エアマックス95を取り入れるポイントとコーデサンプル

エアマックス95を取り入れるポイントとコーデサンプル

『ナイキ』のエアマックス95を取り入れたコーデのコツを実例とともにご紹介。その魅力や新たなカラーバリエーションも合わせてチェックしましょう。

2022.11.02
SHARE
記事をお気に入り
橋本 裕一

執筆者

橋本 裕一
メンズファッション誌の編集部を経て、フリーランスのエディター・ライターとして独立。現在はメンズのヘア及びファッション誌を中心に、幅広い分野のメディアで活動中。 記事一覧を見る
...続きを読む

爆発的ヒット。社会現象を引き起こしたエアマックス95ならではの魅力

90年代半ばのストリートファッション全盛の時代、ナイキがリリースしたエアマックス95は、それまでの概念を覆す斬新なデザインで一躍注目の的に。発売して半年足らずで、どこへ行っても買うことができないほどの大ヒットを記録。「エアマックス狩り」なる言葉も生まれるなど、社会現象を巻き起こすほどのブームとなりました。

全部知りたい、把握したい。名作ナイキエアマックスの魅力

スニーカー・シューズ

全部知りたい、把握したい。名作ナイキエアマックスの魅力

常にファッション好きの心をくすぐり続ける『ナイキ』エアマックス。歴史をひも解きながら、今の着こなしにフィットするおすすめモデルを紹介します。

橋本 裕一

2017.08.20

爆発的ヒット。社会現象を引き起こしたエアマックス95ならではの魅力

LTD online

LTD online

お気に入り追加

当時最も人気を集めたのがエアマックス95はもとより90年代のスニーカーブームの代名詞といえる通称“イエローグラデ”。スエード素材をはぎ合わせた配色や鮮やかなイエローのアクセント、さらにブラックを採用した重厚なソールなど、当時は何もかもが斬新でした。スニーカーの新しい価値観を生み出した、まさに伝説の1足です。

爆発的ヒット。社会現象を引き起こしたエアマックス95ならではの魅力 2枚目の画像

シューズナッツ

シューズナッツ

お気に入り追加

爆発的ブームから20年以上たった今でも、エアマックス95の人気は絶大です。復刻モデルや新色がリリースされるたびに話題になることからも人気の高さが伺い知れます。当時を思わせる配色や近未来的なカラーリング、そして写真のようなオールブラックなどバリエーションが豊富であることもまたファンを飽きさせない要因なのです。

2022年も履きたい、エアマックス95

2022年も履きたい、エアマックス95

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前述のとおり、昨今のトレンドと非常に相性の良いエアマックス95は、言わずもがな今シーズンの着こなしにぜひ取り入れてほしい1足。とはいえ、TASCLAP世代であってもあくまでノスタルジックな気分に浸ることなく、時代にフィットした着こなしを目指してほしいものです。では、今ならではのエアマックス95の着こなしとは何か、考えてみましょう。

着こなしをもっとおしゃれに。エアマックス95で作る最旬スタイリング

▼ミリタリーMIXスタイルのハズしに有効

メンズスタイルの永遠の定番であるミリタリーMIXスタイル。ミリタリー色あるアイテムにスニーカーを組み合わるテクは、普段のコーデに取り入れやすく、こなれ感がグッと増します。

▼ミリタリーMIXスタイルのハズしに有効

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックを基調としたシックなコーディネートだからこそ、タフなミリタリーコートの存在感がより鮮明なものに! さらに、ボリューミーなエアマックス95も着こなしのアクセントとしてコートに負けないインパクトを放ちます。これぞまさに、理想的なメリハリコーデといえそうですね。

▼ミリタリーMIXスタイルのハズしに有効 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

男らしさ満点なフライトジャケットを主役として抜擢。それでいて野暮ったさを感じさせないのは、洒脱な色使いのおかげです。ニット&スニーカーをやさしげなピンクで同調させることで、MA-1の持つ武骨さを見事に緩和しています。こんな都会的なミリタリースタイルなら、好印象を狙えること間違いなし!

▼ミリタリーMIXスタイルのハズしに有効 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ビッグシルエットな迷彩アウターには、同じく量感のあるエアマックス95がグッドバランス。キャラ強めなカモフラージュ柄がうるさく見えないよう、スニーカー含め他アイテムをモノトーンで揃えているのもカギです。また、細身のパンツを選ぶことで大人っぽさを担保しているのも心にくいポイント。

▼クラシック回帰がカギ。90年代コーデが新鮮

エアマックス95の時代背景を逆手に取り、90年代コーデを現代風に解釈したネオクラシックが逆に今新鮮です。「スポーツ×アウトドア」「古着MIX」「アメカジMIX」といった、かつてのストリートシーンを席巻してきた人気のスタイルは、TASCLAP世代にとって懐かしくも新しい着こなしのキーワードといえるでしょう。

▼クラシック回帰がカギ。90年代コーデが新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モコモコなフリースでアウトドア感を描き出しつつ、スウェット&エアマックス95でスポーティなテイストも落とし込んだ着こなし。ゆるっとリラクシングなサイズ感も相まって'90sらしさ満点です。ただし、落ち着いたカラーリングによってちゃんと大人感にも訴求しています。

▼クラシック回帰がカギ。90年代コーデが新鮮 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ぶかっと肩の落ちたデニムジャケットは、90年代のアメカジを想起させるアイテム。足元にピックしたエアマックス95が当時の空気感をさらに盛り上げてくれます。エアマックス95といえば派手なカラバリも多数ありますが、こちらの着こなしでは無彩色ベースのミニマルな配色のものをチョイス。それにより、当時っぽさを残しながらスマートさもほんのりと落とし込んでいます。

▼クラシック回帰がカギ。90年代コーデが新鮮 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネオンカラーの古着T をメインアイテムに据えて、'90sレトロなストリートスタイルをメイク。エアマックス95でその色をさりげなく拾っているのも技アリで、着こなしの一体感を巧みにアップさせています。スニーカーのボリュームが一層際立つよう、ボトムスの裾は軽くロールアップ。

▼トレンドのスモーキーカラーを取り入れる

秋冬からスモーキーカラーが注目を浴びています。グレーやブラック、カーキといった定番カラーを、素材や質感による表情で落ち着いた雰囲気に演出してくれます。ダークカラーで統一したり、明るめなカラーのエアマックス95との対比を楽しんだりと、クオリティの高いコーデに挑戦してみては。

▼トレンドのスモーキーカラーを取り入れる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モノクロカラーを基盤にしたアーバンなコーデながら、スモーキーなグレーからクールなブラックまで幅広く取り入れており単調さとは無縁。ワントーンでもしっかりとリズムが出せるという好例です。ニットを肩がけしたり、ソックスに裾をインしたりと、各所のニュアンス付けもハイセンス。

▼トレンドのスモーキーカラーを取り入れる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スモーキーカラーの代表格であるカーキを纏ったダウンジャケットをバサっと羽織ったスタイリング。その足元にはあえて明るい配色のエアマックス95を持ってきて、全体をうまくトーンアップしています。また、ジョガーパンツの裾からチラッと肌見せしているのも印象的で、これにより軽快さが格段に向上!

▼トレンドのスモーキーカラーを取り入れる 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スウェットとエアマックス95をスモーキーなグレーでリンクさせ、秋冬らしさたっぷりに! スニーカーはポイント的にブルーが入っているため、絶妙なスタイルアクセントとしても機能しています。さらに、ほっこりとしたコーデュロイパンツも季節感をアシスト。

定番色から新色まで。エアマックス95の指名買いリスト

アイテム1

エアマックス95

エアマックス95

LOWTEX ビッグ・スモール店

LOWTEX ビッグ・スモール店

お気に入り追加

エアマックス95を語るうえで外すことができない伝説のモデルが、こちらのネオンイエロー×ブラック。社会現象となった当時を知る世代にとって、今こそゲットすべき1足といえるでしょう。きれいめなアメカジやジャケットコーデのハズしに取り入れると今っぽい着こなしに。懐かしさと新鮮さが大人の装いに彩りを添えてくれます。

アイテム2

エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト)

エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代初頭をインスパイアした8代目モデル。メッシュのアッパーとスエードレザーのコンビ、軽量なクッショニングというエアマックスのアイコンを継承しつつ、スマートなデザインに刷新。よりタウンユースに溶け込むデザイン性に着地させました。ホワイトを基調にしたグラデーションはきれいめにもカジュアルにも合わせやすい1足です。

アイテム3

エアマックス95 エッセンシャル(ブラック)

エアマックス95 エッセンシャル(ブラック)

Sneeze

Sneeze

お気に入り追加

1995年当時は存在しなかったカラーが採用されるエッセンシャルシリーズの中でも、特に汎用性が高いのがこのブラック。どんな着こなしにも馴染む定番色ゆえに、ストリートなコーデはもちろん、きれいめな装いに合わせても違和感なくマッチします。多少汚れても目立ちにくいという点もブラックならではの強みといえるでしょう。

アイテム4

エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト/グリーンアップル/ツアーイエロー/ブラック)

エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト/グリーンアップル/ツアーイエロー/ブラック)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも同じくエッセンシャルシリーズから。クリーンなホワイトアッパーを、色鮮やかな2色のラインが横断しています。アイキャッチ効果の高いルックスなので、コーデのスパイスとして絶大な効果を発揮してくれそうです。シンプルスタイルに1点投入したり、サイドラインでウェアの色を拾ったりと、いろいろなやり方で楽しんでみましょう。

アイテム5

エアマックス95 エッセンシャル(グレー/チームレッド)

エアマックス95 エッセンシャル(グレー/チームレッド)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モノトーンをベースとした都会派なカラーリングながら、アッパー中央やヒール、エアユニットなど各所にレッドを配色することで緩急のある風貌に。ソール部分がホワイトとなっているため、重々しさを感じることもありません。スポーティな着こなしに合わせるのが王道ですが、モードスタイルのハズしとして取り入れるのも面白そうですね。

アイテム6

エアマックス95 SE

エアマックス95 SE

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーティ感強めな配色が目を引く今作は、ヒール部分に風車と95を融合したオリジナルグラフィックが入るスペシャルエディション。さらに、リサイクル素材を重量の20%以上使用するなど、エコ志向なモデルでもあります。サステナブルなアイテムが求められる昨今にぴったりな1足といえるでしょう。

アイテム7

エアマックス95 PRM

エアマックス95 PRM

シューズナッツ

シューズナッツ

お気に入り追加

エアマックス95を現代的にブラッシュアップしたプレミアムなモデル。そのデザインは立身出世を象徴する鯉から着想を得ており、ヒールやソールにはウロコをイメージしたグラフィックを配しています。さらに、中敷きにも鯉をモチーフとしたアートワークをオン。周囲との差別化を狙えること請け合いの逸品です。

アイテム8

『ナイキ』×『キム・ジョーンズ』エアマックス95

『ナイキ』×『キム・ジョーンズ』エアマックス95

Tens clothing

Tens clothing

お気に入り追加

著名デザイナーのキム・ジョーンズ氏とのジョイントワーク。サイドパネルにはレーザーカットによる通気穴がモールス信号のようにあしらわれており、インラインにはない独特なスタイルを演出しています。さらに、ヒールに入った『キム・ジョーンズ』のブランドネームや、グラフィカルに彩られたラバーソールも印象的なディテール。この存在感はまさに主役級です!

この記事の掲載アイテム一覧(全8商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ナイキ』エアマックス95
    『ナイキ』 エアマックス95
  • 『ナイキ』エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト)
    『ナイキ』 エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト)
  • 『ナイキ』エアマックス95 エッセンシャル(ブラック)
    『ナイキ』 エアマックス95 エッセンシャル(ブラック)
  • 『ナイキ』エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト/グリーンアップル/ツアーイエロー/ブラック)
    『ナイキ』 エアマックス95 エッセンシャル(ホワイト/グリーンアップル/ツアーイエロー/ブラック)
  • 『ナイキ』エアマックス95 エッセンシャル(グレー/チームレッド)
    『ナイキ』 エアマックス95 エッセンシャル(グレー/チームレッド)
  • 『ナイキ』エアマックス95 SE
    『ナイキ』 エアマックス95 SE
  • 『ナイキ』エアマックス95 PRM
    『ナイキ』 エアマックス95 PRM
  • 『ナイキ』×『キム・ジョーンズ』エアマックス95
    『ナイキ』×『キム・ジョーンズ』 エアマックス95

掲載アイテムをもっと見る(-4商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP