シンプルイズベスト。ブラウンの腕時計は大人の味方

ブラウンというと、どうしてもシェーバーのイメージが先に立ちますが、実は時計も作っています。それが見た目も機能も納得できるスグレモノ。さっそく見ていきましょう!

シンプルイズベスト。ブラウンの腕時計は大人の味方

『ブラウン』はシンプルデザインの名人です

『ブラウン』は、小型電気器具を手広く作るドイツのメーカーです。長年デザインを担当したディーター・ラムス氏が有名で、彼は次の10原則を掲げました。よいデザインとは、1)革新的である、2)実用をもたらす、3)美しい、4)理解をもたらす、5)謙虚である、6)誠実である、7)長命である、8)ディテールに帰結する、9)環境に配慮する、10)可能な限りデザインを抑制する。こうした原則に沿って作られた製品は、まさにシンプルな見た目ながら機能性満点なのです。

『ブラウン』の腕時計、その魅力とは

『ブラウン』の腕時計は、ディーター・ラムス氏がデザインしたクロックのデザインを踏襲しています。機能的にして虚飾を排し、シンプルを極め、バウハウス芸術の流れを汲んでいます。もちろん、その魅力を“シンプルさ”だけに集約することはできません。数ある魅力の中から、+CLAP Men世代にも共感いただける長所を解説します。

魅力1

時計としてミニマムな機能を求めています

『ブラウン』の時計はミニマリズムの権化です。最低限の視認性を確保し、装飾性がありません。この時計はケースさえ単純なシリンダー型で、細身の針、小サイズのインデックス&日付表示という風に畳み掛けるほどのシンプルさ。唯一オレンジの秒針がアクセントとして利いているというくらいです。オールブラックも、ここまでくれば、モノトーンでシンプルさを極めた結果に思えます。それくらい機能主義を徹底してデザインされているのです。

魅力2

表情ががらりと変わります

左端と右端の時計は、数字の表記はまったく同じ。異なるのは、サイズ、形状、ブレスレットだけ。カラーで時計の印象は変わるものですが、こうまでアクティブとエレガントの対極になる時計も珍しいのではないでしょうか。これなら、服装によって着けるものを変えてみようとか、ワンポイント効果が違うとか、真剣に考える甲斐があるというものです。最小限の要素しか持たないからこそ、カラーの効果が際立ちます。

魅力3

バリエーションはむしろ豊富です

シンプルでも、バリエーションは豊富です。サイズやデザインも幅広く、さらに写真のようなデジタルモデルもあります。ケース素材もステンレスばかりでなく、セラミックウォッチも展開。コスパに優れているので、収集趣味に走っても懐が痛みません。

魅力4

シンプルながらも男らしいデザインが魅力

ホワイトの文字盤、マットなケースの質感、そして着用感に富んだラバーなど、シンプルなデザインなのに男らしさが漂う『ブラウン』の腕時計。その男らしい存在感こそが最大の魅力です。

時計ライターがセレクト。大人の休日にハマる『ブラウン』の腕時計5選

シンプルな機能主義ゆえに、カラーが引き立つのが『ブラウン』の時計。“のんびり”と“活動的”、どちらに偏ったとしても、休日の過ごし方にハマる時計をラインアップしています。

アイテム1

ばっちり腕を引き締めるブラックモデルBNH0032

針やインデックスのホワイトが小ぶり&細身でも浮かび上がるオールブラックモデル。普通は華やかに見えるメッシュブレスも精悍。アクティブなスタイリングのなかに、手首を引き締めてスポーティな印象を高めます。

アイテム2

同じBNH0032でも、ホワイト&メタルブレスは優雅でのんびり

同じ製造番号でもホワイトが映えるデザインで、メタルのケース&ブレスまで白く見せます。メッシュブレスはアクセ感覚かつ優雅で、のんびりしたスタイル向き。ダークカラーの中のワンポイントに使っても色映えします。

アイテム3

レトロで個性的な雰囲気のBN0076

メカっぽく、ガジェットの雰囲気を漂わすこちらは、1978年製のDW30を復刻させたモデル。今日的な目で見れば、レトロにしてシックな雰囲気が漂います。腕から個性を発散させたい時に向いています。

アイテム4

ブラックをさらにアクティブにするクロノグラフ BNH0035

スポーティにして精悍なシンプルウォッチながら、アクティブなイメージを加えたいのであれば、クロノグラフという選択が正解。ドイツのレッドドットアワードを受賞したデザインは、高い完成度を誇ります。

アイテム5

色っぽいツヤが欲しいなら、セラミックウォッチ BN0171

メタルにカラーをコートした以上のツヤを求めるのであれば、セラミックケース&ブレスが狙い目です。この滑らかな表面加工がもたらすツヤは、休日のカジュアルパーティでも手元の見栄えを激変させてくれることでしょう。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る