何を買う?インナーダウンはアウトドアブランドが正解

人気高騰中のインナーダウン。選ぶなら、まずはアウトドアブランドから狙うのが正解です。その理由とともに、インナーダウンの指名買いリストやコーデを紹介します。

何を買う?インナーダウンはアウトドアブランドが正解

人気のインナーダウンってこんなアイテムです

インナーダウンとは文字通り、アウターの中に着用して、保温性を補完するダウン入りトップスのこと。インナーとして着用できるよう、中綿を薄めにしているのが最大の特徴です。それでもかなり温かいので、日本の冬で活躍できるシーンはかなり広大。つまり、ライトアウターとしても有用なのです。

シンプルで大人っぽいデザインをセレクトすれば、相当ユーティリティなアイテムになりますので、活用しないと損ですよ。なかでもおすすめしたいのが、アウトドアブランドのインナーダウン。その理由は、インナーダウンを選ぶ3つのポイントに隠されています。そこで、まずはインナーダウンを選ぶポイントについて説明しましょう。

選ぶポイント1:良質なダウンを選んで保温性や軽量性を確保

ダウンの品質はあまり認識されていませんが、実は大きな差があります。写真の通り、同じ高級ダウンでも、1オンス (28.4g) 当たりの羽毛の体積を示す単位であるフィルパワー (以下、FP) が異なると、こんなにもボリュームが異なります。FPの数値が大きいほど、たっぷりと空気を含むことができ、それだけ保温性が高いということになります。また、同じ厚みならFPが高いほど軽量。本格派アウトドアブランドのダウンは温かくて軽いのです。

選ぶポイント2:大人っぽい落ち着きが感じられるシンプルなデザイン

タウンユースで用いるのに加え、どうせなら着回せたほうがよいので、シンプルでシックなデザインを選ぶのがおすすめです。基本的には無地。さらに、落ち着きのあるカラーならどんなコーディネートにも組み込むことができるはずです。ロゴやタグなど、ちょっとしたポイントがあると無難なだけのデザインではなくなるのでベター。ただし、インナーで活用することが多いので、細かいデザインを気にする必要はありません。

選ぶポイント3:重ねるアウターに干渉しないノーカラーを基本に

インナーとして着用できるダウントップスは、バリエーションが多彩。わかりやすいところで言えば、襟付きのシャツタイプも少なくありません。襟を表に出してアクセントにできるという利点はありますが、イチ押しはノーカラー仕様。上に重ねるヘビーアウターの首周りに干渉しないからです。着回すことを考えるとそのほうが使い勝手は良好で、首元が窮屈に見えることもありません。また、よりスポーティなフード付きタイプも狙い目です。

機能はもちろん見た目に関しても、すべて網羅しているのがアウトドアブランドのインナーダウン。なかでもおすすめの10モデルを紹介します。

3つのポイントを備える、今冬選びたいアウトドアブランドのインナーダウン10選

温かくて軽い良質なダウン、シンプルなデザイン、ノーカラー仕様 (もしくはフード付きタイプ) という条件を備えるインナーダウンを10モデルご紹介。半袖やベストタイプも選びました。

アイテム1

『ナンガ』ダウンカーディガン

国内生産を貫く老舗シュラフメーカーが、北海道旭川市の工場で企画しているレーベルの定番品です。ミリタリーなタクティカルカラーで展開しつつ、スペックは本格派のアウトドア仕様。保温性に優れるポーランド産ホワイトグースダウンを用いています。

価格.comで探す

アイテム2

『ナンガ』×『アーバンリサーチ id』インナーダウンジャケット

『ナンガ』の縫製技術を駆使し、驚異的な軽量化、コンパクト化を実現。『アーバンリサーチ id』の別注により、シティライクなムードを高めています。ウエストのドローコードはもちろん、ポケットなどの収納力も兼備。インナーダウンとしてはもちろん、一枚で着用してもサマになりますよ。

価格.comで探す

アイテム3

『モンベル』ダウンショートスリーブ

よりレイヤードしやすい半袖タイプのインナーダウン。軽量性に優れ、コンパクトに収納できるので、持ち歩くのにも便利な一着に仕上がっています。アウターとして活用する場合も、スポーティなレイヤードスタイルが築けるのでおすすめです。ほかのモデルや着こなし方なども要チェックですよ。

参考記事: コスパ抜群の人気者。モンベルのインナーダウン活用術

アイテム詳細を見る

アイテム4

『コロンビア』シスターブルックジャケット

薄く、軽量ながらも撥水、保温性は抜群。『コロンビア』独自の素材による扱いやすさは、さすがのひと言に尽きるのでは? シンプルな見た目も汎用性の高さを思わせます。

アイテム詳細を見る

アイテム5

『マーモット』メトロダウンシャツ

700フィルパワーのダウン素材を採用したインナーダウン。素材による暖かさと、表面の撥水加工というスペックが特徴です。デザイン面に関しても、シンプルかつ上品な印象。見た目も機能も両立した、大人仕様の一枚です。

アイテム詳細を見る

アイテム6

『ザ・ノースフェイス』ダウンカーディガン

見た目には分かりにくいかもしれませんが、『ザ・ノースフェイス』ならではの高機能素材を使ったインナーダウンは候補に入れたいもの。防寒、保温などの基本スペックと、アウトドアブランドらしからぬ都会的な表情はぜひ手に取りたい一着です。

アイテム7

『スノーピーク』ミドルダウンカーディガン

OVER30の男性にふさわしい品質とルックスの宝庫としてプッシュしたいのが、こちらの『スノーピーク』。

参考記事:アップルも注目。スノーピークの服がおしゃれで機能的

機能的なウェアの数々が豊富にそろっている同ブランドのインナーダウンは、その本格的な作りが魅力です。シンプルながら、さりげなく色みを感じさせるカラバリも◎。

アイテム8

『ロッキーマウンテンフェザーベッド』インナーダウンベスト

ダウンベストでおなじみの『ロッキーマウンテンフェザーベッド』ですが、インナーダウン用に薄手のものもラインアップされています。軽く、使い勝手が良いひと品は、売り切れる前にチェックしておきましょう。

アイテム9

『マウントレイニアデザインワークス』ダウンカーディガン

ダウンの品質はもちろん、縫製にまでこだわりぬかれた一着。タウンユースに最適な洗練されたデザインは、まさに大人顔。インナーダウン初心者にこそおすすめしたい逸品です。

アイテム10

『ロッキーマウンテンフェザーベッド』×『ジャーナルスタンダード』ライナージャケット

モッズコートやチェスターコートなど、着丈が長いアウターを愛用している方には、こちらのライナージャケットがおすすめ。一枚で着用してもおしゃれに決まるデザインと、『ロッキーマウンテンフェザーベッド』らしいキルティングダウンの質感が見事です。

コーデサンプルからリサーチ! インナーダウンの活用術

インナーダウンはあくまでインナー使いがメインなので、コーディネートにおいては主役というより名脇役。ナイロンの素材感をのぞかせて、スポーツミックスなムードの着こなしを目指しましょう! また、今シーズンはインナーダウンを単体使いするのもアリ。きれいめなアイテムと組み合わせ、タウン仕様のコーディネートを楽しんでは?

コーデ1

チェスターコートにインナーダウンを組み込むのが今季的なコーディネートの典型。リブパンツやスニーカーを合わせ、スポーツミックスなスタイルに仕上げましょう。

コーデ2

組み合わせたアイテムは上の着こなしとほぼ一緒ですが、こちらは大半をグレーで統一してスタイリッシュにまとめています。白いタートルネックのニットでさらに鮮度アップ!

コーデ3

同じチェスターコート×インナーダウンでも、こんなにバリエーション豊富。旬なキャメルカラーのコートを選びつつ、差し色のインナーダウンで立体感を出したお手本です。

コーデ4

上品でシンプルなステンカラーコートもインナーダウンと相性が抜群。ネイビー、グレー、ホワイトという基本的なカラーだけでも、こんなに今っぽいコーディネートに。

コーデ5

インナーダウンはアウターとしても活用できるのが大きな魅力です。人気の白いタートルネックに重ねれば、爽やかなスポーツミックススタイルが手軽に築けます。

コーデ6

落ち着いたムードのモッズコートとインナーダウンは、もちろん好相性。ネイビーやブラックカラーを基調にすることで、大人らしさをアシストしています。白のハイネックやソックスもアクセントとして効果的。

コーデ7

モノトーンで構築したきれいめなコーディネートからインナーダウンをのぞかせて好アクセントに。上品なムードながらもカジュアルな要素を入れることで、今らしい着こなしに昇華させています。

コーデ8

インナーダウンとスウェパンで仕上げたアーバンライクなコーディネート。アウターを脱いでもサマになるのが、インナーダウンのメリットですね。

コーデ9

ここ数年では、テーラードジャケットとのコンビも注目の着こなし方のひとつです。シティライクな雰囲気と、テイスト違いのアイテムを合わせたことによるメリハリがおしゃれ!

コーデ10

ニットカーディガンの下にインナーダウンを活用した着こなしが新鮮。アースカラーをメインに据えることで、統一感のあるカラーパレットに仕上げている点も参考に。

ページトップへ戻る