アクセントとしても活躍。おしゃれな高級腕時計10選

腕時計であなたのセンスをアピールし、おしゃれだと感じてもらうためにはいくつかのセオリーがあります。そのセオリーと、それに沿ったおしゃれな腕時計を紹介します!

アクセントとしても活躍。おしゃれな高級腕時計10選

ブランドと外装こそ“おしゃれ”な腕時計のステータス

冒頭から、ちょっと極端でしたか? でも、腕時計を見て“おしゃれ”だと感じてもらうためには、この要素が何よりも重要です。この理由も含めて、おしゃれな腕時計のセオリーを解説します。

”おしゃれ”な高級腕時計のセオリー1:誰もが知るブランドから選ぶべし

おしゃれを演出したいのなら、まず女性に名前が知れ渡っているブランドを選びましょう。ファッション系、または時計ブランドでもレディースをメインに手がけるブランドがベターです。なぜなら、女性目線で“おしゃれ”を語ってもらうほうがセンスよく、好まれやすいからです。最近では専業ブランドに負けないほど、ファッションブランドが打ち出す時計のデザインはステキですからね。そういうわけで、狙わないわけにはいかないのです。

”おしゃれ”な高級腕時計のセオリー2:見た目にはしっかりこだわるべし

おしゃれな腕時計を探すなら、中身や機能は度外視してください。注目すべきは、中身ではありません。外見です。腕時計の魅力を語りつくすことができる人は別として、他人に自分のセンスをアピールするなら、外装の作りこみほど分かりやすいものはないでしょう。『シャネル』のセラミックケースみたいな強烈な外装の時計は、まさに条件に当てはまる好例です。

”おしゃれ”な高級腕時計のセオリー3:ケースの形は王道を避けるべし

有名ブランドに響かない、作りこまれた外装にも気づかない……。どこにでもいる鈍感な人に対してセンスのよさをアピールするなら、ラウンド以外の形状のケースが有効です。いくらなんでも、形状の違いは印象に残りますからね。レクタンギュラー、スクエア、トノーといった形状は非常に少数派ですが、それだけに他人の時計とかぶることがなく、個性の演出にも適しているんです。

おしゃれな印象を与える高級腕時計10選

気にかけてもらうこと、そして見てもらうこと。こうしたステップを踏まえて初めて「おしゃれだね」と思ってもらえるのです。ですから、知名度や見た目から入るのは決して悪いことではありません。さっそく、ブランドや見た目重視の腕時計を見ていきましょう。ここで語る多くのことは、外観についての知識ですが、スペックも兼備していますので、機能重視の方もご安心くださいね。

デザインのインパクトから技術まで流れるように話せる

『ブルガリ』オクト ソロテンポ

『ブルガリ』はみずからウォッチメーカーを宣言し、今やムーブメントを自社製造するほどです。このオクトは、ラウンドと八角形を組み合わせ、非常に複雑なケースの形状を実現しています。ブランド名や形状の独創性に始まり、外装技術やムーブメントの優秀さまで、うんちくの材料に富むおしゃれウォッチです。

その発色のよさに見とれてしまう

『シャネル』J12 オートマティック ソフトブルー リミテッド

業界内では目立った取り組みが見られなかったセラミックウォッチを、独自に作り上げたところに『シャネル』の時計作りに対する本気度が表れています。ツヤやかなセラミックの発色の美しさには見惚れてしまうほどで、『ラドー』と並び、この分野の先駆者と称えられて当然です。時計にあまり興味がない人が見ても、安っぽいプラスチックとのレベルの違いがわかるはずです。

時計でも成功を収めたラグジュアリーブランドの傑作

『カルティエ』タンクMC オートマティック

ジュエリーブランドとして知られる『カルティエ』の腕時計も、極めて高い完成度を誇っています。その熱意が転じて、今やジュネーブの工房でハイレベルな自社製ムーブメントを作るほどになったそう。タンクは角形時計の定番中の定番で、人目を引くスクエアケースやブランドの知名度に、文字盤の美しい装飾やムーブメントなど、見た目も話題性も最強な一本です。

渋めで、スポーティなラウンドモデル

『カルティエ』ロンド クロワジエール

この時計は2015年モデルですが、1月の見本市(ジュネーブサロン)では発表がなく、その後、大きなPRが打たれないままネットや口コミで評判になっているモデルです。スポーツモデル風のベゼルと、クラシカルなローマンインデックスの文字盤の組み合わせが独創的で、ファッションに敏感な人には響くデザインです。

ゴージャスなラグジュアリーブランドの異型モデル

『ジェイコブ』ゴースト

『ジェイコブ』はアメリカのジュエリーブランドらしく、大型の宝飾時計が人気ですが、突き抜けたデザインと機能性のある時計でも、時計ファンを驚かすことが度々あります。この時計も人気の5タイムゾーンモデルのデジタル化で、多くのファンを仰天させています。まさにゴーストの名がぴったりの異形は、初見の人も驚かせるでしょう。

ファッション系に匹敵するラグジュアリー性

『フランク・ミュラー』カサブランカ

『フランク・ミュラー』は、時計女子には知名度が高く、女性の高い審美眼に耐えるブランドです。女性経由でこのブランドを知った人なら、その魅力を感じずにはいられないでしょう。同ブランドお得意のフォルムを目にして、気にならない人はいないはず。

ただのデザインブランドとは言わせない

『ガガ ミラノ』マヌアーレ 48mm カモフラージュ

『ガガ ミラノ』は懐中時計から腕時計を作るというコンセプトが大ウケで、もはや流行だけのデザインウォッチでは済まない人気ブランドとなっています。大型ケースの存在感とカラフルな文字盤で人気を切り開いたブランドですから、こうしたカモフラージュ柄もお手の物。そのインパクトの強さは、話題にならないはずがありません。

ストリート系に傾倒している人のハートに刺さる

『ニクソン』キャノン

おしゃれにもいろいろな方向性があるわけで、ストリート系に傾倒している人なら『ニクソン』は狙い目です。セレクトショップで大人気のブランドですが、実は根っからの時計ブランドで、ハイレベルな時計もラインアップしています。このキャノンも非常にシャープな造形で、砲口を思わせるベゼルデザインもインパクトがありますね。

『ベル&ロス』バーニングスカル

GMT

ワイルドすぎるいかついデザインに注目

『ベル&ロス』バーニングスカル

スカルのデザインがインパクト大の『ベル&ロス』の人気モデル。なんと、ケースに施されたタトゥー模様は手作業で墨入れされたという、こだわりが感じられる一本ですよ。しかも、暗闇ではスカルが浮かび上がるという仕様にも驚き! コーデの主役にうってつけのパンチの効いた逸品です。ワイルドな腕元を演出したい人におすすめ。

アパレルのアイコンデザインが息づく

『ヴェルサーチ』ディロス オートマチック デイデイト

イタリアンブランド『ヴェルサーチ』は、メデューサのロゴやシンボリックなグレカ模様などを、デザインに巧みに盛り込みます。この時計は、そんな『ヴェルサーチ』のシンボリックな要素を前面に押し出したデザインが強烈。トップスやアウターと上手に合わせてイタリア人の伊達男に倣うのも、おしゃれですね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る