発表。おしゃれなスニーカー×デニムの相愛コンビ10選

発表。おしゃれなスニーカー×デニムの相愛コンビ10選

カジュアルコーデやアメカジスタイルなど、スニーカー×デニムの組み合わせはラフな着こなしに欠かせない。ここでは、その好相性かつ鉄板コンビのサンプルをお届けしよう。

NAKAYAMA

NAKAYAMA

SHARE
記事をお気に入り
2018.01.31

TASCLAP世代に欠かせないスニーカーとジーンズ。相思相愛なコンビってなんだろう

TASCLAP世代に欠かせないスニーカーとジーンズ。相思相愛なコンビってなんだろう

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スニーカーとデニムの着こなしにおいて、各アイテムのセレクトは何よりも優先。失敗しないポイントは2つで、1つは定番と言われるブランドのもの。そしてもう1つは、サイジングだ。今のトレンドは細身またはテーパード仕様のデニムに、スニーカーを合わせたスタイリング。下半身をシャープに見せることで、コーディネート全体がきれいめなカジュアルスタイルに仕上がるのだ。

コンビ1:『コンバース』×『リーバイス』501

コンビ1:『コンバース』×『リーバイス』501

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークトーンのトップスにケミカルウォッシュテイストのデニムが好相性な、NYストリートを思わせるスタイル。『N.ハリウッド』のレザーブルゾンに、『アンユーズド』のチェック柄シャツをINして、カジュアルさとストリート要素を融合。『リーバイス』501のデニムと、『コンバース』アディクトとの組み合わせは、ファッションコンシャスな人たちの鉄板コンビだ。

スニーカーは

『コンバース』オールスター メイド・イン・ジャパン

『コンバース』オールスター メイド・イン・ジャパン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『コンバース』が誇る定番のなかでも、こちらはメイド・イン・アメリカモデルにならって作られた逸品。トウキャップやシューレースなど、こだわり抜かれたディテールが魅力。

ジーンズは

『リーバイス ヴィンテージクロージング』501ジーンズ

『リーバイス ヴィンテージクロージング』501ジーンズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世に出ているすべてのジーンズの原点といえば、『リーバイス』の501。こちらのアイテムは1966年モデルで、シルエットは細身でスタイリッシュ。まさに現代の着こなしにふさわしい一本。無論、セルビッチでアピールも可能。

コンビ2:『ヴァンズ』オールドスクール×『リー』ペインターデニム

コンビ2:『ヴァンズ』オールドスクール×『リー』ペインターデニム

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ヴァンズ』オールドスクールは、一見してそれとわかるデザインが特徴。その良さを存分に発揮するならば、ミニマルなスタイリングがハマる。春先に向けて参考にしたいのは、やはりデニム・オン・デニム。ブルー系の中に、オレンジのシューズが際立つ。

スニーカーは

『ヴァンズ』オールドスクール

『ヴァンズ』オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシックラインの代表モデルとして、1978年から愛され続けている『ヴァンズ』の定番品。ポイントはサイドのサーフラインで、同モデルを象徴するデザインになっている。カジュアルはもちろん、上品コーデのハズしにも◎

ジーンズは

『リー』ペインターデニム

『リー』ペインターデニム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

男らしいペインターパンツのシルエットは、大人のスタイリングに欠かせない。『リー』の1本ともなれば、履き心地やシルエット、そして汎用性などあらゆる角度から検証しても文句はないだろう。

コンビ3:『ヴァンズ』クラシックスリッポン×『リーバイスレッド』ステイルーズ

コンビ3:『ヴァンズ』クラシックスリッポン×『リーバイスレッド』ステイルーズ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

骨太な少し太めのシルエットを形成する『リーバイスレッド』のステイルーズ ユーティリティ ダイヤモンドビーチとシンプルなスリッポンの組み合わせは、カジュアルかつワイルドにキマる。トップスはミリタリージャケットなどのラフなアウターから、ダッフルコートやピーコートなどの品のよいアウターまで、幅広く合わせられるだろう。

スニーカーは

『ヴァンズ』クラシックスリッポン

『ヴァンズ』クラシックスリッポン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ヴァンズ』の代表格、スリッポン。ひもがなくシンプルなデザイン性で、コーディネートを選ばない普遍性が魅力。そのクラシックな装いはメンズ問わずレディースからも熱い人気を博す。

ジーンズは

『リーバイスレッド』ステイルーズ ユーティリティ ダイヤモンドビーチ

『リーバイスレッド』ステイルーズ ユーティリティ ダイヤモンドビーチ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1999年に登場した『リーバイスレッド』。アイコンの5ポケットジーンズを再解釈して作られ、コレクターの支持も多く集めている。生地には水や農薬の使用量が少なくて済む、サステイナブルなヘンプ素材をミックス。デザインだけではなく、環境面も考慮して作られた意欲作だ。

コンビ4:『コンバース』ジャックパーセル×『A.P.C.』プチスタンダード

コンビ4:『コンバース』ジャックパーセル×『A.P.C.』プチスタンダード

WEAR

WEAR

お気に入り追加

風合いがいいガウンシャツを主役にしたシンプルコーデ。清潔感漂うホワイトの『コンバース』ジャックパーセルと『A.P.C.』らしさが伝わるリジッドデニムの相性がぴったり。ガウンのシュッとした装いに細身のデニムが相まって、美麗なIラインシルエットを具現化。黒ハットをかぶり、きれいめ要素を加味したあたりにもセンスが光る。

スニーカーは

『コンバース』ジャックパーセル

『コンバース』ジャックパーセル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『コンバース』代表するモデル、ジャックパーセル。1935年に誕生し、当時のバドミントンワールドチャンピオンのジャック・パーセル氏が開発に携わったことで、彼の名を冠した。こだわりのディテールは今なお人気。

ジーンズは

『A.P.C.』プチスタンダード

『A.P.C.』プチスタンダード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本製のストレッチデニム生地を使用した、ユニセックスなジーンズ。細身のストレートレッグに裾はテーパード仕様という。普遍的なシルエットながらも今の時代に馴染む。シャープなラインのスニーカーにハマる。

コンビ5:『ニューバランス』M1500×『デンハム』レイザー

コンビ5:『ニューバランス』M1500×『デンハム』レイザー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトなジーンズは足元でクッションを作り抜け感を出しつつ、『ニューバランス』の存在感をさりげなくアピールした見事な着こなし。全身を黒と白、ブルーのみでまとめ大人っぽく仕上げた。ワークキャップとリュックでアクティブな要素もプラスして、キレイめな中にもスポーティな要素が光るスタイリングに。細かなディテールまで抜かりない。

スニーカーは

『ニューバランス』M1500

『ニューバランス』M1500

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

名作揃いの1000番台の中でも特に人気が高い「M1500」。メイド・イン・UKならではのクラフトマンシップ溢れる巧緻な仕上がりは、同ブランドのファンならずとも一度履くと納得するはず。スポーティなルックスは、ファッション性も高いので日々の着こなしのアクセントになってくれること間違いなし。

ジーンズは

『デンハム』レイザー

『デンハム』レイザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2008年にオランダ・アムステルダムで誕生した『デンハム』。こちらのモデルは、スラッとした美脚シルエットを作り出してくれるスリムフィットタイプ。ウエストから裾までの自然なテーパードが日本人の体型に合うため、全モデルの中でも特に高い人気を得ている。

コンビ6:『リーボック』フューリーライト×『ヌーディージーンズ』リーンディーン

コンビ6:『リーボック』フューリーライト×『ヌーディージーンズ』リーンディーン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ボリューミーなスニーカーにはスリムなデニムを合わせる」。これ、鉄則である。ハイテクスニーカーの代表格である『リーボック』フューリーライトはカラフルなタイプを選び、他はシンプルに。ボトムスに『ヌーディージーンズ』のスキニーをかませてシューズとメリハリを利かせた好例だ。

スニーカーは

『リーボック』フューリーライト 3.0

『リーボック』フューリーライト 3.0

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「ポンプフューリー」に代表されるハイテクスニーカーで有名なシューズブランド『リーボック』。こちらのモデルは、1994年に登場した「インスタポンプフューリー」をモダナイズして生まれ変わった一足だ。

リーボックのスニーカー20選。定番から新作まで人気作を厳選

スニーカー・シューズ

リーボックのスニーカー20選。定番から新作まで人気作を厳選

世界中のファンから愛される『リーボック』。定番の「インスタポンプ フューリー」から最新テクノロジーを搭載した新作まで、おすすめのメンズスニーカーをご紹介します。

本間 新

2021.02.07

ジーンズは

『ヌーディージーンズ』リーンディーン

『ヌーディージーンズ』リーンディーン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ヌーディージーンズ』に新しくファミリーに加わったのが、こちらの「リーンディーン」。ストレートフィットとスリムフィットのいいところを詰め込んだ意欲作だ。細身ながらもストレッチが利いているので、はき心地抜群。また、脚長効果も期待できる。

コンビ7:『アディダス』スタンスミス×『エドウイン』ジャージーズ

コンビ7:『アディダス』スタンスミス×『エドウイン』ジャージーズ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『アディダス』のスタンスミスと『エドウイン』のデニム。定番に定番を合わせた盤石スタイルだ。双方ともシンプルなデザインのアイテムなので、トップスには少し遊びを入れると垢ぬけた印象になる。プレッピーな印象のチェックシャツに、男前シックなアースカラーのトレンチコートを羽織れば、モダンな秋冬スタイルの完成だ。

スニーカーは

『アディダス』スタンスミス

『アディダス』スタンスミス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス オリジナルス』の中でもベストセラーを誇る超定番アイテムがこのスタンスミスだ。清潔感のあるホワイトとアクセントカラーのバランスが絶妙で、コーディネートにさわやかさとアクセントをプラスしてくれる。

ジーンズは

『エドウイン』ジャージーズ スリムテーパード

『エドウイン』ジャージーズ スリムテーパード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本格的な外観ながら、独自の素材を使っており自在にストレッチしてリラックスした履き心地が楽しめる「ジャージーズ」シリーズから、旬顔のテーパードラインが登場した。デニムとは思えないやわらかさも魅力だ。

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

ウェア・コーデ

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

今、世界的評価を受ける日本のジーンズ。その礎を築いたといえるブランドが『エドウイン』です。国産初のジーンズを作った老舗が誇る人気モデルの数々を紹介します。

岡田 太

2021.02.02

コンビ8:『スペルガ』2750×『ラングラー』カレッジエイト ジーン

コンビ8:『スペルガ』2750×『ラングラー』カレッジエイト ジーン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

洗練された『スペルガ』のスニーカーは、濃紺デニムとの相性が抜群。アウターやインナーの色みは明るい色味で構築すれば、足元のホワイト×ブルーカラーと難なくマッチ。パンツのすそをロールアップし、クリーンなムードを加味している点も参考にしたい。

スニーカーは

『スペルガ』2750

『スペルガ』2750

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ローテクスニーカーと言えば必ず名前があがる『スペルガ』のホワイトスニーカー。余分なものをそぎ落としたシンプルなデザインと、ナチュラルな印象のキャンバス地が特徴だ。サイドに控えめに配されたタグが目印。

大人にこそ響く靴。スペルガのスニーカーの、おすすめを網羅

スニーカー・シューズ

大人にこそ響く靴。スペルガのスニーカーの、おすすめを網羅

イタリア発のスニーカーブランド『スペルガ』。日本ではファッション好きに刺さる存在ですが、ヨーロッパをはじめとして海外では定番の1つとして認知されています。

本間 新

2021.04.23

ジーンズは

『ラングラー』カレッジエイト ジーン

『ラングラー』カレッジエイト ジーン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プレーンなジーンズながら、洗いをかけた風合いがヴィンテージ感を運び込む1本。濃紺デニムははくだけで清潔感が急上昇する便利なアイテム。同性からのウケだけではなく、異性からの好感度アップも狙えるはずだ。

コンビ9:『ナイキ』エアマックス×『エヌエヌバイナンバーナイン』スキニー

コンビ9:『ナイキ』エアマックス×『エヌエヌバイナンバーナイン』スキニー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボリューム感のある『ナイキ』エアマックスに合わせるデニムは、対比を強調するためにできるだけスリムにいきたい。『エヌエヌバイナンバーナイン』のスキニーデニムならリラックスした履き心地を楽しみつつタイトなシルエットに仕上げる事ができる。双方ともに暗めのカラーを選べば、さらに引き締め効果はバツグンだ。

スニーカーは

『ナイキ』エアマックス1

『ナイキ』エアマックス1

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ソール部分にエアクッションを配した「エアシステム」は誕生当時画期的とされた。時代が変わってもなお、その洗練されたデザインと長時間履いても疲れないバツグンの履き心地が、多くの人々に愛されている。

ジーンズは

『エヌエヌバイナンバーナイン』スキニーストレッチデニムジーンズ

『エヌエヌバイナンバーナイン』スキニーストレッチデニムジーンズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スキニーかつテーパードが効いたこの一本。絶妙のシェイプから成る足長効果はバツグンだ。随所に入ったブランドアイコンのダーツは、デザイン性だけでなく着心地の良さにもしっかりと影響を与えている。

コンビ10:『アディダス』スーパースター×『ディーゼル』ジョグジーンズ

コンビ10:『アディダス』スーパースター×『ディーゼル』ジョグジーンズ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークカラーと直線的なシェイプで辛口な印象の『ディーゼル』デニム。そのままコーデ全体をハードテイストで固めてもいいが、ここではあえてさわやかな『アディダス』のスーパースターを合わせた。トップスのインナーからちらりと覗かせたボーダーカットソーが、スーパースターのスリーストライプと呼応して全体をなじませる。

スニーカーは

『アディダス』スーパースター

『アディダス』スーパースター

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス』の中でもとくに名品と名高い「スーパースター」。 史上初の「ローカット」バスケットボールシューズとして1969年に誕生し、それ以来愛され続けている。サイドに配されたスリーストライプが眩しい。

ジーンズは

『ディーゼル』ジョグジーンズ

『ディーゼル』ジョグジーンズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

辛口アイテムを得意とするウェアブランド『ディーゼル』の、ダークカラーが渋いインディゴブルーデニム。クリーンな印象を放つスリムフィットタイプなので、カジュアルになりすぎずキレイにはける。

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

2020.12.10

NAKAYAMA
NAKAYAMA
フリーランスのエディター、デザイナー、ライターとしてファッション誌を中心に活動中。同時に、アートと社会貢献を繋げるプロジェクト「八(eight)」を手掛ける。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事