今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの13着

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの13着

フリースジャケットが頼りになる季節到来。ダウンと肩を並べる冬の主役は、選択肢が増えた現在、群雄割拠の状態に。選びの要点を押さえつつおすすめ品を披露しましょう。

2021.10.29
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

今や冬の代名詞となったフリースジャケット。……って、そもそもフリースって何?

今や冬の代名詞となったフリースジャケット。……って、そもそもフリースって何?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンと双璧を成す冬の定番アウターとしてのポジションを、確たるものにした感のあるフリースジャケット。双方ともアウトドアが出自ゆえ、ブームが追い風になっているのは明白です。ですが、今ではハイブランドさえもが本腰を入れてフリースを手がけており、おしゃれ着としてのステータスもかつてないほど高いものに。ゆえに、この冬も主役を任せることになるに違いありせん。ということで本記事では、そもそもフリースとは何かという基本の「き」をおさらいしつつ、失敗しないフリース選びのポイントを見ていくことにしましょう。

今や冬の代名詞となったフリースジャケット。……って、そもそもフリースって何? 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリース自体の誕生したのは、1970年代のこと。その生みの親は皆さんもよくご存じの『パタゴニア』で、同社がウールセーターの弱点を解消した防寒ウェアを追い求め、繊維メーカーのモルデンミルズ社(現在のポーラーテック社)と共同開発したポリエステル製パイル素材が始まりでした。高保温力が期待できるウールは当時のアウトドアシーンで重宝されていましたが、濡れると重くなって保温力も低下。乾きにくく、洗濯にも手間がかかるといった短所が目立ちました。そんなウールと同等の保温性を発揮し、なおかつ軽量で乾きやすくてイージーケアな奇跡の素材として開発されたのが、当時“シンチラ”と呼ばれたパイル素材だったのです。これがジャケットに採用されるようになり、90年代のアウトドアMIX全盛時代に街着としてのポジションを獲得。ファッションブランドにおいても定番の仲間入りを果たし、現在にいたるというわけです。

全部同じじゃないんです。フリースを選ぶ際に注目したい3つのポイント

フリースを選ぶうえで留意したいポイントは、3点。一口にフリースといっても素材感や厚みに違いがあり、プラスαの機能にもいくつかの選択肢があります。

ポイント1

インに使うか、アウトに使うか。用途に合わせて選ぶ「厚さ」と「サイジング」

インに使うか、アウトに使うか。用途に合わせて選ぶ「厚さ」と「サイジング」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリースにはアウターとして仕立てられたものに加え、ミッドレイヤーとしてインナー使いすることを想定されたものが存在します。前者は当然ながら生地が厚手で、シルエットはゆとりを持たせたものが主流。この冬であればトレンドに則り、オーバーサイジングで着られるアイテムが狙い目といえます。一方でそんな流れに反するように、後者は生地も薄手でジャストサイズ。シルエットは多種多様ですが、インナー使いのしやすさも念頭に置くのならやはり細身のモノの方が中に仕込んだときのもたつきに悩まされません。

ポイント2

「毛足」の長さで印象激変。古着好きの大人なら、迷わず毛足短め

「毛足」の長さで印象激変。古着好きの大人なら、迷わず毛足短め

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「毛足」の長さで印象激変。古着好きの大人なら、迷わず毛足短め 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

これは生地の厚さにも影響することですが、フリースは毛足の長さもいろいろ。大別すると毛足の長いボアフリースと、短めのマイクロフリースに分けられますが、前者がふわもこ感強めゆえ、温かみがあってどこか愛嬌のある佇まいに。対して、後者は短毛ゆえの古着然としたレトロ感が魅力。大人っぽい印象に持っていきやすい素材感でもあります。

ポイント3

防風、ストレッチ、リバーシブル……。群雄割拠の現在ゆえに「付加価値」も検討

防風、ストレッチ、リバーシブル……。群雄割拠の現在ゆえに「付加価値」も検討

WEAR

WEAR

お気に入り追加

レッドオーシャン化して競争原理が働いたことと、日進月歩で進化を遂げる素材開発の技術が功を奏し、フリース自体の高機能化も進んでいます。ストレッチ性や防水性といった付加価値を享受できるフリースも珍しくなく、ものによっては風を通しやすいというフリースの弱点を「ゴアウインドストッパー」のライニングで解消したタイプも。キャンプでも着用するのか、あるいは自転車に乗るときにも着たいのかといった使用シーンを前提に、こうした付加価値も検討要素に入れるのが賢明です。

鉄板ブランドからファッションブランドまで。今冬のフリースジャケット13選

この冬は、フリースの代名詞といっても過言ではない鉄板ブランドに加え、ファッションブランドからも秀作が揃い踏み。戦力になってくれるに違いない13着をご紹介します。

1着目

『パタゴニア』クラック・レトロX・ジャケット

『パタゴニア』クラック・レトロX・ジャケット

ストリート系B系通販 ASYLUM

ストリート系B系通販 ASYLUM

お気に入り追加

フリースの生みの親として知られる『パタゴニア』が1993年に発売して以来、継続的に作り続けている名品が本作。ボディに採用したボンデッド・シェルパフリース素材は、風と通しやすいというフリースの弱点を裏面にラミネートした防風フィルムで解消したもの。体に触れる面には吸湿発散性と通気性に富むメッシュ素材を張り合わせた3層構造で、保温性の高さと爽やかな着心地の両方を享受できる1着に仕上げています。

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

ウェア・コーデ

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

フリースを本物志向で選びたい年齢になると、必ず辿り着くのが本家本元の『パタゴニア』。ダウンに変わる選択肢がほしい今だからこそ、改めてその名品に注目してみては?

遠藤 匠

2021.12.26

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

ウェア・コーデ

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

2021.11.05

2着目

『ザ・ノース・フェイス』マウンテン バーサ マイクロジャケット

『ザ・ノース・フェイス』マウンテン バーサ マイクロジャケット

スポーツオーソリティ 楽天市場店

スポーツオーソリティ 楽天市場店

お気に入り追加

『ザ・ノース・フェイス』の代名詞といっても過言ではない肩の切り替えを生かした、ブロックカラーが特徴的な本作。インナー使いもしやすい、マイクロフリース仕立てとなっています。肩の切り替えにはバックパックのショルダーハーネスが当たることを想定し、耐摩耗性に優れたナイロンを採用。袖口は柔らかで伸縮性に富むパイピング仕様で、フリース自体は静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用となっています。快適さに対するこだわりが細部まで行き届いた作りも魅力。ボディのフリースはもとより、肩周りの切り替えにもリサイクル素材が用いられています。

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

ウェア・コーデ

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

マウンテンパーカーやダウンでお馴染みの『ザ・ノース・フェイス』は、機能と見栄えを両立したフリースも必見。モコモコ系アイテムは今季の旬でもあるので要チェックです。

山崎 サトシ

2021.11.04

3着目

『ロスコ』ECWCS フリース ジャケット

『ロスコ』ECWCS フリース ジャケット

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

本作は、E.C.W.C.S.(エクワックス)と呼ばれる米軍の極寒冷気候向けレイヤリングシステムに対応したフリースジャケット。現行モデルに当たる第3世代のもので、ボディには毛足の長いフリースを採用。肩周りの切り替えには、インナー使いした際の滑りの良さに配慮したナイロンを選択しています。

4着目

『スノーピーク』サーマル ボアフリース ハンテン

『スノーピーク』サーマル ボアフリース ハンテン

HULLE楽天市場店

HULLE楽天市場店

お気に入り追加

トレンドの波に乗っているボタンレスアウター感覚で着られるのが、柔らかなボアフリースを半纏風にデザインに落とし込んだ本作。フリース自体はポーラーテック社のもので、保温性に加えて吸水速乾性の面でも優秀。フロントを1か所留められる設計なので、開きっぱなしにしたくないときも問題なし。収納力の高い前ポケは、ハンドウォーマーとしても使い勝手のいい角度で手を入れられる作りになっています。

5着目

『L.L.ビーン』メンズ マウンテン・クラシック・ウインドプルーフ・フリース・ジャケット

『L.L.ビーン』メンズ マウンテン・クラシック・ウインドプルーフ・フリース・ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レイヤリングした際にももたつかない格子状のマイクロフリースボディは、外からの風をシャットアウトし、内側からの湿気は外に逃すエアシールド・テクノロジーを採用したもの。冷たい風をブロックしながら、温かく柔らかな着心地をもたらしてくれます。ジッパーは手袋をしたままでも扱いやすいプルタブ付きで、フルでジップアップした際に首元に当たらないようチンガードもプラス。

エルエルビーンのフリースがアツい。クラシックなムード漂うおすすめ10選

ウェア・コーデ

エルエルビーンのフリースがアツい。クラシックなムード漂うおすすめ10選

フリースがトレンドになっていますが、忘れずチェックしておきたいのが『エルエルビーン』です。どこか懐かしいムードが今の気分にマッチ。ラインアップもかなり豊富です!

近間 恭子

2021.10.06

6着目

『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』ウールボアフリースデナリジャケット

『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』ウールボアフリースデナリジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フリースジャケットでは極めて珍しいリブ襟や袖ポケットの採用で、MA-1っぽい顔立ちに仕上げられた1着。こちら、『ザ・ノース・フェイス』の「デナリジャケット」をベースに、米軍のフライトジャケットのディテールを散りばめたデザインなんだとか。パイル感強めなボアフリースはウール素材の採用で、温かみのある風合いを演出。レトロ感に拍車をかけた面持ちですが、防風耐久性と耐水性に加え、透湿性に優れるゴアテックス・インフィニアム・ウインドストッパーをライニングしているため性能面はハイスペックです。

7着目

『コロンビア』スティーンズ マウンテン フルジップ フリース ジャケット

『コロンビア』スティーンズ マウンテン フルジップ フリース ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

初冬から着やすい、軽量かつ薄手のマイクロフリースジャケット。生地目が見えないくらい細かい毛羽で覆われたフィラメントフリースは肌当たりが非常にやさしく、じんわりと体を温めてくれます。インナー使いした際にアウターのデザインと喧嘩しない、シンプルに徹したデザインも魅力です。

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

ウェア・コーデ

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

軽くて温かい『コロンビア』のフリースが人気です。90年代を感じさせるレトロなデザインは、コーディネートの味付けに最適。アウター&トップスのおすすめをご紹介します。

平 格彦

2021.11.26

8着目

『タトラス』カルーナ

『タトラス』カルーナ

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

都市型ダウンの代表格として知られるイタリアブランド『タトラス』からもフリースジャケットが登場しています。ナイロンで切り替えた胸のジップ付きポケットでクラシックスタイルを踏襲しつつ、すっきりと現代的なシルエットで再構築。どこかモード感を感じさせるシックな配色と相まって、スタイリッシュに着られます。

タトラスのダウンを知る。スタイリッシュで洗練顔の人気モデル16選

ウェア・コーデ

タトラスのダウンを知る。スタイリッシュで洗練顔の人気モデル16選

イタリアのブランドらしい洗練されたシルエットとデザインで人気の『タトラス』。大人にふさわしいハンサムなダウンジャケットの魅力と狙い目モデルを詳しくご紹介します。

平 格彦

2021.12.08

9着目

『アークテリクス』コバート カーディガン

『アークテリクス』コバート カーディガン

ミリタリーショップWAIPER

ミリタリーショップWAIPER

お気に入り追加

『アークテリクス』の定番に位置付けられているこのフリースジャケットは、柔らかなダブルニットのポリエステルを用いた独自のフリース素材をボディに採用。裏面の起毛感を強くすることで保温力を向上させ、腕の上げ下げがしやすい立体裁断によってアウターとインナーのどちらで着用しても高いパフォーマンスが期待できる1着に仕上げられています。

10着目

『チャムス』ボンディングフリースジャケット

『チャムス』ボンディングフリースジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『チャムス』ならではの遊び心を感じさせるブロックカラーが目を引く本作は、3層構造のボンディング素材を採用。毛足の長いボアフリースの表地とやさしい着心地をもたらすマイクロフリースの裏地の間に、防風フィルムをサンドイッチしています。カツオドリを描いたブービーバードの刺繍ロゴは、左胸のユーティリティポケットにさりげなく鎮座。

チャムスのフリースが“ちょうど良い”。3つのシリーズから選ぶ冬の相棒

ウェア・コーデ

チャムスのフリースが“ちょうど良い”。3つのシリーズから選ぶ冬の相棒

スペックと見た目の両面において、ちょうど良いフリースとして選ばれているのが『チャムス』。知って納得の魅力を、3つのシリーズの長所を読み解きながらご紹介します。

遠藤 匠

2021.12.17

11着目

『ホグロフス』コンビネーション フリースジャケット

『ホグロフス』コンビネーション フリースジャケット

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

スウェーデンを代表するアウトドアウェアブランドである『ホグロフス』が手がけた本作は、ポーラーテック社のフリースの中では厚手に位置付けられる「ポーラーテック300」を採用。前身頃の上部から肩周り、両肘、背ヨークはストレッチ性に優れるツイルで補強と動きやすさを兼備した作りに。ナポレオンポケットと呼ばれる縦ポケは、フロントジップの左右に用意。左右のどちらか空いているほうの手で、スマホやサングラスなどを収納できるのがさりげなく便利です。

12着目

『アンドワンダー』ハイロフトフリースジャケット

『アンドワンダー』ハイロフトフリースジャケット

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

『イッセイミヤケ』出身のデザイナーが登山に魅せられ、山でも街でも主役を張れるアウトドアウェア&ギアを製造している『アンドワンダー』。代表作の1つである本作は、長い毛足に温かい空気をたっぷり溜め込んでくれるポーラーテック社のハイロフトフリース仕立て。スタンドカラーの襟足部分でドローコードのアジャスターがあり、首周りのフィット感を高めて冷気をシャットアウトすることでさらなる保温力の向上が期待できます。

13着目

『フーディーニ』パワーフーディ

『フーディーニ』パワーフーディ

ROCOCO attractive clothing

ROCOCO attractive clothing

お気に入り追加

アウターとしてもミッドレイヤーとしても使い勝手のいい中間的な厚みと、ミニマルデザインが登山やキャンプ、自転車ライドといった幅広シーンで好評を博している定番モデル。ふわふわとした軽やかなマイクロフリースは、「ポーラーテック パワーストレッチ プロ」と呼ばれる耐久性と伸縮性に優れたもの。袖口のサムホールに親指を入れて着用することで、自転車に乗る際のずり上がりを防ぐことも。

鍵は、独特な山っぽさをどういなすか。先人に学ぶフリースの着こなし方

フリースの魅力といえば、特有のアウトドア感。ですが、ファッションに落とし込む場合は、それを前面に押し出してしまうと、街で浮いてしまう原因になりかねません。なので、コーデを成功させられるかどうかはこの山っぽさをどうやっていなすのかにかかっています。3つのスタイルサンプルで、お手本になりそうな着こなしテクを見てみましょう。

コーデ1

白シャツを仕込んで、すまし顔のフリースコーデに

白シャツを仕込んで、すまし顔のフリースコーデに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

黒フリースを主役にしたこちらのコーデが山男感控えめに見える理由は、上下ブラックという色合わせだけにあらず。よく見ると、インナーが品良く見える白シャツ。しかも第一ボタンまで全留めゆえ、フリースのアウトドア感がグッと中和されて見えます。同色のジョガーパンツを合わせ、中に仕込んだのはサコッシュというストリート目線の合わせも奏功。

コーデ2

スラックス合わせで、上級者感をお手軽に演出

スラックス合わせで、上級者感をお手軽に演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリースは『ザ・ノース・フェイス』のロゴが燦然と輝く本格派。ですが、パンツはセンタークリースをバチバチに効かせたドレス顔のスラックス。山と都会という真逆の世界観を持つ服を掛け合わせることで、フリースのアウトドア感をいなすことができるのは、言わずもがな。異なる個性を放つ服同士がお互いを引き立て合い、上級者っぽさを簡単に印象付けられます。

スラックスとは? コーデに役立つ3タイプ15ブランドをレコメンド

ウェア・コーデ

スラックスとは? コーデに役立つ3タイプ15ブランドをレコメンド

オンもオフも、スラックスが便利です。そもそもスラックスとは? という基本から、タックの有無による印象の違いまでを解説。タイプ別のおすすめブランドもご紹介します。

髙須賀 哲

2021.05.26

コーデ3

コート1着あれば、それだけで街顔コーデに激変!

コート1着あれば、それだけで街顔コーデに激変!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

拍子抜けするくらい簡単に山感をいなせる技が、こちらのコーデで実践しているチェスターコート使い。要はフリースをインナー使いするということなのですが、コートをバサッと羽織ってしまえばフリースが見える分量もちょうどいい塩梅に削減でき、街馴染みの良いコーデに落とし込めます。キャップでアクティブさを補い、バランスをとると、よりまとまりの良い装いに。

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

ウェア・コーデ

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

平 格彦

2021.03.01

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2021.11.05

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな19着をレコメンド

ウェア・コーデ

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな19着をレコメンド

フワフワで暖かく、こなれて見えるボアパーカーが今、人気。活用しない手はありません。その魅力を再確認しつつ、おすすめのアイテムをタイプ別にご紹介します!

平 格彦

2021.11.04

軽くて暖かい。フリースカーディガンで、賢くおしゃれに体温調整

ウェア・コーデ

軽くて暖かい。フリースカーディガンで、賢くおしゃれに体温調整

寒い季節は体温調節が重要。昼と夜の寒暖差に加え、屋外と屋内の温度差もあるので気軽に調節できると便利です。おすすめはフリースカーディガン。今、人気上昇中です!

平 格彦

2021.12.24

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

ウェア・コーデ

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

冬の定番素材ながら、これまで以上に注目されているフリース。なかでも人気がうなぎ上りのパーカーにスポットを当て、着こなしやおすすめブランドをご紹介します。

近間 恭子

2020.12.26

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

ウェア・コーデ

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

モコモコしたボア生地が今、注目の的。その軽くて暖かい特徴を生かしながら、上品に仕上げたボアコートが大人におすすめです。メリットを整理しつつ、おすすめ品を披露!

平 格彦

2021.12.28

モコモコアウターに包まれる幸福感。メンズに着てほしい12のおすすめ

ウェア・コーデ

モコモコアウターに包まれる幸福感。メンズに着てほしい12のおすすめ

見た目&着心地ともほっこり温かな“モコモコ”アウターがシーンを席巻中! 寒さの厳しい冬も、このアイテムを味方に付ければ1日をヌクヌクで過ごせること請け合いです。

山崎 サトシ

2022.02.01

この記事の掲載アイテム一覧(全13商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『パタゴニア』クラック・レトロX・ジャケット
    『パタゴニア』 クラック・レトロX・ジャケット
  • 『ザ・ノース・フェイス』マウンテン バーサ マイクロジャケット
    『ザ・ノース・フェイス』 マウンテン バーサ マイクロジャケット
  • 『ロスコ』ECWCS フリース ジャケット
    『ロスコ』 ECWCS フリース ジャケット
  • 『スノーピーク』サーマル ボアフリース ハンテン
    『スノーピーク』 サーマル ボアフリース ハンテン
  • 『L.L.ビーン』メンズ マウンテン・クラシック・ウインドプルーフ・フリース・ジャケット
    『L.L.ビーン』 メンズ マウンテン・クラシック・ウインドプルーフ・フリース・ジャケット
  • 『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』ウールボアフリースデナリジャケット
    『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』 ウールボアフリースデナリジャケット
  • 『コロンビア』スティーンズ マウンテン フルジップ フリース ジャケット
    『コロンビア』 スティーンズ マウンテン フルジップ フリース ジャケット
  • 『タトラス』カルーナ
    『タトラス』 カルーナ
  • 『アークテリクス』コバート カーディガン
    『アークテリクス』 コバート カーディガン
  • 『チャムス』ボンディングフリースジャケット
    『チャムス』 ボンディングフリースジャケット
  • 『ホグロフス』コンビネーション フリースジャケット
    『ホグロフス』 コンビネーション フリースジャケット
  • 『アンドワンダー』ハイロフトフリースジャケット
    『アンドワンダー』 ハイロフトフリースジャケット
  • 『フーディーニ』パワーフーディ
    『フーディーニ』 パワーフーディ

掲載アイテムをもっと見る(1商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

あのGA-2100シリーズがさらなる進化。ファッションのプロたちは話題のGショックをどう見るか?

『Gショック』のニュースタンダードとして誕生し、瞬く間に人気モデルとなった「GA-2100」がこの春、さらに進化。その出来栄えをファッションのプロはどう評価するのか?

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

ポール・スミスと考える“腕時計とシャツ”の相性学。初夏コーデに映えるのはこんな4本

好デザインを誇る『ポール・スミス』の腕時計は、この夏人気再燃中のシャツコーデを格上げする最良の一手に。着こなしの魅力をより引き立てる、珠玉の4本をご紹介します!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

日本の男にはアテッサがある。節目を迎えた名門が提案する、スタイルに効く腕時計

『アテッサ』は35年にわたり、独自のテクノロジーで時代のニーズに応え続けてきた。究極の実用時計は、日本の男たちの腕元に“スタイル”という恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by シチズン時計株式会社

続きを読む

時刻を知る以上の価値を問いかける、ラドー。最先端素材で追求し続ける腕時計の“美”

腕時計に時刻を知る道具以上の価値を求めるなら、『ラドー』はいかがだろう? 独自のテクノロジーが生み出すデザインは、普遍的な“モノとしての美しさ”を教えてくれる。

SPONSORED by ラドー

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP