大人の白パンツコーデ攻略。男を上げる着こなし方とは

好印象なコーデを作るなら白パンツがおすすめ。敬遠しがちな白パンツでも、取り入れるポイントさえ覚えれば攻略は簡単。その魅力を5つのパートに分けて紹介していこう。

大人の白パンツコーデ攻略。男を上げる着こなし方とは

Part.1上品さと爽やかさ、そして適度なリラックス感を併せ持つ白パンツの魅力紹介

膨張色や、存在感の強さから敬遠しがちな白パンツ。デメリットに意識が行きがちだが、その分メリットも大きい。白ならではの上品さや、爽やかさ、リラックス感を手軽に演出できるので、メンズコーデにぜひ加えて欲しいアイテムだ。また、ポイントさえ押さえてしまえばカジュアルからきれいめまで、どんな着こなしにも対応してくれる汎用性の高さも魅力のひとつ。今回は白パンツのコーディネート例とともに活用術を紹介していく。

写真のアイテムを見る

Part.2まずはあなたに似合う白パンツを探してみましょう

膨張色である白は体のラインがどうしても気になってしまう。しかし、自分の体型にあったシルエットの一本を押さえれば、誰でも清涼感のある爽やかな着こなしが楽しめるのだ。

▼普通体型の人はテーパードシルエットの白パンツがおすすめ

普通体型の人はベーシックなテーパードシルエットの白パンツがおすすめ。ウエストや太もも周りはゆったりとしていて裾に向かって細くなるシルエットなので、白の膨張感を抑え、足長効果も期待できる。ただ、テーパードシルエットだからといってなんでもいいわけでもなく、太もも周りにゆとりがあるくらいのサイジングがベスト。

レザージャケットを軸にしたコーディネート。ややストレートな白パンツをセレクトすることで、程よくリラックス感のある着こなしに。

シャツとカーディガンの春らしい爽やかな着こなし。ムラのあるカーディガンでラフな雰囲気を主張し、細かなチェック柄で品よく仕上げた。シックな配色で上質感漂うコーディネートにまとまった。バケットハットでマイルドに。

ニットと白パンツで品のよさ漂う休日コーデ。足元はコンバースのスニーカーでシンプルかつカジュアルにまとめた。ラフな着こなしもつば広ハットをプラスしモノトーンでまとめることでスタイリッシュな印象に。

▼がっちり体型の人はルーズシルエットの白パンツで体型カバー

がっちりとした体型の人はルーズなシルエットを選びたい。体のラインにフィットするものだと、膨張して見えるので余計パツパツとした印象になってしまう。しかし、ルーズなシルエットならば、パンツだけが膨張して見えるのでがっちり体型をカバーすることができる。太めでも白特有の清涼感で爽やかな印象をキープ。

Tシャツと白パンツというシンプルな着こなしでも、サイズ感でこなれた印象に。白パンツのルーズな印象に合わせて、着丈が長いTシャツを合わせたバランス感が見事。

太めのパンツに暗い細身のトップスを合わせることでシルエットの違いが強調され、着こなしにメリハリが生まれる。シューズやハットで品のよさを加えることで大人っぽい洗練されたコーディネートが完成。

ネイビー×黒の重ためコーデをホワイトパンツで緩和。ノーカラーのジャケットにシンプルな黒のカットソー、足元もネイビーを基調としたアイテムを取り入れることでさりげないアクセントに。パンツはルーズなシルエットを選んでも白ならばだらしなく映らない。

▼細身体型の人はスリムシルエットで爽やかに着こなして

細身の人はスリムシルエットですっきりと着こなしたい。ルーズなものを選んでしまうとパンツだけが目立ってしまうので細さが際立ち、着こなし全体のバランスが取りにくい。その分、体にフィットするスリムシルエットなら体のラインが膨張して見えるのですっきりとした細さを生かしつつバランスの取れた着こなしが楽しめる。

ボーダーのカットソーとネイビーのジャケットに、白のスリムパンツが好相性なコーディネート。足元にブルー系のスニーカーを差すことで、爽やかな春コーデに昇華しています。

きれいめなカラーのシャツとのシンプルなコーディネートも、細身のパンツで足のラインをきれいに見せることで着こなし全体をスタイリッシュに演出してくれる。足元をレザーにすることで、上品な印象に仕上げた。

モノトーンでまとめたシャープな着こなし。パンツが細い分、重ためカラーのアウターとスニーカーでもすっきりとした印象に仕上がった。プレーンなキャップを合わせればアーバンなカジュアルスタイルに。

Part.3白パンツに相性のよいカラーとは?

何色にでも相性がよさそうな白パンツだが、合わせ方によっては着こなしがうるさくなることも。ここでは、白パンツスタイルを大人っぽく見せてくれるおすすめの3色を紹介。

▼清涼感抜群の鉄板コーデ! ネイビー×白パンツ

鉄板のネイビー×白パンツの組み合わせは、清涼感あふれる着こなしを演出してくれる。カジュアルはもちろん、ジャケパンで取り入れればビジネスの場でも活用できる配色だ。暗い色と明るい色の組み合わせなのでメリハリが生まれ、着こなし全体のバランスも取りやすい。また、合わせるアイテムを選ばないので自由度の高い着こなしが楽しめる。

シャツとパンツのシンプルな組み合わせもネイビー×白ならシックな雰囲気を最大限アピールできる。タイトにまとめ、小物で遊びを取り入れればジャケットを脱いでもしゃれた印象に。グリーンのベルトでさりげなくミリタリー要素を加味。

デニムジャケットをミニマムに着こなしたきれいめコーデ。ジャケットの丈が短いのでパンツのすっきり感が強調されて足長効果が生まれている。ベージュのシューズが足元から上品な雰囲気を醸し出している。

ロング丈のシャツを取り入れたカジュアルなコーディネート。子どもっぽくなりがちなチェックシャツも、ネイビー×白パンツの着こなしなら品よく着こなすことができる。プレーンなデザインのシューズやハットでシックに。

▼クールで洗練された着こなしに仕上がる。グレー×白パンツ

モダンな印象の強い中間色のグレーと合わせることで、白の清涼感を生かしつつもクールで洗練された印象に仕上がる。さらに、小物で黒を加えるとコーディネート全体が引き締まるので、よりスタイリッシュに見せることが可能。中間色であるグレーに白パンツを合わせると白の存在感をやわらげてくれるので、悪目立ちすることがない。

ニットとジャケット、白パンのきれいめコーデに鮮やかなブルーのランニングシューズを合わせてスポーティーに。シンプルな配色なので足元のブルーが生きてくる。ニット類はブラウンで落ち着きを。

カーディガンとベストのレイヤードスタイルに、ゆったりとした白パンツでリラックス感をプラス。ラフなシルエットながらも洗練された雰囲気が漂うのはこの配色ならでは。足元には存在感のある赤のスニーカーをチョイス。

マリンテイストが強く出やすいボーダーカットソーも、グレー×白パンツに取り入れれば上品な大人の雰囲気に。さらに小物で黒を追加することで着こなしが引き締まり、メリハリのあるスタイリングに昇華する。

▼上品さを醸すならこの組み合わせ。ベージュ・キャメル×白パンツ

キャメルやベージュのアイテムは、単体でも十分やわらかさや品のよさをアピールしてくれるが、清涼感のある白パンツと合わせることでより上品な印象を与えてくれる。合わせるアイテムや色を選ばないので、どんな着こなしにも相性抜群。また、定番であるモノトーンと合わせれば手軽に上品で大人っぽい印象を作ることができる。

ベージュのジャケットに細身のパンツで品のよさを前面にアピール。ストライプのシャツで首回りをすっきりと見せている。バッグやシューズにブラウンを合わせることで、着こなしが落ち着きより大人っぽい印象に。

クラシカルな印象のジャケットは白パンツで爽やかさをプラス。ベージュをベースにした着こなしだが、トーンをバラけさせることでのっぺりとした印象を払拭した。落ち着きのある着こなしでやわらかなムードを醸してくれる。

ラギッドなワークジャケットも、ベージュ×白のコーディネートなら上品な印象を表現できる。淡い色が主役のコーディネートなので、インナーやスニーカーに暗い色を取り入れて締めた。

Part.4カジュアルにもきれいめコーデにも取り入れられる懐の深さも白パンツならでは

カジュアルからジャケパンと、オン・オフ問わずどんな着こなしにも取り入れられるのも白パンツの強み。敬遠しがちだが、一本持っておくと着こなしの幅が広がるはずだ。

▼白パンツを取り入れたきれいめコーデ

きれいめコーデに白パンツを取り入れれば、シャープな印象を加速させてくれるので大人っぽさを演出できる。きれいめならではの品のよさも引き立つので気負わず挑戦してみて。

ネイビー×白のコーディネートで清潔感を主張。カーディガンには中間色のグレーをチョイスし、タイトなショート丈のシルエットを選ぶことできれいめな印象を与えてくれる。ブラックのレザーシューズが足元から落ち着いた品のよさをを醸し出す。

タイドアップしたシャツにニットを重ね、白パンを合わせたきれいめコーデ。ジャケットでミリタリーを取り入れて都会的な雰囲気に仕上げた。ネクタイの色をジャケットと合わせているのもさりげないポイント。

カジュアルなアイテムであるチェックシャツもネイビーのジャケットを羽織ることできれいめコーデのよいアクセントに。ベージュのニット帽を取り入れることで、顔周りをやわらかに雰囲気に仕上げた。

白パンツを取り入れたカジュアルコーデ

カジュアルな着こなしに白パンツを取り入れれば、軽快で爽やかな印象をアピールできるので好印象にもつながる。さらに、裾をロールアップすることですっきりとした着こなしに。

シャツとパーカーの定番レイヤードスタイルを白パンツできれいめにコーディネート。細かなチェック柄のシャツが爽やかな印象を与えてくれる。全体が淡いので足元は暗いトーンのシューズで引き締めて。

マウンテンパーカーを取り入れた着こなしも白パンツと合わせることでスタイリッシュな印象に。ジャケットのグリーンに揃えたボーダーTで統一感を出した。バランスよく黒やグレーを差し込んでメリハリを。

Tシャツにカーディガンのラフな着こなし。シンプルな着こなしなのでネックレスやウォレットチェーンなどアクセサリーで動きを出した。白パンツと、プレーンなベージュのサイドゴアブーツで大人っぽく格上げ。

Part.5自信を持っておすすめしたい、白パンツ5選

この春に向け、白パンツを選ぶなら候補に入れておきたいおすすめの5本をピックアップ。自分の体型に合ったシルエットを選んで清涼感あふれる着こなしを存分に楽しんで。

アイテム1

『ディッキーズ』

『ディッキーズ』のチノパンはゆとりのあるストレートシルエットが魅力で、トレンド感を取り入れながらも流行りに左右されずに長く使える。こちらのチノパンは厚手のヘビーコットンツイルを採用し、オールシーズンで使い勝手が抜群。ハリのある素材感とシルエットの良さで野暮ったさを払拭させている。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『シップス』

『シップス』でロングセラーとなっている定番スラックス。うしろ身頃にダーツを入れることでヒップ部分をすっきりとシャープな印象に仕上げている。素材には吸水速乾、通気性にすぐれたクールマックス(R)を使用しているのではき心地は快適。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『グラミチ』

『グラミチ』定番のナローパンツを、さらに股上やヒップ周りをスッキリとさせたモデルがこちら。ストレッチ入りで快適なはき心地はもちろんのこと、『グラミチ』の十八番となっているウェビングベルトや180度開脚可能なガゼットクロッチも搭載した至極の一本だ。

アイテム詳細を見る

『ビームス』

美しいテーパードシルエットと7分丈ですっきりとした印象に見せてくれるクロップドパンツは、春から夏にかけて重宝すること間違いなし。短めの丈感が白の主張を抑えてくれてサラっとはけ合わせやすいので、白パンツ初心者の方にも取り入れやすいアイテムだ。

アイテム詳細を見る

『アディダス』

ベーシックな白パンツとは少し違ったものを探している方必見。『アディダス』とパタンナー中村里美がタッグを組んで生まれたこちらのスウェットパンツは、シンプルながら素材の品質にこだわった一本。モダンなスリムフィットなデザインは、トレンド感もしっかり与えてくれる。

アイテム詳細を見る

ページトップへ戻る