栃木レザーからセレクトした人気の革小物&バッグ15選

栃木レザーからセレクトした人気の革小物&バッグ15選

ひとえにレザーといっても特徴はさまざま。そのなかでも、日本産の最高峰レザーとして名高いのが栃木レザーです。こだわりある大人も虜にする、“革”の魅力をお届け。

平 格彦

2019.07.02

財布・ケース

“エイジング好き”に愛される『栃木レザー』。その魅力とは?

世界に誇れる『栃木レザー』は、その名の通り栃木レザー株式会社によってなめされた革のこと。ミモザの樹皮から抽出したタンニン剤を用い、じっくりと時間をかけてなめし上げた純正のヌメ革は、革そのものの風合いと味わいが魅力です。

皮をなめして革に仕上げる際は通常、ドラム型洗濯機のようなタイコと呼ばれる機械を使用します。しかし、『栃木レザー』では濃度が異なるタンニンのビット槽に漬けながら、繊維を崩さないように手間暇掛けて仕上げていきます。つまり、革のシボや傷などをそのまま生かした味感が特徴的。その風合い豊かな表情は圧巻です。

『栃木レザー』の代表的な革であるフルベジタブルタンニングレザーは、エイジングと呼ばれる経年変化を楽しむことができます。新品の状態がピークではなく、使い込むうちに味わいや色みが深まり、艶や風合いも増していくのが特徴です。それに伴い愛着も深まることが、『栃木レザー』が支持される理由につながっています。

財布もバッグも、革小物も。『栃木レザー』のおすすめアイテム15選

前述のとおり『栃木レザー』は日本を代表するレザーブランドの1つ。当然ながらクオリティが高く、多くのアイテムに使用されています。バッグのハンドル部分などパーツのみで使用されている場合も多いのですが、『栃木レザー』の魅力を堪能するならこの素材をメインで採用するアイテムを選ぶのが得策でしょう。以下でセレクトしたのは、財布とバッグ、革小物の3カテゴリの人気モノ達です。

▼カテゴリ1:財布編

はじめに紹介するのは毎日使用する財布です。日々触れ、使うモノだけにエイジングが早く、“自分色”に育っていくサマが楽しめます。

アイテム1『ブラウン・ブラウン』三つ折りウォレット

『ブラウン・ブラウン』定番の三つ折りウォレット。小銭入れ、札入れ、カードポケットなど収納力抜群の作りに加え、ワイルドな革の質感やハンドステッチに男らしさを醸します。同ブランドのバッグのように、タフに使って味感を楽しみましょう。

アイテム2『アミアカルヴァ』×『シップス』別注ロングウォレット

日本のバッグブランド『アミアカルヴァ』と『シップス』のコラボアイテム。札入れや小銭入れなどのほかに大型ポケットが付属した、大容量の収納力が特徴です。ドットボタンが二か所に装着されているので、中身が出てしまう心配もありません。

アイテム3『トゥエンティーエイティー』ジップウォレット

最も皮本来の色に近い無着色のタンカラーは、経年変化の楽しみもひとしお。ホワイトメッキをかけたririのジップが洗練されたムードを加速させています。すっきりとしヒップポケットにも収納しやすいフォルムも魅力です。

アイテム4『ミスターオリーブ』ギャルソンウォレット

ヨーロッパのウェイターが使っていたウォレットを『ミスターオリーブ』がアレンジ。開口部が大きく中身が一目瞭然なので、スマートな出し入れが可能です。しっとりとした高品質なレザーは、Aランクのステアレザーを『栃木レザー』でなめしたもの。

アイテム5『アップスタート』コインケース

たっぷりとオイルを含んだ絶妙な風合いと、ソフトな仕上がりが特徴のコインケース。コンパクトなサイズ感ながらお札やカードも収納できる優れモノです。

▼カテゴリ2:バッグ編

財布と同様に支持されるのが『栃木レザー』を採用したバッグです。上質感ある革の風合いは、ビジネスシーンはもちろん大人の休日コーデにもマッチします。

アイテム1『スロウ』×『アンカット バウンド』別注 2way トートバッグ

手持ちとショルダーの2WAY仕様。たっぷりあるマチで収納力も申し分なし。取り外し可能な裏地付き。裏地はストライプ柄のスタイリッシュなデザインで、巾着のように閉めるので中身が見える心配はありません。オーセンティックなデザインが革の質感とマッチしています。

アイテム2『タイドウェイ』ショルダーバッグ

『栃木レザー』の上質な素材感を生かしたシンプルな表情のバッグは、ショルダーストラップを調整することで7段階の設定が可能。ハンドバッグとしても、肩掛けでも使えます。オイルを染み込ませた『栃木レザー』を柔らかく加工し、くたっとした仕上がりに。全4色をラインアップ。

アイテム3『アミアカルヴァ』×『シップス』二つ折りクラッチバッグ

楕円形の持ち手を持つことでA4サイズの縦型バッグとして使用できるのに加え、半分に折ればクラッチバッグとして持つこともできます。オンからオフまで幅広く使用できるとあり、同ブランドでも定番化しているシリーズです。最新の今作は深みのあるベイビーキャンバス地とのコンビ仕上げ。

アイテム4『ブラウン・ブラウン』トートバッグ

ワイルドに荒々しく使うことを前提とした『ブラウン・ブラウン』のトートバッグ。耐久性があり野性的な表情の原革を使用し、太い糸のハンドステッチがデザインのアクセントに。奇をてらわない、シンプルな造形ゆえに革の味を存分に楽しむことができます。味わい深い色みはすべて一点一点手作業で染色されています。

アイテム5『スロウ』ファニーパック

余計な装飾を排したミニマルなデザインのボディバッグ。革の上質さが際立つ重厚感のある佇まいは、『栃木レザー』ならでは。ユニセックスで使えるサイズ感で、パートナーと色違いで揃えるのもおすすめです。

▼カテゴリ3:革小物編

すでに財布やバッグを持っている方や「『栃木レザー』をちょっと試したい」という方におすすめしたいアイテムをピックアップ。思わず毎日持ち歩きたくなる、秀逸アイテムが揃っています。

アイテム1『サブサエティ リミテッドエディション』ベルト

『栃木レザー』ならではの良質な素材感を生かすべく、剣先にのみアクセントの真鍮プレートをあしらったシンプルなルックス。ジーンズをはじめとするタフネスあふれるパンツと相性良くハマります。真鍮無垢の八角バックルなど、ヴィンテージライクなルックスも男心をくすぐる仕上がり。

アイテム2『ミスターオリーブ』クロシェット ネックレス

カギなどを付ければ、キーケースやキーカバーとして使用することができるクロシェットネックレス。工夫次第でほかの小物をスマートかつおしゃれに持ち運ぶことが可能です。4色のカラー展開。

アイテム3『バトラーヴァーナーセイルス』ブックカバー

『栃木レザー』の本ヌメ革を使用することで、エイジングが楽しめるように仕上げた文庫サイズのブックカバー。お気に入りの1冊を取り出す瞬間が、もっと楽しくなりそうです。アニマル柄のハラコレザーとのコンビが、エッジィな雰囲気を醸します。

アイテム4『マーズ』コーヒーフリーカップ

焙煎度によって味や香りが変わる、コーヒー豆からインスピレーションを得たコーヒーカップ。ロースト具合を、カップ側面の刻印で占めることができます。スリーブ部分に栃木レザーが使われています。カップ部分には長い歴史を誇る美濃焼きを使用。

アイテム5『アッド』レザーフラップカードケース

『栃木レザー』の柔らかな風合いを生かしたカジュアルな名刺入れ。どんなスタイリングにもマッチするクセのないデザインです。色は使い勝手のいいブラックから個性的なレッドやグリーン他、全7色をラインアップ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    BACK