好印象確実。ネイビージャケットが主役のメンズコーデ

誰にでも好印象を与えられて、汎用性も抜群なネイビージャケット。これをワードローブに入れない手はありません。選び方&着こなし術をさっそくレクチャーしてきます!

好印象確実。ネイビージャケットが主役のメンズコーデ

なぜネイビージャケットが30代・40代に必要なのか?

+CLAP Men世代にとって紺ジャケが必要な理由はいくつかあります。まずネイビージャケットは着こなしを若々しく・好感度に見せてくれるということ。ジャケットの定番カラーといえば黒やグレーがおなじみですが、今季のトレンドでもあるネイビージャケットはそれらと比べてぐんとスタイリッシュなイメージです。そして、着こなしを選ばない有能なオールラウンダーであるというのもポイント。1着あると、装いの幅がかなり広がるんです!

今春手に入れるなら、こんなネイビージャケットがおすすめ!

オフシーンでの着用を前提とするならば、シルエットはほどよくスリム&ショート丈がよいでしょう。スタイルが引き締まって見えるはずです。また、季節感を意識するのであれば、素材は薄手のウールやウールポリ、コットン、リネンといった軽快なものがベスト。あまりに肉厚だと着こなしがチグハグに見える恐れがあるので注意してください。フロントは2Bでも3BでもどちらでもOK。ここに関しては自分の好みでピックアップしましょう。

写真のアイテム詳細を見る

インナーはシャツ派? Tシャツ派? コーデの特徴と着こなし例をお届け

紺ジャケの必要な理由、そしてどういったものを選ぶべきかはここまででご理解いただけたはず。では、ここからは合わせるインナーのお話。Tシャツ&シャツの2大定番インナーを使った、最旬のコーディネート術をお教えしていきます。ぜひ、取り入れてみてください!

写真のアイテム詳細を見る

インナーにシャツを取り入れた、キレイめよりのネイビージャケットコーデ

シャツをインナーとして起用した場合、スタイリングは上品なイメージに。無地シャツとのコンビならとことん品行方正に仕上がりますし、主張ある柄シャツを持ってくれば品のよさの中にほんのりとヌケ感が漂います。

コーデ1

無地シャツ×ネイビージャケットで作る正統派コーデ

紺ジャケスタイルのなかでもっともベーシックといえるのが、無地シャツとの組み合わせです。確実に大人っぽい印象に仕上げられるので、困ったときはこの正統派コーデでまとめておけばまず間違いないでしょう。ただ、ひとつまちがえると淡泊な印象になりがちなので、小物やボトムスで適度に味つけするとよいでしょう。

白シャツを合わせた、まさしく王道中の王道コーデ。かっちりしすぎないように、ボトムスには明るめのデニムパンツを持ってきて、カジュアル感と季節感をプラスしています。

ジャケット、シャツともにプレーンなのですが、注目したいのは小物使い。カモフラージュ柄のキャップや『ナイキ』のエアリフトで、品のよさの中にハズしの効いたコーディネートに仕上げています。

ネイビー&ブラックをベースカラーにしてかちっとキレイめにまとめながら、ニューバランスの996でアクティブな雰囲気も巧みにブレンド。トラッド×スポーツの異テイストミックススタイルを実現しています。

カット地のリラクシングな着心地のテーラードジャケットが主役。少しオーバーサイズの白シャツやスウェットパンツ、ベースボールキャップでうまく脱力感を出しています。足元のスニーカーで色みもプラス!

シャツはホワイトがベーシックですが、ブルーもスタイリングしやすいカラーです。ブルーの色みは爽やかさに加え、知的な印象も演出。ボトムスには、カジュアルなベージュのチノパンを選んで、うまくバランスをとっています。

コーデ2

柄シャツ×ネイビージャケットで適度に主張!

無地シャツと比べてインパクトの強い柄シャツを取り入れれば、大人っぽさの中に適度な遊び心を漂わせることが可。王道のチェックシャツならば初心者でも合わせやすいので、ぜひ1度試してみましょう。あまりに大柄なシャツだと幼く見える恐れがあるので、その点も注意。慣れてきたら、そのほかの柄にもチャレンジしてみましょう!

インナーに同系色のギンガムチェックシャツを合わせて、存在感とまとまり感を両得。爽快なホワイトパンツで春夏らしさを生み出しています。また、カラーの効いたソックスがささやかなスパイスとして作用。

同じくギンガムチェック柄を投入したスタイリング。ただし、こちらのコーデはネイビージャケットに独特な光沢感があるので、ボトムスはブラックをピックアップして主張が強くなりすぎないように配慮しています。

ヴィンテージ加工が施されたチェックシャツを差し込んで、アメカジテイストの香り立つ紺ジャケコーデを形成。シャツの雰囲気に合わせて、ジーンズもリラックス感ある素材をチョイスするのが◎です。

テーラードジャケット、ショーツとも同じカラーでシンクロさせて、クレイジーストライプ柄のインパクトを引き立てることに成功。シャツだけが浮かないように、スリッポンもマルチパターンの1足を合わせています。

カジュアルな印象のネルシャツもジャケットと相性良し。ほかのアイテムはスラックスや革靴を選びシンプルにまとめることで、ジャケットの間から見えるチェックが着こなしのアクセント役を果たしてくれます。

インナーにTシャツを取り入れた、カジュアルよりのネイビージャケットコーデ

Tシャツ×紺ジャケのコーディネートは、当然ながらシャツコーデと比較してカジュアル感が強めです。シンプルに着崩せる無地Tシャツ、そして茶めっ気を創出できるプリントTシャツをうまく使い分けたいとところです。

コーデ3

無地Tシャツ×ネイビージャケットで作る着崩しスタイル

ラフ&シンプルなルックスの無地Tシャツは、生まじめなジャケットスタイルにくだけた印象を与えてくれる名脇役。かしこまりすぎないテーラードスタイルがかないます。また、プレーンな無地Tは遊び方も自由自在。ネックレスを加えてもよし、柄ボトムスを合わせてもよし。その振り幅の広さも魅力です。

ネイビージャケットビギナーでも抵抗なく試せるスタイリング。セットアップにするだけでぐっとおしゃれな印象に。Tシャツとスニーカーの色合わせで、シンプルな中にもこなれたニュアンスを出しています。

白Tシャツ&ネイビージャケットのトップスレイヤードがシンプルなぶん、ボトムスはワイルドなタイガーカモの1本をセレクトしてスタイルにメリハリを創出。足元の黒ローファーできれいめ感はしっかりキープ!

エイジング加工されたデニムがTシャツのヌケ感を引き立てます。ダメージデニムはテーラードと合わせるのが難しいと思われがちですが、同系色で合わせて、なおかつ細身にまとめればスマートに見せられます。

ホワイトのインナー×スニーカーでくだけた感じを出しつつ、フォーマルなテーパードフラノパンツによって大人の風格はしっかり保持。大人の遊びは、これくらいのやりすぎないバランス感覚がちょうどいいんです。

無地柄の上下でシンプルに着こなしたなら、小物や足元に遊び心を入れてみて。コーデのはずしアイテムは、色のトーンを統一させることがポイントです。きれいめだけど、リラックス感も醸したい。そんな方におすすめなスタイリングです。

コーデ4

プリントTシャツをインナーに抜擢して茶目っ気をひとさじ

ポップな趣のプリントTは無地Tと比べて少し難度が高めですが、そのぶん味方につければ着こなしをこなれさせるための重要なキーアイテムとなってくれます。選びたいのは、やんちゃすぎないレタードTやロゴT。前面にプリントが入るような装飾的デザインは30オーバーの世代にはフィットしないので避けましょう。

プリントTは子どもっぽく見える危険性がありますが、これくらい控えめなあしらい方ならばテーラードスタイルにもマッチ! トレンドのスウェットパンツでアクティブテイストもうまく落とし込んでいます。

ヴィンテージのような趣のナンバリングTシャツで、テーラードスタイル特有のカタさを払拭しています。カラートーンを抑えたシックなスタイルなので、多少インナーで遊んでもチグハグさは感じさせません。

紺ジャケ&ベージュチノという正統派アメトラコーデに、英国マインドあふれるロックTシャツをインした高感度な米英コラボスタイル。プリントに一定の存在感があるので、余計な小物使いは必要ありません。

全体的にかっちりとまとめたぶん、Tシャツのユニークなプリントが目を引くスタイリング。おしゃれで話題性もありそうです。ただ、あまりにも色が使われていると若く見えてしまうので、モノトーン配色の1枚を選ぶと◎。

ページトップへ戻る