脇役が主役になる前に。カーディガンを先物買いしよう

寒い冬はもちろん、少しずつ暖かくなる春の季節まで重宝するファッションアイテムといえばカーディガン。上品なコーデとしても防寒としても役立つアイテムに注目。

脇役が主役になる前に。カーディガンを先物買いしよう

主役着ばかりがファッションじゃない。大人こそカーディガンに目を向けて

カーディガンは、ジャケットよりも自由度の高い羽織りもの。オフの日はもちろん、ビジネスシーンでも違和感なく取り入れるなら、ローゲージでない、ミドルゲージからハイゲージの大人の表情が特徴のカーディガンを選ぶのがベターです。

おすすめを知る前に……。なぜハイゲージがイチ推しなのか?

+CLAP Men世代なら活用したいカーディガン。では、なぜ冬〜春の時期に取り入れるべきなのか? なぜニットの中でもハイゲージニットなのか?? そのメリットとなるポイントを解説します。

理由1

冬はインナーとして、春はアウターとして使用可能

ハイゲージニットはローゲージニットに比べて薄手。そのため、アウターやジャケットの中に重ね着してもゴワつく心配がありません。また、気温が少しずつ上がってくる春となれば、カーディガンをアウターとして取り入れることができます。ハイゲージニットであれば、薄手であっても保温性があり、重宝することでしょう。

理由2

上品な見た目で大人っぽいファッションにまとまる

ニットアイテムに共通していえることは、素材の糸が太くなればなるほどカジュアルな印象となり、細い糸ほどドレス感のある雰囲気に仕上がることです。ハイゲージニットは細い糸を使用したニットなため、落ち着きのあるキレイめな着こなしが可能です。

理由3

しっかりとフィットするスマートなシルエット

ハイゲージニットカーディガンは、程度な伸縮性があり、羽織るだけで体のラインにフィットする特徴があります。そのため、インナーのシャツなどのシルエットを崩すことなく、スマートなファッションを楽しむことができます。もちろん、ビジネスファッションとも好相性。細身なシルエットでまとめたいときに活躍するアイテムです。

ブランドで選びたい人も、値段で選びたい人もチェック。おすすめのカーディガン一覧

カーディガンをブランドで選ぶなら、ニットの老舗ブランドがファッショナブルにまとまります。値段で選ぶなら、着まわしできるシンプルなもをセレクトしましょう。ここでは、そんなふたつの視点から、それぞれのおすすめ商品をご紹介します。

▼老舗の定番ブランドから選ぶなら

大人らしいきれいめな着こなしには、上質なカーディガンがマスト。定番ブランドならば、上品な見た目であるだけでなく、品質も良く、長く愛用することができるでしょう。

『ジョンスメドレー』

ハイゲージニットの上質ブランドなら真っ先に挙がるブランドが『ジョンスメドレー』。しっかりと品質管理されたアイテムに、デザイナーチームによるスタイリッシュなデザインが魅力。メンズ、レディースともにハイゲージニットブランドの王道です。

価格.comで探す

『フレッドペリー』

ポロシャツでも人気の『フレッドペリー』ですが、その上品な印象はカーディガンにも踏襲されています。冬の時期にはアクセントカラーとして重宝する鮮やかな色みも、おすすめしたい理由のひとつ。

『ジャミーソンズ』

こちらもスコットランドから生まれた老舗のニットブランド。元々手編みのニットアイテムに定評があったブランドであり、地元の厳選されたウール素材を使う品質の良さが魅力です。機械化された生産となった今でも、そのクオリティーの高さから根強い愛用者をもつブランドとなっています。

アイテム詳細を見る

『バランタイン』

1921年に創立した、イギリスが誇る老舗ブランド。プレーンなデザインですが、程良く素材感のある表情が大人らしさをアシストします。シックな色みも落ち着いた印象で、ビジネスには相性抜群。休日の着こなしをきれいめにシフトしたい時にも活用したい一着です。

価格.comで探す

『サンスペル』

王室御用達のカットソーやジャージー素材のアイテムを手がける老舗アンダーウェアメーカー。カーディガンも含む、高級ウェアを手がけることでも知られています。着用した際にわかる柔らかさや品質の違いは、たくさんのリピーターから証明されており、大人なら1枚は持っておきたいブランドのひとつです。

▼9,999円以下から選ぶなら

手軽に羽織れるハイゲージニットのカーディガンが欲しい。そんな方のためにアンダー1万円のアイテムをピックアップ。安いからといって決して軽視できない使えるカーディガンがたくさんあります。買い足すなら、まずはここから選んでみましょう。

『ナノ・ユニバース』/9,180円(税込)

リーズナブルな価格でありながらも、ファッショナブルなアイテムを多くリリースする『ナノ・ユニバース』。ハイゲージニットのカーディガンも、コーディネートに取り入れやすいベーシックなデザインが揃い、カラーバリエーションも豊富です。

アイテム詳細を見る

『ビームス』/7,344円(税込)

アメカジベースのファッションを提案するセレクトショップ『ビームス』。ベーシックから個性あるブランドまでさまざまなアイテムを見てきたショップならではの、どんなファッションにも適用できるデザインが魅力。価格も抑えたトータルポイントの高いカーディガンが揃います。

アイテム詳細を見る

『アーバンリサーチ ロッソメン』/9,720円(税込)

カジュアルなファッションでありながら、大人のエレガントさも取り入れたスタイルが魅力のオリジナルブランド。上質といわれるメリノウールの素材を取り入れたアイテムが、1万円以下でラインアップしています。よりスマートなファッションを目指したい方なら、取り入れたいブランドです。

アイテム詳細を見る

『レヴォ』/4,212円(税込)

ユニセックスで取り入れることができる、ジェンダーレスな印象のアイテムを手がけるブランド。ミリタリーやヴィンテージなどのアイテムをヒントに、手軽に購入できるカジュアルファッションを提案。ハイゲージニットのカーディガンも、肩の力を抜いて羽織れるアイテムが魅力です。

アイテム詳細を見る

『ザ・スーツカンパニー』/8,424円(税込)

スーツを専門に取り扱う『ザ・スーツカンパニー』がデザインする、ハイゲージニットのカーディガン。スーツ生地を多く取り扱うイタリアから仕入れた素材を利用し、安心してオン・オフともに取り入れることができるカーディガンをリリース。コートやジャケットのインナーとしての使用を考えたデザインがポイント。

アイテム詳細を見る

2月から春まで使える。カーディガンの着こなしサンプル

冬〜春にかけてハイゲージニットのカーディガンを着こなしたい。そこで、大きく分けて冬の時期と春の時期に分けて、コーディネート例をご紹介します。賢く着まわして、おしゃれ上手を目指しましょう。

▼冬はさりげなく! カーディガンを脇役として着る

まだまだ寒い冬の2月はアウターが必要な季節。重ね着をすることで、効果的に暖かいコーディネートに仕上げましょう。インナーのカーディガンはあくまで脇役。チラッと見える程度で十分です。

オン・オフともに取り入れることができるステンカラーとカーディガンのコーディネート。モノトーンとベージュのカラーリングの中に、さりげなく中間色であるグレーのカーディガン。視線を少し集める程度のグレーの色合いが、良いアクセントとなっています。

全体をブラックでまとめたコーディネートに、ブラウンのカーディガンを着用。ブラウンのカーディガンなら、どんなパンツの色合いでも合わせやすく重宝しやすいことでも人気。古着っぽい雰囲気が、大人のファッションを際立ててくれます。

ブラックのアウターにシャツは明るいチェック柄。コントラストが強い2つのアイテムの組み合わせでも、落ち着きあるカラーのカーディガンを取り入れれば違和感なく調和します。冬場に出番が少なかったシャツも、これなら着こなし可能です。

アウターならコートだけでなくブルゾンでも応用は可能です。ワイルド寄りになるレザーブルゾンのファッションでも、カーディガンがあることで落ち着きあるファッションをキープ。ハイゲージニットなら、ゴワつくこともないので違和感なく合わせられます。

きれいめながらもカジュアルな着こなしとしておすすめしたいのが、ダウンベストとの組み合わせ。シャツやネクタイ、ローファーといったシックなアイテムを使いつつも、リブパンツでカジュアルに見せるテクも◎。

▼春はカーディガンをメインに着こなそう

アウターがいらなくなった春の季節なら、シャツやカットソーの上にカーディガンを羽織るだけ。ジャケットよりもラフに、オフの日に適したファッションを楽しみましょう。

パンツがグレーとなるなら、カーディガンはグレー以外の色が無難。ブラックのハイゲージニットなら、より引き締まって見えるので、スマート感が一層高まります。クールにキメたいときに取り入れてみては。

カーディガンを活用した春コーデのなかでも、トライしやすいのがインナーにはカットソー、ボトムスにはスラックスを使った着こなしです。トップスは色みを淡く、ボトムスやシューズでダークカラーを取り入れることで、カラーバランスも整った着こなしに。

カーディガンとスウェットパンツの組み合わせで、きれいめながらもアクティブな印象も加味したコーディネート。インナーのシャツに色みを取り入れ、春らしい要素もプラスしています。

シャツだけでなくインナーにタートルネックをもってくると、今風のファッションに。スマートに見せるなら、カーディガンを暗めのカラー。タートルネックを明るめカラーにすると、シャープに見えるコーディネートとなります。タイトなシルエットがさらにスマートに見せてくれる働きがあります。

メリハリあるファッションで個性を出すなら、ハイゲージニットのカーディガンでシルエットを細身にし、パンツはワイドを組み合わせて。上下で全く違ったスタイルでオリジナリティーあるファッションも方法のひとつです。モノトーンカラーで統一すれば、都会的な大人のおしゃれが完成します。

ページトップへ戻る