一足お先に。春向けの爽やかなメンズショートヘア30選

まだまだ寒いけどヘアスタイルから春へシフトチェンジしませんか? 2017年も爽やか&好感度抜群なベリーショート、ショートのヘアスタイルを一挙30スタイル紹介します!

一足お先に。春向けの爽やかなメンズショートヘア30選

春の爽やかヘアの3条件。取り入れるべきキーワードはコレ

春は新しい出会いが多い季節。「初めまして」の人に好印象を与えたいと思うなら、今から春ヘアに向けて準備をしておきたいところ。+CLAP Menがこの春のメンズヘアの傾向をリサーチしたところ、「刈り上げ」「アップバング」「丸みライン」というキーワードが浮かび上がってきました。それぞれどんなヘアなのか、解説していきましょう。

キーワード1:刈り上げ

一昨年ぐらいから流行中の刈り上げ。バーバースタイルもまだまだ人気ですが、2017年の春はトップを立てるネオモヒカンスタイルや、グラデーションでよりナチュラルな印象を与えるやわらかな刈り上げ=“やわら刈り上げ”が流行のきざし。現在刈り上げの人も、少し伸ばしながら移行してみてはいかが。

丸みを帯びたトップから自然につながる刈り上げがパーフェクトなラインを描くベリーショート。トップを立て気味にすることで頭の形を良く見せ、ベリーショートながら小顔効果もばっちり。短めの前髪でおでこがカバーできるところもうれしいポイントです。

こちらは短めのレイヤーにツーブロックを組み合わせたスタイル。耳まわりを一番短くしているので、これからの季節におすすめです。多少伸びてもスタイルが決まりやすいので、メンテナンス期間を長くしたい人にも良いヘアといえるでしょう。

春だし、もうちょっと攻めたスタイルに挑戦したいなら、再び注目が集まる“ネオモヒカン”はいかがでしょうか。トップを長めに残しつつ頂点が出るように整えたら、ツヤの出るワックスでソフトに立ち上げるのがポイントです。バーバースタイルからのチェンジにも最適。

春なので思い切ってカラーヘアにチャレンジするのも手。レイヤーからナチュラルにつないだ“やわら刈り上げ”ヘアも、カラーするだけでこんなに軽やかに見えます。アッシュ系のダークブラウンなら、大人の男性もトライしやすいはず。

こちらも“やわら刈り上げ”スタイル。トップを長めにしてあるので、刈り上げのいかつさが払拭され、カジュアルはもちろん、ビジネススタイルにもハマりやすい髪型です。つむじから放射状に整えてあるので、バッグスタイルが美しいのも特徴。

パーマが出す軽やかな動きが春らしいこちらのヘア。バッグは刈り上げず、耳まわりのみをツーブロックにしているので、すっきり感と手入れのラクさを兼ね備えています。トップにはゆるいパーマをかけてあるので、大人の男らしさをさりげなく演出できます。

続いてもパーマをかけた大人らしいスタイル。トップはふわっと、サイドはすっきりと刈り上げることで、ソフトかつ爽やかな印象を与えてくれます。額の両サイドをさりげなくカバーする毛流れは、おでこの広さが気になる人にはうれしいポイント。

ランダムな毛流れがラフな雰囲気を醸し出す、グラデーションショート。パーマを部分的にかけることで外国人のクセ毛っぽく見せています。同じように刈り上げ部分もランダムに長さを変えてあるので、伸びてきても自然に見えるというメリットも。

ゆるやかなモヒカンラインのベーシックショートは、えり足の刈り上げから自然につないだカットが見事なバランス。顔まわりは短めながらフォワード方向への流れを作ることで、小顔に見せています。

ふんわりと下ろした前髪と立体感のあるトップ、清潔感のある刈り上げという、高感度が三拍子揃ったこちら。トップを中心にニュアンスパーマをかけているので、スタイリングも楽々です。髪がやわらかめの人でも挑戦しやすいヘアです。

キーワード2:アップバング

こちらも昨年より引き続き人気のディテールですが、バリエーションが増えてきているのが最近の傾向。そのため、普段前髪を下ろしている人でも挑戦しやすいスタイルが見つかりやすくなっています。額を見せるとイメチェンになるのはもちろん、運気アップにもつながるという説もあるので、ぜひトライしてみて。

バックがグラデーションになったツーブロックを七三分けにした、王道バーバースタイルは顔のタイプを選びません。オールバックで乾かしてからスタイリング剤をつけ、分け目をつけてなでつけるとこんな感じの仕上がりに。

こちらは分け目を曖昧にして、より自然に見せたバーバースタイル。クセをうまく生かしてやわらかい印象を与えています。サイドはこめかみラインまでしっかり刈り上げているので、すっきり感も抜群です。

こちらは9:1パートでヘビーサイドを上げながら下ろしていく、という高度なアップバングスタイル。トップに頂点を作ることでボリューム感を出し、額の剃りこみ部分も毛流れでさりげなくカバーしています。パーマをかければ日本人の髪質でもなじみそう。

剃りこみラインまでしっかり刈り上げつつ、トップは長めに残したメリハリショート。トップに立ち上がるようなパーマをかけると、前髪全体を立ててもバランス良く仕上がります。おでこが四角い人や狭い人におすすめのスタイルです。

刈り上げず、毛先がランダムに動くようにカットされたベリーショート。前髪を若干長めにし、立ち上げつつも、真上ではなく片サイドへの毛流れをつけることで、ニュアンスが出ておしゃれな雰囲気になります。

こちらはアップバングにしつつも、おでこのラインを見せないスタイル。前髪を上げるのに抵抗のある人におすすめです。全体は毛束感のあるツーブロックショートで、ツヤのあるスタイリングが軽快な印象。春から夏まで楽しめそうです。

躍動感のあるアップバングが印象的なこちら。前髪を前に流しながら立てることでラフな動きを出しています。若い印象もありますが、ベースのカットが“やわら刈り上げ”なので清潔感もあり。大人メンズの新しい魅力を引き出してくれそうです。

もう少しビジネスに寄せたい人には、こんなアップバングがおすすめ。モヒカンラインを意識したレイヤーショートで、前髪はゆるやかな七三分けに。フォワードの毛流れを作りながら前髪を上げれば、すっきりしつつもおでこのラインが気になりません。

さらにナチュラルなアップバングを目指すならこちらのヘア。カットの時点で七三分けに設定し、トップの高さを決めることで丸みを帯びた、キレイなシルエットが実現しています。毛束も動かしすぎず自然な流れでセットするのが◎。

ミディアムショートでアップバングにするなら、リバースの毛流れにこだわったこんなスタイルを推奨。全体にゆるやかカールのパーマをかけることで、センター分けでもぺったりせず、程よいボリューム感を演出できます。それでいて爽やかな印象なのもうれしい。

キーワード3:丸みライン

昨年末、大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。誠実を絵に描いたような平匡さんのファッションやヘアスタイルが多くの女性から高評価を得た結果、丸みラインのショートにする男性が急増中なのだとか。束感の出し方やスタイリングの方法で、ユニセックスにも男らしくも見せられるので、これからますます人気が出そう。

セイムレイヤーベースのマッシュショートは、ザクザクした毛束感を出すことで春向けに。つむじから自然にフロントに向かっての毛流れがあるので、自然と小顔に見えます。前髪は額にかかっていますが、眉が見えているので清潔感もばっちり。

こちらはピンパーマでやわらかいカールをつけたショートレイヤー。ボリュームを出したいトップからフロント部分にパーマをかけつつも、あくまで自然な雰囲気に仕上げています。サイドバックも刈り込んでいないので、トライしやすいスタイルといえるでしょう。

やさしさと男らしさの中間を狙いたいなら、フロント部分を長めに設定したこちらのスタイル。前に向かうシャープなラインで男らしさを感じさせつつ、丸みラインとニュアンスパーマでやわらかさをプラスしています。バックは短めなのでスーツスタイルにも合います。

先のスタイルよりさらに前髪を長くしたツーブロックマッシュスタイル。トップからふんわり動く細めの毛束と、眉ラインでゆるやかにカーブする前髪は、しっとりとした大人の色気を感じさせます。ほとんど黒に近いダークブラウンカラーもグッド。

丸みショートをより軽快に見せたいあなたにおすすめなのがこちら。セニングで出したシャープな毛束とブラウンのカラーリングで、軽やかかつ若々しい印象を与えます。サイドバックはツーブロックで、えり足はすっきり。

サイドをがっつり刈り込んで上からかぶせることで、丸みラインと男らしさを両立したスタイル。重心を上にすることができるので顔が丸い人でも再現可能なヘアです。こちらは前髪を上げたスタイリングですが、下ろすとやわらか度がさらにアップします。

続いても男気のある丸みショート。耳からこめかみまでを刈り上げて、トップとメリハリをつけているところがポイントです。トップはパーマで動きと束感をプラス。スタイリングによってワイルドにもマイルドにも転べそう。

耳まわりを刈り上げではなく、耳かけすることですっきり感を出したシンプルショート。ナチュラルな毛流れ、どの方向から見ても美しい丸みラインは、どんな顔タイプの人でもOKの万能ヘアです。つむじからフォワード方向に乾かしてセットするのが◎。

程よいブラウンカラーで爽やかな印象を与えるレイヤーマッシュは、細すぎない毛束が決め手。やんちゃすぎず大人でもトライしやすいスタイルです。耳まわりはツーブロックにすることで重心を上げ、頭の形を良く見せています。

無造作なパーマが男らしい雰囲気のこちら。毛流れはランダムながら、全体のシルエットを丸くすることでワイルドすぎず、きれいめなファッションにも対応可能に。髪のボリュームアップ効果もあり、スタイリングがラクなこともこのヘアの利点。

ページトップへ戻る