永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

時代を経ても色あせない永久定番として愛されている『マッキントッシュ』のステンカラーコート。ブランドの歴史から着こなし方まで、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2020.11.04

『マッキントッシュ』といえばステンカラーコートがアイコン

『マッキントッシュ』といえばステンカラーコートがアイコン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1823年にイギリスで創立したアウターウェアブランド。雨の多いロンドンのために、防水性の高い「マッキントッシュクロス」を発明したことからブランドが始まりました。この画期的な防水布を使ったゴム引きコートは全英中に衝撃を与え、乗馬用や雨具用のコートとして瞬く間に広まっていったのです。その機能性の高さから、のちに英国軍のレインコートにも採用。2000年代からは他ブランドとのコラボも積極的に行っており、世界中から注目を浴びています。

『マッキントッシュ』といえばステンカラーコートがアイコン 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マッキントッシュ』といえばゴム引きコートが代名詞ですが、なかでも永久定番として支持されているのがステンカラーコートです。ベストセラーモデルとして知られる写真の「ダンケルド」は、圧倒的なシルエットの美しさが魅力。

『マッキントッシュ』といえばステンカラーコートがアイコン 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

また、短めの着丈がお好みなら、「ダヌーン」の後継モデルともいえる002型もおすすめ。かさばりがちな冬の着こなしもすっきりと見せてくれるうえに、合わせやすさも抜群です。

『マッキントッシュ』のステンカラーコートの魅力

『マッキントッシュ』のステンカラーコートが支持されているのには、きちんとした理由があります。それを4つの魅力とともに詳しく解説していきましょう。

魅力1

抜群の防水性を誇る「マッキントッシュクロス」

抜群の防水性を誇る「マッキントッシュクロス」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドの象徴であり、特許を取得している「マッキントッシュクロス」。これは2枚の生地の間に溶かした天然ゴムを塗って圧着する防水生地のこと。初期はゴム特有の臭いや固さが問題だったが、現在は品質も向上してそれらは解消されています。また、特有の強靭なハリコシは、コートのラインをよりシャープに見せるという効果も。

魅力2

防水機能をより高める手の込んだ縫製

防水機能をより高める手の込んだ縫製

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

せっかく「マッキントッシュクロス」を使っていても、縫い目から浸水したら防水機能は半減してしまいます。でも『マッキントッシュ』のコートは、それを防ぐために裏側にマスキングテープを採用。接着剤を塗ってテープを重ねた後にローラーで貼り付けるという工程を、職人の手作業によってすべての縫い目におこなっています。

魅力3

通気性を高める脇下のベンチレーション

通気性を高める脇下のベンチレーション

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コム引きクロスにより防水性に優れているがゆえに、気になるのが着用時のムレ。それを解消するのが、脇下に施された5つのベンチレーションです。通気性を高めるディテールであると同時に、ゴム引きコートの象徴でもあります。また、補強布として、このベンチレーション部分にもマスキングテープを採用しているところにも注目を。

魅力4

クリーンで洗練された雰囲気を醸すシンプルなデザイン

クリーンで洗練された雰囲気を醸すシンプルなデザイン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

他のブランドにはない機能性を備えていながら、『マッキントッシュ』のステンカラーコートは極めてシンプル。さらには美しいIラインも相まって、洗練された印象を与えます。ここまで無駄が省かれ、それでいて機能的で上質な仕上がりなのは、190年以上の歴史で培われた『マッキントッシュ』の魅力の1つと言えるでしょう。

オン・オフ使える汎用性の高さも売り

優れた機能とシンプルなデザインを両立させた『マッキントッシュ』のステンカラーコートは、着回し力も抜群! それを証明するべく、オン・オフの着こなし例を公開します。

▼オン:『マッキントッシュ』でビジネススタイルをワンランク上へ

ビジネスアウターの大本命であるステンカラーコートで、周囲と差をつけるなら『マッキントッシュ』が好適。洗練されたシンプルなデザインはどんなビジネススタイルにもマッチし、さらには上質感も手に入るため格上げ効果できます。デキる男も演出できますよ。

着こなし1

貫禄あるジャケパンをステンカラーコートでスマートに

貫禄あるジャケパンをステンカラーコートでスマートに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「マッキントッシュクロス」製ではないものの、『マッキントッシュ』ならではの美シルエットは健在。ダブルブレストジャケットと白パンツのジャケパンスタイルが、ステンカラーによってより品良く、かつ洗練された雰囲気に格上げされています。

着こなし2

センスの光る配色が魅力のアメトラコーデ

センスの光る配色が魅力のアメトラコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

発色の美しいマスタードカラーが目を引くステンカラーコートが主役。全体が好バランスに仕上がる軽快な着丈もポイントで、王道のアメトラスタイルもスタイリッシュに仕上がっています。おしゃれ度を高めるVゾーンの小物使いにも注目を。

着こなし3

上品なバイカラーが着こなしの決め手

上品なバイカラーが着こなしの決め手

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モノトーンコーデに落ち着いたベージュのステンカラーコートを投入。コントラストあるバイカラーを構成することで、シンプルなビジネススタイルを印象的に見せています。インナーダウンでスポーティさをプラスしたところもお見事。

▼オフ:『マッキントッシュ』で格上げするオフの着こなし

『マッキントッシュ』のコートは何も、ビジネスの場だけで楽しむものではありません。オーセンティックなシルエットや無駄を省いたデザインにより、カジュアルスタイルにも品の良さを匂わせてくれます。いわゆるジャケットスタイルから、スウェットを合わせるようなストリートMIXまでその幅の広さは侮れません。

着こなし4

上品なステンカラーをカジュアルダウンさせた好例

上品なステンカラーをカジュアルダウンさせた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『マッキントッシュ』のステンカラーコートを軸にブルーアイテムで構成。武骨なワークベストを取り入れることで、爽やかな配色に男らしさを演出しているのも真似したいテクニックです。ストリート感の強い小物使いも、着こなしのおしゃれ度をアップさせている秘訣。

着こなし5

『マッキントッシュ』で作る上品カジュアル

『マッキントッシュ』で作る上品カジュアル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品かつクリーンなカジュアルスタイルに、『マッキントッシュ』のステンカラーコートをプラス。クリーンさはそのままに、ステンカラーによって上品さをさらに高めた仕上がりに。チェック柄ストールをアクセントとして効かせたのも◎。

着こなし6

品の良さと男っぽさと絶妙に融合した着こなし

品の良さと男っぽさと絶妙に融合した着こなし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニム製のステンカラーコートも、『マッキントッシュ』の手にかかれば上品な趣。どこか武骨な雰囲気漂うカジュアルなタイドアップスタイルとも好マッチ。シャツと足元に白を効かせ、軽快さをプラスしているのもお見事です。

長く愛用するために。正しいお手入れを

長く愛用するために。正しいお手入れを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

一生モノと言って過言ではない『マッキントッシュ』のコートですが、クリーニングに出せる店舗が少なくクローゼットで眠らせてしまう……、なんて人もいます。そこで重要なのが、汚れを沈着させない毎日のお手入れ。日々のケアは他の素材同様で、着用後は柔らかなブラシで生地表面のホコリを落としてから保管すること。また、雨などに濡れた場合は乾いた布で水分を拭き取り、風通しのいい場所で日陰干しすると、色を綺麗に保つことができます。汗や皮脂汚れがつきやすい襟や袖口は、固く絞った濡れタオルで優しく拭くことで白化や黒ずみを防ぐことができますよ。

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

ウェア・コーデ

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

コートをリサーチ中ならば、定番ブランドを押さえておくのが得策です。ステンカラーやチェスター、ダッフル、ピーコートの、それぞれのおすすめを紹介します。

髙須賀 哲

2021.11.12

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP