メンズビジネスシューズ おすすめの種類と着こなし方

同じように見えるビジネスシューズも、タイプが違うと見え方も変わってくるもの。今一度、ビジネスシューズの種類を確認し、さらにおすすめコーデも学んじゃいましょう。

キーワード:

メンズビジネスシューズ おすすめの種類と着こなし方

ビジネスシューズはシーンによって適切なデザインを選ぶべし

ビジネスシューズといっても種類がたくさんあるため、どのシチュエーションの時にどんなタイプを履けばいいか迷うことってありますよね。普段、私服で勤務される方でも革靴を履くシーンはあると思いますので、一緒にチェックしましょう!

TPOも丸わかり! ビジネスシューズの種類と着こなし

日本はTPOにそれほどうるさくないといわれますが、それでもビジネスマンとしての最低限のマナーは守りたいもの。ここではビジネスシューズのデザインごとにどんなシーンにふさわしいか、またその着こなしをチェックします。

デザイン1

▼プレーントゥ

甲やつま先に装飾やステッチが施されていないシンプルなシューズで、主に内羽根式と外羽根式があります。シーンによって用途はなので、最初の一足としておすすめ。見た目がシンプルなため、シューズの作りのよし悪しが表れやすい特徴もあります。

シンプルなデザインなだけに、ビジネスやパーティーから、お通夜やお葬式などのシーンまで対応。色は、茶色を選ぶとやや活躍のシーンが限定され、黒を押さえておけば幅広く対応可能です。

アイテム詳細を見る

コーデ1

ビジネスで明るい色のパンツを取り入れる場合、ジャケットは濃色を選んで引き締めるのが約束。シューズはシンプルなプレーントゥなので、どんなパンツにも合わせやすい。

コーデ2

白のコットンパンツで軽快なビジネススタイルを作りつつも、ストライプシャツを合わせることできちんと感もキープ。スマートなフォルムのプレーントゥが見事にマッチしています。

コーデ3

定番のブルー×グレー配色のジャケパンスタイルも、ジャケットを大柄チェックにするだけで華やかな印象に。ジャケットの色に合わせてタイを選ぶと統一感が生まれます。

デザイン2

▼ストレートチップ

横一文字の切り替えがつま先に入っているのが特徴。革靴は履きシワがどうしてもついてしまいますが、ストレートチップの靴は一文字の切り替えよりも前のつま先にシワがつきにくいので、きれいな見た目を保ちやすい利点があります。

今回ご紹介する中で、もっとも活躍するシーンが多いシューズはこれ。ビジネス、冠婚葬祭、パーティーなどすべて対応可能。もし結婚式においてスピーチを頼まれている時や親族の結婚式などでは、黒を選ぶのが無難です。

アイテム詳細を見る

コーデ1

フォーマルもビジネスも兼用できる『ロロピアーナ』社製のピンストライプスーツは、ほどよい光沢感が春の着こなしをより一層引き立ててくれます。靴は茶色を選んでアクセントに。

コーデ2

角ばりすぎず、丸すぎないバランスのよいトゥが特徴のストレートチップを合わせたのは、貫禄も演出できるライトグレーの織り柄スーツ。フェザーがあしらわれたボーラーハットで気高い雰囲気に。

コーデ3

若々しいのに品もあるネイビージャケットは、働き盛りのビジネスマンのマストアイテム。ライトグレーのパンツを合わせれば、適度なカジュアルさがありながらも落ち着いた印象を作ることができます。

デザイン3

▼Uチップ・Vチップ

U字型のモカシン縫いでアッパーを縫い合わせた靴のことで、その見た目からVチップと呼ばれることもあります。靴に厚みを出せる縫い方なので、幅広の足や甲高の足にも比較的フィットしやすいのでおすすめ。

フォーマルな側面もありますが、カジュアルなジャケパンスタイルと相性がいいのがこれ。プレーントゥよりもカジュアルな印象がほしいという日には、Uチップを選ぶのがいいでしょう。

アイテム詳細を見る

コーデ1

ブラウンのUチップシューズが、ブルーグレーのスーツと相まって若々しくて柔軟性のあるスタイルに。ここに黒のシューズを持ってきてしまうと、全体に重々しい雰囲気になる可能性アリ。

コーデ2

ストライプシャツ×カモフラージュ柄のタイで、いつものビジネススタイルをぐっと新鮮に。遊びのあるスタイルなので、カジュアルな側面のあるUチップシューズを持ってくるとハマります。

コーデ3

貫禄と汎用性を兼ね備えたミドルグレーのスーツは、何とパンツがドローコードのついたイージーパンツ仕様! クラシカルに見えつつ素材はカジュアルなので、Uチップシューズと相性よし。

デザイン4

▼ウイングチップ

つま先の切り替えがW字型で縫いつけられている靴で、その名のとおり、鳥の翼のような見た目のためそう呼ばれています。メダリオン(つま先革の穴飾り)などの装飾も一緒に施されることが多い。

普段のビジネススタイルに取り入れると、Wの切り替えや装飾が着こなしのポイントになってくれます。また、冠婚葬祭ではNGとされていますが、カジュアルなパーティーなら問題ありません。

アイテム詳細を見る

コーデ1

大人のビジネススタイルを華やかにしてくれ、なおかつシーズンレスに楽しめるウイングチップシューズ。ストライプのソックスを効かせて、ジャケパンスタイルにアクセントを取り入れた。

コーデ2

イギリス王室御用達ブランドとして知られる、ジョンスメドレーのカーディガンを用いたラフなビジネススタイル。全体のトーンに合わせて、ウイングチップシューズも黒をセレクト。

コーデ3

デニムパンツを使ったカジュアルなジャケパンスタイルには、ウイングチップシューズが適度に遊びも入れられてよく似合う。ベージュ×ブラウンの上品な組み合わせが絶妙です。

デザイン5

▼モンクストラップ

バックル留めのストラップで甲を締める靴のことで、ひも靴よりもカジュアルな雰囲気があり、ストラップの留め具が印象的。また、このモンクストラップが2本あることをダブルモンクと呼びます。

スーツスタイルからカジュアルなデニムスタイルまで幅広く使えますが、スエード素材のものはビジネスでは不向きなので注意が必要。また、冠婚葬祭にもふさわしくありません。

アイテム詳細を見る

コーデ1

春夏の清涼感あるスーツスタイルも、ダブルジャケットならビジネスに必要な重厚感も損ないません。合わせたダブルモンクシューズは、2つめのベルトを外して履くとこなれた感じが出せます。

コーデ2

さわやかなリネン素材のカッタウェイシャツは、しっかりとノリを効かせればビジネススタイルにも対応可能。反対に、洗いざらしてラフに着れば週末のカジュアルスタイルにもマッチします。足元は素足にモンクストラップで抜け感をオン。

コーデ3

グレンチェックのスーツにデニム風のドレスシャツを合わせて、こなれた着こなしに。足元も生まじめすぎないモンクストラップのシューズで、大人の余裕を醸し出しています。

ページトップへ戻る