定番の万能着。グレーパーカーの選び方と着こなし指南

秋はトップスの上に羽織り、冬は重ねて、着回し力抜群のグレーパーカーは一枚あると重宝します。大人にハマるグレーパーカーの選び方と挑戦したいメンズコーデをお届け。

定番の万能着。グレーパーカーの選び方と着こなし指南

グレーパーカーとは

その名のとおりですが、灰色でフードが付いているトップス、フーディーとも呼ばれるトップスのこと。“パーカー”と呼ぶ人が多いですが、正式は“パーカ”。(パーカーの呼び名が一般的なので、本記事ではこれを採用)

特徴は、季節を問わず着用可能なうえに、どんな色や柄と合わせても調和する、着回し力の高さ。しかも洋服の重ね着にも役立つアイテムなので、おしゃれな雰囲気作りも簡単にできるのがおいしいところ。

と書くといいことずくめですが、問題はその着回し力の高さ故に、街中でカブることが多いこと。特にこれからの時期はTシャツやシャツの上に羽織る人が増殖するので、アイテム選びはもちろん、取り入れ方も気をつけて。

グレーパーカーの選び方

灰色のパーカーなら何を選んでもOKかというと、それは×。自分の好みに配慮しつつ、3つのポイントを参考にグレーパーカーを選んでみましょう。

ポイント1

ジップアップタイプを選ぶこと

パーカーには、頭からかぶって着るタイプのプルオーバーパーカーと、フロントに配されたファスナーで開閉するジップアップパーカーの2種類あります。

どちらも定番のデザインで、トレンド的にはプルオーバーですが、レイヤード感や汎用性、温度調整を考えるとジップアップパーカーのほうが大人には便利でしょう。

ジップアップパーカーをさらに見てみると、下から上にファスナーを上げるタイプのほかに、上からも下からも開け閉めできるダブルジップタイプもあります。ダブルジップのほうがよりファッション性が高く、着こなしのバリエーションが増えますが好みで選んでよいでしょう。

ポイント2

ジャストサイズを選ぶこと

パーカーに限らず、洋服を選ぶ際の重要なポイントとなるのがサイズ感。あえて大きめ・小さめに選んでサイズ感を楽しむのもありですが、着回すことを考えるとジャストサイズからややタイトめあたりを選ぶのがセオリーです。

オーバーサイズだと秋や春はよいのですが、冬はアウターのインナーに取り入れるとかさばってしまいます。また、タイトすぎるモノだとグレーパーカーのなかに着られるモノが限られてしまうので、ジャストサイズ、もしくはややタイトめあたりがベター。

ポイント3

ややムラ感のあるグレーを選ぶこと

グレーとひと言でいっても、明るめのライトグレーから黒に近いグレーなど、多くのバリエーションが存在します。また、織り方によってもグレーの見え方はまったく異なります。

ここで選びたいグレーは、フラットなグレーでなく、霜降り感があったり、よく見ると濃淡のあるグレーなど、表情豊かにムラ感があるグレーです。このムラ感がコーディネートへのなじみやすさに影響を与えるので、選ぶ際の指標として覚えておきましょう。

3つのポイントを押さえたグレーパーカー15選

ジップアップタイプでややムラ感があるという条件を満たしつつ、大人の着こなしにハマる上質なグレーパーカーのみを厳選。この秋冬のコーディネートに欠かせなくなるアイテムがここで見つかります。

アイテム1

『ドレステリア』吊裏毛ジップパーカー

セレクトショップ『ドレステリア』のオリジナルパーカーは、女性から火がついたブランドオリジナルの定番アイテム。貴重な吊編み機でゆっくりと編むことにより綿花本来の柔らかい肌触りが特徴です。しっかりした肉厚な生地感、すっきりしたシルエットで上品に着られるこちらのパーカーは、まさに大人が選びたい一着。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『オーシバル』フルジップスウェットパーカー

トレンドや季節を問わず愛用できる『オーシバル』のパーカーは、1900年代初頭の吊り編み機で、糸にストレスをかけずにゆっくりと編んだ生地が特徴。空気と一緒に編み込むことで独特のボリューム感が生まれ、着こむほどに肌になじむ快適な着心地を楽しめます。また、フードは2枚合わせの仕様で、程よく立体的なボリューム感を作れるのも特徴。ファスナーにはダブルジップを採用しているので、あらゆる着こなしに対応します。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『チャンピオン』メイド・イン・USA リバースウィーブジップスウェットパーカー

スウェットパーカーといえばのブランド『チャンピオン』のアイテムは、安心して選べる一着。今作ももちろん、縦に縮むのを軽減するために、本来縦に使われる生地を横方向に使ったブランドの代名詞であるリバースウィーブ生地を採用。メイド・イン・USAにこだわった12.5オンスの肉厚でざっくりした風合いも同ブランドならでは。着心地のよさを生かしたシンプルなデザインなので、スタイリングを選ばずにハマります。

アイテム詳細を見る

アイテム4

『キャンバー』ジップフードパーカー

アメリカ、ペンシルバニア発のヘビーウエイトスウェット、カットソー、Tシャツのメーカー。メイド・イン・USAならではの厚手でタフなヘビーオンスの生地に定評がある。12オンスで肉厚のこちらのパーカーは、がっしりとした生地で、着こめば着こむほど風合いが生まれる逸品。ダブルフェイスのサーマルは保温性が高く、冬に手放せない一着になること間違いなし。

アイテム詳細を見る

アイテム5

『ラコステ』プレミアム スウェットパーカー

ポロシャツでおなじみの『ラコステ』で見つけたのは、とにかく着心地にこだわったプレミアムなスウェットパーカー。無撚糸ででしか表現できない究極ともいえるソフトな肌触りが、袖を通した瞬間に感じられるほど! 極上の着心地を損なわないよう、縫製はフラットシームを採用しています。フロントは着こなしの幅が広がるダブルジップを採用。

アイテム詳細を見る

アイテム6

『ループウィラー』別注ジップアップパーカー

「世界一、正統なスウェットシャツ」をコンセプトにファッション業界人にも愛用者の多い『ループウィラー』。本作は『マルティニーク』が別注をかけたアイテムで、タイトなサイズ感でありながら快適な着心地を実現したエクスクルーシブな一枚。品質や質感もきわめて上質で、着こむほどにヴィンテージのような味わいになっていくのが楽しい大人のためのパーカーです。

アイテム詳細を見る

アイテム7

『ザ・ノース・フェイス』ジャージーパーカー

アウトドアウェアを中心とする『ザ・ノース・フェイス』のパーカーは、薄い生地感であるものの程よく風を遮断し、防寒と保温ができる抜け目のない一枚。スポーツシーンで役立つのはもちろんのこと、街着としてのタウンカジュアルなスタイルにもしっかりはまります。前後に『ザ・ノース・フェイス』の刺しゅうが施されている点もポイントです。

アイテム詳細を見る

アイテム8

『スリードッツ』ダブルジップパーカー

ブランドのロングセラーアイテムであるダブルジップパーカーは、長くしなやかな繊維を紡いだコームドコットンを採用することで、ソフトな肌触りを実現。上質な素材の採用に定評のある『スリードッツ』のTシャツと同じ素材なので、羽織アイテムとしてはもちろん、秋冬にはアウターと重ねてもすっきりと着こなすことが可能です。

アイテム詳細を見る

アイテム9

『サンカ』トップ吊り裏毛ジップパーカー

ブランドスタート時から展開する定番のジップアップパーカー。旧式の吊り編み機でゆっくりと時間をかけて編み上げた吊り裏毛を使用する一枚は、着こむほどになじみ、愛着が湧きます。また、こだわりの日本製というのもうれしいところ。シンプルで普遍的なアイテムだからこそ、上質なモノを選びたい大人のためのアイテムです。

アイテム詳細を見る

アイテム10

『フランクリンマーシャル』ジップアップフードスウェット

70年代のアメリカンカレッジスタイルを中心に流行廃りのないオーソドックスなアイテムを展開する、アメカジの王道ブランド。こちらのスウェットパーカーは、ワンポイントのエンブレムが施された定番アイテム。USEDのように着古したくたっとした風合いが魅力で、こなれた感を演出してくれます。

アイテム詳細を見る

アイテム11

『ナイキ』テックフリースパーカー

『ナイキ』のヒット作として人気の高いテックフリースシリーズ。保温性に優れた『ナイキ』テックフリース素材と3D構造のメッシュのインセットを採用した一枚は、思い切りのよい切り替えデザインだけでなく機能面も充実。寒い日にも抜群の快適性と通気性を提供し、斬新なスタイルを演出します。

アイテム詳細を見る

アイテム12

『レミ レリーフ』鬼鹿の子ロンTジップアップパーカー

ヴィンテージ感あふれるウェアが各世代から大きな支持を集める『レミ レリーフ』。自然に着古したような風合いを一度味わったらやみつきになること間違いなしです。こちらは鹿の子素材を使った表情豊かなジップアップパーカー。鹿の子素材を使用した表情豊かな仕上がりが特徴です。首周りのデザインがシンプルな着こなしのアクセントに。

アイテム詳細を見る

アイテム13

『アヴィレックス』ジップパーカー

いくつものフライトジャケットをアメリカ空軍に納品してきた『アヴィレックス』。同ブランドでは、機能性の高いフライトジャケットの要素を取り入れたサープラスウェアも展開しています。こちらのパーカーは、ポケットがないシンプルなデザイン。ジャケットやコートなど合わせてもかさばらず、すっきり着ることのできる万能な一着です。

アイテム詳細を見る

アイテム14

『パニール』スウェット ジップアップ パーカー

1970年代にアメリカの大型スーパーマーケットなどで売られていた国民的ブランド『パニール』。ここの代表的なアイテムであるパーカーのディテールを当時の雰囲気そのままに再現し、さらにアメリカ製にて『シップス』が復刻したのが今作。当時のトロみのある素材を綿/ポリエステル/レーヨンの混紡にてほぼ完璧に再現した一枚は、今のアイテムにはないレトロな雰囲気が楽しめます。

アイテム詳細を見る

アイテム15

『フィルメランジェ』ジップパーカー

2007年東京で生まれた日本ブランド『フィルメランジェ』。オーガニックな素材を使用し、ていねいな縫製にこだわって作られたアイテムはどれも着心地のよいモノばかり。こちらのパーカーは、ジャストな丈感を維持しながらもドロップショルダーを採用することでくたっとした表情に仕上がっています。裏は起毛仕立てで暖かいのもうれしいポイント。シンプルだからこそ、着心地にこだわりたい大人にぜひおすすめしたい。

価格.comで探す

グレーパーカーの着こなし方

基本的にどんなアイテムにも、そしてファッションテイストにもハマるグレーパーカー。男女問わず、誰のワードローブでも間違いなくメインとして活躍してくれるアイテムだけに、着こなす際はちょっとしたコツが必要。

そこで、ここからはグレーパーカーの着こなしグッドサンプルを季節ごとにお届け。コーディネートの参考となる着こなしを見つけましょう。

▼秋・春のグレーパーカーを主役にした着こなしは、インナーにデザインを取り入れて

シンプルなグレーパーカーが見た目の面積を多く占める秋・春のメンズコーデは、柄やグラフィックなどがあるアイテムを取り入れて、無地だけにならないようまとめるのがポイント。パンツで柄を取り入れるのもありですが、グラフィックデザインTシャツやチェックシャツなどで取り入れるほうが難易度的にはイージーでおすすめです。

コーデ1

夏にヘビーローテーションしたグラフィックデザインTシャツをインナーにするだけでOKの、簡単グレーパーカー攻略テク。シューズはスニーカーでなく革靴を選んで、カジュアルになりすぎないよう調整しましょう。

コーデ2

インナーとして取り入れたチェックシャツがアクセントとなるコーデ。全体的にカジュアルな着こなしですが、リブ付きパンツでスニーカーとの間に空間を少し作ることで、ぬけ感のある着こなしにまとめています。

コーデ3

白ベースのボーダーTとグレーパーカーは相性抜群。ナチュラルな組み合わせは、大人のリラックスコーデにもってこいのコンビです。足元は『ニューバランス』のスニーカーで程よく上品に。

コーデ4

Tシャツ全体にボーダーが入るタイプなら、アクセント強めに印象を残すことが可能。グレーパーカー×グレースウェットパンツの、着こなし次第ではルームウェアのようになってしまう組み合わせには、これくらい強めのボーダーがおすすめ。

コーデ5

コーディネートが無難になりがちなグレーパーカーだからこそ、大胆なデザインTをインナーに合わせるのが得策。グレーパーカー&黒パンの着こなしも、一気にあか抜けスタイリッシュな雰囲気に。

コーデ6

アメリカンポップな『リー』のロゴTで、定番の着こなしにアクセントを効かせた好例。シンプルな白Tもいいですが、たまにはロゴTで遊んでみては。ロゴの色とコーデ全体の配色をリンクさせてまとまりのあるコーデに。

コーデ7

マリンのイメージをもつ赤、白、青の3色は、グレーと合わせれば鮮やかさを程よく押さえてくれるため、季節を気にせず着ることが可能です。明るい色みのインナーでも落ち着きをもたらすコーデのバランサーには、グレーパーカーがマスト。

コーデ8

全てのアイテムをワントーンでまとめたすっきりとした着こなし。模様のようなバンドカラーシャツのネイビーのボタンがワンポイントとなっています。パーカーを軸にトーンをあわせることで、軽やかな装いに。

コーデ9

ホワイトとブラックのモノトーンコーデには、中間色のグレーを加えることでこなれ感をプラス。シンプルなロゴTに1枚羽織るだけで、大人カジュアルに仕上がるのはグレーパーカーの醍醐味です。

コーデ10

インナーの柄とパーカーの色みをマッチさせると、簡単にナチュラルコーデをつくることができます。軽く、動きやすいパーカーは、散歩やちょっとした外出などの休日のスタイリングにもおすすめ。

▼アウターとインナーに挟まれる冬コーデは、ジップを開けてレイヤード感を出そう

冬のメンズコーデのカギを握る、“レイヤード”。これを簡単に可能とするのがグレーパーカーです。取り入れるポイントはいたって簡単。フロントのファスナーを閉じず、開くこと。そうすることで内側から順にインナー、パーカー、アウターとレイヤード感がわかり、表情豊かな着こなしにまとまります。

コーデ1

爽やかなネイビーのコートを主役に、グレーパーカーを除くアイテムをホワイトに統一した清涼感あるコーデ。ネイビー×ホワイトだけだと寒々しく映るところにグレーパーカーを挟むことで、温かみのある着こなしにまとめました。

コーデ2

レザージャケットにブラックデニムでスタイリッシュにまとめたモノトーンスタイル。間に挟んだパーカーとボーダーカットソーでハードすぎる印象を中和し、モダンな着こなしに落とし込んだのがポイント。

コーデ3

ブラックウォッチ柄のコートでトラッドにまとめたスタイリング。ブラックパンツに同色のブーツでやや重たい印象を、グレーパーカーと白のカットソーで程よく軽量感を与えて、バランスよくまとめましょう。

コーデ4

インディゴカラーのセットアップスタイルに、グレーパーカーを差して程よくニュアンス付け。ネイビーベースの着こなしでも悪目立ちせず、しかしきちんとアクセントとして活躍してくれるのは、グレーパーカーならでは。

コーデ5

トレンチコートにパーカーの定番メンズコーデは、黒スキニーでエッジある着こなしに昇華して、周りと差をつけましょう。モノトーンコーデとベージュカラーの仲立ちとしても、グレーパーカーは役立つ好例。

コーデ6

辛口のM-65ジャケットをグレーパーカーでカジュアルにスタイリング。カーキやネイビーなど深みのある色合わせに中間色のグレーを挟むことで、コーデにぬけ感が生まれ、こなれた雰囲気にキマります。

コーデ7

こちらもライダースとレイヤードしたコーディネート。ダブルのライダースジャケットとフードパーカーの組み合わせは、首回りにボリュームが出るため、Vネックをのぞかせてすっきりとまとめると◎。

コーデ8

フードにボアのついたパーカーを取り入れれば一気に冬らしい表情に。周りと差のつけたレイヤードスタイルを楽しめるのと同時に温かさも文句なし。ダークトーンでまとまりがちな冬の着こなしは、明るいグレーを差して程よく軽さを加えるのがおしゃれです。

コーデ9

今季も注目アイテムとなったMA-1にも、グレーパーカーをはさむことでカジュアル度をプラス。ボトムスは細身を選び、上下のシルエットに差をつけることで、やぼったさを押さえた大人な着こなしに。

コーデ10

グレーのパーカーは、春らしさをさりげなく醸す役割も果たしてくれるのがメリット。内側から順にデニムジャケット、パーカー、トレンチコートと1つひとつのアイテムの丈感が徐々に変化している点も抜け目なし。バランスも配色も見事なコーディネートです。

ページトップへ戻る