

肌色を明るく見せてくれるイエロー

イエローは、色彩の中でももっとも明るいカラーといわれています。人の気持ちを明るくしてくれる心理的効果もあるので、春の陽気に合ったコーデや気分が落ち込みやすい五月病シーズンに積極的に使いたいカラーです。原色のイエローはちょっと……という方は、やさしいパステルイエローが使いやすくおすすめです。

心をリラックスさせてくれるライトグリーン

春の芽吹きや生命を感じさせるライトグリーンは、自然に近いカラーのためリラックスさを感じさせるカラーとして幅広い世代に人気のカラー。また、何か新しいことの始まりや若さを感じさせる、門出の季節にふさわしいカラーでもあります。休日のリラックスコーデや、気分を落ち着かせたいときにぜひ取り入れてみたいカラーですね。

ライトピンクは「いい人に見える」マジックカラー!

春のペールカラー代表格といえば、桜を思わせるペールピンク! 今年の春トレンドカラーともいわれている最旬カラーです。ピンクには、人の心を穏やかにさせるパワーや、ピンクを身につけている人をやさしく見せてくれる効果があるんです。日常使いはもちろん、春のデートにペールピンクを身につけると恋がもっとうまくいくかも!?

今季らしく着こなすには? 春ニットのスタイリング3つのポイント

春カラーのニットを持っているけど、どうやって着こなしたらいいのかわからない! 暑苦しく見えないかな? と心配している方もいらっしゃるのでは? 春ニットのおすすめ着こなしポイントを3つに絞ってご紹介しますね。

ポイント1:シャツと一緒にレイヤードスタイルを楽しんで

カラーシャツやカットソーなどをニットの裾からのぞかせるスタイルは、肌寒さが残る日もある春のコーデには欠かせない重ね着コーデです。インナーには春カラーニットに合わせやすいペールカラーやアイボリーなどの明めトーンが合わせやすくおすすめですよ。

明るいレモンイエローのニットカーディガンは初夏も引き続き使い回せそう。ホワイトのカラーシャツがあればすぐに春コーデに取り入れやすいですね。シャツの素材は麻やリネンのものが春らしいですね。ハーフパンツでは寒いときはコットンのロングパンツがおすすめ。

ソーダ色のような淡いブルーとインナーのホワイトシャツのコンビは、春コーデで爽やかさを出したいときにぜひ使ってみたいカラーコンビです。ゆとりあるサイズのニットですが、ボトムスにタイトめのジョガーパンツを使っているので全体がすっきりして見えますね。

ショート丈のカーディガンはどうやって使えばいいの……と心配する方にこそおすすめしたいのがカーディガンを利用したレイヤードスタイルです。インナーのシャツに丈が長いものを利用するだけで旬のコーデが完成! シャツは無地のものがより大人っぽい仕上がりに。

ポイント2:1枚でゆったりと

コットンや麻の春素材は肌触りが良く、1枚で着るととても気持ちがいいですよ。トップスが1枚だけのこちらのコーデは、シンプルな着こなしを好む方におすすめのコーデです。ボトムスには春のカラーとホワイトやグレーなどの明るめトーンが相性◎でしょう。

ざっくりと編まれたワイルドめなニットですが、色みが強すぎないためソフトに感じられますね。ワイルドめなニットと、スクラッチ加工されたグレーデニムは色も質感も完璧な組み合わせです。コーデの印象をより明るくしたい場合はシューズに白を取り入れるとgood!

インナーにホワイトシャツなどをプラスしてもきれいに決まるライトグリーンニットですが、明るいトーンのものは1着でシンプルに着ると色や素材がもつ春らしさがより引き出されます。ボトムスにはこちらのコーデのような無地のものが色バランスが保ちやすいですよ。

先程までのプレーンなカラーも良いですが、春はこのようなミックスパターンのセーターを無地パンツと合わせてみるのもおすすめ。トップスは凹凸、ボトムスはプレーン……という具合に質感が異なるものを上下に使うとコーデがきれいにまとまりますよ。

ポイント3:アウターはすっきりシルエットで

気温が定まらない春先は、ニットだけじゃ肌寒い! という日も当然ありますよね。ニットにアウターを利用する際は、むだな装飾がない、すっきりシルエットのものジャケットなどを使うと、やや厚みのあるニットを使ったコーデでも全体が引き締まって見えますよ。

キャメルに近いベージュジャケットは、ポケットも襟も控えめでつるりとした質感で、インナーにニットを着ていても重たく見えません。おかげで、インナーニットのボーダーもきれいに見えます。テーパードデニムのボトムスも、全体のすっきり見せに大きく貢献。

ジャケットはかっちりとしたイメージがありますが、コットンを使ったシンプルなジャケットならこんなにナチュラル。全体のトーンも統一されており、シンプルながら上品なテイストが完成されています。足元にドレスシューズを使えば、デートコーデにも使えそうです!

先程のものと同じく全体のアイテムカラーを統一しているコーデ。シャツとニットの色みはまるで春の青空と桜を思わせますね。アウターのデニムシャツは余計なダメージや装飾がなく、インナーの桜色ニットの色みと素材を際立たせる引き立て役になっています。

ページトップへ戻る