ビジネスバッグ|選び方のヒントと人気ブランド20選

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなどにこだわって。メンズ用バッグを選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

ビジネスバッグ|選び方のヒントと人気ブランド20選

覚えておきたい! 賢くビジネスバッグを選ぶための5カ条

用途やシーン、持ち運ぶ荷物の量など、ベストなビジネスバッグは人によってそれぞれ異なります。まずは自分の目的に合ったバッグの見分け方をお届けしましょう。

その1

何を収納するか具体的にイメージを!

ポケットが多すぎても定位置が作りにくい。どこに何を入れるか想像しながら選ぶと失敗がグッと減ります。

その2

なるべくマチ幅の広いモノを

開口部の広さは、収納のしやすさと取り出しやすさに直結します。ある程度のマチ幅は確保した方がよいでしょう。

トートタイプはファスナー式のフタ付きを

その3

トートタイプはファスナー式のフタ付きを

雨などからデジタルギアを守るため、トートタイプならファスナー式のフタ付きを選ぶ方が利口。

ファスナーの滑りやすさも確認しておこう

その4

ファスナーの滑りやすさも確認しておこう

片手でスムーズに開けられるか、チェックすること。特にカバンの素材が柔らかい場合はチェックしておいた方がよいです。

その5

バッグ自体が自立するタイプだとより◎

何かと外出時や通勤時に地面に置くことが多いビジネスバッグは、きちんと自立するタイプだと使い勝手がよい。また、底面の素材もタフなモノかどうか確認するとなお◎。

知っておきたい! 基本となるビジネスバッグの種類

ブリーフケースとひと言でいっても、オーソドックスなブリーフケースやアタッシュケースのほか、最近はトートバッグやリュックやショルダーにもなる3WAYタイプと選択肢も豊富。基本となる4つのタイプを押さえましょう。

Type1

ブリーフケース

ビジネスバッグといって多くの人がイメージする、もっとも定番の種類がブリーフケース。ビジネスシーンで多い、A4サイズの資料を持ち歩くのに適したサイズタイプが多く揃います。本来はレザー製が主流でしたが、最近はナイロン製で軽量化されたタイプや、肩がけできるショルダーやリュックになるタイプも展開されるなど、形態も多様化しています。

写真アイテムの詳細を見る

Type2

3wayビジネスバッグ

ブリーフケースをベースに、手持ちのほか、ショルダー、リュックとして3通りの使い方を可能とした人気のタイプ。ショルダーは少し前からありましたが、リュックの形態はここ最近の自転車ブームに伴い、自転車通勤者が増えたこともあるようです。両手が空く解放感は3wayタイプならでは。

写真アイテムの詳細を見る

Type3

トートバッグ

3wayビジネスバッグとともにここ最近人気なのが、トートバッグ。レザーやナイロン製のトートなら高級感もあり、ビジネスシーンにも対応可能。新しく登場したこともあって、機能面でも優れたタイプが多くラインアップされています。

写真アイテムの詳細を見る

Type4

アタッシュケース

堅牢性が高く、機密性もほかタイプに比べてあるアタッシュケースは、重要書類の持ち運びなどで活躍するアイテム。ジュラルミン製をはじめとした金属やレザー素材のタイプが主流で、高級感や重厚感が楽しめるのも魅力。鍵付きのタイプも多く見られます。

価格.comで探す

確認しておきたい! 素材別メリットとデメリット

ビジネスバッグで主に見られる素材が、レザー、ナイロン、フェイクレザーの3種。それぞれ扱いやすさやメンテナンス性が異なるので、素材の特長をしっかり把握しておきましょう。

Material1

レザー

・メリット
本革ならではの高級感はほか素材を圧倒する最大の魅力。また、使いこむほどに風合い・味わいが増して自分だけのカバンに成長するので、こだわりを持って愛用したい人におすすめ。

・デメリット
重量のあるレザーは、ほか素材と比べると持ち運びが億劫になるかも。また、ときおりクリーナーや栄養クリームなどでメンテナンスをする必要があるのもデメリット。水に弱いので、防水スプレーもマストです。

レザー

Material2

ナイロン

・メリット
ビジネスバッグの主流となっている素材だけあって、種類が豊富に揃うのが◎。機能面で見ても軽量かつ水に強いタイプも多いので、使い勝手のよさもほかの素材を圧倒します。

・デメリット
ほか素材に比べてやや型崩れしやすいのが難点。とはいえ最近のナイロン生地はこの弱点をだいぶカバーできるタイプも増えており、あまり心配する必要はないかもしれません。

ナイロン

Material3

フェイクレザー

・メリット
合皮最大の特長は、レザーの高級感を持ちながら比較的安価に入手できること。手入れもレザーと比べて雨に強く、濡れてもから拭きするだけで大丈夫です。また、カラーバリエーションが豊富に揃うので、黒や茶以外の色を選びたい人にもおすすめです。

・デメリット
レザーと異なり、経年変化するとぼろぼろになってしまいます。使用頻度にもよりますが、3年前後でダメになってしまい、使用が難しい状態になることがほとんどです。

フェイクレザー

調べておきたい! 自分に最適なバッグのサイズ

ビジネスバッグを選ぶ際に重要なチェック項目であるサイズ。持ち運ぶ書類やパソコンなど、それぞれ適したバッグを選びましょう。

B5用紙サイズ:タテ25.7cm、ヨコ18.2cm
→カバンサイズは幅28cm以上、高さ21cm以上が望ましい

A4用紙サイズ:タテ29.7cm、ヨコ21.0cm
→カバンサイズは幅33cm以上、高さ24cm以上が望ましい

A4ファイルサイズ:タテ約31cm、ヨコ約24cm
→カバンサイズは幅34cm以上、高さ27cm以上が望ましい

封筒(角形2号)サイズ:タテ33.2cm、ヨコ24.0cm
→カバンサイズは幅37cm以上、高さ27cm以上が望ましい

B4用紙サイズ:タテ36.4cm、ヨコ25.7cm
→カバンサイズは幅40cm以上、高さ30cm以上が望ましい

15.4インチノートPCサイズ:タテ約36cm、高さ約27cm
→カバンサイズは幅40cm以上、高さ30cm以上が望ましい

吟味したい! ビジネスバッグの色はスーツに合わせる

ビジネスシーンで使用するバッグは、必然的にスーツと合わせることがほとんどになります。ということで、ビジネスバッグの色は、普段愛用するスーツの色と相性のよいカラーを選べばよいのです。

Style1

ネイビースーツなら、ブラウンベースのビジネスバッグを選ぶべし

比較的若い人に多い組み合わせですが、ネイビー×ブラウンの組み合わせは相性バツグン。ファッションの本場では、マローネ・エ・アズーロ(マローネ=栗色、アズーロ=空色)という言葉があるくらい定番の組み合わせで、失敗の少ないコンビといえます。

Style2

グレースーツなら、ネイビーベースのビジネスバッグを選ぶべし

落ち着きある色のコンビは、都会的で洗練された雰囲気を演出する組み合わせ。グレーは無彩色ということもあってどんな色とも相性よくまとまりますが、特にネイビーと合わせると知的かつ上品さも打ち出せるので、ビジネスマンにはおすすめの組み合わせです。

Style3

ブラックスーツなら、ブラックベースのビジネスバッグを選ぶべし

フォーマル度がもっとも高いブラックスーツは、ほか色で崩さずに同色のブラックでまとめるのがベターです。レザー素材で重厚感を出すか、ナイロン製でライトに見せるかを好みで選びましょう。

魅せたい! 高品質を約束するビジネスバッグの人気ブランド10選

「末永く愛用したい」「使用頻度が高いからブランド品が欲しい」「よいモノを選ぶ自信がない」という人は、ビジネスバッグに定評のあるブランドから選ぶのもひとつの手です。幅広い層から支持を受ける、おすすめのビジネスバッグブランドをご紹介します。

ブランド1

『ブリーフィング』

厳しいUSミルスペック規格を採用する『ブリーフィング』は、むだなデザインを削ぎ落とし、本物だけが持つ洗練された機能美を放つデザインが特長。防弾チョッキにも採用されるバリスティックナイロンをメイン素材としており、きわめて耐摩擦性に強いのも魅力です。

アイテム詳細を見る

ブランド2

『オロビアンコ』

おしゃれにこだわりあるビジネスマンから支持を集める『オロビアンコ』は、イタリア・ミラノ発のファクトリーブランド。機能性を重視した素材を採用しつつ、細部にまでこだわったハイセンスなデザインを融合させたモノ作りが特長です。

アイテム詳細を見る

ブランド3

『フェリージ』

歴史と芸術の小都市イタリアのフェラーラで誕生した『フェリージ』は、国内はもとより海外からも高い評価を受ける人気のブランド。ブランドを代表するナイロン素材は、ほかブランドとは一線を画すハイクオリティ。レザーとのコンビデザインはここならではの美しさを放ちます。

アイテム詳細を見る

ブランド4

『ポーター』

吉田カバン発の『ポーター』は、“一針入魂”を社是とし、使うほどになじみ、永く愛用できるカバンを提供する日本のブランド。素材はもちろん、パーツや縫製といった部分までこだわり、持ちやすさとデザインにこだわったカバンを提案します。

アイテム詳細を見る

ブランド5

『トゥミ』

1975年の創業以来、優れたデザインと卓越した機能性を追求する『トゥミ』。耐久性に優れたバリスティックナイロンを採用するビジネスバッグを主に、モダンなデザインを数多く展開します。

アイテム詳細を見る

ブランド6

『ダニエル&ボブ』

『ダニエル&ボブ』は、1976年にイタリアンレザーの聖地フェラーラにて設立したブランド。ここの大きな特長は、皮革に関する造詣と職人たちの確かな技術力。洗練されたデザインはもちろんですが、こだわりあるクラフトマンシップも感じられる商品を展開します。

アイテム詳細を見る

ブランド7

『サムソナイト』

1910年に創業した『サムソナイト』は、その革新的な技術と素材 、デザイン性でリードする世界最大の老舗旅行カバンブランド。旅行カバンがメインアイテムですが、最近はビジネスバッグにも力を入れており、高品質なアイテムを豊富に用意しています。

アイテム詳細を見る

ブランド8

『ステファノマーノ』

1974年に創業した『ステファノマーノ』は、有名ブランドのバッグ生産も手掛けてきた実力派ファクトリーブランド。厳選された素材を多用してハンドメイドでつくられるバッグは、モダンなデザインと暖かみのある上品な仕上がりが楽しめます。

価格.comで探す

ブランド9

『土屋鞄製造所』

1965年にランドセル作りからスタートした『土屋鞄製造所』。良質な革製品に定評のある『土屋鞄製造所』は、ひとつひとつを手作業で行われており、想いの込められたカバンを届けます。日々美しく育つ革素材の『土屋鞄製造所』のバッグは、革という素材の面白さを伝えてくれます。

価格.comで探す

ブランド10

『グレンロイヤル』

『グレンロイヤル』は、1979年にスコットランドで設立された、上質なレザー素材を用いたアイテム作りに定評のあるブランド。製法に関しても伝統的な生産方法を頑なに守り続け、クラフトマンシップ息づくハンドメイドのみで仕上げられています。

価格.comで探す

お手ごろ価格で探す。大人顔だけどプライス抑えめのビジネスバッグ10選

高品質でブランドネームのあるビジネスバッグは、やはりお値段もそれなりに高価。もう少し抑えめ価格で、けど安っぽくない。15,000円あればお釣りが戻ってくる珠玉の10アイテムを厳選してお届けします。

アイテム1

『ルートート』/7,344円(税込)

ビジネスに必要なモバイルや書類が収納しやすいよう、11か所ポケットを設置した『ルートート』のビジネスバッグ。生地には摩擦や引き裂きにも強いコーデュラ生地を採用し、さらにテフロン加工を施しているため撥水性も期待できます。

アイテム詳細を見る

アイテム2

『イッカ』/8,424円(税込)

容量をたっぷりと設けたブランドの人気モデルをアップデートしたのがコチラ。使いやすさはそのままに収納力をパワーアップさせて、内側・外側ともにポケットを多く配置したのがうれしいポイントです。また、シーンに応じてショルダーバッグとしても使用できるストラップが付属します。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『グリーンレーベルリラクシング』/10,800円(税込)

ビジネスマンからの支持が高い『グリーンレーベルリラクシング』のオリジナルビジネスバッグ。シャドーストライプ生地の光沢が高級感ある雰囲気に仕上がっています。付属のショルダーストラップでシーンに応じた使用ができるのも高ポイントです。

アイテム詳細を見る

アイテム4

『インケース』/11,880円(税込)

マックブックプロも収納できる収納力抜群のビジネスケース。起毛された裏地を使用したラップトップコンパートメントは、収納物を前角度から保護することが可能。素早くアクセスできるポケットで簡単に整理ができます。15インチと13インチの2サイズ展開。

価格.comで探す

アイテム5

『アメリカンツーリスター』/8,326円(税込)

『アメリカンツーリスター』からもお手ごろ価格のビジネスバッグを発見。A4サイズの書類に最適で、14.1インチまでのPCに対応したコンパクトな設計ながら、ショルダーストラップが付属しているなど、充実した機能面を持つアイテムです。

価格.comで探す

アイテム6

『オティアス』/12,960円(税込)

まるでライチの皮のようなシボ感あるフェイクレザーを使用した『オティアス』のビジネスバッグ。両サイドにあおりポケット、メインは仕切りやノートPC用のクッション入りポケットなどを採用することで使い勝手に優れたアイテムに。もちろん取り外し可能のショルダーベルト付きです。

アイテム詳細を見る

アイテム7

『ビアンキ』/11,880円(税込)

感度の高い男性に支持される自転車ブランドのヘルメットバッグ。マチの広さや、外付けされたポケットなど、収納力の高さが特徴です。同ブランドが展開する自転車同様に、センスの高さをのぞかせる逸品。ショルダーストラップが付属しているため、2wayで使用できるのもうれしいところ。

アイテム詳細を見る

アイテム8

『バギーポート』/14,904円(税込)

一見すると本革と見間違えるほどクオリティの高いフェイクレザーを採用。アンティーク加工を施すことで新品ならではのつるっとした印象はなく、落ち着きある大人の表情に仕上がっています。

価格.comで探す

アイテム9

『アルファ インダストリーズ』/12,744円(税込)

ミリタリーウェアを展開する人気ブランド『アルファ インダストリーズ』によるビジネスバッグは、なんとブリーフケース、ショルダーバッグ、リュックと3WAYで楽しめる優れモノ。フロント右下日はブランドロゴが鎮座しています。

価格.comで探す

アイテム10

『シーカー』/14,040円(税込)

軽量で機能性に優れたビジネスバッグは、PC収納に便利なクッション入りのポケットを装備した使い勝手のよさに優れた逸品。開口部が大きく開くため取り出しやすいだけでなく、2面仕様になっているので荷物の仕分けに便利です。キャリーケースとの連結機能もあり、出張などにも活躍してくれます。

価格.comで探す

ページトップへ戻る