今春はデニムがトレンド! 狙うは“USED加工モノ”

今春はデニムがトレンド! 狙うは“USED加工モノ”

2015春のトレンドアイテムとして注目されているデニム。って常にあるじゃねーかと思う方が多いでしょうが、色や形など微妙に違うんです。キーワードはずばり“加工”!

編集イトウ

2015.03.18

リーバイス(Levi's)
レミレリーフ(REMI RELIEF)
ゴールデングース(GOLDEN GOOSE)
グラミチ(Gramicci)
バンズ(VANS)
レッドカード(RED CARD)
ジーンズ
デニムジャケット・Gジャン

“ダメージはやや控えめで色落ち加減はお好みで”が今季のキーワード

ここ最近のトレンドといえば、ノンウォッシュやワンウォッシュ程度の濃い色でクリーンなタイプでしたが、今年の春は季節的にもマッチする色落ちしたデニムがブレイクの予感! その証拠に、多くのブランドから、ウォッシュ加工&ダメージ加工されたデニムアイテムが展開されています。

『リーバイス』のアイコンである501を、膝から裾にかけてテーパードさせて細身シルエットにモディファイ。さらにウォッシュ&ダメージ加工を施すことで、旬顔にアップデートされました。トップスは濃い色を合わせて、コントラストを出すのがポイントです。

アウトドアウェアブランド『グラミチ』のグラミチパンツを、旬のデニム素材で表現。グラミチパンツの特長である、片手で引っ張るだけで調整できるウェビングベルトや、足を180度開脚できるガゼットクロッチといったストレスフリーな履き心地はそのままに、やや細めのシルエットにアップデートされました。

『エドウィン』や『リーバイス』などの大御所デニムブランドを経て独立した、デザイナーの本澤裕治氏が立ち上げたブランド『レッドカード』。これからの時期にピッタリなライトオンス生地で、デニムならではのごわごわとした肌触りも皆無。計算されたヴィンテージ加工が、シンプルになりがちな春コーデに華を添えます。

毎シーズンデニムアイテムを展開し、ファッション関係者からセレブまで多くのファンを集める『ディースクエアード』。今シーズンはライトなダメージ加工に加えて、ピンク色のペイントを散りばめたアートなデザインを発表。外から内へとナチュラルにツイストさせたデザインも新鮮です。

レザーアイテムを中心に上質なカジュアルアイテムを展開する『ゴールデングース』も今季は薄味デニム。ヴィンテージラバーのデザイナーが生み出す加工デニムは、本物のヴィンテージデニムと見間違うほどリアル! イギリスのテーラリング技術によって生み出された美しいシルエットは、足を長く見せる効果を期待できます。

石川涼氏率いる『ヴァンキッシュ』と藤原ヒロシ氏がタッグを組む本ブランドのデニムは、ブランド名にあるようデニムに並々ならぬこだわりが。この1本は生デニムに洗いをかけて、約3年履きこんだ風合いを表現。生地は国産のセルビッチデニムを使用するなど、本物を追求する人にオススメするデニムです。

こだわりの加工とスタッズ使いが特長のウエスタンデニムシャツは、『レミレリーフ』のモノ。ボディ各所にヴィンテージ加工を施すことで、雰囲気のある1枚へと昇華。オールシーズン着用できるライトオンスのデニム生地を採用しています。

ヘチマ襟と呼ばれる米海軍初期のモデルをベースに、絶妙な色落ち加減がたまらないデニム生地で表現。当時の雰囲気を残しつつ、現代的なシルエットに改良した『バズリクソンズ』らしいハイクオリティなネイビージャケットは、ゴテゴテと小物を取り入れたりせず、シンプルに“漢”らしく着こなしましょう。

ブランドの歴史を語る上で欠かせないオーセンティックは、ブランド設立時からある古参モデル。ブリーチアウトされたデニムを使用しているのでヴィンテージ感が高く、マニアックな雰囲気に仕上がりました。春はロングパンツと、夏はショートパンツと合わせて爽やかに着こなしたいですね。

まだ春になったばかりですが、先取りするならこれ! ストリートブランドの『グラム』が展開するのは、夏の風物詩である浴衣をモチーフとしたデニムアイテムです。ストーンウォッシュが施されているので、下駄はもちろん、ブーツやスニーカーとも相性◎。

記事を書いて改めて思いましたが、今季は本当に多くのデニムアイテムが登場しています。ベーシックなモノからひねりの効いたアイテムまで、好みのデニムアイテムを探してみてください。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK