インナーダウンはアウトドアブランドで。選ぶ理由とおすすめ8選

インナーダウンはアウトドアブランドで。選ぶ理由とおすすめ8選

秋冬にマストハブなインナーダウンは、アウトドアブランドから狙うのが正解。その理由とともに、インナーダウンの指名買いリストを発表します。

平 格彦

2018.10.19

アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

3つのポイントから読み解く、インナーダウンをアウトドアブランドから選ぶ理由

3つのポイントから読み解く、インナーダウンをアウトドアブランドから選ぶ理由

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

インナーダウンとは文字どおり、アウターの中に着用して保温性を補完するダウン入りトップスのこと。インナーとして着用できるよう、中綿を薄めにしているのが最大の特徴です。薄めとはいえ保温力が高いので、日本の秋冬の気候であれば幅広く活用できます。

なかでもおすすめしたいのが、アウトドアブランドのインナーダウン。その理由は、インナーダウンを選ぶ3つのポイントに隠されています。そこで、まずはインナーダウンを選ぶポイントについて説明しましょう。

ポイント1高品質なダウンは、アウトドアブランドの専売特許

ダウンの品質はあまり認識されていませんが、実は大きな差があります。写真のとおり、同じダウンでも、1オンス (28.4g) 当たりの羽毛の体積を示す単位であるフィルパワー (以下、FP) が異なると、こんなにもボリュームが異なります。

高品質なダウンは、アウトドアブランドの専売特許

FLAG ON CREWFLAG ON CREW

お気に入り追加

FPの数値が大きいほど、たっぷりと空気を含むことができ、それだけ保温性が高いということになります。また、同じ厚みならFPが高いほど軽量。本格派アウトドアブランドのダウンが軽くて暖かい理由はここにあります。

ポイント2潔さが好印象。控えめのデザインはアウトドアブランドが選びやすい

タウンユースで用いるのなら着回し力の高いシンプルでシックなデザインがおすすめ。基本的には無地で、落ち着きのあるカラーならどんなコーディネートにも組み込むことができます。

潔さが好印象。控えめのデザインはアウトドアブランドが選びやすい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアブランドなら、無地の中にもちょっとしたポイントとなるロゴやタグがあるのでさりげなくおしゃれを演出できます。デザイン重視というよりも、品質に重きを置くアウトドアブランドだからこそ潔く大人らしいデザインの逸品が揃います。

ポイント3アウトドアブランドならば、使い勝手抜群のノーカラー仕様が豊富

インナーとして着用できるダウントップスは、バリエーションが多彩。たとえば、襟付きのシャツタイプだと襟を表に出してアクセントにできるという利点があります。

アウトドアブランドならば、使い勝手抜群のノーカラー仕様が豊富

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

しかし使い勝手を考慮するなら、イチオシはノーカラー仕様。首元が窮屈に見えることもなく、上に重ねるヘビーアウターの首周りに干渉しないため、スタイリングのバリエーション面でもおすすめです。機能はもちろん見た目も、それらすべてを網羅しているのがアウトドアブランドのインナーダウンです。

3つのポイントを備える、秋冬に選びたいアウトドアブランドのインナーダウン

軽さと暖かさを両立する品質の高さ、シンプルなデザイン、ノーカラー仕様という条件を備えるインナーダウン8モデルをピックアップ。半袖やベストタイプも含めたので、使用するシーンをイメージして使い勝手のいい1着を選んでください。

アイテム1『ナンガ』ダウンベスト

『ナンガ』ダウンベスト

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

国内生産を貫く、滋賀の老舗羽毛商品メーカー『ナンガ』がおくるダウンベストは、760FPの最高級ヨーロピアンダックを使用した本格派アウトドア仕様。抜群の保温性と撥水性に加え、職人の手作業による丁寧な縫製も見事な逸品です。

アイテム2『ナンガ』×『アーバンリサーチ id』インナーダウン ショートスリーブ

『ナンガ』×『アーバンリサーチ id』インナーダウン ショートスリーブ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ナンガ』の縫製技術を駆使し、驚異的な軽量化とコンパクト化を実現したコラボアイテム。『アーバンリサーチ id』の別注により、アクティブでありながらシティライクなムードも漂う1枚に仕上がりました。ウエストのドローコードはもちろん、ポケットなどの収納力も兼備。

アイテム3『モンベル』クルーネック インナーダウン

『モンベル』クルーネック インナーダウン

超高品質な800FPのEXダウンを使用した同アイテムは、ダウンジャケットの雄『モンベル』から。インナー使いに最適な薄さでありながら高度な保温性を維持できるのは、『モンベル』ならではの縫製や素材選びがあってこそ。よりレイヤードしやすい半袖タイプもラインアップ。

合わせて読みたい:
インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

アイテム4『マーモット』メトロダウンシャツ

『マーモット』メトロダウンシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

本格派アウトドアブランド『マーモット』から、シンプルかつ上品なインナーダウンが登場。高い保温性を誇る700FPの高品質ダウン素材を採用し、表地には耐久撥水加工を施してアウターとしての機能性も高めました。見た目も機能も両立した、大人顔の1着です。

アイテム5『ザ・ノース・フェイス』サンダー ラウンドネックジャケット

『ザ・ノース・フェイス』サンダー ラウンドネックジャケット

スポーツマリオスポーツマリオ

お気に入り追加

『ザ・ノース・フェイス』はダウンと化繊綿をMIXした軽量ハイブリッドダウンを使用。ダウンと化繊綿のいいとこ取りをした高い機能性が魅力です。アウター・インナー兼用のジャケットなので、インナー使いをメインにしたいときは少し小さめのサイズがおすすめ。

アイテム6『スノーピーク』コンシールダウンベスト

『スノーピーク』コンシールダウンベスト

OVER30の男性にふさわしい品質とルックスの宝庫としてプッシュしたいのが『スノーピーク』。コンシールファスナーを採用した同ブランドのダウンベストは、プルオーバーのようなすっきりとしたシルエットが魅力。縦ブロックのスタイリッシュなルックスや、アウトドアを意識したギミックは『スノーピーク』ならでは。

合わせて読みたい:
キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

アイテム7『デサント オルテライン』ヒートサーキュレーションストラクチャー ダウンシャツ

『デサント オルテライン』ヒートサーキュレーションストラクチャー ダウンシャツ

WOODY COMPANYWOODY COMPANY

お気に入り追加

寝袋の構造をヒントに開発された保温性、着用快適性を兼ね備えた軽量ダウンシャツ。キルティング部分や裏地など、随所に熱を逃さない工夫を凝らしながらシンプルなデザインに仕上がっているのはさすがのひと言。高い保温性を生かしてアウターとして着用しても重宝します。

アイテム8『ロッキー マウンテン フェザーベッド』インナーダウン シックスマンスベスト

『ロッキー マウンテン フェザーベッド』インナーダウン シックスマンスベスト

ダウンベストでお馴染みの『ロッキー マウンテン フェザーベッド』から、インナー用の薄手のダウンベストが登場。珍しい縦キルトのデザインは、キルト内でずり落ちない最高品質のダウンを使用しているからこそ可能な芸当。ダウンパックを使用せず、格別な暖かさを実現しました。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    シエラデザインズの十八番にメロメロ。いま欲しいのは、本格派マウンテンパーカー

    シエラデザインズの十八番にメロメロ。いま欲しいのは、本格派マウンテンパーカー

    マウンテンパーカーが注目されていますが、忘れてはいけないのが『シエラデザインズ』のそれ。機能的ながら無駄のないデザインの逸品は、大人の秋コーデに必須です。

    TASCLAP編集部

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK