おしゃれニスタに聞く。OVER30のリアルファッション論

おしゃれな大人は、どのようにファッション偏差値を高めていったのか。WEARで活躍するおしゃれニスタ2名に、昔と今のファッションや、「WEAR」について聞きました。

おしゃれニスタに聞く。OVER30のリアルファッション論

yuumaさんとケントさんに聞く。ファッションと「WEAR」のこと

+CLAP Menでも数回にわたって取り上げられている、WEARで活躍するおしゃれな大人たち。そもそも、「WEAR」って誰がどんな目的でスタイリング写真をアップしているのか気になったことはないでしょうか?

そんな疑問や、同サイトで行われていることを知るべく、“WEAR事情”に詳しいおしゃれニスタ2名にインタビューを敢行。yuumaさんとケントさんに、ご自身のファッション遍歴と合わせてWEARのこともうかがいました。

yuumaさんのWEARはこちら

■職業/デザイナー
■家族構成/独身
■出没エリア/新宿、渋谷、原宿、町田
■WEARフォロワー/29,736(2017/2/8現在)

ケントさんのWEARはこちら

■年齢/34歳
■職業/帽子職人(デザイナー)
■家族構成/独身
■趣味/映画館での映画鑑賞。映画情報収集(SF、アメコミ、ファンタジー系) 
■出没エリア/代官山、恵比寿、渋谷、表参道
■WEARフォロワー/10,307(2017/2/8現在)

さっそく質問。服に興味を持ちはじめた時期ときっかけは?

■まずは自己紹介がてらにお聞かせください。ファッションに関心を持ちはじめたのはいつごろからでしょうか?

yuumaさん(以下、yuuma)「僕は高校に入学してからですね。それも入学したばかりではなく、高校2、3年生ごろ。バンドやクラブミュージックなど、カルチャーに惹かれて仲間が増えていったことがきっかけでした」


■仲間とファッションというと、どんなつながりがあるのでしょう?

さっそく質問。服に興味を持ちはじめた時期ときっかけは?

yuuma「友達がみんなおしゃれというか、かっこよかったんです。バンドだったら細身のパンツをはいている仲間の真似をしたり、クラブだとルーズなファッションだったり。人の影響を受けやすいんです、本当に(笑)。コロコロ変わっていましたね……」


■模索されていたんですね。ケントさんはいつごろからですか?

ケントさん(以下、ケント)「高校卒業前だったかと。原宿や渋谷に行って、あまり考えずに服を購入していましたね」

yuuma「原宿とか渋谷っていうと、かなりおしゃれじゃないですか!」

ケント「なんていうか“ここで買えば何でもいいでしょ”っていう勢いですね。本当に何も考えていなかった」

さっそく質問。服に興味を持ちはじめた時期ときっかけは? 2枚目の画像

■考えながら服を選ぶようになったきっかけは?

ケント「現在は帽子のデザイナーですが、前職はグラフィックデザインをやっていたんです。キャラクターデザインを担当していたんですが、“服のことを知らずにキャラクターのデザインなんてできない”という気持ちが芽生えまして。気が付けばトータルコーディネートの研修に行ってました(笑)。理論を学ぶことでファッションに対する興味が深まったんです」

誰もが共感。昔と今、服の違いについて

■本格的に学ばれたんですね!

ケント「当時、指導してくださった先生が良かったのか、ファッションを理論的に考えられるようになったんです。だから、自分がどう見せたいかとか、目的のイメージに達するためには何を選んだらいいかとか、こうしたものが明確に見えるようになりました」

yuuma「自分もそんな研修があったと知っていたら、受けたかったな。好きなものを好きなように着てばかりなので」

ケント「多くの人は、yuumaさんのように好きなものを着ているんじゃないかな。それでおしゃれに見えるんだから、まったく問題ないでしょ」

誰もが共感。昔と今、服の違いについて

■好きなものって、やっぱり変わりましたか?

yuuma「もちろんです。高校時代の格好は、一貫性がなかったのでなんとも……。今はシンプルとかベーシックとか、あまり飾らないのが一番かなと」

ケント「僕の場合は、好きなブランドありきで服を選んでますね。落ち着いたものとか、ものづくりの高いレベルが感じられるようなディテールの1枚を選びたい」

かなり気になる。おしゃれな大人が参考にしているもの

■ファッションに興味を持って、参考にしていたものをお聞かせください。

yuuma「廃刊になってしまって、今は販売されていないストリート誌を読みあさっていましたね。当時は友人だけじゃなくて、雑誌の影響が大きかった」

ケント「たしかに、雑誌は定期的に読んでいましたね。今はあまり読まなくなってしまいましたが」

かなり気になる。おしゃれな大人が参考にしているもの

■今は何を参考に?

yuuma「ほぼネットですね。とくにWEARは自分が投稿するだけじゃなくて、ほかの投稿者の方のファッションを参考にさせていただくこともあります」

ケント「僕もネットが多いかな。何かほかのものを参考にするのはもちろん、自分が投稿した写真に対するコメントも勉強になりますね」

投稿者だけが知っている。「WEAR」にまつわる3つの疑問

おしゃれニスタの2名が活躍する「WEAR」という場所について、気になることをリサーチ。誰もが疑問に思う3つのことについて、解説してもらいます。

疑問1

どうやってフォロワーは増えるのか

■おふたりが現在参考にされている「WEAR」についてうかがわせてください。yuumaさんもケントさんもフォロワーの数がかなり多いですが、どのようにフォロワー数を伸ばしているのでしょうか?

ケント「WEARの仕様が昔と今では異なるのですが、誰にでも出来ることとしては背景だったりポーズにはこだわったほうがいいのかなと。何かのきっかけで自分のページに飛んできてくれたのに、同じ雰囲気で同じポーズの写真が並んでいてもテンションは上がらないですよね」

投稿者だけが知っている。「WEAR」にまつわる3つの疑問

yuuma「その点は、ケントさんと僕は同じ考え方ですね。自分も場所を変えて撮ったり、ポーズを変えたりと、意識的に変えています」

ケント「あとは、自分が“いいな”と思ったコーデには、必ずコメントをつけるとか。やっぱり自分からアクションを起こしていくと、フォローしてくださる方も増えるんです」

疑問2

フォロワーってどんな人たち

■ケントさんのお話にあがりましたが、フォロワーについて教えてください。フォロワーになる方は、どんな方が多いのでしょう? お知り合いの方とか?

yuuma「知り合いはほとんどいないですね。もちろん、投稿しはじめたときは知り合いがフォローしてくれましたが、お互い照れくさくなっちゃうんですよね」

投稿者だけが知っている。「WEAR」にまつわる3つの疑問
 2枚目の画像

ケント「WEARのなかで知り合った方だと、純粋にファッションのことで盛り上がれるんですよ。なんというか、やさしい方が多いです……」

yuuma「たしかに。ネットだから誹謗中傷も多いかなと思っていましたが、そういった声はありません。むしろ、コーデに対する高評価の声をいただけるので、くじけずに投稿し続けられるんです」

疑問3

WEARの仲間という存在

■yuumaさんとケントさんは、WEARでつながったとお聞きしました。そういった方は多いのでしょうか?

ケント「WEARの投稿者同士で声をかけあって、飲み会を開催しています。そこでつながった方とは、定期的に会って情報を交換しています」

yuuma「ファッション好きの集まりだから、会話内容も当然服のこと。共通の趣味を持った仲間のような存在ですね」

投稿者だけが知っている。「WEAR」にまつわる3つの疑問
 3枚目の画像

ケント「WEARって、運営側から何かを企画することが少ないんです。だから投稿者同士がイベントを勝手に開催して、内側から盛り上げていくような傾向がありますね」

yuuma「男女も年齢も関係ない。あとは、WEAR歴だって関係ないんです(笑)。だから参加しやすいし、好みが違うようであれば自分でイベントを立ち上げたりするのもアリですよね。だからおもしろくて続けちゃっているのかもしれません」

冬から春はどうなる? おしゃれニスタのファッションをチェック

最後に、yuumaさんとケントさん両名のスナップを見ていきましょう。

冬から春はどうなる? おしゃれニスタのファッションをチェック

yuuma「ストリートシーンに映える、シンプルな服という気分は続きそう。最近は『ナノユニバース』と『モンキータイム』のシルエットやデザインが好みですね。差し色として活用している『ユニクロ』のニットは便利すぎて大人買いしちゃいました(笑)」

冬から春はどうなる? おしゃれニスタのファッションをチェック 2枚目の画像

ケント「お気に入りの『ハバーサック』のジャケットを中心に、ダークトーンで大人らしく仕上げました。革靴もずっと好んで履いているブランド。体型に合うシルエットの服と靴、あとは自分の個性が出せる帽子という着こなしが自分らしくて好きなんです」

ページトップへ戻る