ブルーの革小物だとなぜかおしゃれに見える件

財布などの革小物を買う時、無意識に黒か茶を選んでいませんか? さりげなく人と差をつけるためにブルーの革小物を選んでみては。

ブルーの革小物だとなぜかおしゃれに見える件

奇抜ではない。でも人とちょっと違うのがおしゃれに見える理由

財布などの革小物を買う時、無意識に黒か茶を選んでいませんか。いや、黒や茶ももちろんすてきですよ。でも、たとえば同僚の女性と飲みに行って財布を出した時、黒の財布だったらまずスルーされると思うんです。それがブルーだと「あれ? お財布おしゃれですね」って言われる確率はグンとアップ。持っている人が少ないだけあって目に留まりやすい=おしゃれに見える、というわけです。

ブルーはクリーンで誠実なイメージも

ブルーはクリーンで誠実なイメージも

青という色には、空や海など自然を感じさせることから、身体の活動を緩やかにする副交感神経系を優位にさせると言われています。また男性的でありながらも”信頼””清潔””誠実”といったイメージを喚起するので、男女問わずに好感度の高いカラーと言えます。

財布など大きいものは、ネイビーなどの濃いブルーが◎

「ブルーがおすすめ」と紹介したものの、その色みの範囲が広すぎるのもまた事実。そこで注意すべきは、アイテムのサイズ感と色のトーンです。こちらで紹介するのは、長財布をはじめとする少し大きめの小物。大きなサイズ感ですから、あまり奇抜な色みだと悪い方向に目立つこともあるため濃いネイビーをセレクトするのがベターです。

アイテム1

『ホワイトハウスコックス』ロングジップラウンドウォレット

人気の『ホワイトハウスコックス』から、ホースハイド(馬革)を使用したダービーコレクションの長財布。外側はネイビー、内側はタン(茶系)というコンビカラーが軽快な印象を与えます。革の質感、カラーともに上質さを漂わせる一品。たっぷりとした収納力も魅力です。

価格.comで探す

アイテム2

『ルイ・ヴィトン』エピ ジッピーウォレット

定番の『ルイ・ヴィトン』のなかでも男性が使いやすいのがエピ。ブラックを持つ人が多い中、あえてブルーを選ぶとおしゃれです。内側もネイビーで統一されているため、より上品な印象に仕上がっています。凹凸のあるレザーで汚れにくく、丈夫なところも老舗メゾンならでは。

価格.comで探す

アイテム3

『ヴァレクストラ』L字ジップロングウォレット

2013年の日本上陸以来、一気に注目度が高まったイタリアのレザーブランド『ヴァレクストラ』。発色が美しいこちらは、L字ジップでカジュアルな印象もあり、注目されること間違いなし。大きめの引き手は使用感だけではなく、そのルックスにも一役買っています。

価格.comで探す

アイテム4

『ディオール オム』二つ折りウォレット

こちらはタンドカーフレザーを使用したスマートな二つ折り財布。デニムのヒップポケットにも収まるサイズや、”ブルーオーシャン”と名付けられたカラーがすてきです。機能面としてはお札入れとたてに収納するカード入れといったシンプルな構造。小銭入れがないので、すっきりと持ち運べますよ。

価格.comで探す

小銭入れなど小さなものは、明るいブルーでアクセントを

小銭入れなどの小ぶりなサイズ感のアイテムは、明るめのブルーを狙いましょう。あなたのファッションにアクセントをつけたり、若々しさをアピールしたりと、プラスなことばかりです。来たる春先の軽快なコーディネートにも相性抜群ですよ。

アイテム1

『マーク ジェイコブス』キーポーチ

女性から圧倒的人気の『マーク ジェイコブス」は、持っているだけでおしゃれ評価がうなぎ登り。鮮やかなブルーの小銭入れ兼キーケースは、財布代わりにしてもカッコいい。

アイテム2

『フェリージ』2WAY IDホルダー

ビームスが『フェリージ』に別注したIDホルダー。D管が縦、横についているので2wayで使えるのが便利。勤務中は常に身につけているものなので、青だと印象に残りやすそう。

アイテム詳細を見る

アイテム3

『ボタンワークス アメリカ』コンチョ コインケース

アメリカンなデザインで人気のブランド『ボタンワークス アメリカ』。USAメイドのコインケースは、カウハイドレザーを三角に折ったシンプルかつユニークなデザイン。

アイテム詳細を見る

アイテム4

『ビューティー アンド ユース』ターコイズ コインケース

パッと目を引くターコイズブルーのコインケースは『ビューティー アンド ユース ユナイテッド アローズ』のオリジナル。外側ポケットにカードを入れられるほか、キーチェーンも付いていて便利。

アイテム詳細を見る

いつも黒or茶の一辺倒だった革小物選びも、新しい色を投入することで気分も上がるはず。ぜひお試しあれ!

ページトップへ戻る