サングラスは特別な時だけでなく、普段使いすべきアイテム。トレンドの要素を備えた都会的サングラスを着こなしに溶け込ませれば、おしゃれ度は確実に数段アップします。その見本として、東京の実例をピックアップ!!!

Photographs_Droptokyo, Text_Masahiko Taira

どうせ選ぶなら最旬のサングラス! 狙い目はメタル、プラスチック、ダブルブリッジ。

ウェアと同様にトレンドが毎年変わるサングラス。多くの最旬キーワードが飛び交うなか、+CLAP Menとして選んで頂きたいのは、ファッション性と機能性を両立しつつ、大人の着こなしにマッチするサングラスです。クールなメタル素材のボストン型、日本人の顔型にフィットするプラスチックフレームのウェリントン型、旬なダ ブルブリッジを取り入れたトレンド系。いずれもトレンド性だけでなく、ヴィンテージ感や大人っぽさも兼ね備えています。甲乙つけ難い人気モデルの詳細は追って解説しますが、どれを選んでも正解。自分の顔型や着こなし、個性や好みにハマるサングラスを見つけ、ファッションアイテムとして普段使いするのがおすすめです。

イマイチ似合っていないし、気取って見える……。 服装やシーンにマッチしていないのが原因かも。

旬なディテールを採用していたり、サングラス単体がスタイリッシュな仕上がりだったりというポイントも非常に重要ですが、それだけでは不充分。スタイリングの一部としてかけこなすことができてこそサングラスの魅力が生き、デイリーユースに活用することも可能となります。東京のファッショニスタがコーディネートとサングラスを調和させて普段使いしている実例は、次のページ以降で詳しく紹介しますが、気負わず無造作にサングラスを使っているところが共通のポイント。自分の雰囲気やコーディネートのテイストなどにフィットするサングラスを探し出し、着こなしになじませながら日常的にかけこなせたら理想的です。

では、最旬サングラスと服装をマッチさせる方法とは? その答えは、東京のファッショニスタが知っていた。

3種の最旬サングラスはいずれも大人の着こなしに欠かせませんが、ファッショナブルに取り入れるとなると注意が必要です。そこで参考にしたいのが、おしゃれ感度の高い都市として世界から注目されている東京で生活するファッショニスタ。次ページからは、大人のファッションにも通じる着こなしと着用モデルの魅力に迫ります。