旬ルールをおさえよう!軍パンに合わせる靴選び

軍パンはシーズンを問わずはけるメンズの強い味方。ここでは、定番の軍パンをよりおしゃれに着こなすためのルールを紹介します。今シーズンは特に、靴選びが鍵になりそう!

まつお ありさ

まつお ありさ

SHARE
記事をお気に入り
2016.01.29

軍パンと合わせるなら、”きれいめ”な靴を狙うべし

武骨な印象の軍パンは、ワークブーツなどのハードなイメージが強い足元で固めると持ち味が生かせるでしょう。しかし、大人の男性がコーディネートに取り入れるなら、意識すべきは”清潔感”。軍パンのシルエットは太めでも細めでもOKですが、足元にクリーンな印象の靴をセレクトするだけで、大人らしく清潔感のある着こなしにまとまります。

とはいえ、これだけの情報では不親切ですから、TASCLAP世代が軍パンと合わせるべき”きれいめ”な靴を3種ピックアップしました!

軍パンと合わせたい靴1

白系スニーカー

白系スニーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クリーンな靴の代表といえばこれ! 特に白無地のシンプルなスニーカーは、ほかのパンツとの相性も抜群ですから、持っていても損はありません。カーキの軍パンなどが持つミリタリー色をマイルドにやわらげる効果もあるので、清潔感を求める大人の着こなしにはこれ以上の味方はいないと言えるでしょう。ただし、汚れが気になるという短所があるのもお忘れなく。

軍パンと合わせたい靴2

オックスフォードシューズ

オックスフォードシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オックスフォードシューズとは、17世紀にイギリスのオックスフォードの学生が使用した由縁を持つ靴のこと。甲の部分をひもで結ぶタイプの靴全般を指しており、ビジネスシューズとしても定番となっている”外羽根式”の靴と同義です。軍パンとの着こなしにおすすめしたい理由としては、洗練されたフォルムが挙げられますが、ソールにもご注目。レザーソールをはじめとするフラットな足元が、武骨なワークブーツとは異なるイメージを与えてくれるでしょう。

軍パンと合わせたい靴3

ローファー

ローファー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カジュアルなイメージでありながら、ビジネスシーンでも履けるローファーは、もちろん大人の軍パンコーデにも大活躍。黒や茶系のローファーではなく、ネイビーやベージュなどの色みをセレクトしたり、ビットローファーやタッセルローファーのようなアクセントがあるものを選んだりすれば、おしゃれ度もアップします。スラックスにもデニムにも相性抜群で、軍パンにも合わせられる、便利な一足なのです!

軍パンと”きれいめ”な靴を、より今っぽく見せるためのポイント

軍パンと合わせるべき靴が把握できたところで、次は街の洒落者たちから着こなしの実例を学びましょう。よく観察すると、どうやら着こなしのポイントは3つあるようです。

ポイント1:シンプルデザインを合わせる

軍パンは、一瞬にしてミリタリーのイメージを与える主役級アイテムです。そこにインパクトのあるアイテムを合わせると個性が強く、着こなしのまとまりがなくなってしまいます。軍パンをメインにするため、色やデザインも控えめでシンプルなものを選ぶと好印象な装いに仕上がりますよ。

ポイント1:シンプルデザインを合わせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スウェットとスニーカーを合わせたリラックススタイル。ところどころに散らした赤が差し色となって、シンプルな大人の着こなしを格上げしています。

ポイント1:シンプルデザインを合わせる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オックスフォードシューズ合わせてきれいにまとめたコーディネート。裾をロールアップしたことで足元に抜け感が出てこなれた雰囲気に。ミリタリー感を抑えた装いです。

ポイント1:シンプルデザインを合わせる 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハイゲージニットやオックスフォードシューズなど、きれいめアイテムを合わせて野暮ったさを払拭。色のコントラストやバランスも見事にまとまっています。

ポイント2:マリンやトラッドなど、ほかのテイストをミックスする

存在感が強い軍パンですが、意外にもほかのテイストとの相性も◎。ボーダーを合わせたり、ダッフルコートを合わせたりとオリーブだからこそ、着回しが効く使いやすさも魅力。今季注目のタートルネックやハイネックアイテムとの相性も抜群です。

ポイント2:マリンやトラッドなど、ほかのテイストをミックスする

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケット、ネクタイ、タッセルローファーに軍パンを合わせたコーディネート。きれいめカジュアルな着こなしに軍パンがバランスよく調和されています。

ポイント2:マリンやトラッドなど、ほかのテイストをミックスする 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ゆったりとしたトップス、ニットキャップ、スニーカーをグレーで統一した大人のリラックス感溢れるコーデ。肩の力が抜けた程良いゆるさが絶妙です。

ポイント2:マリンやトラッドなど、ほかのテイストをミックスする 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンドのハイネックニットと合わせた着こなし。ニットキャップとレザーシューズがアクセントに。タイトめなトップスを合わせたことでパンツのシルエットが際立っています。

ポイント3:色みのトーンを合わせる

なんだかんだいってヘビロテしやすいのがカーキの軍パン。これを主役アイテムとして着こなすなら、カーキの”色み”を意識してほかのアイテムをセレクトしましょう。今季はグレーやネイビーなど、暗めの同系色を合わせる着こなしがおすすめです。

ポイント3:色みのトーンを合わせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスをネイビーでまとめたミニマルな装い。シャツ、ジャケット、ローファーを合わせたドレスアップな着こなしはあか抜け感満載。パンツの丈も絶妙です。

ポイント3:色みのトーンを合わせる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハードなイメージのライダースは、細身の軍パンをあわせてカジュアルに。足元をスリッポンにしたことで、カジュアル感が強まり抜け感のあるスタイルが完成。

ポイント3:色みのトーンを合わせる 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アラン編みニットとツイードのジャケットが、武骨なパンツをマイルドに仕上げています。全体を淡いトーンで構成しつつ、足元を茶系のローファーで絞めた点も◎。

まつお ありさ
まつお ありさ
スタンダード、ベーシック、トラディショナルなものがすきな黒髪女子。スニーカーはハイテクよりローテク。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP