モックネックのスウェットなら簡単に今っぽくまとまる

モックネックのスウェットなら簡単に今っぽくまとまる

今日的にアップデートされたアイテムは、スタイリングを新鮮に見せる。今季でいえば、モックネックのスウェット。ここではそのアイテム選びと着こなしを検証してみたい。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.02.13

モックネックスウェットとは

モックネックスウェットとは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットシャツは、もともとスポーツ選手が競技前後に身に着けるアイテム。表地にスウェット、裏地にパイル地を重ね合わせた二重構造のため肉厚で、伸縮性や吸汗性に優れているのが特徴だ。また、ネック周りを見ると、スタンダードなのは、三角リブで適度な余裕を演出したクルーネック。それをモックネックに変更したことで、オーセンティックなアイテムをモダンに仕上げている。クルーネックより、保温性が高い点もうれしい。ちなみに、モックとは「見せかけ」、「まがいもの」を指している。ここで紹介するモックネックスウェットは、これまた人気のタートルネックの「見せかけ」といえる。

モックネックスウェットの魅力1:品よくキマるネック部分

モックネックスウェットの魅力1:品よくキマるネック部分

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

動きやすさやリラックス感への傾倒から、ネック周りを圧迫しないクルーネックがスウェットシャツの主流だった。ただ、それをおしゃれとして身に着けるにはややルーズな印象が否めない。しかし、モックネックにすることでその不安も解消。カジュアルでありながらエレガントな雰囲気と、抜群の保温性を取り入れることができる。

モックネックスウェットの魅力2:今季多くのブランドから展開されている

スウェットシャツ自体は昔から馴染み深く、昨今のスポーツミックスの流れもあり注目度は高まっていた。そこへ拍車をかけたのがモックネックタイプのアイテム。各ショップやブランドから率先してリリースされ、往年の名作を別注でモディファイしたアイテムも散見される。趣向を凝らしたバリエーション豊富なアイテムが、巷をにぎわせている。

アイテム1

『スティーブン・アラン』TCモックネック スウェット ボールド

『スティーブン・アラン』TCモックネック スウェット ボールド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン×ポリエステルから構成される、オリジナルの裏毛スウェット生地を使用。やや薄手ゆえに着心地は軽く、春先のトップスとしておあつらえ向き。また、身幅&袖幅をゆったりさせつつも着丈は短めというバランスの取れたシルエットも特徴的で、1枚で潔く着てもこなれた感じに仕上がる。

アイテム2

『ナノ・ユニバース』モックネック ラグランスウェット

『ナノ・ユニバース』モックネック ラグランスウェット

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

ラグランスリーブやフロントのVガゼットなど、ミリタリーディテールを落とし込んだ男前なデザイン。ただし、高めのモックネックやリラックスフィットにより今の要素も巧みに落とし込んでいる。さらに、ふんわりとした裏毛生地により心地良い着用感も堪能できる。

アイテム3

『ユナイテッドトウキョウ』スウェットモックネック

『ユナイテッドトウキョウ』スウェットモックネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

圧倒的な完成度と良心価格の両立を指針とする「OnEシリーズ」の1つ。コットン100%のスウェット生地はシルエット加工でフィニッシュされており、ほんのりとした光沢を有している。スラックスを始めとした上品なパンツとも高い親和性を発揮する1着ゆえ、きれいめ派にもおすすめしたい。

アイテム4

『アメリカンラグシー』ガーメントダイモックネックスウェット

『アメリカンラグシー』ガーメントダイモックネックスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘビーウエイトなスウェットボディは製品染めで仕上げられており、最初から着慣れた古着のようなコクを味わえる。レイヤードしやすさを考慮し、あえて裾と袖口にリブを配していないのもこだわりポイントだ。同系色であしらわれた胸元の刺繍がさりげないアイキャッチに。

アイテム5

『エディフィス』ウルティマ モックネックスウェット

『エディフィス』ウルティマ モックネックスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クルーネックに近い高さを抑えたネックデザイン。主張しすぎないルックスゆえに、モックネック入門編としてぴったりだ。ソフトかつ微光沢な上質感ある生地も印象的で、クリーンな色合いも相まって大人っぽいコーデにも難なく落とし込める。なお、シルエットはややゆったりめの設定。

アイテム6

『チャオパニック』モックネックスウェット

『チャオパニック』モックネックスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーバーサイズながら、ネック&裾のドローコードでシルエットを微調整可能。その日のスタイルに合わせて、自分好みのニュアンスで着こなしたい。そして、フロントに配置されたカンガルーポケットがスポーティーなアクセントに。

アイテム7

『ジュンレッド』ソフトスウェットモックネック

『ジュンレッド』ソフトスウェットモックネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今春夏のトレンドであるスモーキーカラーを纏ったモデル。肩幅・身幅をゆったり取ったルーズなシルエットも今っぽさをブーストする。しかも、脇部分に縫い目を利用したシームポケットをあしらうなど、ミニマルな見た目ながら実用性にもしっかりと訴求。まさしく才色兼備な仕上がりだ。

アイテム8

『ランバンオンブルー』ライン入り モックネックスウェット

『ランバンオンブルー』ライン入り モックネックスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックな無地ネイビーのスウェットを、鮮やかなライン入りのリブでメリハリ良く仕上げた1着。単体でたマになるアイテムだが、インナーとしても挿し色として躍動してくれる。バッグやシューズといった小物類で、ラインのオレンジを拾って着こなすのも◎。

アイテム9

『リルーム』3Dロゴモックネックビッグトレーナー

『リルーム』3Dロゴモックネックビッグトレーナー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガシッと地厚なコットンポリ素材のスウェットを用いているので型崩れに強く、ヘビロテ要員としてうってつけ。裏面がふわっと起毛しており、丈夫なだけじゃなく肌触りも実にコンフォート。加えて、高めのモックネックとボックスロゴを組み合わせた存在感あるデザインも持ち味で、マンネリ化しがちな春コーデに個性を描き出してくれる。

アイテム10

『カンゴール』ビッグロゴモックネックプルオーバー

『カンゴール』ビッグロゴモックネックプルオーバー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

胸元&左袖に刺繍が入るのみならず、背面上部にもロゴプリントが! つまり、バックスタイルでも隙なく洒落感をアピールできるというワケだ。生地には吸水性&保温性に長ける綿100%の裏毛スウェットをチョイスしていて、素肌にそのまま着ても気持ちイイ。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる

コーディネートの幅が広がる分、冬のおしゃれはとりわけ楽しい。しかし、「それが億劫だ」なんて人も当然いることだろう。だからこそ、サラッと気軽に羽織れるスウェットは実に頼もしい存在。しかもモックネックタイプは、そのストロングポイントを存分に生かしつつ、今っぽさを漂わせることも可能。一枚でもしっかり完結できるところが、強みなのだ。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

清々しいブルーのスウェットは胸ポケ付きのユニークなタイプ。そこへウインドウペンをあしらった上品なスラックスを合わせた点が技アリ。そのギャップがおしゃれの肝に。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネック周りにボリュームをもたせた分、シンプルなデザインながらインナーのスウェットシャツの存在感は絶大。定番のジーンズやスニーカーと合わせてもより新鮮に見える。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

足元に鮮烈な挿し色を効かせた、トリコロール風のカラーパレットが新しい。ネイビーのメルトンジャケットや美脚パンツにより、カジュアルな印象を中和させたところもお見事。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ライダースはウール地で、ジーンズはやや細身の濃紺をチョイス。さらにスウェットはクリーンな白を選択するなど、ラフなアイテムを選びで品よく見せた手腕に脱帽。

モックネックスウェットの魅力3:簡単に今っぽくまとまる 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポケット付きのスウェットにカーゴパンツ、そして足元はスニーカーと、アクティブなスタイリングながら都会的に見えるのはシャープなシルエットのたまもの。柄のスパイスも◎。

モックネックを着こなすために。意識したい今季的なコーデ術

ウェア・コーデ

モックネックを着こなすために。意識したい今季的なコーデ術

絶妙な品の良さとレトロなムードが今シーズンの気分にマッチするモックネック。特徴を解説しながら、取り入れやすいコーディネート実例を紹介していきます。

平 格彦

2020.11.26

スウェット迷子なら押さえたい、人気13ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気13ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2019.10.01

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事