懐かしのハルタの革靴が大人のメンズコーデに使える!

懐かしのハルタの革靴が大人のメンズコーデに使える!

昨年からじわじわ来ているローファー。そんな中、学生時代にお世話になったあのブランドが注目を集めています。コラボモデルや着こなしでその魅力をご紹介。

2016.02.22
SHARE
記事をお気に入り
Asami Kitsukawa

執筆者

Asami Kitsukawa
大学卒業後、フリーライターとしてファッション、ライフスタイル誌を中心に活動。メンズ・レディース問わず、足を使った情報収集が得意です。 記事一覧を見る
...続きを読む

懐かしいイメージの『ハルタ』が大人の注目を集めているワケ

懐かしいイメージの『ハルタ』が大人の注目を集めているワケ

ワシントン靴店 楽天市場店

ワシントン靴店 楽天市場店

お気に入り追加

『ハルタ』は大正6年創業の老舗靴メーカー。中でも学校指定靴では、長らくトップシェアを誇っています。TASCLAP読者も初めての革靴は『ハルタ』だったという人も多いのではないでしょうか。そんな『ハルタ』が大人たちに再注目されるようになったのは2010年代に入ってから。レディースブランドの別注にはじまり、メンズでも『ビームス』など人気のセレクトショップがコラボレーションを開始。「優れた商品を適正価格で」を企業ポリシーにしているだけあり、ジャパンメイドのレザーローファーが1万円台から手に入るのも魅力のひとつです。

まずは定番モデルをチェック!

アイテム1

通学ローファーの大定番 906

通学ローファーの大定番 906

ワシントン靴店 楽天市場店

ワシントン靴店 楽天市場店

お気に入り追加

牛革の906はメンズローファーの大定番。3Eという日本人に一番多いウィズで履きやすく、履くほどに足に馴染むのがうれしい。カラーはブラック、ダークブラウンの色展開。

アイテム2

雨でも安心! 合成皮革の 6550

雨でも安心! 合成皮革の 6550

靴のシューマート 楽天市場店

靴のシューマート 楽天市場店

お気に入り追加

906と並ぶベストセラーが6550。合成皮革なので、雨天でも気にせず履けるのが最大のメリット。カラーはブラック、ブラウンに加え、ムラっぽさが特徴のジャマイカの3色展開。

ブランドとのコラボモデルをチェック!

アイテム3

『リップオブハニー』×『ハルタ』スエードローファー

『リップオブハニー』×『ハルタ』スエードローファー

CHARLY ONLINE STORE 楽天市場店

CHARLY ONLINE STORE 楽天市場店

お気に入り追加

メンズブランド『リップオブハニー』が別注したスエードローファー。クラシックなフラットストラップがすっきりと上品な印象を与えます。ヒール部分のさわやかなホワイトレザーの切り替えが効果的。

『リップオブハニー』×『ハルタ』スエードローファー 2枚目の画像

春らしさあふれるエメラルドグリーンもあり

アイテム4

『ハルタ』×『GDC』アニマルミックスローファー

『ハルタ』×『GDC』アニマルミックスローファー

こちらは熊谷隆志が手掛ける『GDC』とのコラボレーション。ガラスレザー、ラバー調レザーにハラコをアクセントにした大人の一足で、ドレスアップスタイルにも使えそう。

『ハルタ』×『GDC』アニマルミックスローファー 2枚目の画像

インソールは柄ハラコと、見えない部分にもこだわりが

『ハルタ』×『GDC』アニマルミックスローファー 3枚目の画像

ホワイトとのバイカラーバージョンもあり

『ハルタ』のローファーを使った着こなしをチェック!

Style1

シンプルなモノトーンスタイル

シンプルなモノトーンスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

黒のカットソーと太めホワイトパンツに合わせたのは『アルフレッド・バニスター』とのコラボモデル。ロールアップ&素足風は春からぜひ取り入れたい着こなし。

Style2

スウェットパンツスタイルの締めにローファーを

スウェットパンツスタイルの締めにローファーを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

難易度の高いスウェットパンツスタイルの締めに使ったのは、『GDC』別注のタッセルローファー。上品なネイビースエードタイプなので、ローファーだけが浮いていない。

Style3

ロックスタイルにローファーが新鮮!

ロックスタイルにローファーが新鮮!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オールブラックのロックスタイルにまさかの『ハルタ』合わせ。失敗しないコツは、やはりソックスレスとパンツのロールアップ。ジャケットを変えれば、オフィスカジュアルにも応用できそう。

ここで紹介した以外にも直営店のみで買えるタンクソールモデルなど、バリエーションも充実した『ハルタ』のローファー。気軽にトレンドを取り入れたいなら、ぜひチェックしてみて。

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP