大人の必需品。人気色別チェスターコートの着こなし集

オン・オフ使えるチェスターコートは、大人メンズのワードローブに欠かせないアイテム。その着こなしテクをカラー別にご紹介。1枚あるだけでコーデの幅が広がりますよ!

大人の必需品。人気色別チェスターコートの着こなし集

まずはじめに確認。チェスターコートとは

チェスターコート(別名:チェスターフィールドコート)は、19世紀にイギリスのチェスターフィールドコート伯爵が初めて着用したコートです。長めのスーツジャケットのような外観が特徴で、コートの丈は腰丈から膝上程度。そのスーツのように直線的なシルエットは、用途やシーンを問わず使用しやすいため、現代でも絶大な人気を誇っています。

きれいめからカジュアルまで対応可能。汎用性の高いチェスターコートの着こなしとは

フォーマル感あふれるシルエットをもつチェスターコートは、ビジネスシーンはもちろん、スニーカーやデニムを使用するカジュアルコーデを引き立てるアイテムとしてもかっこよくキマります。シンプルなデザインが多い分、多様なコーデにフィットする万能選手的な役割を果たす優秀アイテムです。

パターン1

さっと羽織るだけで簡単にこなれた雰囲気を演出できる!

ボタンを留めずに開けたまま羽織ると軽さのある着こなしに。ダークトーンのコートには明るめの色みのインナーやマフラーを合わせるとよりバランスが取れます。

パンツはチノパンやデニムなど、さまざざなタイプに合わせられる柔軟さも兼ね備えています。また、コートの丈が長めなので、パンツはロールアップするなど調整して軽さを出すとgood。シューズもフォーマルなレザーシューズからスポーティーなスニーカーまでコーデ可能で、フォーマルな場でもカジュアルな遊び場でも幅広く対応できます。

パターン2

スポーティーな装いにもばっちり

明るい色みのチェスターコートに首元のブラックスヌードが全体を引き締めたコーデ。キャメルのような明るい色みのコートは全体が大きく見えがちですが、ブラックなどのダークカラーを用いると簡単にすっきりとした印象に仕上げることが可能ですよ。

明るい色みのチェスターコートに首元のチェスターコートはエレガントシルエットで紳士服イメージがありますが、ここであえてストリートカジュアルなキャップを用いることで一気にカジュアルコーデにトーンダウンできるところもすてき! 足元のスニーカーも、チェスターコートのカジュアルコーデにひと役買っていますね。

パターン3

ビジネスシーンにもぴったり

伯爵が着用していたことが由来のこのコートは、スーツと一緒に使用するといつものスーツコーデがより洗練されたコーデに。

スーツコーデはいつも重たくなってしまう……とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんが、タイトめのパンツを一緒に着用すると足元がすっきり見え、あか抜けたコーデに大変身! また、襟を立てるとスーツ姿がより堂々として見えます。取引先の方にお会いする際などにぜひ覚えておきたい、簡単なテクニックですね。

パターン4

いつものパーカーを合わせてもgood!

意外な組み合わせかもしれませんが、チェスターコートをカジュアルシーンで着用する際におすすめなのがパーカー。シンプルなパーカーさえあれば、いつでもカジュアルなコーデが可能に。

お手持ちのスニーカーやデニムを合わせたコーデがより簡単になるのでおすすめです。きれいめコーデに合わせるイメージの強いチェスターコートですが、ちょっとしたお出かけにも合わせられますね。

パターン5

冬の必須アイテム・ニットキャップとも相性抜群!

寒い冬のお出かけに必須のニットキャップもチェスターコートコーデにぴったりはまります。少しきれいめのコーデにプラスするとちょうどよくカジュアルダウンさせることも可能。

また、カジュアルコーデに何か足りないと思った時にプラスするのもアリです! チェスターコートのトーンと逆のトーンのニットキャップを選んだり、シューズやバッグと同系色のニットキャップを選んだりするとコーデにアクセントを出しやすいのでおすすめです。

カラー別に見る!チェスターコートのコーデサンプル

チェスターコートはシンプルな形状なだけに、カラーや柄のバリエーションが豊富にあります。そこで今回はさまざまなコーデにより柔軟に対応できるグレー、ネイビー、キャメル、ブラック、カーキのチェスターコートをご紹介。シーンやコーデアイテムを選ばないカラーですので、チェスターコートを初めて買う方にもおすすめのカラーです。

カラー1:冬場の冷たい空気にぴったりな”グレー”

グレーのチェスターコートは冬場の落ちついたコーデに一番合わせやすいといっても過言ではないアイテム。比較的薄めのカラーなので、ボルドーやネイビーなど深みのあるカラーと相性抜群。お気に入りのカラーやお手持ちアイテムに深めカラーが多い方にとくにおすすめのカラーです。

コーデ1

上下グレーでトーンをそろえた今っぽいコーディネート。オーバーサイズのコートにワイドパンツを合わせた、サイジングも今季らしさ満点。モノトーンできれいめなコーデにアンバーのキャップを差して、ハズしているところがさりげなくてニクイです!

コーデ2

こちらも、全体のカラーバランスがよく整ったコーデ。コートとブーツはグレー、スヌードとパンツはブラックでリンクさせた色合わせがポイントです。細身のコートなので、スヌードで首周りにボリュームを出してバランス良く着こなしています。

コーデ3

落ちつきあるトーンのレッドをインナーに使用した、明るさを感じられるコーデ。寒い日が続く冬だからこそ、暖かみのあるカラーでコーデを彩りたいですよね。赤は派手めなトーンが多いのですが、このようにして暗くなりがちなグレーのコートコーデに使用するといい差し色に。

コーデ4

先ほどまでのコーデとは反対に、すべてグレーで統一感があるコーデ。やや難易度高めですが、色合わせに迷ったら全身を同色系で統一するのもアリですね。ただし、全身同じようなトーンだとのっぺりとしたコーデになってしまいまうので、濃淡や素材感で差をつけて、メリハリを出すのがポイント。

コーデ5

こちらはダークトーン寄りのグレーのチェスターコートを使用したコーデ。バッグとシューズにブラウン系を使用し、かなり深みのある仕上がりになっています。もう少しカラーに温かみが欲しい際は、暖色系のマフラーを使用したり、ロールアップさせたパンツからレッドなどのソックスをちらりと見せたりしてもいいですね。

カラー2:上品かつ爽やかな”ネイビー”

りんとした上品さが楽しめるネイビーのチェスターコートは、ビジネス用コートとしてもおすすめできる落ちついたトーンが魅力。また、デニムとの相性も抜群! 重めのトーンでコーデを固めて冬らしさを出せるだけでなく、インナーのセーターやシャツに明るいトーンのものを使用するとコーデが重たくなりすぎず、爽やかなものになりますよ。

コーデ1

グレー、ブラック、ネイビーのダークカラーでシックに着こなしています。ネイビーのチェスターコートは着膨れがちな冬のコーデをよりスマートに見せてくれます。

コーデ2

こちらはビジネスシーンにも使用できそうな、フォーマル寄りのコーデ。引き締めカラーであるネイビーのチェスターコートなら、内側にインナーダウンを挟んでも着膨れして見えないのでうれしいですね。マフラーを肩から垂らすとよりクラシカルな着こなしになります。冬の通勤にもぴったりのコーデとしておすすめ。

コーデ3

すとんとしたすっきりフォルムのチェスターコートとストライプシャツを組み合わせると、縦ラインが強調されてすっきり見え、スタイルアップ効果が狙えます! 細身のチノパン、もしくはデニムを合わせるとよりスマートな着こなしになりますよ。

コーデ4

チェスターコートにシャツとネクタイを合わせたフォーマル感漂うコーデと思わせつつ、足元のスニーカーで一気にカジュアルダウンしたコーデ。きれいめコーデに合わせやすいネイビーのチェスターコートですが、カジュアルさが足りない! と感じた際にはこのようにスニーカーでハズすと◎。

コーデ5

ネイビーのチェスターコートには、チェックのネルシャツも相性抜群。ネイビーのダークトーンに落ちついたレッドのネルシャツを合わせると、温かみの感じられる着こなしが可能になりますよ。クールな印象を与えたい際は、グリーンやグレーなど寒色系のネルシャツを持ってくると、すっきり爽やかなコーデに早変わり。

カラー3:温かみのあるカラーでやさしい雰囲気の”キャメル”

グレーやネイビーと違い、唯一の暖色系カラーであるキャメルは、落ち着きのあるカラーとの相性抜群のカラー。ネイビーやブラックなどシックなカラーとはもちろん、レッドやオレンジなどの明るいカラーにも合わせられる万能さは、このシーズンにハズせないコートになること間違いなしです。

コーデ1

キャメルのコートにベーシックなジーンズとセーターを合わせたシンプルコーデ。キャメルカラーとデニムの組み合わせは、お互いに逆の色みのためコーデのアクセントにしやすいですね。初めてキャメルのチェスターコートをgetする方におすすめの入門コーデです。

コーデ2

シャツ×Vネックニットの英国トラッドなコーディネート。インナー全体をシックにまとめることで、ベージュのチェスターコートとソックスが引き立ちます。優しい印象でカジュアルダウンしやすいベージュを、クールで洗練された印象に引き上げたお手本とすべきコーデです。

コーデ3

マリンコーデというとネイビーやホワイトのものとコーデするイメージが強いですが、実はキャメルとも相性抜群! マリンボーダーのシャツにシンプルなパンツとシューズを合わせて全体的にすっきりとした印象に収まっています。暖色系のキャメルのチェスターコートに爽やかなマリンボーダーのコンビは、爽やかさを出しにくい冬のコーデに重宝する組み合わせですね。

コーデ4

爽やかなグリーン系のセーターとキャメルのチェスターコートの組み合わせにフレッシュさを感じますね。センタープレスされたパンツを合わせ、程よいきれいめコーデになっています。チェスターコートの丈とショート丈のセーターの長さバランスがちょうど良く、こちらもスタイルアップが狙える着こなしですね。

コーデ5

ベーシックなカラーと飽きのこないシンプルなアイテムを組み合わせた、トレンドに左右されにくいスポーツミックスコーデ。膝上丈のチェスターコートにハイカットのスニーカーを合わせた、こちらもアイテムとコートの長さバランスがうまく取れた着こなしですね。

カラー4:シャープでスタイリッシュな”ブラック”

羽織るだけでコーデを引き締め、スタイリッシュに仕上げてくれるブラックのチェスターコート。着こなしによっては、重く見える恐れもあるので、どこか抜け感を作るのがスタイリングのコツ。

コーデ1

ニットキャップやイージーパンツをうまく組み合わせたスポーツMIXなコーディネート。ブラックのチェスターコートを主役に、ダークカラーでまとめれば大人顔にキマります。足元にタッセルローファーをもってくることでトレンドをプラスしつつ、よりきれいめなスタイリングに。

コーデ2

きれいめなイメージが強い黒のチェスターコートに、ケーブル編みのニットやコーデュロイ素材のパンツであえてカジュアルさをプラスして、オンスタイルに偏りすぎない着こなしに。このように合わせるアイテムの素材などでハズしてみると、オフスタイルのコーディネートもしやすくなりますよ。

コーデ3

こちらも黒のチェスターコートをうまくカジュアルテイストに着こなしたコーディネート。カジュアル定番のチェックシャツやインナーダウンをはさむことで、きれいめなコートをカジュアルダウン。コートに合わせて全体を黒で統一しているところがポイントです。

コーデ4

厚みのあるタートルニットとオーバーサイズのチェスターは相性抜群です。重く見えがちな組み合わせですが、細身のテーパードパンツとすっきりとしたローファーでシンプルにまとめることで、バランスよく着こなしています。

コーデ5

チェックシャツにデニム、スニーカーなど、とことんカジュアルなアイテムでのスタイリング。そこにブラックのチェスターを羽織れば、程良くかっちり感のある大人カジュアルにキマります。

カラー5:旬のミリタリーな雰囲気を醸し出す”カーキ”

今季トレンドのミリタリーな気分にマッチする、カーキのチェスターコート。都会的なミリタリースタイルに挑戦したい人におすすめです。

コーデ1

今年らしいカーキのチェスターコートを、スラックスやレザーシューズできれいめにスタイリング。同系色のスタイリングは地味になりがちですが、柄ニットを差してコーデに彩りを。

カーキのチェスターコートとブラックデニムの組み合わせで、男らしさあふれる着こなしに。さらっと首に垂らした大判ストールが、大人の貫禄も演出しています。

オーバーサイズのシルエットと、カーキ×ブラウンのアースカラーの配色が今季らしさ満点。ルーズなサイジングは、一歩間違えると野暮ったくなりがちですが、パンツの着丈を短めにすることでバランスよく着こなしています。

品のあるカーキのチェスターコートを主役に、都会的なミリタリースタイルを構築。白のタートルネックとスニーカーを差すことで、クリーンな雰囲気を加味しています。

袖の切り替えデザインがスタイリッシュなチェスターコートを着用。インナーにパーカーをはさんでカジュアルダウンさせつつも、ハットをかぶってジェントルマンな着こなしに。

ページトップへ戻る