流行のベージュコート。大人コーデに加える5つのコツ

冬のメンズコーデを大人らしく彩るなら、コートに手を伸ばすのが近道。なかでも、ここ数年のトレンドはベージュです。その魅力やおしゃれな着こなし方について紹介します。

流行のベージュコート。大人コーデに加える5つのコツ

今シーズンも人気。”上品で大人顔”のベージュのコート

昨シーズンから引き続き、今季もベージュのコートが人気。その理由は、やはりベージュならではの品の良さ。きれいめなムードを底上げする色みの効果は、大人の着こなしにマストですよね。また、どんな色みともなじみやすいことも支持率を高めた要因のひとつ。

イイコトずくめのベージュですが、メリットばかりではありません。膨張色であるがゆえの“やぼったさ”や、“おじさま感”が出てしまっては長所もへったくれもないでしょう。

そんな心配事を一挙解消するための秘術、ご紹介します!

写真のアイテム詳細を見る

”今季らしさ”をプラス。ベージュのコートを着こなす5つのポイント

ベージュという色みの良さを最大限に高め、「やぼったくなりそう」という不安材料を解消する着こなし方をご紹介。組み合わせるアイテムや、色みなど、ベージュのコートを今らしく着こなすポイントをまとめました。

ポイント1

タートルネックを取り入れて、“きれいめ感”を倍増させる

上品なベージュのコートには、やはりきれいめな印象のインナーが好相性。ならば、セレクトすべきはタートルネック。足元はブラックカラーやスリムタイプを選び、コーデの統一感を図るとGOODです。

ベージュのコートに白のタートルネックで上品に。パンツやシューズ、バッグには黒のアイテムをチョイスし、引きしめ効果を狙っているのも◎。

ブラックパンツや茶系の革靴、グレーのタートルネックニットだけでは暗い印象に転びがち……。そこにベージュのコートを差すだけで、ライトなムードを盛り立てることが可能です。

濃いめのベージュのコートにあぜ編みのタートルネックニットを合わせたトレンドずくめのスタイリング。「クリーンにまとめすぎるのは堅苦しい」というならば、こちらの方のようにデニムパンツでハズすのもおしゃれです。

ポイント2

きれいめミリタリーが今っぽい。ベージュとカーキのクリーンな組み合わせをマスター

今年の冬に注目されている、クリーンミリタリー。ベージュのコートになじむカーキカラーの取り入れ方を中心に、旬のコーデを分析します。

上下でアースカラーを取り入れた、クリーンミリタリーの好例。スリムなカーキ色のパンツが、きれいめな印象を盛り立てています。ベージュやカーキなど、淡い色みのコーデに合わせてグレーのスニーカーをセレクトしている点も◎。

インナーにカーキのニットを取り入れた、リラックスカジュアルなミリタリースタイル。ベージュのコートは少しオーバーサイズを選ぶことで、今季らしい雰囲気が出ます。大人っぽいファッションに今っぽさが加わった着こなしです。

ハリのある生地のきれいめなトレンチコートなら、より都会的なミリタリースタイルにキマリます。カーキのカットソーにベージュのコートをさらっと羽織るだけで、大人顔に。

ポイント3

スポーティーなアイテムを合わせて旬のテイストミックスを実践

ベージュのコートは、それ自体でクリーンな印象を演出できる大人らしいアイテムのひとつ。そのメリットを利用すれば、旬のスポーツミックスにだって簡単にトライできるんです。その方法はいたって単純。スポーティーなアイテムを取り入れるだけで、“きれいめ”דスポーツ”のミックススタイルがかないます。

スポーツミックスを実践する近道として提案したいのが、スポーツブランドのロゴを投入すること。コートスタイルならキャップなどを取り入れても子供っぽく見えないのでスタイリングも簡単です。ショート丈のコートを選べば、より活発な印象に仕上がります。

スポーティーな印象を取り入れるなら、スニーカーも定番。ベージュのコートスタイルとマッチさせるならホワイトカラーがおすすめです。シンプルにまとめることが、カジュアルなスポーツミックスを大人らしくまとめるコツ。

コート×ナイロンパーカーのレイヤードも、スポーツミックスコーデには有効。ベージュのコートが、カジュアルすぎないきちんと感を加えてくれるので、バランスよくスポーティー×大人スタイルに仕上がります。足元はもちろんスニーカーを選べば間違いなし。

ポイント4

ワントーン+アルファのカラーテクで、品を格上げする

ベージュのコートを軸に、ワントーンコーデを構築すると誰にでもベージュを着こなすことは可能です。ただし、それだけでは芸がありません。そこで、取り入れるべきはプラスワンの色み。水色やホワイトなど、明るめのカラーを採用することで冬でもライトな印象の着こなしが楽しめます。

ライトデニムをうまく利用してワントーンコーデを実現したスタイル。ベージュコート×淡色デニムの組み合わせが、上品なカジュアルスタイルを構築します。インナーやクラッチバッグもライトブラウンに徹底すれば、統一感がしっかりと出ます。

ワントーンのコーディネートに挑戦するなら、ホワイトカラーをベースにベージュのコートを合わせると、よりスタイリッシュな印象にまとまります。パンツやスニーカー、インナーなどをホワイトでまとめ、仕上げにベージュのコートを羽織りましょう。季節感と同じく存在感もアップします。

大人っぽいファッションを目指すならシンプルが一番。ワントーンのコーディネートも、若干トーンの幅を広げてスタイリングすると、シンプルでもメリハリあるスタイルとなります。ホワイトのインナーに少しダークなブラウンのパンツ、ベージュのコートで表情をつけて。

ポイント5

ベージュのやぼったさは、ダークトーンを組み合わせて即解消

おしゃれで品のあるベージュのコートですが、「やぼったくならないかどうか」という不安はつきもの。そんな悩みに効果的なのが、ダークトーンの色みを組み合わせるというシンプルな方法。ブラックやネイビーなど、全体の印象を引きしめる色みを取り入れることで、上品なベージュの印象を保ちつつも、やぼったさを解消することができるのです。

モノトーンスタイルをインナーに取り入れたこちらのスタイル。黒を多めに取り入れることで、ベージュのコートが引き立つスタイルに仕上がっています。ニットの裾から白のカットソーをちらっとのぞかせた小技もポイント。

シンプルにまとめるなら、オールブラックでクールなスタイルに。スラックススタイルにニットウェアなど、素材感で変化をつけるのが、おしゃれ度アップのポイントです。ソックスには、アクセントで明るいカラーを取り入れてみましょう。

より快適な暖かさを求めるなら、インナーダウンを取り入れる重ね着もコートスタイルに効果的です。ブラックカラーでまとめれば、目立ちすぎることなく、ベージュコートの中にインナーダウンを取り入れることが可能です。

ベージュのコート。大人におすすめの一着を厳選

今年らしく取り入れたいベージュコートの着こなしがわかったところで、買い物をするなら候補に入れておきたいおすすめアイテムをご紹介します。どれも2枚目、3枚目のコートとして取り入れやすいブランドから厳選してご紹介。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

こちらのコートは、毛足が長く光沢感がある上質なハミルトンラムウールを取り入れた素材感が魅力的。ドレス感あるチェスターコートのデザインで機能性とデザイン性を兼ね備えたアイテムです。

アイテム詳細を見る

『トラディションウェザーウェア』

マッキントッシュ社がプロデュースする『トラディションウェザーウェア』のステンカラーコート。ゴム引き素材で撥水性の高い素材が魅力的です。ウールライナーの取り外しが可能で、スプリングコートとしても使用可能。

アイテム詳細を見る

『ラブレス』

三陽商会がプロデュースする『ラブレス』のトレンチコート。シングルのため、トレンチコートに抵抗感がある方でも気軽に着こなせるアイテムです。ビジネスシーンにも活躍するフォーマル感で幅広く取り入れ可能。

アイテム詳細を見る

『グローバーオール』×『ビームス』

ダッフルコートの老舗ブランドである『グローバーオール』に『ビームス』が別注依頼したアイテム。よりクラシックでシンプルなデザインにアレンジしたディテール。ソフトな印象にまとまるダッフルコートとして大人におすすめのアイテムです。

アイテム詳細を見る

『アバハウス』

フレンチスタイルのセレクトショップである『アバハウス』が手がけるピーコート。より着心地のよいメルトン素材にこだわるなど、上質感を取り入れたアイテム。ショート丈のコートとして、幅広くスタイリングに役立つベージュコートです。

アイテム詳細を見る

ページトップへ戻る