90年代ブーム継続なら、今年こそグランジがくる?

90年代ブーム継続なら、今年こそグランジがくる?

90年代ブームが盛り上がりを見せる中、まだ爆発的なブームになっていないのがグランジファッション。今年こそくるであろうグランジファッションについて紹介していこう。

大中 志摩

2016.02.08

冬の着こなし・コーデ
90年代ファッション

そもそもグランジとは?

そもそもグランジとは?

カート・コバーンをアイコンとするグランジファッションは、”汚れた”などを意味する”grungy”が語源。80年代後半から90年代前半に流行したロック音楽の一種で、同ジャンルから派生したスタイルだ。古着や、よれよれで色落ちした服の着崩しや重ね着が特徴。

グランジといえば、ダメージデニム、ネルシャツに、カーディガン……etc

グランジといえば、ダメージデニム、ネルシャツに、カーディガン……etc

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

グランジのアイテムといえば、ダメージデニムや着古したネルシャツ、カーディガンやニット、ローテクスニーカーなどが定番。またアイテムの他にも、ロング丈のインナーにショート丈のアウターを合わせるなど、レイヤードの仕方でもグランジをアピールできる。

これらをそのまま取り入れるのは清潔感がなくてNG! アイテムはこう取り入れる

”汚い”がポイントであるグランジは、そのまま取り入れようと思っても清潔感のない、野暮な着こなしになる危険性が。全体のサイズ感にメリハリを持たせることで清潔感を出しやすい。また、トレンドを程良く取り入れることで洗練された印象を演出できる。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

いくらグランジといっても大人が穴全開のダメージジーンズをはいていてはだらしない印象に。大人がグランジを目指すのであれば当て布で補修されたタイプがオススメ。当て布で補修することで穴全開のだらしない雰囲気が中和され、こなれ感のあるスタイルを作りやすい。また当て布がアクセントとしても活躍してくれる。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

プリントT、レザージャケット、ダメージジーンズとシンプルに合わせた定番コーデ。Tシャツにプリントされたカート・コバーンがグランジ感を際立たせる。黒をベースにした色使いでクールな印象だ。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

カーキのブルゾンをメインに白Tと色の抜けたダメージジーンズでラフにまとめた。腰に巻いたチェックシャツがのっぺりとした印象を払拭。全体的な色のバランスも絶妙だ。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

全体を細身のアイテムでまとめることでスタイリッシュな雰囲気に仕上げた大人らしいアメカジ。シンプルになりすぎないようにハットと、腰に巻いたシャツでモダンな印象をプラスした。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

赤×黒のチェックシャツとダメージジーンズを合わせた王道スタイル。MA-1とインナーのタートルネックで今日的にアップデート。すっきりとしたサイズ感のアイテムを組み合わせているので、野暮ったさも感じさせない。

ダメージジーンズは穴全開でなく、当て布で補修された加工タイプが狙い目 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ロングコートをプラスして個性あるアメカジスタイルを構築した。グレンチェックのコートはカジュアルな着こなしにも相性抜群。全体のバランスを整えるためにもパンツは細身をセレクトするのが正解だ。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭!

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アメカジスタイルを作り上げるうえで欠かせないネルシャツは、スリムシルエットのものが好ましい。素材的にもルーズなシルエットだとどうしてもだらしなく見えてしまうが、スリムシルエットを選ぶことで今っぽさを演出できる。細めのパンツはもちろん、太めのパンツと合わせた際もメリハリが生まれ、着こなしがスマートに。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭! 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネルシャツ、MA-1、ダメージジーンズを組み合わせたミリタリーテイストな着こなし。ニット帽とスニーカーをブラックでまとめることで着こなし全体を引き締めた。ダメージジーンズが程良いアクセントとして主張。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭! 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ブルーをベースにして爽やかさをアピール。モッズコートがベーシックなアメカジスタイルのスパイスに。ブリムの広いハットを組み合わせると一気に今っぽい雰囲気に仕上がる。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭! 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

黒をうまく取り入れてスタイリッシュに。MA-1で今っぽさを出しつつ、全体のバランス感を調整した。シンプルなアイテムが多い分、チェックシャツと総柄スニーカーの存在感が際立ってくる。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭! 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

各アイテム色をリンクさせたまとまりのある着こなし。Tシャツ、ネルシャツ、パーカー、コートでレイヤード感を強調し、スキニーパンツでメリハリをアピール。サイズ感を意識することできれいめアメカジを作り上げた。

ネルシャツはスリムシルエットでだらしない印象を払拭! 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

オンブレチェックのネルシャツとクラッシュデニムの組み合わせで、”まさにグランジ”を体現したコーディネート。パンツの丈感や、あえてクリーンな白のスニーカーを取り入れることで、古きよきグランジファッションをアップデートしている。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目

シンプルな単色のカーディガンが狙い目

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

グランジファッションのキーアイテムのひとつであるカーディガンは、シンプルな単色タイプがオススメ。シンプルな単色をチョイスすることでアメカジだけでなく幅広い着こなしにも活用可能だ。また、落ち着いた色合いのものであれば大人っぽい印象をアピールでき、明るい色であれば爽やかさをアピールできる。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

インパクト抜群のTシャツを主役にした上級者コーデ。ダークトーンのアイテムでメリハリを出しつつ、全体の色味を統一することで足元の赤がスパイスとして生きてくる。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネルシャツとジーンズの組み合わせにショールカラーカーディガンをプラス。シンプルな着こなしに肉厚な生地感や凹凸のある生地感が加わることで、表情のあるスタイリングを作ることができる。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

デニムとカーディガン、Tシャツというシンプルなアイテムで着こなしたグランジコーデ。ポイントは、クラッシュ加工が施されたデニムとカーディガンの素材感。ヴィンテージライクな着こなしながらも、タイトなシルエットにおさめているのが成功の秘訣。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

黒のスリムパンツとモヘアの表情が醸し出す、グランジのムードが◎。カットオフされたパンツに、白のソックスとローカットのスニーカーを合わせることで、洗練された表情もプラス。程良くクリーンな印象も加えることで、”今”を表現している。

シンプルな単色のカーディガンが狙い目 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルな組み合わせのなかに、リペアデニムの存在が映える着こなし。無地の白Tシャツとシューレースをシンクロさせることで、コーディネートの統一感を持たせている。単色のカーディガンで、ほかのアイテムを強調させ、着こなしのイメージを際立たせているのが◎。

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    黒ニットを着こなす5つのヒントと着こなしサンプル

    黒ニットを着こなす5つのヒントと着こなしサンプル

    着回しの利く黒ニットは秋冬のマストバイ。そんな定番を大人が着こなすのであれば、より男らしいイメージで攻めるのが正解です。具体的なコーデ術を提案します!

    山崎 サトシ

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

    引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

    平 格彦

    BACK