ジャケパン講座|アイテム選びから着こなしまで紹介

ビジネス時から休日まで対応できるジャケパンスタイルは、大人の男性に欠かせないコーデ。ここでは基本的なアイテムの選び方からオンとオフのコーデまでお届けします。

ジャケパン講座|アイテム選びから着こなしまで紹介

ジャケパンとは

ジャケパンとは書いて字のごとく、テーラードジャケット+パンツを組み合わせたジャケット・パンツスタイルの略。上下セットのスーツと比べると組み合わせが多種多様なため、さまざまなおしゃれを楽しめます。

また、スーツスタイルと比べるとカジュアルですが、ここ最近ではビジネスマンにも浸透しており、ビジネスシーンでも着こなしを間違えなければ問題なしとすることが多くなりました。

ジャケパンスタイルで気をつけたい、6つの着こなし基本ルール

テーラードジャケットにパンツを組み合わせれば何でもありかというと、答えはもちろんバツ。ビジネスでも着られておしゃれに見えるジャケパンスタイルを作るには、次の基本ともいえる6つのルールを守って挑戦してみましょう。

ルール1

ビジネスシーンにもハマる、落ち着きのある色・柄を選んで

テーラードジャケットやパンツはもちろん、シャツやネクタイなどの小物まで、色みが明かる過ぎたり派手過ぎる柄デザインはビジネスシーンにふさわしくないためNG。おすすめの色はネイビーやグレー、ベージュ系。それぞれトーンを問わず人気が高く、着回しやすい色みなので大人のジャケパンと相性抜群のカラーといえます。柄でいえば冬はグレンチェックやブラックウォッチといった重厚感のあるチェック柄、春や夏ならシアサッカー生地で見られるストライプ柄が定番人気。いずれの色、柄にせよ、ビジネスシーンで着用しても悪目立ちしないか、相手に不快感を与えないか、清涼感あるデザインかといったビジネス時の基本を押さえれば問題ありません。

ルール2

季節によって適切な素材の一着を取り入れよう

上の見出しだけを見ると難しそうと思いますが、その季節に着用して快適な素材を選べば問題ありません。夏はリネンのような薄手で吸湿性に優れた素材、冬はウールやツイードのように保温効果のあるアイテムを選べば問題ありません。以下のように季節に合った生地を選べば、見た目はもちろん着心地も快適に過ごせます。

ウール:春、秋、冬
サマーウール:春、夏
トロピカル:春、夏
コットン:春、夏
リネン:夏
シアサッカー:夏
ツイード:秋、冬
ギャバジン:秋、冬
フランネル:秋、冬
メルトン:冬
カシミヤ:冬

ルール3

ジャストサイズが基本! 着こなしイメージを左右するサイジング

ジャケパンに限りませんが、洋服を選ぶ際に最重視したいのがサイズ感です。ジャストサイズをベースにして、好みでサイズを選ぶのがポイント。そのため基本のジャストサイズをまずは知りましょう。

テーラードジャケットにおいてジャストサイズを見るポイントは、肩のつけ根位置とジャケットの縫い目が合わさっているかどうか。また、袖丈は手首がちょうど収まる程度の長さかどうかも重要です。パンツならウエストのサイズももちろん重要ですが、パンツ丈にも気を配りましょう。長過ぎるとだらしないイメージを与えてしまうので、長くてもまっすぐ立った時にパンツの裾が床に触れるか触れないかくらいの長さに調整してください。

ルール4

ジャケットとパンツの色に変化をつける

スーツと異なりテーラードジャケットとパンツが異なるジャケパンスタイルは、上下で色に変化をつけて着こなすのがおすすめ。同色を合わせたいなら色のトーンに差を出して、コントラストをつけた着こなしを意識してください。おすすめかつ王道の組み合わせは、ネイビー×グレーのコンビ。清潔感と洗練されたイメージを同時にゲットできるこの組み合わせは、ビジネスシーンでも問題なくハマる色合わせなので押さえておきましょう。

また、上の色合わせを逆にしたグレー×ネイビーのコンビもアリ。下半身に濃い色を置くことで、安定感ある装いにまとまります。重たく見え過ぎる場合は、パンツ丈を短めに調整するなどしてバランスを整えましょう。

ルール5

ベルトとシューズの色みは揃えるのが基本

ジャケパンスタイルで必ず取り入れる革靴とベルトですが、これら革製品の色みを揃えるのはスーツスタイルと同じく基本中の基本です。革靴がブラウンなのにベルトがブラックというのも間違いではありませんが、野暮ったいイメージを与えてしまう上に、見る人が見るとセンスのない人というレッテルを貼られてしまい、最悪の場合できない人という印象すら持たれてしまうかもしれないので注意しましょう。

色合わせに自信がないという人は、ブラックを選ぶのがベター。ブラウンはトーンや色みが豊富ですが、ブラックはマットか艶があるかどうかといった点をチェックすれば統一感あるジャケパンが完成しますよ。

ルール6

結婚式での着用はNG。しかし、カジュアルな二次会であればジャケパンでも問題なし

他のルールとは少し毛色が異なりますが、ジャケパンコーデに挑戦するきっかけとなる人も多いためこちらで解説します。まず結婚式での着用は、マナー違反となるのでNGです。

参考記事:男の結婚式服装マナー講座 スーツや小物の着こなし方

では二次会では問題ないのか。厳密なルールがないため正解・不正解を断言はできませんが、ホテルではなく、カジュアルなレストランや居酒屋などで行われる二次会であれば問題ないことがほとんどです。とはいえ、ダメージジーンズやスニーカーといったカジュアルすぎるアイテムでラフに着崩すのは避けた方がベター。デニムを合わせる場合も、写真のようにネクタイやシャツで品良くまとめましょう。

ジャケパンを作るのに欠かせないアイテム

ビジネスシーンに限らず、休日もチャレンジしたいジャケパンスタイルを作る上で欠かせないアイテムが次の9つ。テーラードジャケットやパンツはもちろん、シャツや今の時期に欲しいコートは何でもよいかというと答えは×。また、ジャケパンスタイルを盛り上げるネクタイやベルトといった小物のほか、ビジネスバッグ、革靴に関しても押さえるべきポイントがあるので、注意して選びましょう。

アイテム1

テーラードジャケットは、“ウール生地で2つボタンor3つボタンの無地”がおすすめ

ジャケパンの印象を大きく左右するテーラードジャケットは、無地からチェック柄やストライプ、素材はウール生地、ツイード生地まで幅広く、色まで見ればブラックからグレー、ネイビーと非常に豊富。また形を見るとシングルとダブルでまず異なり、さらにフロントのボタンは1つボタンから3つボタンや4つボタンまであり、襟の形もノッチドラペルやピークドラペル、ショールカラー、ノーカラーなどの展開があります。さらに上半身の動きやすさを左右するうしろのスリットは、スリットのないノーベントから真中にスリットの入るセンターベント、両端にスリットがあるサイドベントまであり、これらの組み合わせから選ぶのはとても難しいところです。

写真のアイテム詳細を見る

そこで初心者におすすめしたいのが、次のタイプ。まずデザインに関しては無地のほうが汎用性は高く、初心者にはおすすめ。素材に関しては後ほど季節ごとに適切な生地を紹介するので略しますが、ウール生地が基本となります。色は先ほど挙げたブラック、グレー、ネイビーはどれも着回し力が高く、ほかの色は難易度高め。形はシングルが着回しやすく、1つボタンだとカジュアルな印象が強いので避けたほうがベター。2つボタンや3つボタンが定番で、着用の際はどちらも一番下のボタンは外すのが基本です。ただし、3つボタンの段返りタイプは真中だけを止めましょう。ベントはノーベントがもっともフォーマルですが、お好みで選んでもかまいません!

アイテム2

シャツは“ホワイトかライトブルー”の2色チョイスして、好感度を狙う

ジャケパンスタイルではあまり目立たないシャツですが、着こなしイメージを左右することをご存じですか? シャツはテーラードジャケットよりも顔の近くに位置するだけあって、サイズ感や色み、デザイン次第で印象がガラッと変わります。
サイズ感はジャストサイズが基本。色はホワイトかライトブルーが日本人の肌によく映えます。デザインはネクタイで柄を取り入れる人が多いでしょうから、無地を選ぶとよいでしょう。生地はオックスフォードで少し砕けて見せるのもアリ。また、スポーツファッションから生まれたボタンダウンシャツですが、最近はフォーマルシーンで着用されていることもあります。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム3

“無地”のニットウェアなら、簡単に品よくドレスダウンがかなう

シャツを取り入れるにはカチッとしすぎる。とはいえラフになりすぎないようまとめたいし、保温性もしっかりキープしたいという場合はニットが活躍します。

ニットを選ぶ際は、取り入れやすい無地。とくに白やグレー、ベージュ、ネイビーといったカラーがおすすめです。また、デザインとしてはカーディガンならVネックタイプ、プルオーバータイプであればクルーネックかタートルネックが品よくハマりやすく、比較的薄手だとジャケットのシルエットをジャマしません。

なお、一見編み目の分からない密に編み込まれたハイゲージであればきれいめより、逆のローゲージニットであればカジュアルよりに仕上がるのでここも好みで選択しましょう。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム4

“無地TシャツかボーダーTシャツ”で、春夏は軽快さをアピール

ジャケパンならではの上品さをキープしつつも、ドレスダウンしたい。秋冬がニットなら、春夏はTシャツが最適です。とはいえ、カジュアルなイメージが強いアイテムなので、選ぶ際はポイントを押さえる必要があります。

まず選ぶべきデザインは、無地かボーダーがベター。さらにカラーは白やグレー、ネイビーといったラフになりすぎないカラーが良いでしょう。首周りはクルーネック、もしくはVネックやボートネックがおすすめ。

なお、ボーダーTシャツはピッチ幅が狭めの方がジャケパンにはハマりやすいのでおすすめ。広めタイプが不正解というわけではありませんが、カジュアルな印象が強いので、他アイテムでドレス感を補って。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム5

スラックスからチノパン、デニムまで。“TPOに応じたパンツ”を選びましょう

ジャケット以上に選択肢があるパンツは、ジャケパンスタイルの着用シーンに応じて選択するのが正解。たとえば休日や比較的カジュアルな職場やシーンであれば、程よく色落ちしたデニムパンツなどを合わせてカジュアルダウンしたジャケパンもあり。ホワイトパンツを合わせて爽やかに着こなすジャケパンスタイルも人気です。

もう少しビジネスシーンよりに取り入れるなら、ベージュのチノパンやグレーのパンツを合わせるのが王道。さらにカチッと感を高めるなら、センタープレスのあるスラックスなどのパンツをセレクトしましょう。ある程度パンツのレパートリーがあるとジャケパンの幅が広がるので、揃えておくと着こなしが楽しめます。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム6

ビジネスバッグは“品とおしゃれさを備えたタイプ”が正解! 配色や素材にこだわって

ジャケパンスタイルと合わせるバッグとして、おすすめしたいのはビジネスバッグ。選ぶポイントは、スーツ時でも対応できる品のあるデザインでありながらも、バッグ本体の配色や素材で少し個性のあるタイプがおすすめです。

たとえば配色であれば、写真のようなネイビー×ブラウンのように落ち着きのある2色のバイカラータイプや、レザー×ナイロンといった素材でメリハリのあるタイプであれば、ジャケパンコーデはもちろん、スーツ時でも問題なく愛用することができます。品をキープしつつおしゃれさも備えたデザインを念頭にセレクトしましょう。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム7

ネクタイの素材と柄は、ジャケットや季節にあわせて複数本用意するとスマート

着こなしの好アクセントとして活躍するネクタイは、ジャケパンスタイルにおいてもっともおしゃれを楽しめる部位のひとつ。剣幅や色、柄によって表情がガラッと変わる、選びがいのあるアイテムです。

選び方としてはシルクが通年使える定番で、夏なら涼しげなニットタイ、冬は起毛感のあるウール素材などと使い分けるとおしゃれです。また、色は複数の場合ならジャケットやパンツの色とネクタイの一部をリンクさせると上級者の着こなしにまとまりやすいです。柄はレジメンタルといわれる斜めに線が走るタイプが人気ですが、あまりに奇抜な配色を避ければ大きく失敗することもありません。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム8

ベルトは“上質なレザー素材かつ、シンプルな装飾のプレーンバックル”が基本

上半身と下半身の境目に位置するベルトは、思いのほか目に留まるアイテムです。基本的には主張が激しくなく、品を与える上質な革素材を使用した、プレーンなバックルが付属するベルトがおすすめです。

夏ならメッシュデザインで涼しげに見せるのもアリ。色はブラックやブラウンといったベーシックな色がよいでしょう。また、ビジネスシーンでなく、カジュアルに着られる場面であれば、彩り豊かなリボンベルトを選ぶのもしゃれててあり。メッシュベルトよりも軽快に見えて、不思議と上品かつおしゃれにまとまるのが面白いベルトです。

写真のアイテム詳細を見る

アイテム9

革靴は自分自身を映す鏡と思い、“美しく、品のある一足”で着こなしの格上げを狙って

「おしゃれは足元から」というとおり、魅せる靴選びがジャケパンスタイルを制するといっても過言ではありません。そこでまず選びたいのが革靴。上質な革靴で、デキる大人を構築しましょう。

デザインは、プレーントゥやストレートチップを選べば、フォーマル度も高いので間違いありません。ローファーなどのスリッポンタイプやスニーカー、スエード靴は、砕けたシーンで取り入れるとこの上なくおしゃれにまとまります。いずれにせよ、汚れのない美しい革靴を合わせて、大人としての品格を保ちましょう。

ちなみに休日であればスニーカーもあり。ローテクな1足や旬のランニングシューズがおすすめです。詳細は本記事の下部でご紹介します。

写真のアイテム詳細を見る

春夏秋冬別参考コーデ紹介! さらに上級者に見せるジャケパンの着こなしもお届け

前述の基本ルールを押さえた、着こなしの参考にしたいジャケパン達人の春夏秋冬別コーデを厳選してお届け。さらに、より上級者に見せたい人には飾り過ぎず、地味過ぎない。けれどこなれた雰囲気のあるジャケパンスタイルをご紹介します。カジュアルめなコーデからビジネスシーンにハマる着こなしまで、参考になるスタイリングがきっと見つかるハズ。

ステップ1

春・夏に参考にしたい! ジャケパン厳選着こなし紹介

“清涼感”“軽量感”といったワードがカギを握る春夏のジャケパンスタイルは、取り入れる色もブルー系・ホワイト系といったカラーをメインに着こなしを組むのがポイント。とはいえ、全てをこれらの色でまとめるとぼんやりとした印象になってしまいがちなので、シューズなどで濃い色みを加えて程よく引き締めることを忘れずに。また、合わせるアイテムの生地も起毛したタイプでなくコットンやリネン、はたまたシアサッカー生地のように見た目に涼しげなタイプを選びましょう。

ネイビージャケットにベージュチノを合わせた王道のジャケパンスタイルですが、インナーにバンドカラーシャツを取り入れることで一気に旬顔に。足元は白ソックスでシャツの色とリンクさせつつ、大人の清涼感も振りまきました。

春・夏らしい爽やかな色落ちのデニムパンツとネイビージャケットは相思相愛の組み合わせ。ビジネスバッグもジャケットと同色を選んで全体をネイビーにまとめつつ、バッグのブラウンレザーがしゃれっ気と大人の品格を醸し出しています。

ライトグレーのジャケットは合わせるパンツを選ばない、着回し力抜群のアイテム。パンツにはセンタープレスのベージュパンツで程よく着崩しつつ、シャツにネクタイでしっかり品もキープ。胸ポケットに挿したメガネの柄の見せ方がこなれた雰囲気を演出しています。

インナーをシャツでなく、カットソーにすることでカジュアル感のあるジャケパンスタイルに。無地の白Tシャツは清涼感をイメージさせるカラーなのでラフになりすぎず、程よい塩梅にまとまります。さり気なく靴下と色みをリンクさせることで、こなれた着こなしに仕上げているのもポイント。

ビジネスシーンでも通用するジャケパンスタイルは、一見するとシンプルな着こなしながら、コットンやリネンといった夏らしい素材のアイテムで構築しているのが特徴。ネクタイとスラックスを同系色のグレーに統一しつつ、ジャケットやシューズで爽やかさを残して引き締めた計算された着こなし。

ステップ2

秋・冬コーデの参考に。おしゃれなジャケパンスタイルスナップ

春夏とは打って変わり、清涼感はキープしながらもどこか落ち着きある雰囲気にまとめるたい秋冬のジャケパンスタイル。合わせる色みもダークカラーやスモーキー感のあるカラーをメインに組むと上手にまとまります。そしてこの時期のジャケパンスタイルに合わせたいのがウール素材のアイテム。難しく考えず、ニットウェアやネクタイにこの素材を取り入れると簡単にまとまるのでおすすめです。また、より季節感を強く打ち出したいのであればツイード生地のジャケットを選ぶのも手。参考記事も合わせてご覧ください。

参考記事:冬のジャケパンは、ツイードジャケットで着こなそう!

タートルネックニットに色落ちしたデニムパンツの今季トレンドの組み合わせ。ここにジャケットを加えるだけでも十分におしゃれなジャケパンスタイルに仕上がる好例がこちら。シューズは手入れされた艶のあるローファーを選び、砕け過ぎないのが着こなしのポイントです。

よりウォーム感のある休日のジャケパンスタイルを目指したいなら、こちらのコーデが参考になります。スタイリングアイテム自体は上の着こなしとほぼ同じですが、ニットの色みや起毛感のあるパンツなど素材や色みを変えるだけで、グッと季節感のあるジャケパンスタイルに変わります。

インナーの赤ニットをコーデのアクセントにした、こちらのスタイル。つい落ち着いた色を選びがちですが、インナーに色を差すことで人と差がつく着こなしに。裾からのぞくソックスを赤で揃えている点も巧みです。

秋・冬らしい柄といえば、青地に緑と黒の配色による格子柄のブラックウォッチ。テーラードジャケットのデザインとしても定番のこの柄で仕立てられた一着を主役に、ほかはブラック系で統一。シンプルにまとめることでジャケットの柄が際立ち、ビジネスシーンでも通用する大人の着こなしにまとまります。

最後にお届けするのはネイビージャケット×ホワイトパンツの王道ジャケパンスタイル。すべてのアイテムにこだわり、ブランドや素材のオーラがケンカしないよう極めてシンプルなスタイリング。色みは春・夏でも通用する組み合わせですが、上質なウール素材のジャケットと足元のスエードシューズが季節感を演出します。

ステップ3

より上級の着こなしを目指す人におすすめ。取り入れたい小物別コーデ紹介

最後にお届けするのは、清涼感や大人としてのルールはキープしつつ、ジャケパンスタイルをよりおしゃれに見せるための小物とその着こなし方をお届け。どのアイテムでの着こなし上級テクも取り入れやすいので、躊躇せずに挑戦してみてください。

▼アイテム1:“ポケットチーフ”を添えて、コーデを華やかに着飾ろう

顔に近い位置にあることからジャケパンスタイルの印象を左右するアイテムにも関わらず、意外と忘れられがちなポケットチーフ。意外と取り入れる人が少ないですが、これを加えるだけでファッショナブルにまとまるので挿さない手はありません。ジャケパンで取り入れたいポケットチーフのテクニックを3つに分けて解説します。

参考:折り方も紹介。ポケットチーフの基礎知識とおすすめ

ポケットチーフとネクタイの色身をリンクさせる

オーソドックスかつおしゃれにまとまる方法としてまず紹介したいのが、ポケットチーフとネクタイの色みを同系色にまとめるテクニック。この方法ならポケットチーフが悪目立ちする心配がないのはもちろん、色を合わせることで統一感が生まれるため、まとまりのある着こなしに仕上がります。初心者から上級者までおすすめの組み合わせです。

無地の白ポケットチーフで清潔感をアップ

ポケットチーフの大定番カラーともいえる白は、清潔感や清涼感といった大人の着こなしに欠かせないイメージを持つ色。これを顔に近いポケットチーフで取り入れることで、おしゃれ度だけでなく清潔感も同時にゲットすることが可能です。さらにシャツやパンツに白を取り入れれば、上で紹介した統一感ある着こなしにまとまります。

強い色みのポケットチーフでアクセントを追加

よりしゃれた取り入れ方に挑戦したいという人は、アクセントカラーとなる強い色みのポケットチーフを挿してみましょう。ジャケパンスタイル全体の配色や色のトーンなどに注意しつつ、上手に取り入れることができれば、上で紹介した着こなしパターン以上におしゃれにまとまるハズです。

▼アイテム2:おしゃれに欠かせない“帽子”は、ジャケパンスタイルにも有効

数あるファッション小物の中でも取り入れやすく、着こなしのアクセントとして活躍してくれる帽子はジャケパンスタイルとも相性抜群。カチッとしたイメージの強いジャケパンスタイルにもハマりやすいハットから意外とマッチするキャップまで、アイテム選びのポイントと着こなしを紹介します。

“ウールハット”なら問答無用に好相性にハマる

昔の映画では、スーツにウールハットを合わせた紳士がカッコよく、そしてダンディズムに着こなしていますが、これと同じ要領でジャケパンに取り入れることでファッショナブルに仕上げることが可能です。旬度も加味するなら、ハットのツバはやや広めを選ぶと今っぽく仕上がります。

春夏なら涼しげに見せる“ストローハットやペーパーハット”を選ぶのもあり

ウールハットを取り入れるには暑すぎる春夏は、ストローハットやペーパーハットといった見た目にも涼しげな素材のタイプを選びましょう。色みは定番のブラックももちろんありですが、どうせならベージュやホワイトで清涼感たっぷりに仕上げるとより季節感を強く打ち出すことができます。

“ウール生地のキャップ”なら品良くカジュアルダウンが叶う

前述のようにジャケパンスタイルにはハットを合わせるのが定石ですが、ウール生地で仕立てられたキャップであれば品良くまとまるのでありです。その際はジャケットなどのウェアと色みをリンクさせて、キャップが悪目立ちしないよう調整するのがポイント。

▼アイテム3:休日のジャケパンは“スニーカー”でドレスダウンを狙い、こなれ感をアピール

休日のジャケパンスタイルにおすすめなのが、定石であるドレスシューズでなく、旬度の高いスニーカーを取り入れてリラックス感のある着こなし。とはいえ、スニーカーなら何でもありかというと答えは×。大人の男性におすすめしたいスニーカーとともに着こなしをお届けします。

品良く崩す“『ニューバランス』990”は、カジュアルだけでなくジャケパンとも好相性

+CLAP Menでも絶大な人気を誇る『ニューバランス』。特に「1000点満点で990点の出来栄え」と完成度の高さをアピールする雑誌広告を出稿するなど、1982年にリリースされて以来ブランドの看板も出るとも言える990は履き心地の良さだけでなく、幅広い着こなしにマッチするその汎用性も魅力です。パンツはやや短めに設定して、スニーカーならではの軽量感ある着こなしにまとめるのがおすすめです。

その端麗な表情が上品に着崩す“『アディダス オリジナルス』スタンスミス”

2014年の復刻再販売から今でもずっとスニーカーブームを牽引する『アディダス オリジナルス』のスタンスミスは、テニスシューズならではの品あるイメージやツルっとしたスムースレザーを採用していることから、スニーカーの中でも別格の品を備えるモデル。革靴のようにカチッとしすぎず、スニーカーほどラフに仕上げたくないときに有効な1足です。

シンプルイズベスト! “『コンバース』オールスター”はジャケパンでも大活躍

スニーカーの王道とも言える『コンバース』オールスターは、ジーンズスタイルからジャケパンまでどの着こなしにハマる優れモノ。写真のようにブラックをベースとするジャケパンスタイルに黒の『コンバース』を合わせて、シックに着崩すのがおすすめです。

ジャケパンスタイルに挑戦するためのアイテムの選び方や着こなし紹介、いかがでしたか? ビジネスシーンはもちろん、休日も崩し過ぎず大人の品をキープしてくれるジャケパンスタイルは、30代以上の男性に欠かせない着こなしです。また、誰でも簡単におしゃれな着こなしが実現できるスタイルなので、ぜひ食わず嫌いせずトライしてみてください!

ページトップへ戻る