2016年の旬顔!ワイドデニムで作るリラックスコーデ

ここ数年は細身のデニム一辺倒でしたが今季はワイドデニムが注目されています。けど、大人がはくにはだらしなく見えそう……。それを解消する着こなし方をご紹介します。

2016年の旬顔!ワイドデニムで作るリラックスコーデ

着こなし方を紹介する前に、そもそもワイドデニムとは

そもそもワイドデニムとは、その名のとおりゆったりとしたシルエットのデニムパンツをさします。昨年レディースで隆盛を極めたといえるガウチョパンツやワイドパンツ。この流れを組みつつ、トレンドキーワードである“リラックス”に沿ったアイテムということもあって、メンズではワイドデニムが今季多くのブランドやショップが展開されています。

トレンドのワイドデニムを選ぶ3つのポイント

ここでは感度の高い着こなしを目指すうえでカギとなる、今季的なワイドデニムを選ぶためのポイントをご紹介。シンプルで大人の着こなしにハマり、それでいてトレンド感たっぷりな一本を選びましょう。

ポイント1:ももから裾に向かって細くなる、テーパードシルエット

テーパードシルエットとは、ももから裾に向けて細くなるシルエットのこと。ワイドシルエットとはいえ、裾先まで太めのシルエットというわけではなく、すっきりとしたタイプを選ぶのが今季的な一本を選ぶうえでの条件となります。

とはいえ極端に裾が細くなるのでなく、あくまでやり過ぎない程度を選ぶのがキモ。極端なデザインを選ぶと若々しいイメージが強くなるので、+CLAP Men世代は避けたほうがベターです。

たとえば上の『ジョンブル』の一本。やり過ぎない程度のテーパードシルエットながら、はくとルーズシルエットならではのリラックス感は十分に楽しめます。トレンドを意識し過ぎない、大人っぽさの残るワイドデニムを選びましょう。

ポイント2:こなれた雰囲気を演出する、色落ちインディゴブルー

今季はユーズド加工を施した色落ちタイプのデニムがトレンド。ワイドデニムもご多分に漏れず、色落ちしたタイプが人気です。色落ち具合もほんのり色落ちしたタイプからダメージ加工のあるトレンド感たっぷりな一本まで実にさまざまです。

ただし、ワイドデニムで色落ちの激しいタイプの組み合わせは、シルエット的にも色的にも膨張して見えてだらしなく映りやすい危険も。そこでおすすめしたいのが、程よく濃いめのインディゴブルーデニム。これならワイドシルエットでもだらしなく映る可能性はグッと減ります。

もちろんファッションに自信がある人は、スカイブルーの一本やダメージ加工を選んでもOK。その際は着こなしにきれいめ要素の強いアイテムを取り入れるなどして、大人としてのバランスを考慮したコーデになるよう気をつけましょう。

ポイント3:コーデにヌケ感を与える、ジャストからやや短めレングス

こちらもワイドデニムだけのトレンドに限りませんが、パンツ丈は立った状態でパンツ裾が床にギリギリつく程度のジャスト丈からくるぶしの出るやや短め丈が主流。長めのレングスだと裾先がたまってもっさりするとだらしない印象に映ります。また、ワイドシルエットなのでパンツ裾を引きずり、汚れてしまうと大人の着こなしとしては×。太めシルエットでもすっきりと見せられるか否かが重要なポイントなのです。

しかし、短めのレングスを選ぶのは切り過ぎて後悔しても戻せないため、勇気のいる行動だというのもまた事実。そんな人はジャスト丈をロールアップして、すっきりと見せるのがおすすめです。

これなら多少が長くても、ロールアップ幅を調整することで簡単に今どきなシルエットを作ることができます。それでもあまりに長過ぎる一本だとロールアップ幅が大きくなり過ぎてもっさりしてしまうので、写真のようなバランスになるよう選んでください。

上記3つのポイントを押さえたワイドデニムカタログ

上で紹介したポイントを押さえるワイドデニムを+CLAP Menが独断でセレクト。旬の着こなしを手に入れるワンピースとして、あなたのお買い物リストに追加しちゃってください。

アイテム1

『417 エディフィス』

スラックスで見られるタック入りタイプなら、デニムパンツでもドレッシーな雰囲気に。生地はデニムの聖地として有名な岡山の専門工場が作成した高品質なモノなので、はきこめばきれいな色落ちも期待できます。12,960円(税込)/エディフィス

アイテム詳細を見る

アイテム2

『ゴーヘンプ』

青みを強く残した色落ちが特徴的な『ゴーヘンプ』の薄手デニム。股上を深めに取り、腰回りや太もも周辺はルーズさを残しつつ、膝から下は細く絞ったテーパードシルエットを採用。カジュアルになり過ぎない、大人の着こなしにハマるワイドデニムです。15,120円(税込)/ゾゾ アウトドア

アイテム詳細を見る

アイテム3

『ドゥニーム』

同ブランドオリジナルの13.5ozの青味の強い生地を採用した、”大戦モデル”と呼ばれるタイプのデニムです。古きよきストレートシルエットが、男らしさを感じさせる、大人のための一本に仕上がっています。27,000円(税込)/ドゥニーム

アイテム詳細を見る

アイテム4

『カンビオ』

春夏素材の代表格ともいえるリネン素材を20%配合し、見た目にもリラックス感たっぷりに仕上げたワイドデニム。タック入りなので腰回りもゆったりしており、なおかつクリーンなイメージを損なわない大人のリラックスコーデになじむ一本に仕上がっています。18,360円(税込)/カンビオ

アイテム詳細を見る

アイテム5

『ジョンブル プライベート ラボ』

夏のデニムスタイルは暑くて厳しい。けど、薄手デニムは見た目にペラペラ感があってイマイチ気にいらない。そんな人におすすめなのが『ジョンブル プライベート ラボ』のこちら。軽い生地ながら本格的なヴィンテージ加工を施すことでペラペラなイメージを払拭することに成功。また、テーパードシルエットなので大人の着こなしにもなじみやすいです。23,760円(税込)/ジョンブル プライベート ラボ

アイテム詳細を見る

アイテム6

『ブフト』

秀逸なヴィンテージ加工とくるぶし上に設定された短めのレングス。そして程よいワイドシルエット。今のトレンドを見事体現する『ブフト』のワイドデニムは、写真のようにそのままはいてもよし、赤耳仕様なのでロールアップしてもよしの万能的なアイテムです。24,840円(税込)/ウィズム

アイテム詳細を見る

アイテム7

『イエローラット』

風合いのよい素材を使用する一本は、クラシカルなデザインとタック入りのシルエットが特徴。カジュアルなスタイリングはもちろん、ジャケパンコーデなどのきれいめな着こなしに取り入れても違和感なくマッチする優れモノ。26,784円(税込)/ジャーナルスタンダード

アイテム詳細を見る

アイテム8

『リーバイス ヴィンテージ クロージング』

デニムの王様『リーバイス』が各時代の伝統とスピリッツを忠実に再現する『リーバイス ヴィンテージ クロージング』。中でもルーズなサイズ感が楽しめる1955年の501は、今のトレンドにも見事マッチする名作。最高品質を求める大人の方におすすめしたい一本です。28,808円(税込)/リーバイス

アイテム詳細を見る

アイテム9

『ハバノス』

古きよき過去のデザインを現代的に解釈し、見事アップデートしたアイテムを排出する『ハバノス』。リアルなヴィンテージ加工とワイドシルエット、そして短め丈のバランスに優れた一本は、今季らしさ抜群。加工技術がすばらしいので、ぜひシンプルなアイテムと組み合わせてほしいワイドデニムです。34,020円(税込)/ウィズム

アイテム詳細を見る

アイテム10

『ミスターオリーブ』

アメリカのサンフォーキンバレーで採れた良質な綿を日本に輸入し、旧型の織り機でていねいに織りあげられたセルビッチデニム。また、デザインもバックスタイルにヨークにのせたポケットやバックベルト、縫製仕様などもクラシックワークをモチーフに絶妙なバランスに仕上げている点も高ポイント。シルエットは旬のワイドシルエットを採用することで、今っぽさもある珠玉の一本。34,560円(税込)/ミスターオリーブ

アイテム詳細を見る

ワイドデニムを今季的に取り入れる、5つの着こなしパターン

ワイドデニムを入手したら後はコーデに取り入れるだけ。バランスよく、大人っぽく。そして今季らしいおすすめのコーデを5パターン提案します!

パターン1:ノーカラートップスと合わせて、感度高めのコーデを目指す

今季を代表するアイテムといえば、襟のないトップス=ノーカラーのトップス。これを合わせるだけでグッと感度の高い着こなしに仕上げることができます。組み合わせ自体もイージーなので、誰にでも挑戦しやすいのが特徴のコンビ。初心者にもおすすめです。

ノーカラーシャツにワイドデニムの旬なコンビは、白シャツ&白スニーカーで爽やかさもしっかりキープ。大人っぽく、しかしトレンド感ある着こなしに昇華したグッドサンプル。

ノーカラージャケットにノーカラーシャツ、そしてワイドデニム。ゆったりとした空気感をまとうスタイリングにスニーカーをくわえて、旬度満点に着こなしました。

定番のミリタリーシャツ×デニムのコンビも、デザインやシルエットに変化をつけるだけでグッと今っぽく。インナーにボーダーカットソーをチョイスして、大人の着こなしに欠かせない清涼感もしっかり追加しています。

パターン2:襟付きシャツで大人の魅力あふれるコーデに

大人っぽいアイテムとイメージして思いつくであろう襟付きのシャツは、ワイドパンツとの組み合わせにも欠かせないアイテム。カジュアル要素の強いワイドデニムと合わせて、カジュアルとドレスのバランスをちょうどよくまとめましょう。

ワークシャツ×ワイドデニムのコンビでラギッドなスタイリングに。ハットで大人っぽさをしっかり出しつつ、サドルシューズでカチッと感と男っぽさを両立したのがポイントです。

ストライプのシャツを上までしっかりとめて、清潔感あるスタイリングに。トップスを細身にすることで、ワイドデニムのシルエットを際立たせたのがポイントです。また、時計やバッグ、シューズの色みをブラウン系で揃えることで統一感あるコーデに仕上げた点にも注目。

ワイドシルエットのデニムパンツに対してトップスはややタイト目のサイジングにして、Aラインを見事形成した着こなし。小物の色みをすべてブラックにまとめたのもポイントです。

パターン3:カーディガンなら大人っぽさとリラックス感を同時にゲット

知的さの中にゆるっとした雰囲気のあるカーディガン。いつの時代も大人の着こなしに味方するアイテムですが、ワイドデニムと合わせることで大人っぽさの残るリラックスコーデに仕上げることが簡単に可能。脱力的な雰囲気に仕上がります。

グレーのカーディガンに白Tシャツ、そしてワイドデニムとすべてがシンプルな大人のスタイリング。ゆるっとした雰囲気なのにだらしなく見えないのは、このコンビならでは。

クセのあるストライプ柄のカーディガンには、同じくクセ強めのクロップド丈のワイドデニムで中和。足元はサボシューズでヌケを作り、こなれ感のある着こなしに仕上げました。

カーディガン+ワイドデニムのコンビに白シャツを投入すれば、カチッとしたイメージも追加可能。思い切りルーズなデニムもだらしない印象がなくまとまります。

パターン4:細身スニーカーならワイドデニム=B系のイメージを簡単にシフト

ワイドデニムにボリューミーなスニーカーを合わせると、モロに90年代な香りがして大人の着こなしとしてはイマイチ。そこでおすすめしたいのが、細身のローテクスニーカー。ゴテっとなりすぎず、すっきりとまとまるのが特徴です。

カジュアルなワイドデニムをジャケット&白スニーカーで大人っぽく昇華。パンツ丈をロールアップして短めレングスに変更し、今のバランス感に整えました。

アメカジ色の強いスタイリングは、ブーツでなくローテクスニーカーで爽やかにまとめて。キャップとバッグ、そしてTシャツの一部の色みをリンクさせることで、シンプルな着こなしもグッとおしゃれに見せたワザありコーデ。

ネイビー×ホワイトの2色で構築した潔いスタイリングなのにメリハリがあるのは、トップスを細めにしてデニムを太めにしたAラインシルエットにまとめているから。小物を効果的に用いている点にも注目したい。

パターン5:上級者向けのルーズ×ルーズな組み合わせが最高に今っぽい

最後にお届けするのは、デニムパンツだけでなくトップスもルーズなパターン。リラックスがトレンドキーワードの今季らしい組み合わせですが、そのまま取り入れるだけだとだらしなく映ってしまう危険なコンビ。おしゃれに取り入れるポイントとともに着こなし例をご紹介します。

ルーズなTシャツにワイドデニムの組み合わせは、Tシャツの袖先&デニムをロールアップしてバランスを整えたのがポイント。小技を効かせましょう。

デニム丈を短めに設定してメリハリをつけることで、だらしないイメージを払拭。また、足元は黒のシューズで大人っぽさを意識したのもポイントです。

こちらのスタイリングもパンツ丈を調整したのがだらしなく見えないポイント。メガネで大人っぽさもしっかりキープして。

ページトップへ戻る