感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

『アンデルセンアンデルセン』のニットに注目。セレクトショップでは即完売、ネットでも品薄という人気の理由や大人らしい着こなし方について考えてみます。

深澤 正太郎

2019.10.26

アンデルセン アンデルセン(ANDERSEN ANDERSEN)
トップス
ニット・セーター

海洋国家ならではの本格派。『アンデルセンアンデルセン』のニットが人気

『アンデルセンアンデルセン』は、デンマークのアンデルセン夫妻が立ち上げたニットブランド。海洋国家ならではのニット製法に加え、現代の気分にマッチする洗練されたフォルムを特徴としています。

その人気ぶりは、決して安価ではない価格帯でありながらすでに品薄状態の店舗が続出するほど。2009年の創業以来、実直なものづくりを続け、着実にファン層を拡大させているニットの最注目ブランドなのです。

『アンデルセンアンデルセン』が誇るニット、セーラーセーターとは?

デンマークの伝統と技術を現代に伝えるべくしてスタートした『アンデルセンアンデルセン』。その代表作は“セーラーセーター”と呼ばれているニットです。同作はフィッシャーマンセーターとも呼ばれており、北欧の気候にマッチする衣類として、文字通り漁師たちが愛用していました。古き良きニットの見た目やディテールには、大人の男性が求める質の高さが備わっています。

『アンデルセンアンデルセン』のニットが支持される3つの理由

『アンデルセンアンデルセン』は比較的新しいブランドです。それでも国内外を問わず注目されている背景には、3つの理由があります。

▼理由1ディテールへのこだわり

『アンデルセンアンデルセン』のニットには、数々のニットに袖を通してきた大人だからこそ惚れ込むディテールが込められています。まずは、細部に見てとれるデザイナーの意匠に触れていきましょう。

前後どちらでも着られる仕様は、「忙しい漁師達が前後を気にすることなく、気軽に着られるように」という配慮からくるもの。防寒に備えていつでも着用しやすいデザインにするという、心遣いが見てとれます。

南アメリカの厳選されたメリノウールが使われ、特殊な紡績と編み方から生まれたニットは、型崩れがしにくく、毛玉ができにくいという利点があります。着心地のよさを長く楽しみ、愛用できる大人のニットアイテムとして、これほどまでに条件がよいものは多くはないでしょう。一生モノといっても、過言ではありません。

秀逸なのが、袖のディテール。指を通すことができる仕様となっており、フィット感が抜群のアームウォーマーとしても活躍してくれます。もちろん、袖を折り返して着用するのもアリです。

▼理由2洗練された大人の着こなしをアシスト

アイテム1つで着こなしがおしゃれに見える『アンデルセンアンデルセン』のニット。上質な見た目と丁寧な縫製に裏打ちされた耐久性は、大人が手にすべきモノとして申し分ありません。どんなアイテムとも組み合わせられる汎用性の高さも魅力です。

グレーのスリムジーンズに淡いネイビーのスニーカーを合わせた足元。ブラックのセーラーセーターが、モノトーンなコーデを引き締めてくれています。

グレーのニットにロールアップしたデニムパンツを加え、落ち着いたカジュアルコーデに。足元の革靴と『アンデルセンアンデルセン』のニット、それぞれの品の良さが調和する好例です。

やわらかなベージュのニットにスポーティなリブパンツをプラス。『アンデルセンアンデルセン』ニットが持つ上質な要素と、リブパンツの大胆な組み合わせが新鮮。

『アンデルセンアンデルセン』のニットに、『バブアー』のジャケットを合わせてクラシカルな装いに。定番ながらも大人らしい、秋冬の参考となる着こなしです。

ミリタリー色あるカーゴパンツは、『アンデルセンアンデルセン』のニットと合わせると上品な雰囲気に。足元の革靴も相まって、きれいめなルックスを形作っています。

カジュアルなアイテム群にドレッシーな要素を感じさせる『アンデルセンアンデルセン』のホワイトニット。異なるテイストをMIXさせたコーデは、今季実践したい着こなしの1つです。

ボトムス、シューズ、バッグ、そして眼鏡にいたるまでブラックで統一したコーデですが、主役はホワイトのタートルネックニット。1点投入したあえての白が、スタイリングを洗練させています。

『コモリ』のコートと『アンデルセンアンデルセン』のニット、ワイドパンツというトレンド総取りの着こなし。白のタートルネックニットが、モードライクな着こなしをソフトに見せています。

▼理由3大人好みのラインアップ

代表作であるセーラーセーターを中心に、『アンデルセンアンデルセン』には、大人が好むシンプルかつ上品なラインアップが揃っています。

アイテム1セーラーセーター

定番のセーラーセーターは、5ゲージのリブ編みという撚りの細かな製法が特徴。伸縮性があるため、身体の動きを邪魔しないという魅力があります。また、編み目の細やかさが上質なムードをかもし出すのも同ブランドならでは。シンプルな見た目なので、汎用性が高いのも魅力のひとつ。

アイテム2タートルネックニット

上記で紹介したセーラーセーターのタートルネック仕様。厚手ながらも伸縮性があるため、ネック部分にやさしくフィットする着用感が魅力。生地感による品の良さは、テーラードジャケットと好相性。カジュアルなアウターだけでなくフォーマルな印象のアウターにも合わせてみて。

アイテム3ジップカーディガン

『アンデルセンアンデルセン』らしい上質感はそのままに、カーディガンにアレンジしたモデルがこちら。前身頃に施されたハンドウォーマーポケットは同アイテムならでは。厚みがあり温かく、それでいてジッパーで体温の調整を行えるディテールも長所です。

パートナーへの贈り物としてもおすすめ

『アンデルセンアンデルセン』は、女性に喜ばれるブランドでもあります。見た目も品質も、大切な方へのプレゼントとしては最適なので、ほっこりリンクコーデを楽しむのもアリですね。もちろん、ウェアだけでなく小物も充実しているので、ニット帽やストールなど同ブランドで揃えてみるのもおすすめです。

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    汗ばむ季節の相棒に。老舗の機能Tで着心地と清潔感を両取り

    汗ばむ季節の相棒に。老舗の機能Tで着心地と清潔感を両取り

    1年の中で夏はもっとも清潔感を意識したい季節。どんなにおしゃれな格好をしても、汗のニオイやベタつきで周りを幻滅させてしまうケースが少なくないからだ。しかし裏を…

    山崎 サトシ

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK