機能もおしゃれも欲張った、春のおすすめマウンテンパーカー10選

機能もおしゃれも欲張った、春のおすすめマウンテンパーカー10選

機能性の高さと注目のアウトドアテイストで今シーズンも人気のマウンテンパーカー。チェックしておきたいおすすめブランドと、街でも浮かない着こなしテクを紹介します。

大中 志摩

2018.02.02

アウター
ジャケット
マウンテンパーカー

冬にお世話になったマウンテンパーカーが、春も活躍

2016年から定番化したアウトドアMIXブームにおいて、欠かせない存在であるマウンテンパーカー。インナー次第で3シーズン着こなせる万能アウターゆえに、1着あると何かと重宝するアウターです。色彩豊かなものやデザインに富んだものが多く、いつものニットやスウェットシャツの上からざっくりと羽織るだけでスタイルを構築できるマウンテンパーカーはこの春も注目のアイテム。自分好みの傑作を手に入れて、こなれた春コーデを作ってみましょう。

合わせて読みたい: 本格アウトドアからタウンユースまで。ウインドブレーカーが便利すぎる!

今選びたいのは、デザインはもちろん、機能性も高い万能タイプ

普段の着こなしに取り入れるにはデザインも気になるところですが、長い目で見たら機能性も重要な要素。元々アウトドアでの着用を想定されているアウターだからこそ、スペックにこだわったものを選べば、街でもキャンプでも旅行でも多岐にわたって愛用できます。悪天候に強い素材や持ち運びやすいパッカブル仕様など、自分のライフスタイルに合わせた機能のものを選ぶ楽しみがあるのもマウンテンパーカーならではの利点です。

デザインも機能も重視して選ぶなら、アウトドアブランドがおすすめ

見た目はもちろん、本格的なキャンプシーンなどでの仕様も想定しているなら、まずはアウトドアブランドをチェックするのが正解。本格的な機能を搭載しながら、気軽にタウンユースできるスタイリッシュなアイテムが今年も続々とリリースされています。

アメリカを代表するアウトドアブランドとして、長年にわたり人気を不動にしている『ザ・ノース・フェイス』。とくにマルチな機能性を誇るシェルパーカは、バリエーションが豊富です。ゴアテックス(R)を採用した本格的なマウンテニアリング仕様は、ファンならずとも惹かれるスペックを有しています。防水・耐久性の高さとしなやかで動きやすい着用感を併せ持ち、登山からデイリーまでこなせる優等生です。収納用サック付き。

■参考: ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

「人生に、野遊びを」をテーマにキャンプや登山のギアやウェアを作り出している日本発の新鋭アウトドアブランド。過酷な自然での利用を想定した開発検証を重ねたアイテムは、どれもハイスペックなものばかり。こちらは、消防士のユニフォームでも使用されているアラミド繊維混素材を使用したジャケット。タフな素材の前面に多機能ポケットを施しており、焚き火やBBQなど火を使うアウトドアシーンでも活躍してくれます。

■参考: キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

アメリカを代表する登山家の夫婦により、1981年に設立荒れたアウトドアブランド。軽くてタフというアイテムコンセプトのもと、彼らの登山経験をMIXした高品質なプロダクトを輩出し続けています。写真は、耐水性と透湿性に優れた高機能素材を3重構造にすることで、さらに機能性を高めたシティユースにも最適なマウンテンパーカー。黒1色にさりげないブランドロゴのみという、シンプルなデザインがスタイリッシュです。

■参考: 徹底検証。ワイルドシングスの人気作に探る魅力の全て

環境に配慮したアイテムを作り続けるアウトドアブランドとして、世界中で愛されているアメリカブランド『パタゴニア』。登山からサーフィン、アウトドア、軍用品に至るまでそのアイテムの幅は実に豊富です。今作は、耐風性に撥水加工、さらにはUVプロテクション機能まで兼ね備えた欲張りなフード付きジャケット。リサイクルポリエステル素材を使用しているので、エコの観点からも優秀ですね。左ポケットに本体を収納すれば枕としても使えるなど、本格派ブランドならではの視点もユニークです。

■参考: パタゴニア:人気のダウンやマウンテンパーカーを解説

カリフォルニア発のアウトドアブランドである『シエラデザイン』。大ヒットした60/40クロスを用いたマウンテンパーカーは、現在のシェルジャケットの原点として知られています。フラップ付きのスクエアポケットがレトロな空気を漂わせるアイテムですが、単色を選べば現代的な着こなしにももちろんハマります。裏地は別色になっており、チラリとのぞかせれば、さりげなく着こなしのアクセントにも。

■参考: シエラデザインの十八番にメロメロ。いま欲しいのは、本格派マウンテンパーカー

オレゴン州ポートランドの帽子屋をルーツに持つ、世界的ブランド。3WAYの着こなしができる「インターチェンジシステム」を採用したアウターが爆発的な人気を獲得し、アメリカを代表するアウトドアブランドに発展していきました。こちらの男らしいハンティングパターンのジャケットは、着こなしに個性を発揮するには最適な1着。もちろんデザイン性の高さに加え、高レベルの保温性を発揮する素材を使うことで防寒着としても優れた仕上がりになっています。現代においてはコンパクトなシルエットもうれしい限りです。

■参考: 機能も見た目も大人仕様。頼りがいあるコロンビアのジャケット15選

大自然の中で活動する人が快適に行動できるようにというコンセプトのもと、ギアやクロージングを作り続けているジャパンブランドの雄、『モンベル』。最新技術を取り入れたアウトドアウェアには定評があり、軽量でコンパクトなこちらのパーカーにも、高撥水製を付与するポルカテックス加工が施されています。パーカーを収納できるスタッフバッグも付いているので、普段からバッグの中に忍ばせておいたり旅のお供にしたりと使い方は無限大。ミニマルなフィット感も魅力です。

アルピニストからも高い信頼を得ている、カナダのアウトドアブランド『アークテリクス』。ゴアテックス(R)などアウトドアに強い素材を都会的なデザインに仕上げたスタイリッシュなアイテムで、若い世代にも高い人気を誇っています。グレーやブラックなど手堅いカラーラインアップのイメージがある『アークテリクス』ですが、人気セレクトショップ『ビームス』と手を組んだこちらは見ての通りのクレイジーカラーに。両胸に配された両ブランドロゴがコラボの証。白ニットの上にざっと羽織るだけでも個性が生まれる独特な配色は、1度袖を通す価値アリの逸品です。

■参考: アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

1994年に誕生したシアトル発の『マナスタッシュ』。環境にやさしいヘンプやリサイクルフリースを使用したギアで注目されています。実用的でありながらしゃれ感のあるデザインも人気の理由ですね。おすすめしたいのは、フライパンにも使用されるテフロン加工を施した生地や防水性の高いゴム状のジッパーなど、天候の変化にも対応できる機能性が魅力のこちらの1着。着こなしを単調に見せない、落ち着いたカラーの切り替えデザインもおしゃれですよね。

スリーアイレットやイエローブーツのイメージが強い『ティンバーランド』は、実はボストンの靴屋からスタートしたブランド。防水・防寒に優れたブーツの開発を皮切りに、現在ではウェアやアクセサリーなど幅広いラインアップを展開しています。オールシーズン活躍する薄手の防水アウターもそのひとつで、メッシュ素材のライニングは通気性が良く、快適な着心地を楽しめます。ポケットに本体を収納できるので、バッグに忍ばせておけば携帯用の羽織としても活躍してくれます。

あくまでスタイリッシュに。マウンテンパーカーの着こなしサンプル

アウトドアテイストの強いマウンテンパーカーをタウンユースに落とし込むには、清潔感のあるアイテムと合わせてバランスを取ることが鉄則。巧みにタウンユースに落とし込んだ、大人仕様のコーディネートを厳選して紹介しましょう。

コーデ1上品カジュアルに旬なアウトドアテイストをプラス

ボタンダウンシャツに濃紺デニムという優等生なカジュアルコーデを、ざっくりとしたレトロなマウンテンパーカーで着崩したスタイル。トップボタンだけを留めてインナーのサックスブルーを見せることで、着こなし全体に爽やかな雰囲気を漂わせています。

コーデ2春を感じさせる色使いでしゃれ感と季節感を演出

鮮やかなオレンジのマウンテンパーカーとフェードした水色ニットの掛け合わせで、メリハリを演出したスタイリング。トップスの印象が強めなので、ボトムスはシンプルなベージュでスッキリ見せると好バランスです。コーディネートがぼんやりしないよう、足元は黒で引き締めつつホワイトソールで春らしさも取り込んでいます。

コーデ3黒のワントーンならスタイリッシュな表情に

ルーズめのマウンテンパーカーに脚にフィットするスキニーパンツを合わせることで、シャープに見えるVラインシルエットを形成。 トップスとボトムスの素材を変えることで単調さを回避しつつ、足元はジャズライン入りの『バンズ』オールドスクールでポイントをプラス。

コーデ4黒×赤でコントラストを効かせて個性を発揮!

パッと目を引く鮮烈な赤のマウンテンパーカーを主役にするべく、ボトムスは黒で主張の控えめなものをセレクト。全体に色みが強い印象なので、パンツは足首の出るクロップド丈にして軽さを出しています。グレーの『ニューバランス』が程良い抜け感を演出。

コーデ5派手色マウンテンパーカーで定番カジュアルを格上げ

アウトドアテイストの強いツートーンのマウンテンパーカーをベーシックなジーンズに重ねることで、トーンのバランスが取れた着こなしにシフト。インナーのスウェットブルゾンにはノーカラータイプを選ぶことで、品の良さと春らしい軽さを首元に取り込んでいます。クリーンな白い『コンバース』も爽やかです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK