恋がうまくいっていないなら……虫の恋愛戦略に学べ!?

虫の恋愛テク、実はスゴイんです。社会通念や人間関係に縛られうまく恋愛できなくなっているヒトにとって、虫たちの恋愛戦略は斬新かつ、参考になることがいっぱい!

村上 朋子

村上 朋子

SHARE
記事をお気に入り
2016.01.04

虫マニアも、虫ギライも、ときには虫の「本能」に目を向けて

虫が好きな人も、苦手な人も、その多くは虫の外見が理由のはず。「うわー、かっこいい」と目を輝かせる人もいれば、「ちょっと……」と、受け入れられない人もいるでしょう。でも虫たちの心、つまり本能を知ると、少しは見方が変わるかもしれません。

虫たちは恋するために生きている

虫たちは恋するために生きている

虫たちは生涯をかけて恋をする……というとロマンチックですが、生物にとって子孫を残すのは至極当然の使命。そのために相手を見つけ、交尾にこぎつけ、そして受精を完遂します。これができなければ生まれてきた意味がないのだから、超必死! 進化のなかで、あの手この手の恋愛戦略を洗練させてきたのです。

人間の恋愛も、虫と変わらない!?

人間の恋愛も、虫と変わらない!?

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

人間だって、生物。となると、やはりその恋愛の根底には”本能”があります。自分も体験し、また周囲では常に起きている恋愛沙汰。人間特有の複雑な関係性のなかで起きているようでいて、実は男も女もやっていることは虫たちと大して変わらない。そんなことを教えてくれる本が、いま話題を呼んでいます。/イラスト_谷口菜津子

反面教師になる虫、参考になる虫

反面教師になる虫、参考になる虫

同書では虫の生態と恋愛戦略をユニークな語り口で解説。「あ~、こんなダメ男、俺の周りにもいる~」「前に友人が振り回されたのも、この昆虫のメスみたいな女だった」と頷くことしきり。いい反面教師になります。一方、「この戦略は使える!」と膝を打つものもあり。ヘタな恋愛本より参考になるかも!?

求愛コミュ力の高いオスがモテる

求愛コミュ力の高いオスがモテる

真似したいのが、オオツノコクヌストモドキのオス。モテの決め手となるのは、ボディタッチを含むコミュ力の高さ。体が大きくて力の強いオスよりも、息を吐くように女性を褒め、い~い気分にさせるオスがモテるうえに、優秀な子孫を残せることがわかっています。ただしイケメンに限る、ではないのです。/イラスト_谷口菜津子

独占欲を露わにするオスは怖い

独占欲を露わにするオスは怖い

女性としてゾッとするのは、独占欲の塊であるトンボのオス。つがいのトンボが連結して飛ぶ姿は秋の風物詩ですが、あれはほかのオスに横取りされないための戦略です。横取りされると、交尾後の精子がそのオスによって掻き出されることになるので、気持ちはわからなくもないですが……強すぎる束縛はNO!

一途で、ひたむきなメスに惹かれる

一途で、ひたむきなメスに惹かれる

女性を見る目がなく、いつも恋愛で痛い目にあっている男性は、虫のメスの生態を観察してみましょう。たとえば、嫌われもののゴキブリ。通常、メスから求愛する虫は複数のオスと交尾する例が多いのですが、ゴキブリのメスは自分から求愛しながらその相手は生涯でただ一匹だけ。一途で健気な乙女なのです。/イラスト_谷口菜津子

恋のためなら手段を選ばないメス

恋のためなら手段を選ばないメス

一方で、近づかないほうがいい危険な女子もいます。かつては日本中の田んぼにタガメがいました。このオスは、メスが産卵した卵を孵化まで守りとおすイクメンです。そんなオスを狙うのが、まだ産卵の済んでいないメス。オスが大事にしている卵を破壊して、無理やり自分と交尾させるのです。こ、怖い……。/イラスト_谷口菜津子

著者は虫を愛する現役女子大生!

著者は虫を愛する現役女子大生!

虫と人間の恋愛それぞれにユニークな観察眼を発揮する著者の篠原かをりさんは、現役の慶応義塾大学生。クイズ・クイーンとしての顔も持ち、テレビ番組『アウト×デラックス』に出演したことも。虫愛が高じて、昆虫食も提案します。本書には、魅惑のコオロギパフェをはじめとする虫レシピも収録。/イラスト_谷口菜津子

村上 朋子
村上 朋子
フリーライター&編集。複数の出版社での男性向けモノ情報誌、書籍などの編集業務を経て、独立。現在は書籍、雑誌、webなど各種媒体で、女性目線の記事を発信中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事