きれいめアウター×パーカーで作る大人のこなれコーデ

きれいめアウター×パーカーで作る大人のこなれコーデ

“ジャケパー” という略語があるように、テーラードジャケットをパーカーで着崩すテクニックはかなり有効。実はその技、ほかの上品アウターでも簡単に応用できるんです。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.29

きれいめアウター×パーカーの “こなれ感” がおしゃれな印象のカギ

きれいめアウター×パーカーの “こなれ感” がおしゃれな印象のカギ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オフの着こなしは、いかに無造作な抜け感を醸すかが、センスよく見せるポイント。いわゆる “こなれた雰囲気” が重要なんです。NGなのは、抜きすぎてラフに見えること。大人としての品位も大切です。そこで頼りたいのが、上品なアウターで大人の落ち着きを確保しつつ、パーカーで程良く着崩すという好バランスな着こなし。上品すぎずラフすぎない……そんな絶妙な “こなれ感” が簡単に作れるので、活用するしかありません!

パターン1:チェスターコート×パーカー

もっともフォーマル度が高いアウターと言えるチェスターコート。ですが、意外とパーカーと好相性で、首周りにポイントが作れてバランスが整います。黒やグレーが定番カラーですが、今シーズン人気のベージュもおすすめ。いずれも着回しやすく、パーカーの色や素材で表情がアレンジできます。

スタイル1

王道のきれいめな着こなしをパーカーで着崩す

王道のきれいめな着こなしをパーカーで着崩す

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェスターコート、パンツ、シューズをブラックでまとめつつ、ライトグレーのプルオーバーパーカーで一気にカジュアルダウン。モノトーンなら着崩しも簡単です。

スタイル2

リラックスコーデはきちんと感を入れてバランス調整

リラックスコーデはきちんと感を入れてバランス調整

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パーカーにスウェットパンツと、ともすればトレーニングウェアに見えてしまうような服装もきれいめなネイビーのチェスターコートと合わせればご覧のように品良くまとまります。ハットなどの上品なアイテムを足すのも効果的。

スタイル3

ラフさと落ち着きの共存を実現

ラフさと落ち着きの共存を実現

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今シーズンは、ベージュのチェスターコートが人気。そのマイルドなムードを生かすなら、ホワイトのパーカーを合わせるのがイチ押しです。ラフなパンツでも、大人な雰囲気。

スタイル4

ベーシックな着こなしは白パーカーで抜け作り

ベーシックな着こなしは白パーカーで抜け作り

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラウンのコートに黒のパンツといった落ち着いた色味の着こなしには、白のパーカーで抜けを作ってあげるのがおすすめ。重たく見えず、清潔感を運び込んでくれるはず。キャップやスニーカーでストリート感をプラスするのもアリです。

スタイル5

モードな装いをパーカーでハズす

モードな装いをパーカーでハズす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全身をブラックメインでコーデしたモードよりな着こなしは、やりすぎて見えないようにベージュなどの淡い色味のパーカーでバランスを取るのが吉。メリハリも利いて、より一層しゃれた空気を纏えるでしょう。

パターン2:ピーコート×パーカー

もともとはミリタリーが出自のピーコートですが、アイビーやプレッピーの定番アウターでもあります。スウェットパーカーでの着崩しも基本技。ですが、学生っぽく見えないようにボトムス+シューズの組み合わせに工夫が必要です。定番カラーはネイビーですが、モノトーンでクールにまとめるのもおすすめ。

スタイル6

奇をてらわない大人のベーシックスタイル

奇をてらわない大人のベーシックスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーのピーコートは正統派。カレッジプリント入りのパーカーを合わせると、アイビー調の雰囲気が漂います。リジッドジーンズとローファーで、そんなムードを加速。

スタイル7

スポーティな着こなしをクラシカルなピーコートで大人っぽく

スポーティな着こなしをクラシカルなピーコートで大人っぽく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェックのピーコートを軸にした着こなしは、例えば白のスウェットセットアップでカジュアルダウンしてみましょう。クラシカルな空気感にスポーティな要素をミックスさせることで、よりこなれた印象を纏うことができます。

スタイル8

ストリートミックスをピーコートで引き締める

ストリートミックスをピーコートで引き締める

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ゆるめのサイジングのストリートな着こなしも、きちんと感のあるピーコートと合わせれば大人っぽい雰囲気に。きれいめな空気とラフさが融合することでしゃれたイメージが加速するはず。

スタイル9

ブラックコーデにベージュを投入して柔らかい印象に

ブラックコーデにベージュを投入して柔らかい印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーと比べてカジュアルな印象のベージュのピーコート。ほかのアイテムをダークカラーでまとめることで、落ち着きのある大人な着こなしへと仕上げています。

スタイル10

洗練されたセットアップ風コーデにラフさをプラス

洗練されたセットアップ風コーデにラフさをプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パンツをピーコートに合わせてネイビーのものを選べば、パッと見セットアップ風のこなれた印象に。すべてのアイテムを無地でプレーンなデザインで統一すれば、さらに洗練されたイメージが作れます。簡単に真似できるのでおすすめです。

パターン3:トレンチコート×パーカー

オーセンティックなベージュのトレンチコートには、ヘザーグレーのスウェットパーカーを合わせるのが基本。明るさの近い色同士なので、ナチュラルに着こなすことができるはずです。また、トレンチコートはフロントがダブルのため首周りが狭いので、窮屈そうに見えないよう、ボタンを開けるなどの着こなしで調整を。

スタイル11

爽やかさとシックさを色で表現

爽やかさとシックさを色で表現

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベーシックなアイテムで固めながらも、色で遊んだ好例。トレンチやパーカーはブルー系でまとめ、パンツは渋みのあるブラウンをセレクトすれば清潔感と落ち着きの両方が手に入りますよ。

スタイル12

スケートスタイルをトレンチで大人ムードに

スケートスタイルをトレンチで大人ムードに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スケーター風の着こなしにトレンチコートを投入すれば、ご覧の通り大人っぽい雰囲気に。ストリートな空気感が崩れていないのは、トレンチコートもオーバーサイズのものを着用しているから。きちんと感の出やすいアイテムなだけに、サイジングが重要なポイントになります。

スタイル13

ネイビーのワントーンコーデでクリーンな見た目を構築

ネイビーのワントーンコーデでクリーンな見た目を構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンチコート、スウェットパーカー、スラックスをネイビーで統一したワントーンのコーディネート。こなれた着崩しを実行しつつ、色合いでクールにまとめたお手本です。

スタイル14

大人っぽさとスポーティさを高次元で融合

大人っぽさとスポーティさを高次元で融合

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンチコートを、パーカー×スウェットパンツでスポーティに味付けした旬な装い。パーカーのインナーにシャツや、足元にローファーを合わせることで、ラフになりすぎないようバランスよくまとめています。

スタイル15

シックなトレンチはモノトーン合わせでよりシャープに

シックなトレンチはモノトーン合わせでよりシャープに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シックな面持ちのブラックのトレンチコート。全体をモノトーンカラーでまとめ、シャープなシルエットに仕上げることでスマートな着こなしに仕上げています。グレーパーカーの抜け感がちょうどいい塩梅に。

パターン4ステンカラーコート×パーカー

シンプルな仕様のステンカラーコートは、パーカーのフードでアクセントを加えたほうがオフスタイルとしてバランスが整います。ベージュ、ネイビー、モノトーン系といった定番カラーのコートを選べば、パーカーの色で遊んでも子供っぽくは映りません。とは言え、ホワイトを挿す程度のアレンジが大人。

スタイル16

きっちりとラフさを両立してこなれた雰囲気を演出

きっちりとラフさを両立してこなれた雰囲気を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ステンカラーコートを着こなすとき、ついついきれいめ一辺倒になりがちですが、ラフな服装の引き締め役として投入するとこなれて見えます。ご覧のようにパーカーにデニム、スニーカーなどカジュアルなアイテムが軸ですが、途端に落ち着いた空気感が纏えるはず。

スタイル17

レイヤードを駆使して奥行ある着こなしに

レイヤードを駆使して奥行ある着こなしに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビー×グレーというスタンダードな色合いを採用。コート+パーカーを一枚のアウターに見立てた着こなしです。下半身はブラックでまとめて落ち着きをプラス。

スタイル18

男女両ウケが狙えるブラックベースのモノトーンコーデ

男女両ウケが狙えるブラックベースのモノトーンコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全身を、ブラック中心のモノトーンで統一したクールなスタイリング。パーカーがホワイトだとよりシャープですが、杢グレーなのでこなれたムードに。足元の抜け感も絶妙です。

スタイル19

カジュアルな装いに見え隠れする上品さと清潔感

カジュアルな装いに見え隠れする上品さと清潔感

WEAR

WEAR

お気に入り追加

しなやかなハリ感のある上品なステンカラーコートを、パーカー、デニム、スニーカーでとことんカジュアルダウン。インナーにボーダーを挿して、爽やかさを上乗せ。

スタイル20

旬な大人ストリートはダークトーンで作るのが吉

旬な大人ストリートはダークトーンで作るのが吉

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シックなネイビーのステンカラーコートに、グレーパーカーを合わせた大人っぽいスタイリング。重たくならないよう白スニーカーで抜け感も忘れずに。

パターン5:テーラードジャケット×パーカー

テーラードジャケット+スウェットパーカーのセットは 、“ジャケパー” と略されるほどの定番。かさ張らないように薄手のパーカーを選び、スマートにまとめるのがコツです。かっちりとしたセットアップをパーカーで着崩すスタイリングが今季的。春に欠かせない組み合わせですね。

スタイル21

クリーンなネイビージャケットでアクテイブコーデに大人要素を

クリーンなネイビージャケットでアクテイブコーデに大人要素を

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アクティブな着こなしを引き締めてくれるのがテーラードジャケット。キャップなどの小物と色合わせをすれば、まとまりやすいのでお試しを。ネイビーなら爽やかさも盛り込めるので1着持っておいて損はありません。

スタイル22

ワンマイルコーデをジャケットで格上げ

ワンマイルコーデをジャケットで格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パーカーにスウェットパンツを合わせたワンマイルスタイルも、ジャケットを羽織ると無造作感のある装いに。シンプルなアイテムを選ぶのが、大人っぽくまとめる肝です。

スタイル23

ダブルのセットアップスタイルをストリートにアレンジ

ダブルのセットアップスタイルをストリートにアレンジ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

清潔感をアピールしたいなら、こんなネイビーのセットアップはいかがでしょうか? バケットハットやパーカー、スニーカーといったストリートな着こなしもきれいな印象を与えてくれます。

スタイル24

無地コーデでキャッチーな柄ジャケットを引き立たせる

無地コーデでキャッチーな柄ジャケットを引き立たせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白のパーカーに白のパンツのようなミニマルな着こなしには、クレイジーパターンのチェックジャケットのような変化球がおすすめです。柄アイテムながら悪目立ちさせることなく、写真のように難なく取り入れることができるはず。

スタイル25

ハードなレザーテーラードは大人っぽく着こなすのがカギ

ハードなレザーテーラードは大人っぽく着こなすのがカギ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハードな印象のレザーのダブル仕様になったテーラードジャケット。取り入れるのが難しいと思われがちなアイテムですが、レザージャケットと同じ感覚で着れば問題ありません。プレーンなパーカーと落ち着きのあるスラックスでうまくバランスを取りましょう。

パーカーブランド厳選17。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

ウェア・コーデ

パーカーブランド厳選17。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2021.09.13

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

ウェア・コーデ

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

季節問わず着られて、どんなテイストにもハマるパーカーは着回しに最適! ここではきれいめからカジュアルまで、パーカーを使った5タイプのおすすめコーデを紹介します。

山崎 サトシ

2020.10.16

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP