必需品。ハイゲージカーディガンなら冬も春も着回せる

必需品。ハイゲージカーディガンなら冬も春も着回せる

カーディガンは汎用性が高く、メンズコーデに幅広く使える強い味方。ここでは、そんなオールマイティな魅力を持つカーディガンを冬も春も着こなす方法、伝授します。

平 格彦

2017.02.14

トップス
カーディガン
春の着こなし・コーデ

ハイゲージorローゲージ。春までの着用を考えると選びたいのは断然ハイゲージ!

ハイゲージorローゲージ。春までの着用を考えると選びたいのは断然ハイゲージ!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ローゲージのざっくりとしたニットはたいてい厚手。保温性に優れているからこそ、春の暖かい日に使うのは難しいものです。ということで、活用しやすいのはハイゲージ。適度な保温性があるため、ヘビーなアウターと組み合わせれば真冬でも貢献してくれます。また、シンプルなデザインが多いのも着回しやすい理由です。

選びたい素材はカシミヤ。混紡してあるだけでも大人な上質感が漂う

選びたい素材はカシミヤ。混紡してあるだけでも大人な上質感が漂う

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなデザインのカーディガンは、生地感がダイレクトに出てしまいます。つまり、上質な素材を選ばなくてはなりません。そこで、上質な光沢と滑らかな質感を宿すカシミヤを選ぶのが賢い選択。カシミヤ100%だと選択肢が限られてしまうので、混紡素材も視野に入れてお気に入りのカーディガンを見つけてみては?

今おすすめしたい、カーディガン5選

着こなす方法を把握すればするほど、カーディガンが欲しくなってきませんか? 今の時期は冬物がセール対象になってきているため、カシミヤを使った上質なカーディガンがバリューなプライスで手に入るチャンスです。狙い目のアイテムを厳選しました!

アイテム1『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

非常にシンプルなデザインでオールマイティーに着回しができながらも、ワッフル素材がシンプルになりすぎないスタイリングに仕上げてくれる極上Vネックカーディガンです。リラックス感の漂うゆったりとした旬な着こなしにもハマります。

アイテム2『ステュディオス』

『ステュディオス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シャツのようなディテールを取り入れた、少し変化球なカーディガン。ハリがあってシワになりにくいエラージという素材が、独特なニュアンスを与えてくれます。サラッとした肌触りで、春夏にぴったりの一枚です。

アイテム3『カンビオ』

『カンビオ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンリネンにラミー素材を加えたシャリ感のある質感が新しいカーディガン。『カンビオ』らしいデザインも冴えていて、星柄のエルボーパッチを描くことでデザイン上のポイントにしています。ワンスターなので子供っぽくならず、幅広いカジュアルスタイルに使える万能な一着。

アイテム4『ビーミング by ビームス』

『ビーミング by ビームス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上質感と爽快感を兼備するエクストラファインメリノウール素材を起用。程良い光沢感があり柔らかな生地で、肌触りにとことんこだわったアイテムです。カラバリもベーシックに富んでいるので、何色か揃えてもいいかもしれません。写真の生成りのほか、グレー、ブラック、ネイビーがラインアップ。

アイテム5『ユナイテッドトウキョウ』

『ユナイテッドトウキョウ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

日本の高度な技術が織り成した18ゲージのカーディガン。国内でも大変貴重なを島精機を使用し、低速で一枚いちまい丁寧に編み上げられています。ミラノリブを採用しているため、薄くてもしっかりとしたハリのある仕上がりです。ベーシックなデザインなので幅広いコーディネートにマッチします。

カーディガンが冬から春まで使える理由

ハイゲージのカーディガンは薄手なので、ヘビーなアウターのインナーとして使いやすいのが利点。さらにライトなアウターとしても使えるので、春になったら主役として着回すことも可能です。汎用性が高いのは、無地かそれに近いシンプルなデザイン。もしくは伝統的な柄物を選べば着回しがきくはずです。

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルなカーディガンならどんなアイテムにも合いますが、冬は寒々しく見えないように注意も必要です。そこでインナーにはシャツを合わせるのがおすすめ。カーディガンの上品な印象を引き出すこともできます。また、旬なタートルネックでもOK。当然、その上にヘビーなアウターを重ねても大人っぽくまとまります。

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

クリーンなバンドカラーシャツ×シンプルなブラックカーディガンのセットは、落ち着いた大人の雰囲気。モノトーン調で都会的にまとめつつ、ローファーでトラッド感を上げています。

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

タイドアップしたビジネススタイルにも、カーディガンは相性抜群。かっちりとしたジャケットやタイトめのパンツとも馴染みやすく、大人の上質な着こなしを演出してくれるでしょう。

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

冬の定番であるスウェットシャツに重ねるなら、ケーブル編みのカーディガンで表情を加えてみるのも1つの手。コーディネートが重々しく見えないよう、クリーンなオフホワイトをセレクトすることで旬なスタイリングに。

▼冬に取り入れるなら、シャツかタートルネックカットソーを合わせる 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

上半身をダークトーンでまとめ、統一感を演出。パンツやスニーカーは春先を意識した色みを合わせれば、今の季節にぴったりの大人カジュアルが成立します。

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む

WEARWEAR

お気に入り追加

ニット地のカーディガンは見た目以上の保温性があるため、暖かい日ならインナーはTシャツで十分。素材感を引き立てるためには、シンプルな無地の白が最適です。清潔感に加え、こなれたムードや適度な着崩し感が自動的に醸し出されます。汎用性の高い最強のセットと言えます。

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

オフホワイトのカーディガンは、カシミヤ100%の上質な一枚。ボタンも同色のシンプルな作りを生かすため、白いTシャツを合わせています。無造作なのにスタイリッシュ!

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

モノトーンのコーディネートに映えるグリーンのカーディガンが◎。上品に見えるスタイリングの中に、あえてスニーカーを加えてハズしている点も好印象。程良くカジュアルで、クリーンに見せる着こなしは、春先でも活躍しそう。

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

春らしさを感じさせる淡い色みでメイクした着こなし。膨張して見えがちな色みは、体のシルエットに合わせたサイズ感でスマートに見せるのが正解です。ベージュの革靴も大人らしい表情をうまくアシストしています。

▼春に取り入れるなら、白いTシャツをインナーに組み込む 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

無地のカーディガンに飽きたら、上品な格子柄もおすすめ。クルーネックではなく、ヘンリーネックの白いTシャツを合わせることで、気持ち男っぽくまとめています。

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

平 格彦

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    男のコート選び。チェックしたい8種のデザインと着こなし方

    男のコート選び。チェックしたい8種のデザインと着こなし方

    目移りするほどに豊富なメンズコートの種類。定番から旬モノまで、押さえておきたい型を8種にまで絞り込み、着こなし例と合わせて解説します。

    平 格彦

    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    アメカジを象徴する定番アイテムのなかでも、グレーのスウェットシャツは肌寒い季節のマストハブ。より大人らしく、おしゃれに着こなす秘訣を披露しましょう。

    平 格彦

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK