今さら聞けない。結婚式スーツの選び方とおしゃれな着こなし方

今さら聞けない。結婚式スーツの選び方とおしゃれな着こなし方

何度も結婚式に出席しているけど、はたして自分の着こなしは合っているのか気になるところ。そこでスーツの選び方からおしゃれに着こなすコツまでをご紹介します。

近間 恭子

2019.10.01

結婚式
着こなし・コーデ

初めに確認。招かれる立場によって異なる礼服の種類

男性が結婚式でなにを着るかは、立場によって異なります。新郎新婦の父はモーニングコートやタキシードといった正礼装、主賓や親族はディレクターズスーツやブラックスーツを指す準礼装、最後に友人や同僚は略礼装であるブラックスーツやダークスーツを着用するのが一般的。結婚式の会場や雰囲気、ドレスコードによって異なることもありますが、新郎新婦と自分との関係性や立場なども考慮して、こちらを目安にすると良いでしょう。

結婚式スーツのマナーと選び方

結婚式でなにを着れば良いかわかったところで、今度はもっとも着ることが多いブラックスーツとダークスーツにフィーチャー。それぞれの選び方のポイントからマナーまでを詳しく伝授します。

どんな会場でも間違いない。ブラックスーツは結婚式の鉄板

その名の通り黒のスーツのことで、結婚式では主賓から一般ゲストまで幅広く着用できます。最近はビジネスシーンでも浸透しつつあるので、黒のビジネススーツを代用できるのでは?と思っている人も多いかもしれません。でも、礼服のブラックスーツは上質なウール生地が使われ、さらにはマットな質感の漆黒が基本。一見すると同じでも太陽光の下ではその違いが歴然なので、ビジネススーツでの代用は避けるようにしましょう。

ブラックスーツのジャケットは、シングルとダブルブレストの2種類。どちらも間違いないですが、おすすめは着こなしやすくてすっきり見えるシングルです。パンツの裾は、シングルが基本。また、グレーやシルバーのベストを着用すると、よりドレッシーな印象に仕上がります。着こなしは白シャツにシルバーか白のネクタイ、足元は黒の本革の内羽根ストレートチップか内羽根プレーントゥを合わせるようにしましょう。

ダークスーツはややカジュアルな結婚式向き

ダークスーツはダークネイビーやダークグレーのスーツのこと。ブラックスーツとは違ってビジネススーツでもOKですが、礼服としてはジャケットはノーベント、パンツの裾はシングルが基本です。ただ、ノーベントのスーツはなかなかないので、ベント入りのジャケットでも問題ないと思います。

柄はブラックスーツ同様、無地を選ぶようにしましょう。また、ビジネススタイルと差をつけるために共地のベストを着用し、シャツは白無地、ネクタイはシルバーや白ベースを合わせるのがベターです。有彩色のネクタイを合わせても問題ないですが、その場合はシルクサテンなどの光沢ある華やかなネクタイをセレクトするようにしましょう。ちなみに足元はブラックスーツ同様です。

ちなみにこんなスーツは避けるべき

絶対に避けるべきは白のスーツです。そもそも結婚式で白を着て良いのは新郎新婦なので、ゲストが着用するのはマナー違反。また、シルバーやライトグレーなどの白と近い色はベストで取り入れるのは問題ないですが、スーツにおいてはNGです。結婚式はあくまでも新郎新婦が主役なので、目立ちすぎるスーツは避けるようにしましょう。

結婚式スーツに合わせるアイテムの選び方

スーツはもちろんですが、結婚式の服装は合わせるアイテムにもルールがあります。新郎よりも目立ちすぎることなく、それでいて華が添えられるアイテムをピックしたので必ずチェックしてください。

結婚式のシャツでもっとも一般的なのが白無地

白無地シャツは結婚式の鉄板。ただ、オックスフォードなどラフな風合いは向かないので、適度に光沢があって上品なブロード生地がおすすめです。衿型はレギュラーカラーが間違いないですが、トレンドのセミワイドカラーでもOK。どちらもカジュアルにならないよう、衿羽が長いものを選ぶようにしましょう。また、ダークスーツなら淡いブルーやピンク、ストライプでも問題ないですが、派手な色柄は避けるようにしましょう。

結婚式でのネクタイの基本は白かシルバー

結婚式のネクタイの正式な色柄は白無地とされていますが、白無地タイを締めているのは年配の方がほとんど。TASCLAP世代は白でも織り柄が入っているものが取り入れやすいと思います。また、華やかな雰囲気を演出できる光沢のあるシルバーもOK。こちらも無地より、ストライプや細かなドット柄がおすすめです。ちなみに黒無地やアニマル柄、大きなドットなどの派手柄は結婚式にはふさわしくなく、失礼にあたるので気をつけましょう。

ドレッシーでおしゃれに見せるならボウタイを

そもそもボウタイは夜の正礼装に合わせるアイテムですが、格式高い結婚式でなければ昼でも問題ありません。シャツはウィングカラーが正式なものの、最近はレギュラーカラーに合わせるのもおしゃれと人気です。ボウタイはネクタイとは違い、黒無地がもっともフォーマルとされています。さらに白やシルバー、ネイビーも結婚式にはふさわしく、柄は無地か細かなドット、ストライプあたりをセレクトすると良いでしょう。ちなみにボウタイを自分で結ぶのはかなり難しいので、着脱が簡単なフック式がおすすめですよ。

ネクタイかシャツの色と合わせたポケットチーフがベスト

着こなしに華やかさをプラスするためにも、ポケットチーフはぜひとも取り入れてほしいアイテム。ネクタイかシャツの色と合わせるのが一般的なので、色は白やシルバーを選ぶのがベターです。もちろんアクセントカラーでワンランク上のおしゃれを狙っても良いですが、かなり高度なので避けたほうが無難かも。もっともフォーマルな挿し方は、華やかな印象の強いスリーピークス。写真のパフドやクラッシュドは、カジュアルな結婚式に適しています。

革靴の中でもっともフォーマルなストレートチップを

まず、結婚式スーツに合わせる靴はレザー製が大前提。デザインはもっともフォーマルなストレートチップをセレクトすれば間違いありません。少しフォーマル度は低くなりますが、プレーントゥもふさわしいデザインです。どちらも内羽根式で、黒であることも鉄則になります。ブーツやローファーなどのスリップオンタイプ、スニーカーは絶対に避けること。

素肌が見えるのは絶対にNG。ソックスは黒無地のミドル丈以上

パンツの裾で隠れるから、ソックスはなんでも良いという考えは大間違い。椅子に座った時や脚を組んだ際に意外と見えているんですよ。結婚式に履くソックスはスーツや靴の色に合わせるのが一般的なので、黒無地がもっとも適しています。さらに素肌が見えてしまうのはいただけないので、ミドル丈かロング丈を選ぶこと。カジュアルでは白がおしゃれだからといって、結婚式スーツに白ソックスはNG。派手な色柄やくるぶし丈のソックスもいただけません。

結婚式スタイルにさりげないおしゃれを演出するカフリンクス

結婚式で必須のアイテムではないものの、新郎新婦の門出を華やかなファッションで祝福する意味ではカフリンクスは積極的に取り入れたいところ。その際はダブルカフスやコンバーチブルカフスといった袖型のシャツを着用することも忘れずに。次に最重要なデザインですが、シンプルでドレッシーなものを心がけてください。ひも式やプラスチック製、チェーン付きはシンプルなデザインでも結婚式には不向きです。

ネクタイピンは通常より少し高めにつけるのを意識

カフリンクス同様、ネクタイピンも必須ではありません。でも、男性の礼装は地味な印象になりがちなので、ポイントで効かせるとおしゃれで華やかな印象になります。とはいえ、悪目立ちするのはいただけないので、結婚式でのネクタイと相性の良いシルバーで、かつシンプルなデザインが好ましいです。つける位置はビジネスシーンより少し上がおすすめなので、シャツの第二から第三ボタンの間を目安にすると良いでしょう。

結婚式スーツのおしゃれな着こなしサンプルをチェック

実際に洒落者たちは、結婚式スーツをどのように着こなしているか気になるところ。選び方から着こなしのルールまでを網羅したおしゃれな着こなしサンプルをご紹介します。

結婚式の王道スタイルを個性派メガネでスタイリッシュに昇華

ブラックスーツにベストをプラスし、Vゾーンは白のウィングカラーシャツに黒ボウタイ。そんなクラシックな合わせながらも洒脱に見えるのは、ボストン型の黒縁メガネで個性をプラスしているから。太すぎず細すぎないジャストなサイズ感を選んでいるのもさすがです。

織り柄あるネクタイが決め手のブラックスーツコーデ

こちらもブラックのスリーピーススーツですが、Vゾーンは白でまとめてフォーマル度を高めているのがポイント。織り柄のあるネクタイを選んでいるので同色合わせでものっぺり見えず、逆にメリハリある着こなしに仕上がっています。華やかなスリーピークスに挿したポケットチーフも良い感じ。

ジャストなサイズ感の結婚式スーツが着こなしをより魅力的に

まるで仕立てたかのような美しいシルエットを描く、ダブルブレストのネイビースーツをセレクト。柄入りのボウタイを合わせていますが、主張控えめなのでドレッシーさもきちんとキープできています。フラワーホールに挿したコサージュで、さらに華やかさをプラスしているのもお見事。

合わせて知っておきたい。会場によって気をつけたいポイント

結婚式はその会場に合った着こなしであることも重要です。ということで、最後に会場の格式別のおすすめコーデを伝授。これもきちんと押さえておけば、結婚式の着こなしは完璧です!

格式高いホテルや神社での結婚式はフォーマル度高め

格式高いホテルや神社での結婚式に招かれたら、派手すぎないフォーマルスタイルが正解です。スーツは無地のブラックかネイビー、ダークグレーを。合わせるアイテムも白の無地シャツに白やシルバー系のタイで控えめにまとめ、フォーマルに徹した着こなしを意識して。

レストランウエディングは少しカジュアルでもOK

上記の会場よりはカジュアルなレストランウエディング。とはいえ、カジュアルすぎる着こなしはいただけません。ダークスーツに白シャツ、シルバー系のネクタイが間違いないですが、他のゲストや会場の雰囲気によっては明るめのネクタイで個性を演出するのもアリです。

リゾート挙式は気候に合った服装を意識

ハワイやグアムといった海外リゾートでの結婚式に招かれたときは、現地の気候に合った暑苦しくない服装がベスト。例えば国内ではNGのベージュスーツも、リゾート挙式では涼しげで軽快な印象を与えるのでおすすめです。また、新郎新婦からドレスコードを求められることもあるので、それも事前に確認しておくようにしましょう。

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    黒スニーカーのおすすめ11選と大人のコーディネート集

    黒スニーカーのおすすめ11選と大人のコーディネート集

    スニーカーはもはやブームではなく、より幅広いスタイルに侵食し、そのポジションを確立しています。だからこそ、大人な印象の黒スニーカーが必須。その魅力に迫ります。

    平 格彦

    30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

    30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

    30代以上の男性にとって、アメカジはブレないベーシック。とはいえ、年相応にアップデートする必要があるでしょう。今らしく、大人にハマるアメカジとは何かを解説します!

    山崎 サトシ

    コーデもアイテムも。ミリタリーファッションで押さえておくべきこと

    コーデもアイテムも。ミリタリーファッションで押さえておくべきこと

    迫力十分のミリタリーアイテムは、1つコーデに取り入れるだけで男らしさを強調できる便利アイテム。ここでは注目アイテムや着こなしについて解説いたします。

    那珂川廣太

    BACK