香水の基本をマスターせよ。メンズ香水の種類とつけ方

メンズが香水をつけるとき、最低限知っておくべきは、その種類とつけ方。それをマスターして初めて、人気ブランドから自分に合う香りを見つけられるようになるのです。

キーワード:

香水の基本をマスターせよ。メンズ香水の種類とつけ方

メンズの香水のことがすべてわかる。大人の男性のための香水、レクチャーします!

「香水は敷居が高い」と感じてはいませんか? ごく簡単な基本さえ押さえれば、まったく難しくないのです。最初の一歩を踏み出して、自分の好きな&イメージに合った香りを見つけましょう。

香水の種類について

香水の種類は、香料を溶かすエタノールの濃度によって分けられ、濃度が変われば持続時間も変わります。TPO、そして季節に合ったつけ方をマスターするために、まずこの種類を把握しましょう。

パルファン

種類1

パルファン

各ブランドのフラッグシップに多いのが、パルファン。15〜30%と濃度がもっとも高く、濃厚に香ります。そのぶん持続時間は長く6時間、長いものだと10時間近く続くことも。香りに深みがあります。

オードパルファン

種類2

オードパルファン

パルファンと比べると10〜15%と濃度を抑え、そのぶん価格も手ごろ。香りは5時間以上持続する。梅雨〜夏にかけての気温と湿度が高い時期は濃厚になりすぎるので、避けたほうがベター。

オードトワレ

種類3

オードトワレ

各ブランドがもっとも多くの種類を出していて、日常使いしやすいのがこのタイプ。濃度は5〜10%で、3時間前後持続。初心者はここから始めるのが◎。出勤前につければ、昼まで香りが続きます。

オーデコロン

オーデコロン

1〜5%と低濃度で、持続時間は1〜2時間。スプレーでシュッと吹きつけて広い範囲につけますが、さわやかな香りが多いので気分もリフレッシュ! 1つ持っておくと、とくに夏に重宝します。

香水の香り立ちについて

香料によって、揮発するまでの時間が異なります。すべての香水は、その時間を計算して香料を配合し、時間とともに香りが変化するよう設計されています。その移ろいを楽しむことこそが、醍醐味!

トップノート

つけた瞬間〜10分程度までの香りが、その香水の第一印象。シトラスなどさわやかな香りが多い。が、香りとしてのバランスが取れていないこともあるので、この段階で判断して購入を決めるのはNG。

ミドルノート

トップノート後〜3時間程度まで。アルコール分が蒸発して香りが安定し、その香水の個性が発揮されます。香水をつけて人と会うなら、このミドルの時間になるようつけるタイミングを計算して。

ラストノート

ミドルノートから変調したラストノートは、残り香ともいわれます。セクシーな香りや、落ち着き、あたたかみのある香りを漂わせることが多く、これをゆったり楽しむのが、大人の余裕というもの。

香水のタイプ・種類について

香水をどう選んでいいかわからない人は、まず香りの種類と、その香りが持つ印象をざっとつかむことから始めましょう。自分にしっくりくると思った香りを中心に香水をセレクトすれば失敗ナシ!

シトラス系

香り1

シトラス系

柑橘系の香りで、レモン、ベルガモット、オレンジ、グレープフルーツなど種類も豊富! 嫌みがなくさわやかな印象を与えたい時に最適。香りの拡散が早いため、トップノートに使われます。

シングルフローラル系

香り2

シングルフローラル系

花の香りはメンズフレグランスにも多用され、華やかさや柔和さを表現します。1種の花の香りを際立たせるのが、シングルフローラル系。甘いローズや、鮮烈なジャスミンなど花の種類は多種多様。

フローラルブーケ系

香り3

フローラルブーケ系

いくつかの花を組み合わせた、まさに花束のような香り。組み合わせ次第でさまざまな表情を見せられるので、とくに女性的という印象はありません。優雅さ、気品、時に官能的な香りになります。

フローラルアルデハイック系

香り4

フローラルアルデハイック系

アルデハイド=合成香料。そのものだけだと脂肪のようなにおいですが、フローラル系の香料と組み合わせることで、ぬくもりのある甘やかな香りに変わるのが不思議。セクシーな雰囲気が漂います。

オリエンタル系

香り5

オリエンタル系

西洋人がイメージする東洋のエキゾチックな雰囲気を醸し出します。ムスクやアンバーなど動物性香料や、白檀、サンダルウッドなど樹木(ウッディ)系香料が代表的で、官能的な夜に合う甘い香り。

グリーン系

香り6

グリーン系

<見出し>
森で樹々に囲まれているようなフレッシュな香り、または植物の枝を折った時のような、やや青臭さのある香りで、ナチュラルでユニセックスな雰囲気に。さわやかなので、ビジネスシーンにも◎。

シプレー系

香り7

シプレー系

格調や落ち着きを表現するため、「頼れる上司」感を演出するならこの香り。樫の木に生えるコケの一種(オークモス)をベースに、ベルガモットなどを組み合わせたもので、フォーマル感が出ます。

フゼア系

香り8

フゼア系

ラベンダーやゼラニウムなどをベースにした香りで、シプレー系と似ていますが、より男性的で渋い印象に。ビジネスからフォーマルな場まで、大人の男の落ち着きをアピールしたい場で使えます。

香水のつけ方について

上質の香水を手に入れても、つけ方が間違っていれば台無し! 香りが強すぎるか否かは、自分以上に周囲が感知します。つけ方をマスターし、堂々と香りをまといましょう。

香水のつけ方は種類(濃度)によって違う

ポイント1

香水のつけ方は種類(濃度)によって違う

香水の量は、種類によって違います。なぜなら、濃度と持続時間がそれぞれ違うから。濃度が高いパルファンはよく「点でつける」といわれるように、肌に1、2滴落とすようにしてつければ十分。

くどくならないよう、つけ方には要注意!

ポイント2

くどくならないよう、つけ方には要注意!

オードパルファン、オードトワレは、「線でつける」イメージ。つけすぎは、香りがくどくなるので要注意です。コロンは香りの濃度が低いため、スプレーをシュッとひと吹きし、「面」でつけます。

基本のつける場所はここ!

ポイント3

基本のつける場所はここ!

香料は体温によって揮発して香りを拡散させるため、あたたかい血液を運ぶ血管が肌表面を通っている場所につけます。具体的には、耳の裏、ひざ裏、腕の内側、ヒジ、手首、ウエスト、足首です。

とくに男性は、ここにつけるべし

ポイント4

とくに男性は、ここにつけるべし

ただし、男性は女性より体温が高く香りが立ちやすいことを忘れてはいけません。ビジネスやレストランなど、強い香りがNGの時はウエスト、ひざ裏、足首のいずれかだけにしておくのがマナー。耳うしろなど、顔に近い場所はNG。理由は、香りに対して嗅覚が麻痺してしまい、ついついつけすぎるからです。

つける場所によっては不快なにおいになることもあり

ポイント5

つける場所によっては不快なにおいになることもあり

香水は体臭をごまかすためにつけると思っている人がいますが、これはまったくの間違い。汗をかきやすいワキの下、性器周辺は避けましょう。体臭とまじらないよう、肌を清潔にするのも鉄則です。

30代の男性におすすめしたい香水の人気ブランド5選

香水選びに迷ったら、有名ブランドをチェックして。時代を超えて愛される定番や、現代のニーズに合わせた新作までがそろっているからです。大人の男御用達ブランドを紹介!

ブランド1

『サンタ・マリア・ノヴェッラ』

創業は13世紀、イタリア王家御用達だった時代もある老舗です。もともとは薬局で、現在はボディー、フェイシャル、ヘアなどのトータルケアブランド。伝統の香料を使った香水はユニセックスで、押し付けがましくなく上品なことから、世界中の男女に愛されています。

価格.comで探す

ブランド2

『ディプティック』

フランス発、アロマキャンドルで知られる同ブランドは、香水にも定評あり。果実やスパイス、花々の香りを組み合わせ、オリジナリティーを追求しています。大ヒットした「ロンブルダンロー」はカシスをベースとした個性的な香り。バラの香りも加わり、エレガント!

価格.comで探す

ブランド3

『カルバン・クライン』

都会的で洗練されたムードが真骨頂。定番から新作までアイテム数が多く、年齢、性別などにとらわれないボーダレスな世界を築いています。「エタニティ フォーメン」「シーケーワン」などは香水初心者にも扱いやすいため、手に取ったことのある人も多いはず。

価格.comで探す

ブランド4

『ブルガリ』

初めて香水を発表したのは1993年と歴史は浅いものの、数々の名作を生み出しています。特徴をひと言で表すなら「高級感」。代表作の「ブルガリ プールオム」は紅茶の香りが品よくさわやかで、スパイシーなミドルノートへの変化も大胆。女性の愛用者も多い!

価格.comで探す

ブランド5

『ミルコ ブッフィーニ フィレンツェ』 

日本には2014年に上陸した、イタリアブランド。日本の影響を色濃く受けていて、「KI(気)」「HAIKU(俳句)」と名付けられた香りがそろいます。「MU(無)」はベルガモットをベースに、刻々と変わりゆく香りがスケールの大きさを感じさせます。

価格.comで探す

最後に…。香水をつけてはいけない素材も押さえましょう

最後に…。香水をつけてはいけない素材も押さえましょう

香水を衣類につけるのは、さりげなく香らせる裏ワザ。しかし繊維を痛めてしまうこともあるのを忘れずに。よって、裏地につけるのが正解です。ビジネスシーンなら、ズボンの裾につけましょう。

ページトップへ戻る