メンズの結婚式服装マナー|スーツや小物の着こなし方

結婚式や披露宴に出席する際は略礼装と呼ばれるドレスコードが必須。略礼装の基本となるアイテム選びや、絶対に抑えておくべきポイントをまとめて紹介する。

メンズの結婚式服装マナー|スーツや小物の着こなし方

失敗できないアイテム選び。そのポイントは?

結婚式・披露宴に出席する際は略礼服での出席が基本。黒のほかネイビーやグレーのスーツでも問題はない。今回は親族として参列する場合や上司の結婚式に招かれた場合を想定し、まずはブラックスーツで基本を押さえておきたい。

アイテム1

テーラードジャケット

スーツスタイルの顔ともいえるジャケットは、シングルの1つボタンでラペルの先端が上を向いているピークドラペルのものがもっともフォーマル度が高いジャケットになる。生地は光沢感のあるプレーンなものを選ぶのがベスト。

アイテム2

スラックス

パンツの裾にはシングルとダブルがあるが、フォーマルの場で着用するのであればシングルが正解。またスラックス単体で購入するのではなく、ジャケットと共布で作られたツーピースのブラックスーツを選べば間違いない。

アイテム3

シャツ

シャツはポプリンなどの白無地のレギュラーカラーまたはワイドカラーのものが基本。袖口はシングル、ダブルどちらでも問題ないが、袖を折り返してカフスで留めるダブルカフスのほうがフォーマル度が高い。

アイテム4

ネクタイ

最近では色のついたネクタイも許されつつあるが、基本となるのは光沢のある白やシルバーのもの。また、デザインはレジメンタルストライプが望ましいが無地、無地調の小紋柄、ドット柄などでも問題はない。

アイテム5

ベルト

見えないからといって手を抜かず、しっかりとマナーに沿ったものを選びたい。選ぶ際のポイントとしては、革製で黒、バックルはシンプルなもの。また、幅が3cm程度ならスマートな印象を与えてくれる。

アイテム6

革靴

革靴のは黒のみという訳ではないが、ここは黒を選んでおいたほうが無難。また、デザインはレースアップタイプのストレートチップがスタンダード。シンプルなデザインが好みという人はプレーントゥでもOK。

アイテム7

靴下

おめでたい席だからといってカラフルな靴下や白の靴下はNG。結婚式や披露宴でスーツに合わせる場合、靴下は黒のみ。長さはふくらはぎまでカバーするミドル丈、デザインは無地を選べば間違いない。

アイテム8

バッグ

普段使いのバッグではせっかくの着こなしも残念なことになりかねないので、クラッチバッグをうまく活用して。ロゴや柄の入っていない黒の革製でシンプルなデザインがベスト。スーツにも相性がよく、普段使いでも活用できる。

アイテム9

アクセサリー類

アクセサリー類のなかでもマストで取り入れたいのがリネンやシルクの白無地のポケットチーフ。さまざまな折り方があるがスリーピークスがおすすめだ。また、カフスやネクタイピンも身につけることができる。

ポケットチーフ

胸のポケットからのぞくチーフは、祝いの場を華やかにする陰の立て役者だ。素材はリネンかシルクが一般的だが、汎用性の高いシルクのほうが初心者にはおすすめ。「シルクの白」が1枚あれば、結婚式以外のシーンでも安心だ。

カフス

「昼の式なら白蝶貝、夜の式なら黒蝶貝か黒オニキス」が長らく一般的とされてきたが、現在はそうした感覚も薄れフレキシブルに楽しめるようになってきている。年配の方が同席する場合だけ注意するといいだろう。

ネクタイピン

結婚式においてネクタイピンは「つけなくてもい」といわれているが、男性の礼装は落ち着いた印象になりがちのためワンポイントとして取り入れるのはまったく問題ない。面積も小さいので多少は遊んでもいいだろう。

お悩み別。結婚式・披露宴でのスーツスタイル

先述した9項目は、結婚式・披露宴に出席する際のスーツスタイルの基本。ここからは、実際に着こなす際に誰もが抱くであろう疑問を、着こなしを参考にしつつ解消していこう。

Q.“失敗しないスーツスタイル”が具体的に分からない…

A.ブラックスーツ+シルバータイなら問題なし

メンズのフォーマルウェアはルールが決められている分、ルールに沿って正しい服装で臨みたいところ。ブラックスーツにシルバーのネクタイを合わせた基本の着こなしさえ押さえておけばどんな式にも対応できる。

ブラックスーツにソリッドなシルバーのネクタイを合わせた正解コーデ。ボタンダウン仕様のシャツや、カーキのクラッチバックで個性を加えている。

Q.ブラックスーツはどんなものがおすすめ?

A.セレクトショップに頼るのが◎

スーツ専門店やオーダーメイドなど、ブラックスーツを購入できる場は数多くある。しかし、+CLAP Men世代には現代的なシルエットが入手できるセレクトショップのスーツやセットアップジャケットがおすすめ。ここで紹介する、価格帯も、ディテールもさまざまなラインアップをぜひ参考に。

『ナノ ユニバース』

立体的なフォルムでありながら、すっきりとしたシルエットが魅力。シルク混のなめらかで艶やかな生地が高級感と品のよさを演出してくれる。

『アーバンリサーチ』

なめらかな淡い光沢と、さまざまな動きに対応する伸縮性を併せ持つ新素材「ポンチ」を使用したテーラードジャケット。モダンなシェイプは普段のカジュアルコーディネートに合わせても難なく落とし込める。

『エディフィス』

ドレスランコレクションと名づけられた、スーツコレクションライン。車や自転車に乗る際など、アクティブなシーンを想定して作られている。「防シワ」や「ストレッチ」など6つの機能を兼ね備えている点が魅力。

Q.悪目立ちしたくないけど、おしゃれに装いたい…

A.ボウタイを活用せよ

基本は覚えたから、おしゃれさをアピールしたいと思っている人も多いハズ。そんな時はボウタイを取り入れてみては。悪目立ちせず、おしゃれも楽しめる。ただし、ボウタイは夜のアイテムなので午前中から始まる結婚式にはNGだ。

スリーピースのダークスーツに革靴やメガネといった小物使いで紳士度満点。これほどまでに徹底された着こなしにボウタイは程よくマッチする。

Q.フォーマルにまとめるために、どうすればいいのやら…

A.スリーピースでドレッシーに

略礼装のなかでもっともフォーマル度の高いスタイルはスリーピース。ツーピースでも間違いではないが、スリーピースが正統派の着こなしといえる。カラーもブラックを選べば昼夜問わずほとんどの慶事に着用することが可能。

スリーピースのスーツであることはもちろん、シルバーのレジメンタルタイや、チーフ使いなど、どの角度から見ても好印象間違いなしの着こなし。ジャストなサイジングが、センスのよさを引き立てている。

Q.おしゃれで上品なスーツスタイルって、わがまま?

A.控えめで定番の柄なら、まだ許容範囲内

おしゃれで上品な着こなしを楽しみたいという人はダークスーツがおすすめ。チェック柄やストライプ柄が入ったデザインであれば、よりおしゃれな印象に。ただし、目上の人の式にはブラックスーツのほうがよい。

ダークスーツにシルバーのボウタイが映えるコーディネート。時計やリング、メガネなどの小物使いも、主張しすぎることなくおしゃれなムードを演出している。

Q.大人ならではの貫禄を演出したいのですが…

A.ダブルのスーツにチャレンジするのが◎

大人ならではの貫禄を出したいという人はダブルスーツをチョイスしてみては。シングルに比べ、どっしりとした印象なので貫禄を出すにはぴったり。もちろん略礼服として間違いではないので心配なく。

ダブルのジャケットのコーデは、何よりもサイジングが重要。現代的に着こなすのであれば、コンパクトなサイズ感で着こなすと◎。+CLAP Men世代的には、お腹まわりの気になる場所もカバーしてくれるので、ぴったりかも。

Q.濃紺カラーのスーツでも大丈夫なのかな…

A.問題なし。ただし主役の立場を考慮して

ネイビーやチャコールグレーのダークスーツはブラックスーツの次にフォーマル度が高いといわれているので問題ない。友人や同僚の結婚式に参列する際はダークスーツでもいいが、上司などの結婚式はブラックスーツを着用したい。

ダークスーツであっても、主役である新郎新婦より目立たないことを前提に。こちらの着こなしは、ネクタイのストライプ柄の色みとスーツの色みを合わせることで、統一感を高めているのがポイント。

Q.結婚式、披露宴の着こなしにマッチする髪型が分からない…

A.とにかく清潔感を重視しよう

着こなしだけがバシッと決まっても、ヘアスタイルが合わなければ残念な印象へとまっしぐら。そこで、髪型に関しても清潔感を心がけることが正解。

ショートヘア

さっぱりとしたショートヘアはスーツスタイルに相性抜群。整髪料などで前髪を上げれば男っぽさを強調してくれる。髪を上げてすっきりとした分、メガネを取り入れればシックな雰囲気に。

ショートミディアム

ショートミディアムの髪型ならば、シンプルにセットすることでナチュラルな爽やかさを演出することができる。さらに、サイドを刈り上げることでコンパクトに収まり、すっきりとした印象に。

ツーブロック

ワイルドな印象が強いツーブロックはもっとも男っぽい印象を与えてくれる。パーマをかけている人であればジェルでウェット感を出してあげることでクールな雰囲気を醸し出せる。すっきりとしていてスーツスタイルにも最適だ。

Q.結局、どんな着こなしが正解なのか分からない

A.ルールは厳守。遊びを入れるならワンポイントに限定して

祝いの場である結婚式において「自分が目立とう」とするおしゃれは避けたいもの。それでも個性を主張したいのであれば、ポイントをしぼって遊び心を加えるのがベター。スーツの色みも、小物の合わせ方も、シューズすらルールを守れないようでは大人として考えもの。今回の着こなしを振り返りつつ、手持ちのアイテムを見直すのもありかも。

体型に合わせたサイズ感や、ハーフクッションさせたパンツの丈感が見事。シルバーのネクタイやチーフ使いで、ドレッシーな着こなしにしながらも、柄モノのネクタイを取り入れておしゃれ感を意識。

ブラックスーツにグレーのベストを合わせて、グラデーションを構築している点が個性的。ワインレッドのチーフとボウタイの色合わせも計算されていて◎。

ダークスーツにゴールド系のネクタイを合わせた上質感の高いコーディネート。ポケットチーフはあえて控えめにスタイリングすることで、着こなしを大人らしくまとめている。ネクタイを定番のシルバーではなく、ゴールドにしているあたりにセンスの高さがうかがえる。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る