ワークブーツを好印象に履きこなす、5つのルール

ワークブーツを好印象に履きこなす、5つのルール

やっぱりラギッドなワークブーツが好き。そんな人に意識してほしいのが “好印象” です。男らしさを追求するのは小休止して、上品かつ爽やかに履きこなすのが今の気分!

平 格彦

2016.11.11

ブーツ
ワークブーツ
冬の着こなし・コーデ

そもそも、ワークブーツとは?

ワークブーツとは読んで字のごとく「労働者のブーツ」。激しい労働作業にも耐えうる耐久性の高いブーツです。現在は労働の場で使われることは少なくなりましたが、その武骨な雰囲気でファッションシューズとしての人気を確立しました。大事にメンテナンスしてあげればかなりの年月を共に過ごすことができます。履き続けている以上ダメージは受けていきますが、そんなダメージすら愛しながら、楽しんでエイジングしていきましょう。

ワークブーツの種類

「ワークブーツ」とひと口に言ってもタイプはさまざま。それは農作業や採掘作業、工場作業など、職業別に最適なブーツが生まれてきたため。数あるワークブーツの中でも特に人気の高い3つのタイプをご紹介しましょう。

ラインマンブーツ

「ラインマン」は電線工のこと。20世紀初め頃のアメリカで活躍した職業ですが、当時は技術の進化に安全面の確立が追い付かず、ラインマンは危険な仕事の代名詞でした。高所で繊細な作業を強いられる彼らの安全を守るため、ラインマンブーツはつま先近くまでシューレースが施され、足にしっかりフィットするよう作られています。

エンジニアブーツ

こちらは工場作業する男たちのために作られたブーツ。シューレースを使っていないのは、機械に巻き込まれて事故を起こさないようにするためといわれています。またつま先部分にはプラスチックやスチールのカップが内蔵されているモデルも多く、これは不慮の落下物から足を守るため。物の多い工場ならではの配慮ですね。

ペコスブーツ

両サイドに配されたプルストップが特徴的なペコスブーツは、アメリカ南部のペコス川流域で使われていた農作業用シューズです。その起源はカウボーイが好んで履いたウエスタンブーツ。「ペコスブーツ」という名称はレッド・ウィング社が商標登録したものですが、現在は他のブランドでもペコスという呼び名が定着しています。

ラギッド感ムンムンのワークブーツ。好印象に着こなすには?

スポーティなスニーカーが流行っているからこそ、ラギッドなワークブーツが新鮮です。かといって、男っぽいイメージが強すぎるのは今っぽくないので御法度。好印象を意識して、スマートなブーツスタイルを築くのがベストです。そのためのルールを5つ紹介!

ルール1:ピーコートでソフトな品格をブレンドする

ミリタリー感、品のよさ、カジュアル感、学生風といったイメージをあわせ持つのがピーコート。ラギッドで男っぽいワークブーツとも相性抜群でありながら、持ち前のマイルドな品格で上品な印象に仕上げてくれます。ソフトな印象が引き立つネイビーかグレーを本命に。

白のタートルネックとピーコートの組み合わせで、ブーツの武骨さを払拭した着こなし。濃紺のデニムも、大人らしい印象をアシストしています。

ニット、チェックシャツ、加工ジーンズ、ワークブーツという王道アイテムで組み立てたアメカジスタイル。それをグレーのピーコートで覆い、落ち着いたムードを演出!

ライトグレーのピーコートがマイルドな品格を放つコーディネート。襟を立てることで男っぽくアレンジしつつも、黒いパンツで引き締めて全体的には上品に仕上げています。

ルール2:ホワイトのトップスで旬な爽快感を組み込む

ラギッドとは対極の印象を持つホワイトの人気が続いています。ということで、目につくトップスを白にするのも好印象のコツ。そうすれば、瞬時に粗野感が中和できます。シャツでもOKですが、堅いイメージになりがちなのでニットがイチ押し。パーカーなども白を選ぶだけで好印象につながります。

白いタートルネックニットはこの秋冬の人気アイテム。レザージャケットにジーンズとワークブーツを合わせた武骨なアメカジスタイルでさえ、爽やかに見せることができる存在なのです。

柄などの表情があるバルキーな白ニットは、ラギッドなアメカジ調とクリーンな清潔感を兼備する貴重なアイテム。冬のインナーとして、春はトップスの主役として活用できます。

男らしいワーク感を湛える『ティンバーランド』のブーツに、スウェットパンツなどを合わせたアメカジ系スタイル。ただしパーカーの白が効いているのでクリーンな印象です。

ルール3:タック入りグレーパンツで品のある下半身を演出

アメカジ感はワークブーツに任せ、とにかく大人らしいスタイルを築きたいなら、品位あるタック入りのグレーパンツを用いるのがおすすめ。どんなスタイリングにも落ち着きを与えてくれます。黒いブーツを相棒に任命すれば、ドレス感のある下半身が築けます。

2タック入りのアンクルカットパンツが、ブーツを上品なスタイルへとエスコート。白のタートルネックや、グレーのコートとのグラデーションも見事にマッチした着こなしです。

クロス状の織柄があしらわれたワンタック入りのパンツは、スリムなシルエットが美麗。ワーク調のブーツを合わせても、クールにまとまります。ニットアウターで温かみも加味。

センタークリースが入ったグレー基調のパンツでも同様の効果が。さらに、カジュアル色が強いリブパンツでも十分に上品です。レザージャケットを合わせれば、クールで好印象なスタイルに。

ルール4:明るいトーンのワークブーツで軽やかに印象づける

ワークブーツといえば、ブラックやブラウンが目に浮かぶはず。だからこそ、ベージュやホワイトといった明るいカラーを選ぶと意外性があります。視線がブーツに集まることで軽快なイメージが強調され、マイルドなニュアンスを生み出します。

ニット、ジーンズ、ワークブーツを用いた典型的なアメカジスタイルを、キャメルカラーのコートとベージュのブーツでライトにブラッシュアップ! 適度な品格が好印象です。

『ティンバーランド』の王道ブーツもホワイトなら新鮮。爽快でヘビーデューティな印象が緩和されています。ダウンジャケットに負けないボリューム感で全身が好バランスに。

こちらも『ティンバーランド』シックスインチブーツのホワイト版。ざっくりしたニットにチノパンを合わせたラフなコーディネートを、足元からクリーンに格上げしています。

ルール5:旬なツバ広ハットでラギッド感を打ち消す

ウールやファーを使ったハットは品格が魅力。流行しているツバ広ハットもしかりです。つまり、クラスアップするのにもってこいのアイテムということ。その品のよさが好感度に直結します。アイウェアと組み合わせると相乗効果が生まれ、いっそう上品な印象を振りまくことができます。

クラッシュジーンズとワークブーツのセットがアメカジ感を主張している装い。そこにツバ広ハットを合わせ、大人な印象を加味しています。チェスターコートも格上げに貢献!

最近人気のサイドゴアブーツ。そのなかでも武骨なイメージの一足に、マウンテンパーカーを合わせてアウトドア調のスタイルに。ハットとメガネで品よくまとまっています。

ジージャンとジーンズのセットアップにブーツを合わせたラギッドな着こなしを、チェスターコートと顔周りの小物で、上品なコーディネートに昇華した好例。大人なムードが好印象につながります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

    定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

    老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

    編集ムタガミ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    使い勝手抜群! カーキパンツで作るコーディネート集

    使い勝手抜群! カーキパンツで作るコーディネート集

    旬なミリタリーテイストを連想させるカーキ色のパンツが人気。ジーンズに匹敵する汎用性と新鮮みを両立する有能なアイテムなので、1本持っておいて損はありません。

    平 格彦

    黒ニットを着こなす5つのヒントと着こなしサンプル

    黒ニットを着こなす5つのヒントと着こなしサンプル

    着回しの利く黒ニットは秋冬のマストバイ。そんな定番を大人が着こなすのであれば、より男らしいイメージで攻めるのが正解です。具体的なコーデ術を提案します!

    山崎 サトシ

    BACK