助けて!カッサカサの肌をたまご肌に育てるための方法

寒い冬を過ごした肌は想像以上にダメージを受けています。あなたの肌もカッサカサになっていませんか?そんなカサカサ乾燥肌をツルツルたまご肌にする方法、お伝えします。

助けて!カッサカサの肌をたまご肌に育てるための方法

乾燥肌さんに伝えたい、3つのこと

「男性のほうが乾燥肌になりやすい?!」

「男性のほうが乾燥肌になりやすい?!」

実は寒い時期のカサカサ肌は、メンズのほうがなりやすいという事実をご存じですか? 男性の肌は、女性の肌に比べ、皮脂量は2倍ですが、水分量は約半分。普段は、その皮脂に助けられ皮脂膜というバリアのヴェールを肌表面にはっているため、あまり乾燥を気にすることはありません。しかし、寒さの厳しい時期は、急激に皮脂量が低下するので、元々水分量の少ないメンズ肌は乾燥が一気に表面化してしまうのです。

「水分も男性のほうが逃げやすい!」

「水分も男性のほうが逃げやすい!」

また、皮脂膜だけでなく、寒さで乾いた空気からうるおいを守るもう1つの部分が角質層。角質層は肌の1番外側にある層で、そこには角質細胞がまるでレンガのように並んでいます。そのレンガの隙間を接着剤さながらぴったりと埋め込んでいるのが細胞間脂質といううるおいキープ成分。しかし、メンズ肌は角質細胞自体の面積も女性より小さいため、どうしても隙間が空きやすく、水分流出も女性より多くなってしまい、カサカサ肌に……!

「だからこそ保湿ケアをあなどるなかれ」

「だからこそ保湿ケアをあなどるなかれ」

元々の水分量も、水分キープ力も女性に比べ低いメンズ肌が、女性に比べて保湿ケアを怠ってしまえばどうなるか、もう想像はついているのではないでしょうか。そうです、冬にカサカサ肌になるのは当たり前。だからこそ、冬に受けたダメージを回復すべく、しっかりとした保湿ケアを行いましょう! 肌の水分をしっかり与えて守るケアがメンズ肌には必須です。

乾燥肌さんは、3ステップでケアしましょう!

カサカサになったメンズ肌にはしっかりしたスキンケアが大切! なかでも、ポイントとなるのは、洗顔料、化粧水、乳液の選び方。美容液やクリームなどのスペシャルケアよりもまずは基本部分を見直しましょう。基本ケアは、選び方を間違うと効果が出ないだけでなく、逆に乾燥を悪化させてしまうことだってあるのです。今からは、カッサカサな乾燥肌に悩む方にこそ使ってほしいおすすめ保湿ケアを洗顔料、化粧水、乳液のそれぞれに分けてご紹介します。

ステップ1

まずは“洗顔料”を見直そう

まず気をつけて選んでほしいのが、洗顔料。なぜなら、肌の乾燥を左右するのは洗顔料がかなり大部分を占めているから。うるおいを洗顔でとり過ぎてしまったが最後、待っているのはツルツルたまご肌ではなくカッサカサの乾燥肌…! 今の洗顔料はどれも優秀なため、ガッツリ脂をとる! と謳っていなくとも、不要な皮脂や汚れはきちんと取り去ってくれるので安心して! 冬から春にかけてはうるおいをとり過ぎないマイルドなタイプをチョイスしましょう。

『松山油脂』肌をうるおす保湿洗顔フォーム

保湿に重点を置いて誕生したシリーズの洗顔料。洗い上がりのつっぱり感や乾燥をやわらげ、しっとりした洗い上がり。きめ細かい濃密な泡が肌に密着し、毛穴汚れや過剰な皮脂はきちんとオフしつつ、ダイズ成分でうるおいのある肌をかなえます。

価格.comで探す

『肌ラボ』極潤 ヒアルロン泡洗顔

弾力のある泡で肌全体を包み込むように洗えるポンプタイプの洗顔料。ヒアルロン酸とワセリンで、肌のうるおいの流出を抑えながら、やさしく洗い上げます。化粧水を忘れるほど肌はもちもち肌に。

価格.comで探す

『ダヴ』ビューティーモイスチャー洗顔

洗うだけで吸い付くような肌をかなえる洗顔料。不要な汚れを取り去り、洗顔しながら肌のキメを整えます。つっぱらずにしっとりなめらかな肌は、次に使う化粧水の浸透を高める効果も。

価格.comで探す

『モーガンズ』ハンドメイドソープ フランクインセンス サヴォン ハイドロタント

低温・低圧処理のコールドプロセス製法により、じっくりと時間をかけてつくられた良質な植物性オイルだけを使用したこだわりの無添加のハンドメイドソープ。水よりもオリーブオイルを多く使用してつくられており、肌への保湿効果も抜群。

価格.comで探す

『専科』パーフェクトホイップ

きめ細かく密度の高い超マイクロリッチな泡が、肌に刺激を与えずに、毛穴の奥から汚れを吸着。うるおいのある透明感のある肌に洗い上げる人気の洗顔料。

価格.comで探す

ステップ2

“化粧水”はセラミド入りが狙い目

化粧水はメンズ肌に何よりも大切な水分を補うマストアイテム。しかし、化粧水のほとんどは精製水でできているので、蒸発しやすいもの。肌にうるおいをため込んで、肌の水分量をグッと高めるなら、成分にしっかりこだわって! 特に乾燥肌の方こそ取り入れたい美容成分は、セラミド。なぜなら、セラミドは、角質層のレンガの隙間を埋める接着剤「細胞間脂質」の主成分だから。セラミドを肌に与えると、スカスカになったレンガの隙間をしっかり埋めてくれるため、自らうるおい肌になるのです。

『キュレル』化粧水 III (とてもしっとり)

セラミドケアのスキンケアといえば、『キュレル』。セラミドを肌に効果的に補い、うるおいを与えます。しっとりリッチな使い心地で、乾燥してデリケートに傾いた肌をなめらかに。外部刺激に負けない強い肌に整えます。

価格.comで探す

『ベ・マン』エクセレントローション

セラミドに加え、馬油、尿素などのうるおい成分を配合した化粧水。大容量なので、フェイスにはもちろん、乾燥するボディーにもたっぷり使えます。無香料なので、化粧品独特の香りが苦手な男性も使いやすい。

価格.comで探す

『リッツ』シェイプモイスト リッチローション

セラミドを含む3種の保湿成分が、うるおいを与えるだけでなく、しっかり肌にため込んで、プルプル肌をかなえる化粧水。トロミがあり、感触は美容液のよう。雑誌でも高級化粧水に引けをとらない保湿力と絶賛された実力派化粧水。

価格.comで探す

『ラブユアスキン』ボタニカルウォーター モイストUリッチ

7種類の植物エキスと、温泉水でつくられた天然由来成分99%のオーガニック化粧水。世界初の天然ヒト型セラミドも配合し、みずみずしい素肌を保ちます。ボトルもおしゃれ。

価格.comで探す

『ロゼット』セラミドローション

化粧水+導入美容液2つの働きをもつ化粧水。3種のセラミド+浸透型コラーゲン、浸透型ヒアルロン酸を配合し、乾燥によりゴワゴワ硬くなった肌を柔らかくほぐしながら、うるおいをしっかり中まで届けます。

価格.comで探す

ステップ3

水分の蒸発を防ぐ“乳液”でフタをして

化粧水でしっかり水分を補ったら、最後はそれを肌にとどめる乳液を。乳液は油分だけでなく水分も含んでいるため、皮脂量は多いのに水分不足なメンズ肌にはぴったりの保湿アイテム。クリームほどベタベタしないのに、減ってしまった油分をしっかり補ってくれます。夏に使うのと冬に使うのでは、肌につけた感触も全然違って感じるもの。この時期はいつもよりしっとりした乳液を積極的に選ぶことをおすすめします。

『ミノン』アミノモイスト モイストチャージ ミルク

敏感肌・乾燥肌を皮膚科学に基づいて考えた低刺激スキンケアシリーズから発売している乳液。とろりとしたミルクが肌にすっとなじんで、ベタつかずに肌をなめらかに。9種の保潤アミノ酸を配合し、外的刺激にも負けない強い肌へ。

価格.comで探す

『コラージュ』薬用保湿乳液

セラミドを配合した薬用乳液。化粧水のうるおいをキープしながら、自らうるおい肌に。なめらかな感触で、低刺激。冬の乾燥でダメージを受けた肌をしっかりケアします。

価格.comで探す

『専科』パーフェクトエマルジョン シルキーモイスチャー

乳液なのにみずみずしい感触で、絹のようなさわり心地のシルク肌へ。肌のすみずみまで広がって、うるおいのヴェールで長時間肌を包み込みます。使った後の肌はしっとりもちもちに。

価格.comで探す

『ソフィーナボーテ』高保湿乳液 しっとり

年齢により乾燥する肌に、持続型セラミドケア処方でうるおいをしっかり保持し、ハリツヤもかなえる乳液。女性用のイメージが強いですが、男性肌にも。肌の土台をしっかりと整え、乾燥して乱れがちな肌のキメをふっくら整えます。

価格.comで探す

『ニベアメン』アクティブエイジバーム

男性に人気がある『ニベアメン』の乳液。保湿はもちろん、シワやシミなどの年齢肌の悩みも一緒にケアし、ハリのあるなめらかな肌に導きます。ベタつかずに伸びが良い感触も、人気の理由。

価格.comで探す

就寝前のひと手間=スペシャルケア。こんな方法がおすすめです

就寝前のひと手間=スペシャルケア。こんな方法がおすすめです

最後に1つ。もっと早くツルツルたまご肌を手に入れたいときは、断然フェイスパックの使用がおすすめ。男がパックなんて恥ずかしい……! と思ったあなた。考えてみてください。鼻パック、メンズの皆さまなら一度はしたことありますよね? フェイスパックだって同じパックです。ただ、大きさが顔全体になり、美容成分がたっぷり含まれているというだけ。むしろ、短時間で集中的に肌に栄養を送り込める便利アイテムなので活用しないなんてもったいない! ちょっと時間があるときには就寝前にやってみてくださいね!たまご肌への近道ですよ!

ページトップへ戻る