結婚式の二次会で男性は何を着るべき?服装のルールとおしゃれに見せるポイント

結婚式の二次会で男性は何を着るべき?服装のルールとおしゃれに見せるポイント

結婚式の装いより自由度が高い分、二次会のほうが難しいと感じている人も多いはず。そんな悩みを解消するべく、服装のルールからおしゃれに着こなすポイントまでご紹介!

近間 恭子

2019.10.02

結婚式
着こなし・コーデ

結婚式の二次会で指定される、平服ってどんな服?

結婚式の二次会で指定される、平服ってどんな服?

WEARWEAR

お気に入り追加

結婚式の二次会で指定されることの多い「平服」というドレスコード。これは普段着という意味で使われますが、それを鵜呑みにしてお祝いの場にラフな着こなしで出席するのはいただけません。冠婚葬祭においての平服は、略礼装に近い着こなしを指します。そのため、スーツもしくはジャケパンで出席するのが好ましいでしょう。

きちんと知っておきたい。結婚式二次会の服装ルール

きちんと知っておきたい。結婚式二次会の服装ルール

結婚式の二次会はあくまで新郎新婦が主役。なので、新郎の服装と被る白やシルバーのスーツは絶対にNGです。また、黒のスーツに白シャツと黒タイという着こなしは喪服を、アニマル柄やレザーは死や殺生を連想させるので避けたほうがいいでしょう。加えて、新郎新婦より目立つ派手な着こなしや普段と変わらないカジュアルすぎる着こなしも二次会にふさわしくありません。

どんなアイテムを選ぶのが正解? アイテム選びのポイント

おしゃれな着こなしで二次会に出席するにはどんなアイテムが必要なのか? さらにはどんな色やデザインを選べばいいのか? アイテム別に選び方のポイントをご紹介します。

ポイント1スーツはダークカラーを選べば間違いなし

スーツはダークカラーを選べば間違いなし

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

二次会の服装には正式な決まりがなく、会場の格式に合わせて服装を決めるのが一般的。なので、ホテルなどのフォーマルな会場、カフェなどのカジュアルな会場によって選ぶスーツも異なります。ちなみに前者は黒やネイビー、ダークグレーといったダークカラー、後者はライトグレーや明るいネイビーがおすすめ。ただ、会場に合わせるのが大変という人は、ダークカラーのスーツをセレクトしておけば間違いないでしょう。

ポイント2スーツ同様、ジャケットもダークカラーがベターな選択

スーツ同様、ジャケットもダークカラーがベターな選択

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

レストランやカフェなどのカジュアルな会場での二次会では、ジャケパンスタイルもOK。ジャケットの色味はライトトーンでもいいですが、合わせやすさを考えるとスタイリングしやすいダークカラーがおすすめです。色はスーツ同様、黒やネイビー、ダークグレーあたりが◎。

ポイント3シャツの鉄板は白。会場によっては色モノや柄モノでもOK

シャツの鉄板は白。会場によっては色モノや柄モノでもOK

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

二次会の会場を問わず活躍するのが白シャツ。襟型はお馴染みのレギュラーカラーやセミワイドカラーなどに加え、ボウタイを結ぶならウィングカラーという選択もアリ。

シャツの鉄板は白。会場によっては色モノや柄モノでもOK 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

また、会場によってはカラーや柄モノのシャツでもOKです。ちなみにカラーシャツは、サックスブルーなどの淡色だとフォーマルな場にも対応し、ネイビーなどの濃色はカジュアルな場のみとなるので用途に合わせて選びましょう。また、ノータイでもサマになるストライプなどの柄シャツはカジュアルな会場に限ります。

ポイント4パンツは濃色を選ぶと一層おしゃれ

パンツは濃色を選ぶと一層おしゃれ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

一般的にダークカラーのジャケットには、ライトカラーのパンツが好バランスとされています。ただ、ネイビージャケット×グレーパンツは、ビジネス色が強くなる場合も。それとは一線を画してシックな雰囲気を高めるなら、ダークグレーのジャケットに、黒もしくはネイビーパンツというスタイリングがおすすめ。つまり、二次会でのジャケパンスタイルは、ジャケットとコントラストがあまりつかない濃色パンツという選択がおしゃれに仕上げるコツです。

ポイント5ネクタイは華やかさを意識して

ネクタイは華やかさを意識して

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

二次会のタイは白やシルバーに加え、水色やピンクなどの淡い色もOK。逆に同じ無地でもネイビーや黒は華やかさに欠け、特に黒は葬式を連想されるのでお祝いの場にはふさわしくありません。

ネクタイは華やかさを意識して 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

また、ストライプなどの柄モノは、ビジネスシーンとは一線を画す華やかな配色を選ぶといいでしょう。ボウタイでおしゃれに着飾るのもおすすめですよ。

華やかさと洒落感を演出。結婚式に最適なネクタイとは

華やかさと洒落感を演出。結婚式に最適なネクタイとは

結婚式の着こなしにおいてネクタイは重要なアイテム。でも、正しい選び方って意外と知らないですよね? 選び方からおすすめまで、結婚式のネクタイのすべてを伝授します。

近間 恭子

蝶ネクタイでパーティシーンをよりおしゃれに。おすすめブランド8選

蝶ネクタイでパーティシーンをよりおしゃれに。おすすめブランド8選

カジュアルにもフォーマルにも使える蝶ネクタイは、普段の着こなしに遊び心を加えつつ、手軽に格上げしてくれる使い勝手の良いアイテムです。

池田 やすゆき

ポイント6二次会スタイルにふさわしい足元は、黒のレザーシューズ

二次会スタイルにふさわしい足元は、黒のレザーシューズ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

二次会スタイルでのシューズは、フォーマル度の高いストレートチップやプレーントゥを選べば間違いありません。着こなしによってはダブルモンクやウイングチップ、ローファーなどのスリップオンもおしゃれです。また、色は幅広く使える黒がベストですが、ダークブラウンという選択もアリ。カジュアルな場所ではスニーカーでもOKですが、できればレザー製のローテクを。汚れていると不潔な印象を与え、せっかくの着こなしが台無しになってしまうので注意しましょう。

ポイント7Vゾーンとのバランスを考えたチーフ選びを

Vゾーンとのバランスを考えたチーフ選びを

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

チーフは昼夜ともに使えるシルク素材であれば、基本的にどんな色柄を選んでも問題ありません。ただ、タイは白無地なのにチーフが派手すぎなのはアンバランス。ノータイなら派手な色柄でもOKですが、タイを締める場合はタイの色とリンクさせたチーフをセレクトするのがベターです。また、パフドやクラッシュ、スリーピークスなど、華やかさをアップする挿し方がおすすめ。

会場別に提案。結婚式二次会のおしゃれなコーデサンプル

ドレスコードが「平服」でも、開催される会場によって着こなしを変えるのがベターです。そこで会場別におすすめの二次会スタイルをご紹介。おしゃれ度の高い着こなしをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

▼シーン1:ホテルのレストランでフォーマルな二次会

ホテルのレストランでの二次会は、披露宴に出席するくらいフォーマルな装いがベスト。そのため、ダークカラーのスーツ×白シャツを基本スタイルと考えて良いでしょう。タイは白かシルバー、またはボウタイを合わせるのがおすすめ。チーフで華やかさをプラスするのも忘れずに。

着こなし1フォーマルの基本ともいえる装いにメガネで個性を演出

フォーマルの基本ともいえる装いにメガネで個性を演出

WEARWEAR

お気に入り追加

黒のスリーピーススーツに白のウィングカラー、さらにはボウタイ。ホテルでの二次会では、このくらいフォーマルな着こなしでも問題ありません。チーフもスーツやボウタイと同系色をセレクトしつつ、存在感ある太フレームの黒縁メガネで適度に個性をプラスしています。

着こなし2今っぽいスリーピーススーツで王道の合わせをスタイリッシュに

今っぽいスリーピーススーツで王道の合わせをスタイリッシュに

WEARWEAR

お気に入り追加

こちらは同じスリーピースでもネイビーをセレクト。しかもスマートなシルエットとナローラペルが相まって、白シャツ×ボウタイの王道Vゾーンながらもスタイリッシュな印象に仕上がっています。足元は黒のストレートチップでかっちりとまとめているのもGOOD。

着こなし3スーツの柄やシャツに自分らしいおしゃれを散りばめた二次会コーデ

スーツの柄やシャツに自分らしいおしゃれを散りばめた二次会コーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

ウインドウペンのスーツをセレクトしていますが、主張が控えめならフォーマルな二次会にも対応。シャンパンゴールドのタイを合わせ、華やかさを倍増させているのもポイントです。クレリックシャツでさりげなく洒落感を演出したところも見逃せません。

▼シーン2:カジュアルなレストランでの二次会

ホテルのレストランに比べてややカジュアルなレストランでの二次会は、少し崩したスーツスタイルやジャケパンでもOK。ただし、ノータイや襟なしのインナーは崩しすぎなので、タイかボウタイを締めるのは必須となります。ちなみにカラーシャツで個性を演出するのもアリです。

着こなし1スタイリッシュなブラックスーツが着こなしの決め手

スタイリッシュなブラックスーツが着こなしの決め手

WEARWEAR

お気に入り追加

ラペルにパイピングが施されたデザイン性の高いブラックスーツがベース。ウィングカラーシャツとボウタイのVゾーンで、フォーマル感がありながらもおしゃれ度を高めています。それでいてソックスは白で抜け感を持たせたところにも注目を。

着こなし2モノトーンで仕上げたシックで洒脱なジャケパンコーデ

モノトーンで仕上げたシックで洒脱なジャケパンコーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

ダークグレーのジャケット×黒のスラックスでジャケパンスタイルを構築。あえてVゾーンでも色を使わず、白と黒でまとめているのでシックな印象に仕上がっています。タイではなくボウタイをチョイスし、適度にパーティ感を高めているのもお見事。

着こなし3大人の色気が漂うネイビーVゾーン

大人の色気が漂うネイビーVゾーン

WEARWEAR

お気に入り追加

スーツからシャツ、タイまでをネイビーで統一。洒脱な雰囲気を演出しつつ、大人の男の色気もほんのり漂う二次会スタイルに仕上がっています。無地タイではなく、クラシカルな柄ながらも適度に華やかさのあるペイズリー柄のタイをセレクトしているのも成功の鍵。

▼シーン3:カフェや居酒屋でのラフな二次会

二次会会場でもっともラフであろうカフェや居酒屋での開催。着こなしの自由度も高いですが、あくまでもお祝いの場なのでスーツ・ジャケットを基本スタイルにすると良いでしょう。それならばノータイでも襟なしインナーでもOK。さらにスニーカーでも清潔感のあるものならば、取り入れても問題ありません。

着こなし1存在感あるウインドウペンが着こなしの主役

存在感あるウインドウペンが着こなしの主役

WEARWEAR

お気に入り追加

クラシカルなウインドウペンのスーツを軸にスタイリング。インナーはベーシックな白シャツをセレクトし、スーツが引き立つよう意識しています。クラッチバッグやローファーは黒でかっちり感をプラスしつつ、白ソックスで抜け感をプラスしたところにも注目。

着こなし2洗練されたエレガンスが漂うニュアンスカラーコーデ

洗練されたエレガンスが漂うニュアンスカラーコーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

エレガンスが薫る柔和なブラウンのセットアップをセレクト。インナーに合わせた白ニットはあえてタックアウトすることで、リラックス感とこなれた雰囲気を演出しています。ベージュ×白のスニーカーには、上品さをキープしつつ、こなれ感を高める効果も。

着こなし3ラフな会場だからこその小物使いがコーデを印象的に見せる

ラフな会場だからこその小物使いがコーデを印象的に見せる

WEARWEAR

お気に入り追加

メランジ感あるネイビーのセットアップに、ネイビーのクルーネックニットをスタイリング。足元に『コンバース』の「オールスター」をチョイスすることで、きちんと感を保ちつつもスタイリッシュな着こなしへと誘っています。ボストン型のメガネで個性を味つけしたのもポイント。

▼番外編:夏の結婚式二次会

暑さの厳しい夏でも、二次会はジャケット着用がマストになります。ただ、暑苦しく見えるのはいただけないので、リネンやシアサッカーなどの夏素材で清涼感を演出することも心掛けましょう。インナーもブルーなどの見た目に涼しげな色をセレクトするのがおすすめです。

着こなし1華やかさがありながら、素材感で清涼感を意識

華やかさがありながら、素材感で清涼感を意識

WEARWEAR

お気に入り追加

やや褪せたような色味のネイビースーツは、ホップサック調のざっくりとした織りなので見た目にも涼しげな印象。ボウタイも夏らしくニットタイプを選んでいるので、清涼感を盛り上げるのに一役買っています。スーツ、シューズ、チーフと色をリンクさせたギンガムシャツをチョイスしているのもお見事。

着こなし2上品で涼しげな印象を与えるニュートラルカラーがポイント

上品で涼しげな印象を与えるニュートラルカラーがポイント

WEARWEAR

お気に入り追加

ライトグレーのスーツにシルバー×白のVゾーンを合わせ、エレガントさがありながらも清涼感をアピール。アクセントに加えたシルバーのボウタイも清涼感アップに有効です。ベルトとシューズはかっちりとした黒をセレクトし、コーディネートを引き締め。

着こなし3涼しげな配色に加えて、センスの光る小物使いにも注目!

涼しげな配色に加えて、センスの光る小物使いにも注目!

WEARWEAR

お気に入り追加

シアサッカーのセットアップを、ネイビーのサマーニットとスカーフで洒脱に。クラッチバッグやシューズをネイビーで揃えているのもポイントで、涼しげな雰囲気をより高めています。ちなみにカジュアルな会場なら、シューズの素足履きもOK。

メンズの結婚式服装マナー。スーツや小物の着こなし方を学ぼう

メンズの結婚式服装マナー。スーツや小物の着こなし方を学ぼう

結婚式や披露宴に出席する際は略礼装と呼ばれるドレスコードが必須。略礼装の基本となるアイテムの選び方や、絶対に押さえておきたいポイントをまとめてご紹介します。

大中 志摩

今さら聞けない!結婚式の招待状の返信はがきの書き方

今さら聞けない!結婚式の招待状の返信はがきの書き方

TASCLAP世代は結婚式に参加する機会が多いハズ。結婚式といえば招待状が届くが正しい書き方を理解しているだろうか? 招待状の返信はがきの書き方について紹介する。

大中 志摩

ジャケパンを着こなすための6つのルールとお手本コーデ19選

ジャケパンを着こなすための6つのルールとお手本コーデ19選

ビジネスだけでなく休日でも取り入れたいジャケパンスタイル。大人の男に欠かせない着こなしについて、取り入れる際のルールとコーデサンプルをお届けします。

TASCLAP編集部

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

普段のジャケットスタイルやフォーマルな装いを華やかに演出してくれるポケットチーフ。大人として押さえておきたい基本の5つの折り方と、おすすめのアイテムをご紹介。

大中 志摩

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    桂川 千穂

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    BACK