レミレリーフこそ大人カジュアルの本命。推しの理由と買いのアイテム

休日は肩の力を抜いてカジュアルに装いたい。だけど、大人っぽさはちゃんとキープしたい。そんな人に全力でおすすめしたいのが、『レミ レリーフ』というブランドです。

髙須賀 哲

髙須賀 哲

SHARE
記事をお気に入り
2020.08.26

『レミ レリーフ』って、こんなブランドです

『レミ レリーフ』って、こんなブランドです

Arthur Fashion World

Arthur Fashion World

お気に入り追加

『レミ レリーフ』がスタートしたのは、2007年のこと。ブランド名の由来は、“REMIX=工夫・想像”と、“RELIEF=省く”を意味する2つのワードで、各工程を工夫しつつ、余計なものは取り除き、良いものを生み出したいという思いが込められています。また、ブランドコンセプトとして、“ハイクオリティ オブ ライフ”を掲げている通り、品質を徹底的に追求しており、理想の品質を実現するため、裁断、縫製、染色、加工まで行える自社工場を岡山県に構えるほどのこだわりを持っています。

だから推したい。『レミ レリーフ』を大人カジュアルに取り入れるべきメリット

だから推したい。『レミ レリーフ』を大人カジュアルに取り入れるべきメリット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『レミ レリーフ』のスタイルのベースとなっているのは、古き良きアメリカンカジュアルです。そのため、ヴィンテージ感を漂わせるユーズド加工が特徴の1つとなっています。自社工場で独自の技術により施されるナチュラルな加工はまさに秀逸。素材の持ち味を引き出しつつこなれた印象を醸し出しています。その一方、トップスもボトムスも現代的なシルエットにアップデートされているため、昔のアメカジのような野暮ったさは皆無。このように、着こなしに取り入れることで適度に武骨さを漂わせつつ、同時に大人っぽく洗練された雰囲気を演出できる絶妙なバランス感覚こそ『レミ レリーフ』の真骨頂といえるでしょう。

即戦力アイテムをピックアップ。『レミ レリーフ』のおすすめ13選

『レミ レリーフ』では全シーズンを通して、幅広いラインナップのアイテムを展開していますが、今回は即戦力として使える夏~秋モノを中心におすすめの逸品をご紹介します。取り入れれば着こなしが一段と洒脱に格上げされるはず。

アイテム1

ノースリーブ天竺T

ノースリーブ天竺T

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

機能的なバッグで知られる『ブリーフィング』とコラボしたノースリーブTシャツ。フロントには大きなパッチポケット、バックには『ブリーフィング』を象徴するテープがあしらわれたジップポケットを備えています。異素材の切り替えも奥行きのある表情を演出。

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

バッグ・ファッション小物

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

2020.02.14

アイテム2

別注バンダナ格子柄ショートスリーブシャツ

別注バンダナ格子柄ショートスリーブシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

繊細なバンダナ柄を全面にあしらった半袖シャツ。サイドに配された2本の装飾的なラインがアクセントになっています。また、こちらは『アンカットバウンド』別注として両サイドにポケットがセットされており、さらに使い勝手が向上しています。

アイテム3

ユーティリティ半袖シャツジャケット

ユーティリティ半袖シャツジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ショット』、『レミ レリーフ』、『アンカットバウンド』のトリプルコラボによる半袖シャツ。胸元の機能的なポケットやバックポケットが男心をくすぐります。何度も洗いをかけることで生まれたパッカリングが、こなれた雰囲気を演出。

アイテム4

別注 カット ジャカード アロハシャツ

別注 カット ジャカード アロハシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

独自にロープ染色を施したオリジナルのレーヨン糸を使い、ジャカード織りで柄を表現したこだわりのアロハシャツ。通常の5倍の時間をかけて作られただけあって、風合いの良さは抜群。味わいのあるウクレレ柄やヴィンテージ感漂うネコ目ボタンも秀逸です。

アイテム5

ショートスリーブ スウェット カットオフ

ショートスリーブ スウェット カットオフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ産のオーガニックコットンを使った半袖スウェット。本来であれば製造工程で廃棄されるはずの短い繊維の“落ち綿”を利用したサステナブルな1着で、ハリがありつつもソフトな肌触りが魅力となっています。ラフにカットオフした袖口もポイント。

アイテム6

コーデュロイショーツ

コーデュロイショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏らしいさわやかなコーデュロイ製のショートパンツ。昔ながらの硫化染めで染められた糸を使い、独自の加工を施すことにより、リアルでクリーンなユーズド感を表現しています。また、ウエスト部分にゆとりがあるため、リラックスして着用できます。

アイテム7

シャンブレーウエスタンシャツ

シャンブレーウエスタンシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドを象徴するアイテムの1つであるウエスタンシャツ。良質なオーガニックコットンであるジンバブエコットンを使ったシャンブレー生地を採用し、全体に満遍なく色落ち加工を施しています。フロントのリアルなリペア加工にも注目。

アイテム8

インディゴ裏毛ジップパーカー

インディゴ裏毛ジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムと同様にインディゴ染料でロープ染色を施した糸を旧式の編み機で編み上げたジップアップパーカー。独特のリブの形状やネイティブテイストのダブルジッパーがアクセントになっています。職人が丁寧に手作業で行った色落ち加工も秀逸。

アイテム9

別注チノストレッチカラーパンツ

別注チノストレッチカラーパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

やわらかく光沢があり、吸水速乾性に優れるエコ素材のテンセルを混紡した生地を使用。脚のラインをきれいに見せるテーパードシルエットで、涼しげなくるぶし丈に仕上げています。独自の加工による自然な色落ちや別注ポイントであるポケットのビーズの装飾も見どころ。

アイテム10

デニム 1st ジャケット

デニム 1st ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“ファースト”と呼ばれるヴィンテージのデニムジャケットを忠実に再現した1着。ベーシックなデザインなのでトレンドに左右されることなく長く着られます。クリーンでリアルな色落ち具合は、まさに『レミ レリーフ』の真骨頂。

アイテム11

別注 ミルフライトジャケット

別注 ミルフライトジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージのナイロンフライトジャケットをモチーフにしたジャケット。左肩のシガレットポケットやフロントのオキシジェンタブなど、ディテールもしっかり作り込まれています。清潔感のあるベージュカラーなので汎用性にも優れます。

アイテム12

軽量コットンダウンコート

軽量コットンダウンコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

高密度で織り上げたコットン素材を表地に使用し、味のある風合いに仕上げたダウンコート。身幅をオーバーサイズにして現代的なテイストを盛り込みながらも、アームホールや袖幅を絞って、大人にも似合う絶妙なシルエットに落とし込んでいます。

アイテム13

注染カモ柄インナーJK

注染カモ柄インナーJK

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

インナーとしてもアウターとしても活用できる中綿入りのキルティングジャケット。ナイロンの表地は、注染という手法で独特の淡い迷彩柄に染め上げられています。前立てやパイピングには羊のバックスキンを用いるなど、細部にもこだわりをしっかり注入。

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ウェア・コーデ

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

2019.04.11

マーカウェアのアイテムが持っているのは、確かな上質さと程良い遊び心だ

ウェア・コーデ

マーカウェアのアイテムが持っているのは、確かな上質さと程良い遊び心だ

こなれた大人のウィークエンドスタイルには、確かな上質さと程良い遊び心が必要。その2つを見事に両立するブランドこそが、ジャパンブランドの雄であるマーカウェアです。

山崎 サトシ

2018.01.30

髙須賀 哲

モノの背景を伝える記事執筆が得意

髙須賀 哲
男性ライフスタイル誌「Free&Easy」の編集に8年間携わり、2013年にフリーランスの編集・ライターとして独立。紙媒体・WEB媒体を問わず、メンズファッション、ライフスタイルに関する記事を執筆しているほか、アパレルブランドのカタログやWEBビジュアルのディレクションも手がける。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND