もっと近づいてもいい?触れたくなる素材3種のコーデ

素材から男性の色気を連想させる、女性が寄り添いたくなる秋冬素材とリアルトレンドを押さえた着こなしテクニックをご紹介。

もっと近づいてもいい?触れたくなる素材3種のコーデ

思わず寄り添いたくなる秋冬素材とは?

女性がふと寄り添いたくなるアイテムとは、温かそうな見た目やシルエットかつ、実際に手触り抜群の秋冬素材であることが条件です。優しく温かみのあるフリースやなめらかなベロア、さらっとした肌触りのスエードを紹介します。

素材1:冬の代表素材といえばこれ。手軽で暖かなフリース素材

手に入りやすく、洗濯も可能なフリース素材。こうした特徴に加えてリーズナブルなイメージがありますが、デザインやシルエット、着こなし方によって、その軽快さが品のある装いに仕上げてくれることも可能。何といっても暖かそうな見た目から女性の気持ちをぐっと引き寄せることもできる万能な素材なのです。

▼フリース素材の着こなし方とアイテム

アウターとして取り入れるフリース。ボトムスとして取り入れるフリース。温かそうな見た目印象だけでなく、視覚からも女性に寄り添われる、そんなフリースの着こなしをご紹介いたします。

ネイビーのワントーンで構築しつつ、素材感を変えることで遊びをプラス。フリース素材によるボリューム感のあるトップスとシャープな白の『コンバース』とのメリハリも◎ですね。

きれいなシルエットを採用したデザイン性の高いフリースジョガーパンツは、スニーカーとの相性が抜群。アクティブに出掛けるときこそリラックススタイルに。それが逆に大人らしいのです。ソフトな素材だからこそ、寒色でクールに仕上げましょう。

保温力抜群のフリース素材は、程よくボリュームのある質感と、クラシカルな雰囲気をイメージさせるデザイン性の高さが秀逸。スポーツテイストに仕上げることで男らしさを、手触りの良さで優しさを演出しましょう。

素材2:ドレッシーな表情が魅力。大人らしく着るならベロアも考慮して

ベロア素材は、光沢感がありつつもなめらかな肌触りが魅力。また、陽の射し方や照明の当たり方によってさまざまな色調に変化するのも特徴です。高級感があるので、フォーマルなシーンにもマッチします。

▼ベロア素材の着こなし方とアイテム

秋冬定番素材のベロアはリアルトレンドのひとつ。色気を連想させるセットアップや、イタリアントラッドに仕上げるクラシックコーデなど、押さえるべき着こなしを紹介します。

ベロア素材のなかでも、素材感をより味わえるのがブラウン系。シンプルなカットソーですが、高級感が漂います。カーキのパンツや黒のシューズと合わせれば、大人らしいカジュアルコーデの完成!

迷彩柄というカジュアルなデザインも、ベロア素材によって上質感のあるアイテムにアップデート。アクの強いアイテムなので、合わせるインナーやパンツは控えめなデザインのものを選びましょう。白のパンツと合わせれば、クリーンなムードもアシストされます。

ベロア素材のイージーパンツは単品使いだとリアルにリラックス感のある仕上がりになってしまうので、ここはセットアップで決めてしまいましょう。全体的にまとまり感が生まれ、素材の印象からくるリラックス感が大人の色気を演出し、女性の心を射止めます。

素材3:本物もフェイクもおすすめ。今季はスエードにも注目

ベロア素材と似た光沢のある生地ですが、スエードは皮革の表面をサンドペーパーで毛羽立たせた「なめし革」のことを指します。品質の高さに比例して柔らかさが増すのが特徴。原料が皮革であるため、ブラッシングで汚れを落とすひと手間がありますが、クラシックな見た目は優雅で高級感がありとても魅力的です。

▼スエード素材の着こなし方とアイテム

上質な肌触りを誇るスエードは、温かみある肌触りだけでなく、見た目印象も秋冬の季節感もしっかり与えてくれます。愛嬌あるカジュアルコーデから気品あふれるクラシックコーデまで幅広い着こなしをご紹介します。

スムースな質感のスエードレザーを使用したレザーMA-1。ボンディング加工を特徴とした生地の肉厚感をコーディネートする場合は、ジャケット以外はシンプルアイテムを選ぶこと。さらに全体をブラックトーンで仕上げることで大人らしい着こなしの完成です。

テラコッタのウルトラスエードMA-1タイプのブルゾン。上質なスエードの素材感、旬のカラーを押さえたこのスタイリングはこの秋冬に外すことができません。テラコッタはブラックと合わせるとかっちり感が生まれるので、ラフに着こなす場合はデニムとスニーカーで抜け感を演出しましょう。

シンプルなシルエットでいて、襟付きの優等生フブルゾンは、ブラック×ベージュの2カラーできれいめスタイルに仕上げましょう。落ち着いた風合いは、カジュアルながらも品の良さを醸し出してくれる名コンビです。

ページトップへ戻る