ビジネスマンにおすすめ!信頼感を演出する腕時計10選

ビジネスマンにおすすめ!信頼感を演出する腕時計10選

TASCLAP読者の多くは、日夜仕事に励む人が多いはず。というわけで今回厳選したのはビジネスにおいて欠かせない、信頼感をアピールするための腕時計。

黒野 一刻

2017.03.01

腕時計

コスパに優れ、故障が少ないことこそ信頼感の証

「仕事を確実にこなし、約束事を守ります」という、義理堅さを表現するためには、時計自体の堅牢さを前面に押し立てることが必要です。それが「いつでもあなたのために、骨惜しみなく働きます」というメッセージにつながります。

信頼感を与える腕時計の条件1:“壊れない”

人と人との関係において大切なのは、「関係を壊すようなことはしない」という意思表示。これを人と機械の関係に置き換えると、機械に求めるのは「壊れないでほしい」ということでしょう。『Gショック』のような“壊れない腕時計”は、お互いの人間関係についての考え方を示すのにぴったりのメッセージ性を発揮します。

信頼感を与える腕時計の条件2:“シンプル”

絞り込まれたシンプルな機能は、“壊れない”という絶対条件の補強要素。なぜなら、余計な機能を省くことで、腕時計に起こりうるトラブルのリスクを最小限に抑えてくれるからです。『グランドセイコー』級の時計なら、機械自体の信頼性に、充実したアフターケアまで加わります。

グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

信頼感を与える腕時計の条件3:“正確無比”

高精度の時計を好んで選ぶことは、時間を守ることの意志表示。それは端的に、約束を守る人というイメージを強調してくれます。ですから、ここで厳選したのは、クォーツ時計ばかり。時刻修正が簡単に行える電波時計やGPS電波時計、電池切れが起こりにくい光発電という選択肢も積極的に狙うべきです。

信頼感を与える腕時計10選

壊れず、高い精度を保つことは、時間を知るという行為において、もっとも大切なポイントです。それを極めるのは、必ずしも高価な時計ではなく、ここで選んだ10本のように性能本位で選択しているとわかることが大切です。

アイテム1正真正銘の”オリジン”『カシオ』 Gショック DW-5600E-1

“壊れない”という一点で世界中の人気者となった時計が、このGショック。古典的なデジタルウォッチのフォルムを備えるDW-5600E-1は、オリジナルのGショックにバックライトが加わっただけという、文字通りのオリジンです。少しでも腕時計を知る人間にはお馴染みの姿は、オリジンに対する信頼感の象徴とも言えるでしょう。

アイテム2精度とシンプルさでは右に出るものなし『グランドセイコー』クォーツ SBGX063

『グランドセイコー』は、クォーツを超えるクォーツ腕時計として開発され、緻密な温度補正機構などにより、年差±10秒を実現した驚異のモデル。その特徴は華美であることに重視せず、むしろ視認性と堅牢さに特化した作りであること。計時と日付表示のみという機能も、洗練された趣を際立たせています。国内の時計店からの圧倒的な信頼と、ユーザーに対する絶大な安心感は、まさに右に出るものなしのモデルです。

アイテム3光発電+電波時計の超安心感 『シチズン』アテッサ ATD53-3052

多機能モデルを多くラインアップするアテッサの中では、非常にシンプル。もとより電波時計ですから、時刻もカレンダーも標準電波が受信できれば、いつでも正確さを保てます。手動の修正が不要のパーペチュアルカレンダーを搭載していることも特徴的です。フルチタンによるシャープな外装は、強靭さでも申し分ありません。

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

牟田神 佑介

アイテム4年差±5秒の圧倒的精度『シチズン』ザ・シチズン エコ・ドライブモデルAQ1034-56E

『グランドセイコー』に対抗する『シチズン』の最高精度モデルとして、年差±5秒という精度を誇る1本。しかも、『シチズン』が世界に先駆けた光発電方式であるエコ・ドライブを搭載し、光が届くところでは、常に電池が充電されるのも魅力。10年間というメーカー保証期間は、“壊れにくさ”に対するメーカーサイドの自信の表れなのです。

アイテム5オーソドックススタイルの『カシオ』リニエージ ウェーブセプター LIW-120DEJ-1AJF

『カシオ』は、Gショックとチプカシ以外にも豊富に時計をラインアップしています。特に、リニエージ ウェーブセプターは世界6局の標準電波が受信可能で、ソーラー発電機能も備えているため、日常使いに適しています。堅牢なステンレスケースや、スポーティかつオーソドックスなデザインも特徴です。

アイテム6すっきりとワールドタイム機能を搭載『セイコー』ブライツ 電波ソーラー SAGA167

ワールドタイム機能をすっきりとまとめた高機能クォーツです。6時位置に主文字盤と異なる時間帯を表示させることができ、リューズを引いて秒針をセレクターに使い、ベゼルに書かれた24タイムゾーンの代表都市名に合わせれば調整できるという簡単なもの。日中米の4局に対応した電波機能を持ち、デザインも手堅い印象です。

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹

アイテム7クォーツでスポーティに仕上げた高コスパモデル『オリエント』スイマー WW0451UG

『オリエント』は、元々コストパフォーマンスに優れた時計をラインアップしていますが、この時計は飛び抜けています。ステンレス製のケース&ブレスのモデルに、クォーツムーブメントを搭載しながらも、価格は1万円台。しかもこのモデルは10気圧防水で、モデル名の通り水泳に使いたくなります。

アイテム8指針式のカレンダー機能がユニークな『ティソ』トラディション パーペチュアルカレンダー

最近は自動巻きのパワーマティック80が注目されていますが、『ティソ』は各種のクォーツモデルでも手堅い手腕を発揮しています。この時計は、調整不要のカレンダー機構を搭載し、月、曜日、日付を小針を使って表示することで、文字盤デザインはすっきり。オーセンティックなデザインで、安心感があります。

アイテム9クッションケースが個性的な『ブローバ アキュトロンII』サーベイヤー

『ブローバ』独自のクォーツムーブメントを搭載し、通常の6倍と言われる高精度を誇るモデルです。通常のクォーツは1秒1ステップで秒針が動きますが、この時計は1秒に16ステップを刻み、機械式時計のような運針をします。レトロなクッションケースや1960年代風のブレスレットも、屈強さを表していますね。

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

アメリカ腕時計業界が生んだ実力派。ブローバの魅力を読み解く

革新的技術により時計史に残る“初”を生み出し、140年以上もの歴史を誇るアメリカ発の『ブローバ』。世界的となった3つの代表モデルを軸に、その実力をご覧いただこう。

小林 大甫

アイテム10エレガント路線のシンプルモデル『カシオ』オシアナス OCW-S100-1AJF

『カシオ』でも、エレガント志向の強いコレクション。このモデルは時、分、秒のセンター3針のみで、3時位置の日付表示も控えめです。しかし中身はねじれに強いタフムーブメントを搭載し、世界6局の標準電波を受信できるマルチバンド6という仕様。強く、常に正確という『カシオ』の腕時計の本質をしっかりと継承しています。

ハイスペックなモノに取り憑かれ、ライター/エディターとして活動中。いつしか主戦場は時計誌や時計関係のwebに。時計以外にもアイウェアなどのレビューもこなす。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    腕時計にも、トレンドあり。今の気分は“シルバー×ゴールド”

    腕時計にも、トレンドあり。今の気分は“シルバー×ゴールド”

    あまり知られていないかもしれませんが、ファッション同様に腕時計にもトレンドが存在します。昨今ではMIXスタイルが流行しており、例えばスポーツモデルなのにラグジュ…

    TASCLAP編集部

    BACK